おまとめローンおすすめ低金利ランキング!人気を徹底比較

おまとめローンおすすめ低金利ランキング!人気を徹底比較

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

いくつもの金融機関から借り入れをしている場合は、「おまとめローン」によって1つにまとめると返済がグンと楽になるかもしれません。

そこで今回は、おすすめのおまとめローンを合計12社厳選し、それぞれの上限金利を比較したランキングも発表します。

おまとめローンのメリットやデメリットも解説しているため、複数の借り入れをまとめたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【消費者金融】おすすめのおまとめローン徹底比較!

プロミス
アイフル
SMBCモビット
アコム
楽天銀行
スーパーローン
auじぶん銀行
横浜銀行
カードローン
プロミスのカードローンの特徴を徹底解説!借入・返済方法も紹介
アイフル
SMBCモビット
アコム
楽天銀行スーパーローン
auじぶん銀行
実質年利
4.50%~17.80%
3.0%~18.0%
3.0%~18.0%
3.0%~18.0%
1.9%~14.5%
1.48%~17.5%
1.5%〜14.6%
借入限度額
最大500万円
最大800万円
最大800万円
最大800万円
最大800万円
最大800万円
最大1000万円
無利息期間
30日
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
30日
30日
-
審査期間
最短30分
最短25分
10秒簡易審査
最短30分
最短当日
土日祝未対応
最短翌日
融資スピード
最短即日
最短即日
最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
最短即日
最短翌日
最短翌日
WEB完結
融資まで
融資まで
融資まで
融資まで※2
融資まで
融資まで
融資まで
取引手数料
不要
不要
不要
不要
不要
不要
-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【消費者金融】おすすめおまとめローン5選

プロミスのカードローンの特徴を徹底解説!借入・返済方法も紹介プロミス(おまとめローン)

SMBCモビットSMBCモビット(カードローン)


アコム
アコム(借換え専用ローン)


プロミス(おまとめローン)

プロミスのカードローンの特徴を徹底解説!借入・返済方法も紹介

金利(実質年率) 6.3%~17.8% 
融資額 300万円まで
申し込み対象 年齢20歳以上、65歳以下で本人に安定した収入のある方※1

特徴①毎月の返済金額は固定

返済する金額は元利定額方式を採用しています。

 毎月の返済する金額が一定となり、返済計画を立てやすいです。

月々の返済額が異なる借り入れを一つにまとめられるため、いくつもの借り入れを抱えている方におすすめです。

特徴②返済期日を都合に合わせて選べる

返済期日は毎月5日、15日、25日、末日のいずれかから、都合の良い日程を選ぶことができます。

給料日に合わせて返済日を選択すれば、返済による負担も抑えられますね。

出典:公式サイト

※1 主婦、学生の方でも、パートやアルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

 

SMBCモビット(カードローン)

SMBCモビット(カードローン)

金利(実質年率) 3.0~18.0%
融資額 1万円~800万円
申し込み対象

年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入がある方※1

特徴①カードローンで借り入れを一本化できる

おまとめローンだけを目的として特化した商品はありませんが、カードローンを活用すれば借り入れを一本化できます。

融資額の最大800万円なので、借り入れが複数ある方も安心して利用できるでしょう。

特徴②返済でTポイントが貯まる

SMBCモビット(カードローン)

返済する金額のうち、利息分200円ごとにTポイント1ポイントが貯まります。

 貯まったポイントは、1ポイント=1円相当として返済に充てることも可能です。

出典:公式サイト
※1アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能。
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

アコム(借換え専用ローン)

おすすめカードローン アコム

金利(実質年率) 7.7%~18.0%
融資額 1万円~300万円
契約のための基準 成人以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコム基準を満たす方

特徴①自動契約機(むじんくん)からも申し込み可能

申し込みは、店頭窓口または自動契約機(むじんくん)から行います。最寄りの自動契約機は公式サイトから検索できるため、事前に確認しておきましょう。

店舗や自動契約機によって営業時間が異なる場合があるため、ご注意ください。

特徴②スマホアプリで管理が楽になる

アコムにはスマートフォン用の公式アプリがあり、利用状況をひと目で確認できます。

 プッシュ通知で支払い日にお知らせが届くので支払い漏れを防げます。

iPhone・Androidどちらも対応しているため、ぜひご活用ください。

出典:公式サイト
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

アイフル(おまとめMAX)

