パレットトークンの今後は?チャートや価格・将来性まで解説

パレットトークンの今後は?チャートや価格・将来性まで解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

近年注目されている仮想通貨のパレットトークンは、手数料が安い上に価格が安定しているため、初心者でも安心して利用できるのでおすすめです。

その他にも、ステーキングサービスを受けることができるなど、他の仮想通貨にはない独自の魅力がたくさんあります。今回はパレットトークンの今後の将来性やチャート、価格などを詳しく解説します。

メリット・デメリットも詳しく解説するので、参考にしてくださいね。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

パレットトークンとは?4つの特徴を解説

パレットトークンという仮想通貨はどのような特徴を持つのか、詳しく見ていきましょう。

パレットトークンの特徴
  • 暗号資産が不要
  • クロスチェーンに対応している
  • 手数料が安定している
  • ステーキングサービスが受けられる

それぞれについて解説します。

暗号資産が不要

パレットトークンの仮想通貨の画像

パレットトークンとは、NLTなどほとんどのアプリではイーサリアムブロックチェーン上に構築されていることが一般的です。

ブロックチェーン技術によって、デジタルコンテンツに唯一無二の価値を持たせることができます。

 しかし、便利な一方でユーザー数が増加することで、手数料の高騰や処理の遅延などの問題に直面しています。

その点パレットトークンは従来のイーサリアム上でNFTを構築する方法ではなく、NFTに特化したプライベートチェーンを利用する方法をとっている点が特徴です。

パレットトークンの手数料は?

企業が複数社で構成したパレットコンソーシアムでブロックチェーンを管理しているため、ユーザーが手数料を負担する必要がありません。

その結果、パレットトークンを初めとする仮想通貨を利用することなく、NFTの購入や送付ができるようになったのです。

手数料が無料化されて気軽に利用できるようになったことで、今後もより多くのユーザー数の増加が見込めるでしょう。

PLTが唯一購入可能!

クロスチェーンに対応している

パレットトークンの仮想通貨の画像

パレットトークンは、クロスチェーンに対応しています。クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士をまたぐことを指します。

通常パレットチェーンは、イーサリアムとは仕組みの違うブロックチェーンであり、各ブロックチェーン上で発行されたNFTは別ものです。

 クロスチェーン取引が実現すると、取引所などの第三者を経由する必要がありません。

異なる仮想通貨を直接交換できるようになるメリットがあります。

クロスチェーンで受けられるサービスは?

クロスチェーン技術を利用すれば、ユーザーはパレットチェーン上に構築した取引プラットフォームでNFTのサービスが受けられます。

さらにイーサリアム上にNFTを移動して、イーサリアム上のNFTマーケットプレイスで手数料を支払うことなく取引ができるのです。

ブロックチェーンを活用すれば、ひとつのサービス内に留まることなく、幅広いマーケットに流通させることが可能です。

さまざまなコンテンツをクロスチェーンでNFT化すれば、今後さらにパレットトークンの需要も高まっていくでしょう。

PLTが唯一購入可能!

手数料が安定している

パレットトークンのお金の画像

パレットトークンは、手数料がリーズナブルな上に価格が安定しているため、初心者でも安心して利用できます。

 例えばイーサリアムでは、手数料が数百円〜数千円が必要になることも珍しくありません。

その点エンターテイメントの領域で活用されることに特化した仮想通貨であるため、他のプラットフォームとは違って手数料が安定しているのです。

手数料がリーズナブルだとクリエイターやコンテンツホルダーを増やすこともできるので、将来性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。

ステーキングサービスが受けられる

パレットトークンのお金の画像

パレットトークンを保有していると、ステーキングサービスを受けることができるのも大きな魅力です。

ステーキングサービスは、対象の仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬がもらえる仕組みです。

 新たな仮想通貨の増やし方の一つとして注目されており、パレットトークンを長期的に持っていたい方におすすめです。

ただし、パレットトークンの保有数が少ないと、そこまでステーキングサービスで利益を得ることができません。その他、ステーキング中は売買など仮想通貨を動かすことができないというデメリットもあります。

PLTが唯一購入可能!

