仮想通貨クアンタムとは?今後の将来性や価格、メリットを徹底解説

仮想通貨クアンタムとは?今後の将来性や価格、メリットを徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「将来性のある仮想通貨はどれ?」「初心者におすすめの仮想通貨が知りたい」仮想通貨選びに迷っている方には、クアンタムがおすすめです。

ビットコインとイーサリアムの良いところ取りであるクアンタムはさまざまなメリットを持っており、将来性を期待されています。

今回はクアンタムはどんな仮想通貨なのか、特徴や今後の将来性、価格を詳しく解説します。

購入できる国内取引所も厳選して紹介するので、参考にしてくださいね。

仮想通貨クアンタムとは?

世界中の投資家から注目を浴びているクアンタムは、一体どのような仮想通貨なのか、詳しく解説します。

クアンタムの特徴

仮想通貨クアンタムとは?

クアンタムは、オープンソースのブロックチェーンを用いた仮想通貨です。仮想通貨として代表的なビットコインとアルトコインの双方の長所を持っています。

イーサリアムの特徴である、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行できる、「スマートコントラクト」の仕組みが利用できます。

 さらにストレージ容量を減らすことでPCの動きがスムーズになる「ライトウォレット」の仕組みも組み込まれています。

ライトウォレットはビジネスの世界でも便利に活用できるシステムであり、世界中でクアンタムが注目されているのです。

その他、売上分析や在庫管理に役立つPoSなどのシステムも導入されているなど、ブロックチェーン技術の向上にも役立つことが期待できるでしょう。

ビットコインとイーサリアムの良いところ取りができる

仮想通貨クアンタムとは?の仮想通貨の画像

先ほどお伝えした通り、クアンタムはブロックチェーン技術で有名なビットコインと、スマートコントラクトを導入したイーサリアムの長所を持っています。

従来は技術面の問題で、2つのシステムを1つの通貨に導入することは難しいと言われていましたが、クアンタムは融合することに成功しました。

 クアンタムの仕組みはオープンソース化されているので、誰でもソフトウェアの改良や再配布が可能です。

実際にクアンタムの仕組みを活かした仮想通貨も登場しましたが、うまく普及しませんでした。一方、クアンタムはライトウォレットを導入して動作を軽やかにしたことが評価を得て、市場に出回るようになったのです。

匿名性が高い

仮想通貨クアンタムとは?のPCの画像

クアンタムでは残高を管理する方法として、ビットコインで利用されている「UTXO」という仕組みを用いています。

UTXOとは、ユーザーに紐づけられている分割不可能なコインの塊を意味します。

 通常、仮想通貨は法定通貨とは違って実物がないため、管理方法は誰の口座にどの通貨がいくらあるかの記録があるのみです。

一方ビットコインやクアンタムは、単に残高の記録だけではなく、どのように取引されたかを追跡した上で、現在の残高を割り出しています。

このような複雑な構造を導入することで、第三者からの追跡が困難になり、高い匿名性を維持することに成功したのです。

プルーフオブステーク(PoS)が採用されている

仮想通貨クアンタムとは?のPCの画像

マイニングは、日本語で「採掘」と訳される言葉です。世界中で行われている仮想通貨取引を、PCで処理することで報酬を得られる仕組みです。

 マイニングには仮想通貨ごとにルールが設定されており、例えばビットコインにはPoWというルールがあります。

このルールでは、最も早く計算処理が完了した人に報酬が入る仕組みであるため、高い処理能力を持つ機材を揃えられる資金力のある人が有利です。

一方、クアンタムはPoSという仕組みを採用しています。PoSでは、処理能力だけではなく、クアンタムの保有量や保有期間も含めて優先度が決定されます。

そのため、高い処理能力を持つ機材がない人でも、クアンタムを長期間保有し続けるだけで、報酬を得やすい仕組みです。

他の仮想通貨のマイニングは?

多くの仮想通貨のマイニングにはPoWが採用されていますが、資金力が必要なことや、大量の電力が必要で環境への負荷が大きい点が問題視されています。

今後は、クアンタムのように、PoSの仕組みを導入する仮想通貨が登場するかもしれません。

クアンタムの価格推移や今後の価格予想を徹底解説!

クアンタムのチャートや今後の価格はどうなっていくのか、過去の価格推移も含めて見ていきましょう。

過去の価格推移

クアンタムのチャート・価格予想

クアンタムの過去の価格推移を見ていきましょう。

2017年

クアンタムは2017年5月に取引が開始され、当初の価格は約500円程度でした。しかし、その後に起きた仮想通貨バブルによって10,000円台に上昇したのです。

しかし、その後個別のニュースはほとんどなく、価格は下落して200円台で上昇と下落を繰り返していました。

2021年

2021年には再び仮想通貨全体の価格が上昇したことで、クアンタムの価格も1,100円前後まで高騰しました。

このように、クアンタムは非常に優秀な仮想通貨であるものの、仮想通貨全体の相場に左右される傾向があります。

今後の価格予想

クアンタムのチャート・価格予想

仮想通貨全体の相場が上昇すれば、それに伴ってクアンタムの価格も上昇が期待できますが、その後は大きく下落してしまう可能性があります。

今後の価格の上昇のタイミングを見極めるなら、仮想通貨全体のニュースに注目することが大切です。

 送金システムに活用されるなど、クアンタム単独でニュースが出た場合にも、価格は上昇するでしょう。

実際、クアンタムにはさまざまな機能が搭載されているため、今後は大企業が提携する可能性は十分に考えられます。今後もクアンタムに関するニュースが出るか、随時チェックしておくことがおすすめです。

クアンタムの今後の将来性は?

