【最新版】手数料が安い!おすすめネット証券5選を徹底比較

【最新版】手数料が安い!おすすめネット証券5選を徹底比較

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

資産運用をしたいときにオンラインで便利にアクセスできる、ネット証券会社。

どうせならできるだけ手数料を抑えて利用したいものですが、数がありすぎてどこの会社が手数料が安いのか、判断が難しいのが実情です。

そこでこの記事では、手数料が安いネット証券会社5選、ネット証券の手数料の種類、メリット・デメリットなどについて解説します。

できるだけ手数料を抑えた取引がしたい方にピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。

手数料が安い!おすすめネット証券会社5選

LINE証券
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
LINE証券
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
手数料
(約定ごと5万円)
55円税込
55円税込
55円税込
55円税込
0円
手数料
(約定ごと10万円)
99円税込
99円税込
99円税込
99円税込
0円
NISA
×
IPO
投資信託
キャンペーン・特典
最大3,000円相当の株をタダで買える
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすい」ネット証券No.1の人気※1
  • LINE Payを利用すれば出入金がすぐ反映される
  • LINEポイント1ポイント=1円で投資に使える
  • 毎月1,000円から積立投資ができる

LINE証券は2019年8月にスタートしたサービスで、LINEアプリを使って簡単に投資ができることが特徴です。20代投資家が選ぶネット証券No.1に獲得しており、若い世代に支持されています。

サービスを開始してから、わずか1年半程度で口座開設数が50万口座※2を超え、2022年2月現在100万口座を突破するなど、いま注目度の高いネット証券です。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 30本  1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo
未対応

メリット①:数百円から投資が始められる

LINE証券では、「いちかぶ」と呼ばれる単元未満株での取引も可能です。1株数百円程度から、株主優待や配当金が受け取れます。

 さらに、リアルタイム約定の取扱銘柄数はNo.1(※3)です。

少額投資に強みがあるため、投資を始めて間もない方や、大きな損をしたくないという方に嬉しいネット証券でしょう。

メリット②:現物の売買手数料が低水準

LINE証券は、現物取引における購入手数料が金額に関係なく「0円」いうのが特徴です。

LINE証券の手数料0円
  • 投資信託「購入手数料」
  • 株式投資「買付手数料」
  • 信用取引「売買手数料」※4

さらに、信用取引であれば買い注文だけでなく売り注文でも手数料がかからないことも、LINE証券ならではの特徴といえるでしょう。

LINE証券の現物取引手数料
〜5万円:税込99円
〜10万円:税込176円
〜20万円:税込198円
〜50万円:税込484円
〜100万円:税込869円
〜150万円:税込1,056円
〜3,000万円:税込1,661円
〜3,000万円超:税込1,771円
また、投資信託の購入時手数料も無料です。少額取引希望の方はもちろん、高額取引・投資上級者にとっても、嬉しい手数料システムと言えます。

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 楽天ポイントを利用して投資ができる
  • 楽天銀行口座と連携で振込手数料無料
  • 初心者向け学べるコンテンツが充実

楽天証券は、通販サイト・銀行などでも有名な楽天グループが運営している証券会社です。

2020年新規口座開設数は業界No.1※1。国内・外国株のほかにFXや先物取引などもあるので、初心者はもちろんすでに投資の経験がある人にも選ばれています。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 2,694本 1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:楽天ユーザーに嬉しい仕組みが満載

楽天証券は、買い物やサービス利用などで貯めた楽天ポイントが投資信託に使える独自のシステムを構築しています。

また、取引口座を楽天銀行と連携することで、振込手数料が無料になるだけでなく「自動入出金(スイープ)」が利用できるようになります。

ポイント投資は、自分の決めたタイミングで買える「スポット購入」と、毎月決まった額を買う「積立購入」から選択可能です。

メリット②:投資コストを抑えられる

投資をする際に気になるのが「コスト」ですが、楽天証券の投資信託は全ての銘柄が「購入手数料無料」です。

 さらに「国内株式現物取引手数料は0円〜」「米国株式手数料は最低0米ドル〜」となっています。

これら取引コストは、キャンペーンやキャッシュバックでの特典ではありません。常時、取引コストを抑えて投資できる安心感が魅力です。

出典:公式サイト

※1 主要ネット証券5社(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)で比較、2021年7月9日現在・楽天証券調べ

