モナコインのチャート・価格は?今後の動向も徹底解説

モナコインのチャート・価格は?今後の動向も徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

数ある仮想通貨の中でも、一体どれを選べば良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。そのような方には、日本発祥の仮想通貨「モナコイン」がおすすめです。

決済手段としても今後を期待されている仮想通貨であり、実際に購入できる国内取引所も増えてきています。

今回は、モナコインの過去や現在のチャートや価格、今後の動向も詳しく解説します。

メリット・デメリットも紹介するので、参考にしてくださいね。

仮想通貨モナコインとは?3つの特徴

モナコインとはどのような特徴を持つ仮想通貨なのか、詳しく見ていきましょう。

モナコイン

モナコインは、国内の巨大掲示板「2ちゃんねる」が発祥の日本初の仮想通貨です。アスキーアートで有名な「モナー」を通貨に表示させています。

 2013年にリリースされ、ライトコインをベースに作成されています。

加盟店なら実店舗での決済に使用可能です。仮想通貨特有の投機的な側面をもつ一方で、コミュニティ内での投げ銭に利用される点が特徴です。

一般的な仮想通貨とは一味違った用途でも利用されており、コミュニティ主体の発展を続けています。

投げ銭として利用されていた

仮想通貨モナコインとは?のPCの画像

先ほどお伝えした通り、モナコインはもともとニコニコ動画やPixivで活動するクリエイターに対して、リアルタイム投げ銭などに幅広く利用されていました。

過去には、ライブ配信サービスである「ツイキャス」とも提携していました。

 ツイキャスとは、スマホなどで撮影した動画をインターネット上にライブ配信できるサービスのことです。

雑談、ラジオ配信、ゲーム配信など、さまざまな種類の配信ができます。ただし、Twitterなどでの連携サービスは、2021年4月には終了しています。

今現在、開発中のプロジェクトの進行に関するニュースは発表されていないので、公式の情報を待ちましょう。

世界初『segwit』を実装している

仮想通貨システムの画像

モナコインは、世界初のスピーディーに送金ができる技術「segwit」を実装する仮想通貨である点が特徴です。

 segwitとは、複数の処理を1つの処理単位にまとめて、矛盾なく処理する「トランザクション情報」を圧縮する技術です。

segwitを実装することで、これまでビットコインで問題視されていたスケーラビリティ問題が解決されることが期待されています。

実際に、モナコインはsegwitを導入したことで、承認時間を短縮できたと言われています。

アトミックスワップに対応している

仮想通貨モナコインとは?のPCの画像

モナコインは仮想通貨では珍しく、「アトミックスワップ」に対応している点が特徴的です。

アトミックスワップとは、取引所などの第三者の監視と仲介が必要なくなり、種類が違う仮想通貨の取引でもユーザー間だけで可能にする仕組みです。

 以前、個人間での取引は、持ち逃げのリスクや詐欺被害に遭う危険性が指摘されていました。

しかし、導入後は個人間で異なる仮想通貨を使って安全に取引ができるようになったのです。

取引量は増加が増加する

アトミックスワップによって、相手が世界中どこにいても、わざわざ取引所や第三者を介さなくても仮想通貨の取引ができるようになります。

その結果、仮想通貨の取引量は増加し、支払いに仮想通貨が使われるようになるでしょう。

匿名であり続けられる

アトミックスワップを元にした取引なら自分の資金をいつでも自分で管理できるので、匿名であり続けることが可能です。

このようなメリットを持っている仮想通貨は少なく希少性が高いため、さらに需要が増加することが予想されます。

モナコインのチャート・価格予想【2022年〜2019年】

モナコインのチャートや価格予想を見ていきましょう。

過去の価格推移

チャート・価格予想の画像

2019年

2019年取引開始当時はまだ知名度も低く、価格は70円前後でした。しかし、大手国内取引所コインチェックへの上場で、380円前後に急激に上昇しました。

しかし、その後はニュースもなく、年末には再び取引開始当時の70円前後まで価格が下落したのです。

2020年

2020年1月にDMMビットコインがモナコインの取り扱いを開始したことで投資家から注目が集まり、280円前後に価格が高騰しました。

 その後価格は下落しましたが、9月に半減期を迎えたことで価格が上昇し、220円に上昇しています。

半減期の終了とともに価格は下がりましたが、その後も大きな値下がりはなく、年末は140円程度の水準を維持していました。

2021年

2021年には仮想通貨市場に活発な動きがあったことで、それに伴ってモナコインは440円と過去最高の値上がりを見せるなど、上昇展開になります。

ただし、5月に中国政府がマイニングの全面禁止を発表するなどが理由で、仮想通貨全体の価格が下落します。モナコインの価格も140円程度にまで下落しました。

今後の価格予想

モナコインのチャート・価格予想

今後のモナコインの価格は、上昇することも十分あり得ます。

なぜなら、2021年末にもGMOコインでの上場が発表されるなど、今後も国内大手取引所への上場が増加する可能性があるからです。