アイフル(おまとめMAX)

金利(実質年率) 3.0%~17.5%
融資額 1万円~800万円
申し込み対象 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方

特徴①申し込みはWebで完結できる

おまとめMAXでは、Web経由なら24時間365日いつでも好きな時に申し込みができます。時間を気にせず申し込みが可能なため、忙しい方も安心して利用できるでしょう。

店頭に出向く手間も省けるので、便利ですね。

特徴②銀行ローンをおまとめ可能

おまとめMAXは、消費者金融のローンだけでなく銀行ローンやクレジットカードのリボ払いも対象となっています。複数の借り入れを1つにまとめると、計画的に返済できるでしょう。

出典:公式サイト
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

中央リテール

中央リテール

金利(実質年率) 10.95%~13.0%
融資額 1万円~50000万円
契約のための基準

特徴①おまとめローンを専門に取り扱っている

中央リテールは、おまとめローンを専門に取り扱う消費者金融です。

複数社からの借り入れが多く返済のめどが立たない方や、利息が負担となっている方は、利息が軽減できる可能性があります。

 相談窓口の担当者は全員貸金業務取扱主任者という国家資格を取得しているので安心です。

誰にも相談できない借り入れに関する専門的な内容のアドバイスが受けられるでしょう。

ただし、支払い軽減のための目的ローンなので、他社返済以外での利用は出来ない点に注意が必要です。

特徴②融資までのスピードが早い

中央リテールは、申し込みから審査完了までが最短2時間と非常に速い点が大きな特徴です。急いで借り入れをしたい方も安心でしょう。

 審査をスピーディーに行ってくれるため、無担保おまとめローンなら最短で1日で借り入れが可能です。

返済の際は、自分が決めた日にちに口座から引き落とされます。

通常、支払い日は日にちが固定されていることが多いので、給料日に合わせて柔軟に支払いを決められるのが嬉しい点です。

出典:公式サイト

【ネット銀行】おまとめとしても使えるローン4選

楽天銀行スーパーローン auじぶん銀行 イオン銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン auじぶん銀行 イオン銀行 住信SBIネット銀行
年利1.9%~14.5% 年利1.48%~17.5% 年利3.8%~13.5% 年利3.775%~12.0%

楽天銀行(スーパーローン)

楽天銀行(スーパーローン)

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
融資額 10万円~800万円
申し込み対象
  • 満年齢20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 働いている方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

特徴①普段利用している口座を利用できる

楽天銀行はネット銀行であり、楽天銀行用の口座を開設する必要はありません

 今利用している口座をそのまま利用できるので便利です。

特徴②毎月の返済金額は2,000円から

スーパーローンの返済金額は月々2,000円から設定でき、毎月の返済する金額を少なくすることができます。

余裕のある月は追加での返済も可能です。

auじぶん銀行(じぶんローン)

auじぶん銀行(じぶんローン)

金利(実質年率) 1.48%~17.5%
融資額 10万円~800万円
申し込み対象 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満であり、安定継続した収入のある方※1

特徴①月々の返済金額は1,000円から

毎月1,000円から返済可能です。月々の返済する金額が小さいので負担を軽くしやすく、計画的に返済していけます。

特徴②ATM手数料完全無料!手続きは全てスマホで完結!

auじぶん銀行のカードローンは、利用する時間や回数を問わず借入も返済も手数料が無料!利用可能なATMは以下のとおりです。

ポイント
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • Enet
  • ローソン銀行
    ※一部利用できない店舗もあります。

また、申し込みから契約まで全てスマホで完結!もちろんPCからでもOKなので、簡単に申し込みができます。

申込時も申し込み入力サポート機能があるため安心して入力が可能です。

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資しているネット銀行であるauじぶん銀行。安心の金利が実現されているのも、窓口のないネット銀行だからこそできること。

イオン銀行(イオンアシストプラン)

イオン銀行(イオンアシストプラン)

金利(実質年率) 3.8%~13.5%
融資額 10万円~700万円
申し込み対象
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
  • イオン銀行に普通預金口座を持っている方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方