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 国内株式個人取引シェアNo.1※1
  • 外国株取扱国数主要ネット証券No.1※2
  • 取り扱っているIPO銘柄数が業界トップ※3

SBI証券は、IPO取扱銘柄No.1※4など業界内でも常に上位の業績を誇っています。手数料の手ごろさ、取扱商品の充実度から見てメイン口座をお探しの人にもおすすめです。

また、初心者の方にもSBI証券はピッタリです。クレジットカードやTポイントを使って100円から投資信託を購入できるほか、スマホから直感的に取引できます。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 2,698本 10日~2週間程度
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:手数料は0円〜

SBI証券は取引に応じて2つのプランが選べるシステムになっています。

1回の注文に応じて手数料が異なる「スタンダードプラン」と、1日ごとの合計取引金額によって手数料が異なる「アクティブプラン」です。

スタンダードプランの手数料(55円〜)
〜5万円:税込55円
〜10万円:税込99円
〜20万円:税込115円
〜50万円:税込275円
〜100万円:税込535円
〜150万円:税込640円
〜3000万円:税込1,013円
3000万円超:税込1,070円
アクティブプランの手数料(0円〜)
〜50万円:0円
〜100万円:0円
〜200万円:税込1,238円
〜300万円:税込1,691円
以降100万円増加ごとに:+税込295円

SBI証券は100万円まで手数料が0円と業界内でも屈指の安さ※5です。そのため、1日の取引額がそこまで多くない初心者の方でも気兼ねなく取引できます。

おすすめ②:充実した投資情報が無料

SBI証券では、四季報・チャート・株価指数など様々な投資情報が、簡単かつ無料で得られるのが注目すべきところでしょう。

 SBI証券のアナリストが「動画レポート」を配信しており、耳よりな情報も満載です。

その他に、不定期ではありますが全国で「会場セミナー」を実施しているので、トレンドに沿った情報もいち早くゲットできます。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • NISA・iDeCo・積立投資信託など、投資デビューに適した商品が豊富
  • IPO株購入は完全平等制
  • 毎日金利を受け取れるサービスあり

マネックス証券は1999年設立の証券会社で、大手ネット証券のひとつに数えられます。米国株の取扱銘柄数が豊富なので、米国株取引を検討している方におすすめです。

iDeCoやNISA口座に対応しているうえ、株を保有していると金利が受け取れる貸株サービスもあるので、様々な方法で資産運用できます。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
55円〜 0円〜 1,130本 1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:IPO(新規公開株)の抽選が完全に平等

投資商品として人気の高いIPO株は、前受金が必要だったり、銘柄・申し込む人のステータスによって当選確率が平等でなかったりします。

 しかし、マネックス証券であれば、IPO購入権の抽選が「完全に平等」となっています。

IPO投資に資金力が関係ないため、投資ビギナーにも十分チャンスがあるでしょう。

メリット②:100円から投信積み立てができる

マネックス証券では、多くの銘柄で毎月100円から積立方式で投資できます。

少額でも専門家に資産運用を依頼できるので、投資初心者の方はもちろんのこと、調査が難しい銘柄・国・地域の銘柄にもチャレンジしやすいでしょう。

扱っている銘柄が豊富ということは、そのぶん色々な投資にチャレンジできるということですね。

松井証券

松井証券

「松井証券のおすすめポイント」
  • 25歳以下の株式取引手数料が0円※1
  • デイトレーダー向きの「一日信用取引」がある
  • 国内現物取引の手数料が50万円まで0円

松井証券は大正7年創業で、100年を超える歴史を持つ証券会社です。老舗の会社として有名ですが、実は国内初のインターネットによる取引を導入したことでも知られます。

50万以下まで株式取引手数料0円、25歳以下の方の株式取引手数料が0円※1など、少額取引から始めたい初心者の方必見のネット証券です。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 1,183本 1週間程度
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:初心者に嬉しい充実のサポート体制