パレットトークン(PLT)の今後の将来性

パレットトークンの保有を検討する上で、今後の将来性について知っておけば参考になるでしょう。

NFT市場の拡大

パレットトークン(PLT)の今後の将来性の数字の画像

パレットトークンの価格が今後高騰するかどうかは、NFT市場がどの程度拡大するかによって大きく影響を受けるでしょう。なぜなら、パレットトークンはNFTプラットフォーム「Palette」上にて利用されている通貨であるからです。

 手数料が安く安定しているので、NFTにとっても重要な仮想通貨に位置付けられるでしょう。

NFT市場は2021年に世界規模で拡大し、世界中でNFTに関するプロジェクトが数多く立ち上がっています。

NFTのデジタルコンテンツはコピーできないので、唯一なものを証明できるメリットがあります。実際、NFTデジタルアーティストも登場しています。

今後はNFT市場の拡大とともに、パレットトークンも成長していくでしょう。

国内取引所への上場

パレットトークン(PLT)の今後の将来性のPCの画像

パレットトークンは2021年7月1日に購入申し込みが開始され、7月29日の12時より取引所で取り扱いが開始されたまだ新しい仮想通貨です。

そのため、2022年2月現在で、パレットトークンが上場している国内取引所はCoincheck(コインチェック)のみです。

 今後、Coincheck(コインチェック)以外にも国内取引所への上場が進めば、価格も高騰することが予想されます。

実際にCoincheck(コインチェック)への上場を発表した際には、価格は90円近くまで上昇しました。新規上場が増えるということは、同時にユーザー数の増加も見込めるため、さらに流動性が高まるでしょう。

PLTが唯一購入可能!

パレットプラットフォームの参加者増加

パレットトークン(PLT)の今後の将来性のPCの画像

Paletteプラットフォームを利用する人が増えることで、需要が高まり価格は高騰する可能性が考えられます。

 Paletteはクロスチェーンに対応しているので、手数料が低く価格が安定しているのが特徴です。

ユーザーは暗号資産を気にすることなくブロックチェーンサービスが利用できるので、さまざまな業界とも連携が可能です。

プラットフォームが成長するにしたがって、今後は参加者も増えていくでしょう。

パレットトークン(PLT)の価格予想

パレットトークンのこれまでの価格の推移から、今後の価格を予想してみましょう。

パレットトークンとNFTの関係性

パレットトークン(PLT)の価格予想のチャートの画像

パレットトークンが関わるプロジェクトの中でも重要性の高いNFTは、2021年以降急激に盛り上がりを見せている市場です。

 NFTとは「非代替性トークン」の略語であり、ブロックチェーンの技術を用いたデジタル資産のこと言います。

NFTは仮想通貨と同じようにブロックチェーン上で発行される仕組みですが、お金ではなくアートもしくは商品として流通する点が特徴です。

PLTが唯一購入可能!

NFTの取り引き実績

2021年3月には、Twitterの共同創設者でCEOを務めるジャック・ドーシー氏の最初のツイートNFTが、日本円で約3億1500万円で落札されました。

このように、今や世界が注目するデジタル資産NFTに特化したパレットトークンは、注目の仮想通貨であると言えます。

その他のNFTの取り引き実績

実際にNFTを活用したさまざまな作品が、世界中で高額で落札されています。

例えばwwwのコードは6億円、日本人のVRアーティストであるせきぐちあいみさんの「NFTアート」は1300万円で落札されました。

 従来取引が難しいとされていた芸術作品や、歴史的発明、制作物などがNFT化されています。

その結果、さまざまな資産が取引されるようになったのです。

NFTとパレットトークンの今後

パレットトークン(PLT)の価格予想のチャートの画像

NFTには、楽天グループやGMOグループ、メルカリ、エイベックスなど、さまざまな業種の企業が参入を発表しています。

2020年上半期では1370万ドル程度だった市場規模は、2021年上半期に25億ドルと、1年足らずで180倍以上に急拡大を見せました。

 そんな話題のNFTに特化した事業を国内で展開するパレットトークンは、当然人気が高まるもの頷けるでしょう。

デジタルアート作品に桁違いな値がつく事例も多く、今後も需要は高まり続けるでしょう。

PLTが唯一購入可能!

パレットトークン(PLT)が買える国内取引所はCoincheckのみ!

2022年4月現在、パレットトークンが購入できる国内取引所はCoincheckのみです。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱う暗号資産が17種類と多い
  • ステーキングサービスも利用できる
  • 500円という少額から仮想通貨が購入できる!
  • 初心者でも見やすいチャート画面で取引しやすい
  • 見やすいチャートやスマホ用の専用アプリ

Coincheckは、17種類の暗号資産を取り扱っている仮想通貨取引所です。国内で唯一パレットトークンを取り扱っています。

 仮想通貨が最低500円から購入できるため、少額の資産でも気軽に始めることができる点が魅力でしょう。

見やすいチャート画面など、シンプルで分かりやすい取引画面が特徴であるため、初心者でも操作に困ることもありません。アプリには現在の暗号資産の価格や変動率を確認できるウィジェット機能も利用できます。

すき間時間に素早く価格がチェックできるので、利便性が高いでしょう。

基本情報

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※PLTを購入した場合
  • 取引所:-
  • 販売所:スプレッド
送金手数料 72.0 PLT