特徴①返済額シミュレーションがある

ホームページには返済額シミュレーションがあり、申込前に月々の返済する金額を予測することができます。

具体的な返済金額が分かれば、自分に合ったローンなのか判断しやすいでしょう。

特徴②申し込みはWeb限定

イオン銀行のおまとめローンを利用する注意点は、申し込みはインターネット限定になることです。

 他の申込方法には対応していないのでご注意ください。

ただし、来店不要で必要書類も少ないので手続きが簡単です。

出典:公式サイト

住信SBIネット銀行(フリーローン)

住信SBIネット銀行(フリーローン)

金利(実質年率) 3.775%~12.0%
融資額 10万円~1,000万円
申し込み対象
  • 日本国内に居住する、申込時年齢が満20歳以上で、完済時満70歳未満の方
  • 毎月安定した定期収入がある方

特徴①申し込みはWebで完結可能

フリーローンの申し込みは全てWeb上で完結できます。利用明細書などの書類も自宅に届かないので、誰にも知られずに利用できます。

特徴②スマートプログラムランクに応じて手数料が優遇される

住信SBIネット銀行の会員になると、商品・サービスの利用に応じてポイントが貯まる優遇プログラム(スマートプログラム)を利用できます。

 プログラムのランクによって、提携ATMの利用手数料や振込手数料が0円になる回数が増える仕組みです。

ポイントが貯まるキャンペーンにも参加できます。

貯まったポイントは現金やマイルへ交換可能ですよ。

【地方銀行】おすすめおまとめローン4選

横浜銀行カードローン 東京スター銀行 中国銀行 東邦銀行
年利1.5%~14.6% 年9.8%・12.5%・14.6% 6.8%~14.5%

年6.5%・年9.8%

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの商品概要|金利・限度額

金利(実質年率) 実質年率1.5%~14.6%
お借入限度額 10〜1,000万円(10万円単位)
申込み対象

契約時満20歳以上69歳以下で、安定した収入のある人及びその配偶者

上記の条件に加え、次の地域に居住又は勤務している人

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市

特徴①24時間Web申込み可能・ATM手数料無料

横浜銀行カードローンは、横浜銀行に口座がなくても24時間Webで申込可能。また、横浜銀行のATM以外にも全国の提携コンビニATM(ローソン銀行ATM、セブン銀行ATM、E-net等)などで手数料無料での借入・返済が出来ます。

他社ではATMでの借入・返済時に毎回手数料がかかるところも多いですよ。

提携ATMが近くにある場合は毎回手数料を払わずに借入や返済が出来るのは大きなメリットと言えます。

特徴②最短翌日で審査回答が得られる

カードローンに申し込んだ後は、審査結果を早く知りたいという人が多いのではないかと思います。 横浜銀行カードローンでは、申込み後、審査結果が最短で翌営業日に連絡が来ます。

銀行カードローンは審査に時間がかかるところが多いため、最短で翌営業日の回答ならかなり早い方だと言えます。

審査結果の連絡は、携帯電話か自宅の電話、勤務先の中から選択可能です!
※お申込受付時間等により、審査結果のご連絡が翌日より後になる場合があります。

特徴③他社のおまとめ利用も可能

横浜銀行カードローンでは、他社からの借入をおまとめする事も可能です。他社のローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いも横浜銀行カードローンで一本化する事が出来ます。

他社からの借入をおまとめするメリットは下記のようなものが有ります。

他社借入をおまとめするメリット
  • 横浜銀行カードローンより高い金利のローンをおまとめすれば利息を減らす事が出来る
  • 横浜銀行カードローンに一本化出来れば返済日も1回になり管理がし易くなる
  • おまとめする事で毎月の返済額を減らす事が出来る場合もある

複数社からの借入があると管理が大変ですが、横浜銀行カードローンでおまとめする事で返済日も1回になり、返済負担が軽減されます。

ただし横浜銀行カードローンよりも低い金利のローンをおまとめするとかえって金利が上がってしまう可能性も有ります。

特徴④専業主婦の利用も可能

銀行カードローンの中には専業主婦の利用が出来ないところが多い中、横浜銀行カードローンは配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申し込めます。 また、パートやアルバイトで収入のある主婦の利用も可能です。