 「Segwit」の採用で処理能力が高いため実用性が高く、今後は実店舗での決済手段としても普及が拡大することも考えられます。

価格が下落しているタイミングでモナコインを購入し、今後の高騰のタイミングを待つことがおすすめです。

モナコインに関連するニュースを随時チェックしておきましょう。

モナコインの将来性

モナコインの将来性を理解しておけば、投資の判断材料になります。

上場する取引所の増加

モナコインの将来性のPCの画像

2022年2月現在、モナコインは多くの国内取引所に上場しています。

  • DMM Bitcoin
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Zaif(ザイフ)

モナコインに限らず、仮想通貨は新しく取引所に上場を発表することで、ユーザーが増えて需要が高まり、価格が高騰する傾向があります。

実際に、現時点で、コインチェックやビットバンクといったユーザー数が多い国内大手取引所に複数上場している実績があります。

その信頼の高さから、今後は海外の取引所へ上場する可能性も十分に考えられるでしょう。

Webサービスの普及

モナコインの将来性のPCの画像

今後モナコインを活用するWebサービスが普及することで、価格が高騰する可能性が高まります

実際、2018年に世界で2000万以上のユーザーがいる動画配信サービス「ツイキャス」で支払いにモナコインが対応したことで、価格が高騰しました。

 モナコインは国内初の実用的なコインであるため、現在でもさまざまなWebサービスの決済に活用されています。

利用できる決済サービスが増えれば当然需要も増加するので、価格は上昇します。

今後も実店舗やネットサイトで支払い方法として利用が開始される可能性が十分に考えられるでしょう。

ビットコイン価格との連動

モナコインの将来性の仮想通貨の画像

モナコインに限らず、アルトコインは仮想通貨として代表的なビットコインの価格の変動に大きな影響を受ける傾向があります。

今後、ビットコインの価格が高騰して購入者が増えるタイミングで、同時にモナコインも連動して購入者が増えることが予想されます。

 実際に、ビットコインとモナコインの連動性の高さを狙って取引する投資家も存在します。

この傾向は今後もすぐに変わることはないことが予想されるため、ビットコインの動向には注意が必要です。

モナコインが購入できる国内取引所4選

モナコインが購入できる国内取引所を厳選して4社紹介します。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント
  • 取引所の手数料が無料
  • 仮想通貨交換以外のサービスも利用できる
  • 東証一部上場企業の「マネックスグループ」が親会社の安心感
  • 取り扱い通貨は17種類と豊富!

Coincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業の「マネックスグループ」に属する取引所です。大企業が親会社である安心感があります。

 取り扱い通貨は17種類と豊富なので、モナコインを始めとするアルトコインに興味のある方にはぴったりでしょう。

電気やガス、つみたてなど、仮想通貨交換以外のサービスも利用できるなど、使い勝手の良さも大きな魅力です。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取り扱い通貨 17種類
最短取引開始日 最短即日
モナコインの入金手数料(税不明) 無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料(税不明) 407円
モナコインの最低取引金額 500円相当額

出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)でモナコインの購入方法

Coincheck(コインチェック)でモナコインの購入方法は、以下の通りです。

  1. 日本円で購入金額を入力する
  2. 日本円でモナコインの購入をタップ
  3. 購入をタップ

上記の3ステップで購入は完了です。Coincheck(コインチェック)では、500円からと少額でモナコインを購入できます。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

おすすめポイント
  • 各種手数料がかからないので取引に集中できる
  • レバレッジ取引に対応している
  • 口座開設完了でもれなく2,000円即時プレゼント(2022年4月1日まで)
  • 取引ツール・アプリの操作性が高く使いやすい

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に対応しており、モナコインも対象です。各種手数料がかからないので、仮想通貨初心者でも取引に集中できます。

 土日祝も含めた365日対応サポートが受けられるので、困った時にすぐに相談できるのも嬉しいポイントでしょう。

LINEを使った相談も可能です。取引ツール・アプリの操作性が高く使いやすいので、取引スタイルに合わせてモードを切り替えて便利に活用してください。

DMM Bitcoinの基本情報

取り扱い通貨 14種類
最短取引開始日 最短即日
モナコインの入金手数料(税不明) 1,883円
出金手数料 無料
モナコインの最低取引金額
  • 10 OMG:BitMatch注文を除く
  • 1000 OMG:BitMatch注文)