仮想通貨は株やFXなどに比べて、値動きの幅が非常に大きいです。クアンタムの今後の将来性を見ていきましょう。

ビットコインの値動き

クアンタムの今後の将来性は?の仮想通貨の画像

クアンタムは仮想通貨全体の値動きに連動する傾向があります。実際、2021年にビットコインが急上昇した際には大きく影響を受けました

今後もビットコインのような時価総額の大きい仮想通貨の価格が高騰することで、クアンタムの価格も上昇する可能性が考えられます。

ビットコインのニュースや今後の値動きに注目するようにしましょう。

ビットコインの価格の下落にも注意が必要!

ビットコインの価格が下落した場合にも、引きづられるようにクアンタムの価格も急落する可能性があるので注意が必要です。

例えば2018年1月には、コインチェックが外部からのハッキングを受け、仮想通貨「ネム」が奪われる事件がありました。

 この事件の影響を受けてビットコインの価格は大幅に下落し、それに伴ってクアンタムも同じタイミングで価格が大きく下落したのです。

このように、上昇だけではなく、下落の際にも同じような値動きを見せる傾向があるので、ビットコインの動向には注意が必要です。

上場する取引所が増えるか

クアンタムの今後の将来性は?のPCの画像

2022年2月現在で、クアンタムが上場している国内の取引所は、コインチェック・DMM ビットコイン・GMOコインの3社です。

今後も上場する取引所がさらに増加することで、価格が高騰する可能性があります。

 上場する取引所が増えるということは、その分多くの投資家がクアンタムに参入することを意味します。

ユーザーからの需要が増えるに伴って、価格は上昇する傾向があるのです。

上場で価格が高騰する?

複数の国内取引所に上場するということは、将来性がある仮想通貨だと金融庁が認めたという証拠でもあります。

実際、上場を発表した直後に価格が急騰したアルトコインも多いです。国内には数多くの取引所があるので、大手取引所への上場が増えれば価格はどんどん上昇していくでしょう。

今後上場する取引所がさらに増えるか、ニュースを定期的にチェックして動向を見ることが大切です。

ビジネス分野での活用

クアンタムの今後の将来性は?の会社の画像

クアンタムはその利便性の高さから、ビジネス分野で活躍が期待されている仮想通貨です。GoogleやAmazonなどの、世界的な大企業からも注目されています。

 実際に、GoogleやAmazonはプラットフォーム内に、クアンタムのスマートコントラクトを活用したDapps開発環境を構築しています。

例えばクアンタムの技術をAmazonで活用すれば、AWSユーザーはスピーディーで効率的でありつつも、コスパの良い開発が可能になります。

世界的に利用者数が多いAmazonやGoogleクアンタムの活用が進めば、今後さらに価格の上昇につながることが期待できるでしょう。

スマホとの相性も良い!

クアンタムは、モバイル利用を想定して作られている仮想通貨です。そのため、スマートコントラクトをスマホやタブレットでも利用できます。

最近では在宅勤務やリモートワークといった働き方が増えてきている中で、クアンタムはさらに活用されることが期待できるでしょう。

会社オフィスだけでなく、モバイル端末を使って社外から利用できるため、高い実用性を備えていると言えます。

中国政府の意向

クアンタムの今後の将来性は?の中国の画像

クアンタムは中国のブロックチェーン技術から生まれたプロジェクトであり、開発した創業者のダイ氏は中国出身です。

そのため、クアンタムは今後の中国政府の意向によっても大きく影響を受ける可能性があります。

今後はさらに中国が仮想通貨市場への取り締まりを強化することも考えられます。その場合、クアンタムの価格に大きな影響を与えるでしょう。

中国政府の仮想通貨への取り組みとは?