 申込み後に配偶者本人や配偶者の勤務先に電話がいく事はありませんので、安心して利用する事が出来ます。

ただし書類やカードは自宅に届きますので、家族に内緒で利用したい場合は配送物の管理に気を付けましょう。

東京スター銀行(スターワン乗り換えローン)

東京スター銀行(スターワン乗り換えローン)

金利(実質年率)
  • 9.8%
  • 12.5%
  • 14.6%
融資額 30万円~1,000万円
申し込み対象
  • 申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方
  • 給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)
  • 年収200万円以上の方
  • 提携保証会社の保証が受けられる方

特徴①Web完結で申し込み可能

申し込みはWebのみで完結でき、来店も不要です。郵送物も届かないので、誰にも知られずにも借り入れを1本化できます。

特徴②「簡単1秒診断」ができる

スクリーンショット

スターワン乗り換えローンでは簡単1秒診断を行えるので、事前に融資できるかどうかをすぐに診断できます。

信用情報機関に履歴を残さずに診断できるので、安心ですね。

出典:公式サイト

中国銀行(おまとめフリーローン)

中国銀行(おまとめフリーローン)

金利(実質年率) 6.8%~14.5%
融資額 10万円~500万円
申し込み対象
  • 申込み時の年齢が満20 歳以上満69 歳以下の方※1
  • 安定継続した収入のある方※2
  • 提携保証会社の保証が受けられる方
  • その他中国銀行所定の融資条件を満たす方

特徴①アルバイト・派遣社員でも申込可能

中国銀行のフリーローンは安定した収入であれば正社員以外の方でも申し込みできます。アルバイトや派遣社員、さらに専業主婦(夫)の場合でも複数のローンを1つにまとめることを期待できます。

正社員に限らず幅広い人が対象となっていますね。

特徴②300万円以下なら所得証明書は不要

中国銀行(おまとめフリーローン)

中国銀行のおまとめローンは、300万円以下であれば所得証明書の提出は不要です。手間がかかる手続きを省略できるので、便利に利用できます。

出典:公式サイト
※1 完済時年齢が満75 歳以下となる方に限ります。
※2 専業主婦の方も利用できます。年金受給者および年金受給者の配偶者の方は申込みいただけません。

東邦銀行(とうほうお借換えローン)

東邦銀行(とうほうお借換えローン)

金利(実質年率)
  • 年6.5%
  • 年9.8%
融資額 10万円~500万円
申し込み対象
  • 満20歳以上で最終返済時年齢が満80歳以下の方。
  • 安定した収入のある方。

特徴①事前申込は24時間365日受付中

とうほうお借り換えローンの申し込みは、24時間365日受け付けているので、自分の好きなタイミングで申し込みできます。

忙しい方にもぴったりですね。

特徴②借入・返済シミュレーションを利用できる

東邦銀行(とうほうお借換えローン)

申込み前に公式サイトの借入・返済シミュレーションを利用できます。月々の返済する金額などを手軽に診断できるので、計画的に返済を進められるでしょう。

出典:公式サイト

紀陽銀行(おまとめローン+)

紀陽銀行(おまとめローン+)

金利(実質年率)
  • 6.5%
  • 8.5%
  • 11.0%
  • 12.5%
  • 14.0%
融資額 10万円~500万円
申し込み対象
  • 申込時かつ契約時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満80歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 住まいまたは勤務先の所在地が紀陽銀行本支店の営業地域内の方

特徴①Web契約なら来店不要

紀陽銀行(おまとめローン+)

おまとめローンプラスはWeb契約に対応しているので、来店せずに申し込みできます。

 Web契約には、紀陽銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っていることが条件です。

特徴②返済日を3つの日程から選べる

返済日は毎月7日、17日、27日(銀行休業日の場合は翌営業日)から選ぶことができます。

自分の好きな日程を選ぶことで計画的に返済できるでしょう。

おまとめローン低金利ランキング!