電話・Webサイト上どちらでも、疑問やトラブルにオペーレーターが対応してくれます。

また、松井証券はHDI-Japan主催の「2020年度問合せ窓口格付け」において証券業界部門で10年も連続して三ツ星を獲得しています。

専用フォームであれば、原則24時間いつでも対応してくれるのは心強いですね。

メリット②:取引期限なしの信用取引

通常、信用取引の際には「6か月」という期限が定められています。そのため、期限が来てしまうと利益が出なくても自動的に決済されます。

 しかし、松井証券では信用取引の期限を原則設けていません。

期間を気にせず取引できるのがメリットです。また、1日に何度も取引をしても手数料は一切かからないので、デイトレーダーの人にもうれしい仕組みとなっています。

出典:公式サイト

※1 25歳以下のお客様は、26歳になる月の最終営業日取引分まで、ボックスレート手数料無料です。私設取引システム(PTS取引)のナイトタイム・セッション(17:30~23:59)のお取引は翌営業日扱いとなるため、最終営業日のナイトタイム・セッションのお取引は手数料無料の対象外です。

 

1約定ごとの手数料が安いおすすめネット証券

ネット証券利用時は、約定するごとに手数料がかかることになります。もちろん、1回約定するごとに数百円から千円強の手数料を1回ずつとられていると、塵も積もれば山となり多額の手数料を支払わなくてはならなくなります。

やはり、1回の約定ごとに手数料がなるべくかからない、手数料が安い証券会社を選ぶのも証券会社選びの際に重要な要素になります。

今回は、1約定ごとにかかる手数料が安くおすすめできるネット証券を3つご紹介します。

LINE証券LINE証券

楽天証券楽天証券

SBI証券SBI証券

LINE証券

LINE証券

5万円 55円
10万円 99円
20万円 115円
50万円 275円
100万円 535円
150万円 640円
3,000万円 1,013円
3,000万円超 1,070円

※数値は全て税込み
出典:LINE証券公式サイト

楽天証券

楽天証券

5万円 55円
10万円 99円
20万円 115円
50万円 275円
100万円 535円
150万円 640円
3,000万円 1,013円
3,000万円超 1,070円

※数値は全て税込み
出典:楽天証券公式サイト

SBI証券

SBI証券

5万円 55円
10万円 99円
20万円 115円
50万円 275円
100万円 535円
150万円 640円
3,000万円 1,013円
3,000万円超 1,070円

※数値は全て税込み
出典:SBI証券公式サイト

1日定額制手数料が安いおすすめネット証券ランキング

ここからご紹介するのは、1日における手数料が定額制で、1日に多数の取引をする方におすすめできるネット証券です。

ご自身の投資スタイルにおいて手数料が1日定額制のネット証券の方がお得だ、メリットがあると判断できる場合は是非検討してください。

こちらでは、50万円以下、50万円超~100万円以下、100万円超~150万円以下と約定代金にあわせて手数料が安い順にランキング形式でご紹介します。

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券

SBI証券

SBI証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券

50万円以下 0円
50万円超~100万円以下 0円
100万円超~150万円以下 880円
150万円超~200万円以下 1,100円
200万円超~300万円以下 1,540円
以降100万円増加ごとに 295円ずつ増加

※数値は全て税込み
出典:SBIネオトレード証券公式サイト

SBI証券

SBI証券

50万円以下 0円
50万円超~100万円以下 0円
100万円超~150万円以下 1,238円
150万円超~200万円以下 1,238円
200万円超~300万円以下 1,691円
以降100万円増加ごとに 295円ずつ増加

※数値は全て税込み
出典:SBI証券公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券

50万円以下 0円
50万円超~100万円以下 0円
100万円超~150万円以下 1,238円
150万円超~200万円以下 1,238円
200万円超~300万円以下 1,691円
以降100万円増加ごとに 295円ずつ増加

※数値は全て税込み
出典:GMOクリック証券

ネット証券会社の取引手数料の種類

ネット証券会社の取引手数料の種類

ネット証券の手数料は以下の2種類が存在します。

ネット証券会社の取引手数料の種類
  • 1約定ごとに発生する手数料
  • 1日定額制の手数料

多くの証券会社では、いずれのプランを選択可能です。それぞれを簡単に解説します。

1約定ごとに発生する手数料

ネット証券会社の取引手数料の種類

こちらは注文するたびに手数料が発生するプランです。その名の通り、1約定ごとに手数料が発生し、手数料額は注文金額により変動します。

 取引回数が少ない方は、このプランを選択する方が手数料が安くなるかもしれません。

1日定額制の手数料

ネット証券会社の取引手数料の種類

1日定額の手数料プランです。取引回数に関係なく定額なので、取引回数が多い方におすすめできます。1日の取引合計金額に応じ、手数料が請求されます。

頻繁に取引する場合には、定額プランの方が安くなるケースが多いでしょう。

ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券のメリット

ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券のメリット
  • 手数料が安い
  • 多くの情報を入手できる
  • 時間・場所に関係なく取引可能