出典:Coincheck

パレットトークンの購入方法

コインチェックでパレットトークンを購入する手順を解説します。

①Coincheckで口座を開設する

パレットトークンの購入方法のPCの画像

まず初めに、コインチェックで口座を開設します。PCもしくはスマホでも登録できるので、以下の手順で登録を進めて下さい。

  1. メールアドレスを公式サイトの新規口座開設フォームに入力する
  2. パスワードを設定する
  3. 個人の必要情報を入力する
  4. 本人確認書類の提出を行う
  5. 口座開設が完了する

メールアドレスの確認が終了すれば、無事アカウント登録は完了です。

本人確認手続き

コインチェックで口座を開設するためには、本人確認手続きが必須です。電話番号を入力後、SMSで認証を行いましょう。

 認証が完了したら、氏名や住所などのユーザー情報を入力します。

次に、マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類を提出します。

スマホで提出する場合、本人確認書類を用意して、指示にあわせて顔写真を撮影しましょう。審査に通過すれば、口座開設手続きは完了です。

二段階認証設定がおすすめ

コインチェックでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリを活用した二段階認証を採用しています。

ハッキングの被害から大切な資産を守るためにも、必ず二段階認証をしておきましょう。

②Coincheckに日本円を入金する

パレットトークンの購入方法のお金の画像

パレットトークンを購入するためには、あらかじめ口座に日本円を入金する必要があります。口座に資産なければ、仮想通貨を購入することはできません。

コインチェックは銀行からの振り込みなら入金手数料が無料なので、入金の際は銀行振り込みがおすすめです。

ただし、銀行振り込みであっても振り込み手数料はかかってしまうため、注意してください。

コンビニ入金にかかる手数料は?

コンビニ入金では、30,000円未満の場合には手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円がかかります。

コンビニ入金は1回あたり30万円が入金上限額なので注意が必要です。

クイック入金にかかる手数料は?

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上50万円未満の場合には、手数料が1,018円かかります。

日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+495円」が手数料なので、高額な入金の際は手数料がかかってしまうのがデメリットです。

③販売所でパレットトークンを選択する

パレットトークンの購入方法のPCの画像

口座にお金が入金できたら、いよいよパレットトークンを購入します。

 販売所のサイトにはさまざまな銘柄が販売されていますが、その中からパレットトークンを選択しましょう。

販売所では、仮想通貨の価格をリアルタイムで確認しながら、購入・売却ができるので、良いタイミングで必要な分だけ購入することが大切です。

取引に慣れていないと売買までに時間がかかったり、操作ミスをしてしまったりすることがあるので注意が必要です。

④数量や金額を指定して取引する

パレットトークンの購入方法のPCの画像

販売所でパレットトークンを選んだら、サイトの指示に従って購入したい分の数量を入力します。数量は必ず間違えないように入力することが大切です。

「レート」「注文量」を入力すると、日本円での概算が表示されるので、金額を確認します。問題無ければ「買い」を選択しましょう。

購入した通貨は、マイページの総資産のページでいつでも確認することができます。

注文のキャンセルはできる?

コインチェックでは、未約定の注文のみキャンセルを行うことが可能です。未約定の注文をクリックし、「キャンセル」ボタンを押せば手続きは完了です。

注文の訂正はできないので、一旦キャンセルを行って再度発注する必要があります。

パレットトークン(PLT)に関するよくある質問

パレットトークン(PLT)とは?
パレットトークンは、デジタルコンテンツに唯一無二の価値を持たせるNFTに特化したプライベートチェーンが利用できます。
パレットトークン(PLT)の過去の価格の高騰は?
2021年7月にCoincheckへの上場を発表した際には、価格は90円近くまで上昇しました。今後もさらに流動性は高まるでしょう。
パレットトークンの手数料は?
パレットトークンは、手数料が安い上に価格が安定しているため、使いやすく将来性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。
パレットトークン(PLT)の今後の将来性は?
パレットトークンの価格が今後高騰するかどうかは、NFT市場がどの程度拡大するかによって大きく影響を受けるでしょう。
パレットトークン(PLT)の価格予想は?
パレットトークンが関わるプロジェクトの中でも重要性の高いNFTは、2021年以降急激に盛り上がりを見せている市場です。
パレットトークン(PLT)が買える国内取引所は?
2022年4月現在で、パレットトークンが購入できる国内取引所はCoincheckのみです。シンプルで分かりやすい取引画面が魅力です。
パレットトークンの購入方法は?
まず初めに、PCもしくはスマホでコインチェックで口座を開設します。口座開設手続きが完了したら、口座に日本円を入金しましょう。

まとめ

パレットトークンの今後の将来性やチャート、価格などを詳しく解説しました。国内の取引所では珍しいステーキングサービスを受けることができます。

手数料が安い上に価格が安定しているなどメリットが多いため、将来性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。

パレットトークンが購入する際は、Coincheckで手続きを進めてください。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事