消費者金融編:低金利ランキング

アコム

SMBCモビット アイフル
アコム SMBCモビット アイフル
3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%

ネット銀行編:低金利ランキング

auじぶん銀行 楽天銀行スーパーローン
auじぶん銀行 楽天銀行スーパーローン 住信SBIネット銀行
年利1.48%~17.5% 年利1.9%~14.5% 年利3.775%~12.0%

地方銀行変:低金利ランキング

横浜銀行カードローン 東邦銀行 中国銀行
年利1.5%~14.6% 年6.5%・年9.8%

6.8%~14.5%

おまとめローンの2つのメリットとデメリット

おまとめローンのメリット

おまとめローンにもメリットとデメリットが存在します。まずは主なメリットから見ていきましょう。

おまとめローンのメリット
  • 返済の負担が軽減できる
  • 多重債務の状態から抜けられる

1、返済の負担が軽減できる

女性

おまとめローンの大きなメリットは、返済の負担を軽くできることです。

 ばらばらの返済日を1つにまとめることができるので、返済手続きを忘れにくくなり返済の手間が減ります。

また、金利も低くなることが多いので、返済総額も少なくできるでしょう。

2、多重債務の状態から抜けられる

紙幣

複数の金融機関から借り入れを行っていると、多重債務状態になってしまいます。

多重債務状態になると、新しいローンを組んだりクレジットカードを作ったりするのが難しくなってしまいます。

おまとめローンを利用することで、1つのローンのみ借り入れしている状態になり、多重債務状態から抜けられるでしょう。

おまとめローンのデメリット

ここでは、おまとめローンの主なデメリットについて紹介しましょう。

おまとめローンのデメリット
  • 審査に落ちる場合がある
  • 借り入れできない場合がある

1、審査に落ちる場合がある

貯金箱

おまとめローンを利用するときは、申し込みをした金融機関の審査を受ける必要があります。

 せっかくおまとめローンを利用しようとしても、審査に落ちてしまえば利用できません。

これまでの返済で遅延が何度もあったり、安定した定期的な収入がなかったりすると審査に通過するのが厳しくなることが考えられるため、注意しましょう。

2、借り入れできない場合がある

女性

申し込むおまとめローンによっては、返済に特化しており追加で借り入れできない場合もあります。

急な出費でお金が必要になったときに借り入れができないため、不便に感じる方もいるかもしれません。

お金が必要になる度に新しくカードローンを申し込んだりすると、返済すべき金融機関が増えてしまうので注意が必要です。

おまとめローンの最適な選び方3つのポイント

自分にとって最適なおまとめローンは、人によって異なります。負担をできるだけ減らせるおすすめの選び方を紹介するので、参考にしてください。

おまとめローン専用であるか

おまとめローンの最適な選び方

商品名が「おまとめローン」と表示されていても、よく内容を確認すると、実際には違う場合があるので注意が必要です。

 おまとめローンに似たものとして、「借り換えローン」という商品もあります。商品名に惑わされないようにすることが大切です。

本当にローンがまとめられるのか、申し込み前にしっかりと確認しましょう。

多くのローンのおまとめをできる

おまとめローンの商品によって、どのような借入がまとめられるのかは異なります。

 例えば、消費者金融の商品の場合には、貸金業者からの借入しかまとめられません。

銀行カードローンから借り入れたものに関してはおまとめできないため、注意が必要です。現在抱えている借金を一部しかまとめられないのであれば、おまとめの効果は薄れてしまいます。

できるだけ多くのローンのおまとめができるもの選びましょう。

上限金利が低い

おまとめローンの最適な選び方

金利が低ければそれ分利息も少なくなり、返済する合計額が少なくなります。負担を減らすためにも、金利の低い商品を選びましょう。

初回は上限金利で設定されることが多いため、上限金利が低いローンを選ぶことが大切です。

おまとめローン利用時に注意すべき事項

おまとめローンを利用する際には、以下の項目に注意することが大切です。

借り入れの元金は減らない

おまとめローン利用時に注意すべき事項のお金の画像

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済負担や手間が省けるというメリットがあることは、先ほどお伝えしました。

実際におまとめローンを利用すれば毎月の返済負担が軽くなり手間も減るため、借り入れ自体が軽減したように感じるかもしれません。

 しかし、おまとめローンを利用したからと言って、借入元金自体が減るわけではないことを覚えておきましょう。

おまとめローンは、あくまで借入先を一つにまとめられるという仕組みであり、借入元金を減らすものではありません。おまとめローン利用後も、計画的に返済をしていくことが大切です。