手数料が安い

ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券の最初のメリットは、手数料が安い点です。店舗の窓口と比較すると、ネット証券の手数料は格安だと言えます。

ネット証券は証券会社や取引金額によっては手数料無料で、証券を購入できることもあります。

 手数料は安ければ安いほどうれしいので、ここはネット証券の大きなメリットと言えますね。

多くの情報を入手できる

ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券会社の多くでは、情報提供を積極的に行っています。アナリストのレポートや、経済関連のニュースを発信している会社も珍しくありません。

また、証券会社によっては動画でのセミナーを無料配信していることもあり、様々な形で投資を学べるメリットがあります。

 初心者に特化したコンテンツを配信している会社もありますよ。

時間・場所に関係なく取引可能

ネット証券のメリット・デメリット

証券会社の窓口が近所に無くても、PC・スマホがあれば、場所を選ばず取引できるのもメリットと言えます。また、隙間時間に取引できるのもネット証券の利点でしょう。

特に地方在住だと証券会社の訪問は、かなり大変でしょう。そんな場合でもネット証券なら問題なく取引できます。

ネット証券のデメリット

ネット証券のメリット・デメリット

ネット証券のデメリット
  • 担当者との相談ができない
  • インターネット回線・システムトラブルのリスクがある

担当者との相談ができない

ネット証券のメリット・デメリット

担当者との相談が行えないのは、ネット証券のデメリットになりえます。専門家と直接話をする機会が無いため、不安点や疑問点を直接質問することができません。

そのため、直接対面で話してから投資対象を決めたい場合は特に、この点はデメリットに感じる可能性があるでしょう。

 とはいえ、対面だとセールスを受け、投資せざるを得ない状況になるリスクもあります。オンラインなら、こうした心配はいりません。

インターネット回線・システムトラブルのリスクがある

ネット証券のメリット・デメリット

オンラインでの取引の場合、インターネット回線のトラブルが起こると、思うように注文が行えない可能性があります。

このことで、取引のタイミングがずれてしまい、投資チャンスを逃す可能性もあります。

 損切のタイミングが遅れ、損失が拡大することもあり得るでしょう。

また、証券会社のシステムにトラブルが起こる可能性も、ゼロではありません。

オンラインならではのリスクが発生する可能性については、認識しておいた方がいいかもしれません。

よくある質問

手数料が安いネット証券会社にはどこがありますか?
LINE証券・SBI証券・マネックス証券・楽天証券・松井証券といった証券会社は、手数料が安くおすすめできます。
1約定ごとの手数料が安いネット証券会社はどこですか?
LINE証券・SBI証券・楽天証券といった会社は1約定ごとの手数料が安くなっています。
1日定額制手数料が安いネット証券会社はどこがありますか?
SBIネオトレード証券・GMOクリック証券・SBI証券といった証券会社は1日定額制の手数料が安いです。
ネット証券の手数料にはどういった種類がありますか?
1約定ごとに発生する手数料と、1日定額制の手数料の2種類があります。
ネット証券にはどんなメリットがありますか?
手数料が安い・多くの情報を入手できる・時間や場所に関係なく取引可能といったメリットがあります。
ネット証券にはどんなデメリットがありますか?
証券会社の担当者と相談ができない、インターネット回線やシステムのトラブルのリスクなどが挙げられます。
最初にネット証券の口座を作るならどの会社がいいでしょうか?
LINE FXはLINEアプリ内から口座開設でき、気軽に始められます。そのため、まずはLINEFXの口座を作るといいかもしれません。

まとめ

この記事では、手数料が安いネット証券会社5選、ネット証券の手数料の種類、メリット・デメリットなどについてお伝えしました。

手数料が高いと、取引のたびに余計な手数料がかかってしまいます。今回の記事を参考に手数料を抑えた取引をしてみましょう。

今回の記事を参考に、ピッタリの証券会社を選んでみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事