※現物取引は無し

出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでモナコインの購入方法

DMM Bitcoinでモナコインの購入方法は、以下の通りです。

  1. アプリにログイン
  2. 「暗号資産パネル」からモナコインをタップ
  3. 画面下部の「購入」ボタンをタップ
  4. 買い注文の確認画面で上に向かってスワイプ
  5. 購入が完了

通貨の種類や数量が誤っていないかよく確認してから購入するようにしましょう。

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

bitFlyer

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

おすすめポイント
  • 7年以上ハッキング被害ゼロの安心感
  • 14種類の仮想通貨を1 円から売買できる
  • ビットコインがもらえるサービスが用意されている
  • セキュリティレベルの高いコールドウォレット

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティレベルの高いコールドウォレットが採用されており、7年以上ハッキング被害ゼロの安心感があります。

 14種類の仮想通貨を1 円からと少額で売買できるので、資産の少ない投資初心者の方も気軽に取引が始められるでしょう。

売買サービスに加えて、積立やクレジット決済のキャッシュバックなど、ビットコインがもらえるサービスも用意されています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取り扱い通貨 14種類
最短取引開始日 最短即日
モナコインの入金手数料(税込)
  • 各銀行所定額:銀行振込手数料
  • 無料:クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
  • 330円:クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外から入金の場合)
出金手数料(税込) 220~770円
モナコインの最低取引金額 1円相当額

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)でモナコインの購入方法

bitFlyer(ビットフライヤー)でモナコインの購入方法は、以下の通りです。

  1. モナコインを選択
  2. 指定金額または数量を入力する
  3. 買い注文に進むを選択
  4. 日本円とBTCの合計が表示される
  5. 「買い注文を確定する」を選択する
  6. 「購入が完了しました。」と表示された後、閉じるを選択

Huobi Japan(フォビジャパン)

フォビジャパン

おすすめポイント
  • 暗号資産取引を2円から始められる
  • 世界170カ国で数千万人のユーザーがいる
  • 日本円だけでなく暗号資産ペアも豊富
  • セキュリティ水準が高く安心して利用できる

フォビジャパンは世界170カ国で数千万人のユーザーを持つ、世界的に人気の高い取引所です。日本円だけでなく暗号資産ペアも豊富に用意されています。

 暗号資産取引を2円から始められるので、初心者の方も、まずは少額から始めて取引に慣れることができるでしょう。

セキュリティ水準が高いので、大切な資産を安心して預けることができます。

Huobi Japan(フォビジャパン)の基本情報

取り扱い通貨 14種類
最短取引開始日 最短即日
モナコインの入金手数料(税不明) 無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料(税不明) 330円
モナコインの最低取引金額 2円相当額

出典:Huobi Japan(フォビジャパン)

Huobi Japan(フォビジャパン)でモナコインの購入方法

Huobi Japan(フォビジャパン)でモナコインの購入方法は、以下の通りです。

  1. 取引所ページでモナコインを選択
  2. 購入を選択
  3. 注文タイプを選択(成行、指値)
  4. 注文情報を入力(数量、価格)
  5. 注文情報を確認

数量・価格を間違えないように、確認画面でしっかりとチェックしましょう。

よくある質問

仮想通貨モナコインとは?
国内の巨大掲示板「2ちゃんねる」から発祥した、日本初の仮想通貨です。アスキーアートで有名な「モナー」が通貨に表示されています。
モナコインが生まれた理由は?
もともと動画配信サイトのクリエイターに対して、リアルタイム投げ銭などに幅広く利用されていました。
モナコインのシステムは?
世界初のスピーディーに送金ができる技術「segwit」を実装する仮想通貨です。スケーラビリティ問題が解決することが期待されています。
モナコインの過去の価格推移は?
2019年取引開始当時の価格は70円前後でした。しかし、大手国内取引所コインチェックへの上場で、380円前後に急激に上昇しました。
モナコインの今後の価格予想は?
今後のモナコインの価格は、上昇することも十分あり得ます。なぜなら、今後も国内大手取引所への上場が増加する可能性があるからです。
モナコインの将来性は?
利用できる決済サービスが増えれば当然需要も増加するので、価格は上昇します。海外の取引所へ上場する可能性も十分に考えられます。
モナコインが購入できるおすすめ国内取引所は?
東証一部上場企業の「マネックスグループ」に属するコインチェックがおすすめです。取り扱い通貨は17種類と豊富です。

まとめ

今回は、モナコインの過去や現在のチャートや価格推移、今後の将来性、メリット・デメリットも詳しく解説しました。

日本初の仮想通貨であり、今後は実店舗での決済手段としても普及が拡大することも十分に考えられます。

仮想通貨に関連するニュースを随時チェックして、動向を見逃さないようにしてくださいね。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事