例えば中国政府では、2017年に仮想通貨の手数料なしでの取引を禁止し、取引所に対するその他の規制も導入し始めました。

 その後、中国での取引は減少する代わりに、日本を始めとする海外で取引が増加したのです。

今後もこのように、規制が強化される可能性が考えられます。

このように、中国ではブロックチェーン技術を推進する一方で、仮想通貨取引に厳しい規制を導入している点に注意が必要です。

クアンタムが購入できる国内取引所2選

クアンタムが購入できる国内取引所を2選、購入方法も併せて紹介します。特徴を比較して自分に合う取引所を見つけてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

おすすめポイント
  • 申し込みから最短1日で審査が完了!その日から取引できる
  • アプリのダウンロード数はNo.1(2020年実績)※公式サイトの文言による
  • 500円と少額から気軽に仮想通貨が購入できる
  • 取引所の手数料がかからない

Coincheck(コインチェック)はアプリのダウンロード数No.1と高い実績を誇っています。17種類の仮想通貨を取り扱っている点も大きな強みです。

 取引所の手数料が無料、最低取引額は500円と少額から気軽に仮想通貨が購入できるので、仮想通貨初心者も利用しやすいでしょう。

「スマホで本人確認」を利用すれば、申し込みから最短即日に取引が開始できるスピーディーさも魅力です。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取り扱い通貨 17種類
最短取引開始日 最短即日
クアンタムの入金手数料(税不明) 無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料(税不明) 407円
クアンタムの最低取引金額 500円相当額

出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)でクアンタムの購入方法

Coincheck(コインチェック)でクアンタムの購入方法は、以下の通りです。

  1. 日本円で購入金額を入力する
  2. 日本円でクアンタムの購入をタップ
  3. 購入をタップ

500円からクアンタムが購入できるので、初心者は少額から取引を始めて実践で経験を積みましょう。

Huobi Japan(フォビジャパン)

フォビジャパン

おすすめポイント
  • 世界 170ヵ国、数千万人のユーザーがいる※公式サイトの文言による
  • 仮想通貨の最低取引金額は2円相当と少額から取引が可能
  • 取扱い暗号資産は全16銘柄・39銘柄ペアと豊富
  • 各種手数料は無料で初心者も投資を始めやすい

フォビジャパンは、世界 170ヵ国、数千万人のユーザーに暗号資産取引を提供しているグローバル企業です。

「世界1億の家庭を暗号資産で楽しませる」ことをビジョンに掲げており、取扱い暗号資産は全16銘柄・39銘柄ペアと豊富である点が魅力です。

 仮想通貨の最低取引金額は2円相当と、少額から取引が可能です。

各種手数料も無料なので、初心者も投資を始めやすい特徴があります。

Huobi Japan(フォビジャパン)の基本情報

取り扱い通貨 16種類
最短取引開始日 最短即日
クアンタムの入金手数料(税不明) 無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料(税不明) 330円
クアンタムの最低取引金額 2円相当額

クアンタムの入金手数料は無料であるものの、銀行振込手数料は自己負担なので注意が必要です。

出典:Huobi Japan(フォビジャパン)

Huobi Japan(フォビジャパン)でクアンタムの購入方法

Huobi Japan(フォビジャパン)でクアンタムの購入方法は、以下の通りです。

  1. 取引所ページでクアンタムを選択
  2. 購入を選択
  3. 注文タイプを選択(成行、指値)
  4. 注文情報を入力(数量、価格)
  5. 注文情報を確認

取引が無事に成立後は画面下部の「注文履歴」をタップして、購入できたかどうかを確認できます。

クアンタムに関するよくある質問

仮想通貨クアンタムとは?
オープンソースのブロックチェーンを用いた仮想通貨です。仮想通貨として代表的なビットコインとアルトコインの双方の長所を持っています。
仮想通貨クアンタムの仕組みは?
残高を管理する方法にビットコインで利用されている「UTXO」という仕組みを用いており、高い匿名性を維持することに成功したのです。
クアンタムの過去の価格推移は?
2017年5月に取引が開始され、当初の価格は約500円程度でしたが、その後に起きた仮想通貨バブルによって10,000円台に上昇しました。
クアンタムの今後の価格予想は?
仮想通貨全体の相場が上昇すれば、クアンタムの価格も上昇が期待できます。今後は仮想通貨全体のニュースに注目することが大切です。
クアンタムの値動きの傾向は?
仮想通貨市場全体の値動きに連動する傾向があります。実際に、2021年にビットコインが急上昇した際には、大きく影響を受けました。
クアンタムの今後の将来性は?
今後も上場する取引所がさらに増加することで、価格が高騰する可能性があります。ビジネス分野での活用が進むことも期待できるでしょう。
クアンタムが購入できるおすすめ国内取引所は?
17種類の仮想通貨を取り扱うコインチェックがおすすめです。取引所の手数料が無料、最低取引額は500円から気軽に取引が始められます。

まとめ

クアンタムはどんな仮想通貨なのか、主な特徴や今後の将来性、チャート・価格を詳しく解説しました。

ビットコインとイーサリアムの良いところ取りであるなどメリットが多く、今後も市場に流通が進んで価格が上昇することが予想されます。

クアンタムに興味がある方は値動きに注目し、価格が下落したタイミングで購入して、上昇のタイミングを待つ方が良いでしょう。

仮想通貨関連のニュースを、定期的にチェックしておいてくださいね。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事