借り入れが減ったと錯覚するとお金に余裕ができたと思い込んでしまうことになりかねません。その結果、浪費が増えてさらに支払いが苦しくなってしまう可能性もあります。

無計画にお金を使ってしまうと金銭的余裕が無くなってしまう恐れがあるので、注意するようにしましょう。

毎月の返済負担が軽減されても使う金額変えず、繰上げ返済を行って早めに返済してしまうことがおすすめです。

返済総額が増える可能性もある

おまとめローン利用時に注意すべき事項のお金の画像

おまとめローンで毎月の返済額を極端に少なくすると、毎月の負担は減ります。負担を減らすために、毎月の返済額をできるだけ減らしたいと考える方も多いでしょう。

しかし、借入期間が長期化してしまうことで、金利を含めた総支払額は増えることになるため注意が必要です。借入期間は長くなるほど利息の総額が増える仕組みです。利息は下記の計算式で求められます。

利息=借入元金×金利×借入期間

 この式からも分かるよう、借入期間が長くなるほど利息はどんどん大きくなっていきます。毎月の返済額は可能な限り少なくするのではなく、支払総額とのバランスを考えた上で決めるようにしましょう。

具体的な返済期間が知りたいという方は、シミュレーション機能を活用して試算するのがおすすめです。

金利が低くなることを確認する

おまとめローン利用時に注意すべき事項の電卓の画像

おまとめローンは一般的に金利が低く設定されていることが多いと解説しました。しかし、おまとめローンを利用したからと言って、必ず金利が低くなるとは限りません

 おまとめローンによっては、一本化する前のローンやキャッシング等の金利のほうが低い場合もあります。

 金利を低くすることを目的におまとめローンを利用したのに、かえって金利が高くなってしまっては意味がありません。

申し込み前には、金利をしっかりと確認することが大切です。

おまとめローンQ&A

おすすめのおまとめローンは何ですか?
当記事でおすすめのおまとめローンは「プロミス」です。毎月の返済金額は固定され、返済期日も都合に合わせて選べるのでとても利用しやすいおまとめローンです。
おまとめローンとはなんですか?
おまとめローンとは、複数の借り入れ先を1つにまとめるローンのことです。審査スピードが比較的早い無担保型と、比較的大口の融資を受けられる有担保型の2種類があります。
おまとめローンのメリットは?
おまとめローンの主なメリットは以下の通りです。
一本化して返済管理の負担を軽減できる。
②返済期間や総額が明確で、返済計画が立てやすくわかりやすい。
③借り入れ額を1つにまとめて大きくすることで金利が低くなる可能性がある。
おまとめローンの審査基準は?

明確な審査基準は公表されていませんが「問題なく返済できるかどうか」が大切になります。勤務先・雇用形態・勤続年数・年収などは安定した収入状況を判断するのに重要でしょう。また他社からの借入や滞納や債務整理歴、返済実績は最も重視される項目と予想できます。

おまとめローンの選ぶポイントは?
おまとめローンを選ぶ際のポイントは「金利」を見ることです。今の借り入れ先よりも低金利になり、返済総額が少なくなる可能性があります。
おまとめローンを選ぶ時に注意することは?

おまとめローンの利用で必ずしも希望どおりの条件で借り換えられるとは限りません。借り換え後の返済期間や金利などにより、返済総額が増える場合もあります。おまとめローンを利用の前に、しっかりとした返済計画を立てましょう。

おまとめローンの審査は甘い?
審査が甘く、必ず通るようなおまとめローンは存在しません。おまとめローンは借り入れをまとめることにより、月々の返済額を減らすのが目的の方に最適なサービスと言えます。

まとめ

この記事では、おまとめローンについておすすめの商品を詳しく紹介しました。おまとめローンを利用することで、月々の返済する金額や金利の負担を軽減することができます。

少しでも返済総額を抑えたい場合は、今回紹介した上限金利ランキングも参考にすると良いでしょう。

複数の借り入れがあり、返済日の管理や利息の負担に悩んでいる方は、本記事を参考にしながらぜひ自分に合ったおまとめローンを選んでみてください。

カードローン関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事