【全種類紹介】楽天カードは2枚持ちにもおすすめ!選び方を解説

【全種類紹介】楽天カードは2枚持ちにもおすすめ!選び方を解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

数多くのクレジットカードがある中でも、ポイントの貯まりやすさに定評のある楽天カードは、さまざまな種類が提供されています。

しかし一方でおすすめしない声もあり、自分にとって相性が良いか、向いているかなどを見極めることが大切です。

そこで今回は楽天クレジットカードを全種類紹介し、メリットや選び方を詳しく解説します。

楽天カードの登録方法も解説するので、申し込みを検討している方は、参考にしてくださいね。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天のクレジットカードとは|全種類紹介

ポイントの還元率が高く、楽天グループでお得に使える楽天クレジットカードですが、スタンダードな楽天カードをはじめとして8種類のカードが登場しています。

どのカードもポイントが貯まりやすいので、楽天市場をよく利用する方やポイ活目的でカードを持ちたい方には、楽天のクレジットカードがぴったりです。

 ただし、同じ楽天が提供するカードでも、それぞれ特徴や強みが異なっています。

楽天カードを検討している方やカードの切り替えを検討している方は、比較して自分に合った1枚を見つけて下さい。

年会費無料のクレジットカード

クレジットカード

楽天が提供するクレジットカードの半分以上は年会費が無料です。年会費が無料なら、コストをかけずにカードを使い続けることができます。

年会費がかからないと言っても利用できる特典や付帯サービスは充実しているので、ライフスタイルに合ったカードを選ぶことが良いでしょう。

楽天カード 楽天PINKカード 楽天銀行カード 楽天カードアカデミー アルペングループ楽天カード
券面 楽天カード 楽天PINKカード 楽天銀行カード 楽天カードアカデミー アルペングループ楽天カード
申し込み条件 満18歳以上 満18歳以上 満18歳以上で他の楽天カードを持っていない方 満18歳以上28歳以下の学生 満18歳以上
ETCカード年会費(税込) 550円 550円 550円 550円 550円
楽天市場でのポイント付与率 最大3倍 最大3倍 最大3倍 最大3倍 最大3倍
特徴 最もスタンダードな1枚 楽天市場500円割引、映画料金500割引など(有料オプション) 楽天銀行の普通預金金利2倍 楽天ブックス初年度最大ポイント5倍 アルペンポイントとWで貯まる
保険 海外旅行保険(最大2,000万円)
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
  • 楽天PINKサポート(カスタマイズ、月額40円〜)
海外旅行保険(最大2,000万円) 海外旅行保険(最大2,000万円) 海外旅行保険(最大2,000万円)
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AMERICAN EXPRESS VISA/Mastercard/JCB/AMERICAN EXPRESS JCB VISA/JCB Mastercard

ポイントの還元率に大きな差はないものの、選べる国際ブランドや受けられる特典・付帯サービスに違いがあります。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

年会費有料のクレジットカード

楽天のクレジットカード

楽天が提供するクレジットカードの年会費が有料のカードは、ステータスが高いことが特徴です。ワンランク上の特典が受けられます。

特典重視でカードを選びたい方は、以下の3種類の特徴を比較して選ぶ方が良いでしょう。

楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード 楽天ANAマイレージクラブカード
年会費(税込) 2,200円 11,000円 550円
※初年度無料
※翌年度以降1回以上利用で無料
申し込み条件 満20歳以上 原則として満20歳以上の安定収入のある方 満18歳以上
ETCカード年会費(税込) 無料 無料 550円
楽天市場でのポイント付与率 最大3倍 最大5倍(選べる優待サービス利用で最大6倍) 最大3倍
特徴 誕生日ボーナスポイント 旅行保険、楽天グループで利用できる優待サービス ANAマイルと貯めるポイントを選べる
保険 海外旅行保険(最大2,000万円) 海外旅行保険(最大5,000万円)
国内旅行傷害保険(最大5,000万円)
動産総合保険(最大300万円)
海外旅行保険(最大2,000万円)
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB VISA/Mastercard/JCB/AMERICAN EXPRESS VISA/Mastercard/JCB

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは、ETCカードの年会費無料というメリットがあります。各種優待サービスやボーナスポイントがお得です。

 普段の買い物でANAマイルを貯めたい陸マイラーの方は、楽天ANAマイレージクラブカードがおすすめです。

年会費が550円(税込)かかるものの初年度無料で、翌年度以降も年に一度でも利用すれば、実質永年無料で持ち続けることができます。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カード結局どれがいい?選び方を解説

扉の画像

楽天が提供するクレジットカードを全種類紹介しましたが、一体自分に最も合っているカードはどれなのか、迷ってしまう方もいるかもしれません。

ここからはそれぞれのクレジットカードに向いている人の主な特徴を紹介するので、目的や用途から、自分にぴったりの1枚を見つけましょう。

カードの種類 向いている人
楽天カード
  • 豊富な券面デザインから選びたい人
  • まずは1枚目のカードとして作りたい人
  • 初めてクレジットカードを持つ人
楽天PINKカード
  • 女性向けの特典に興味のある人
  • 可愛いピンクデザインのカードを持ちたい人
楽天銀行カード
  • クレジットカード機能とキャッシュカード機能を1枚で使いたい人
  • 楽天銀行の金利優遇を受けたい人
  • 楽天銀行の口座を利用している人
楽天カードアカデミー
  • 18歳〜28歳までの学生でクレジットカードを持ちたい人
  • 楽天学割を利用したい人
  • 利用限度額が低くても問題ない人
アルペングループ楽天カード
  • 楽天ポイントとアルペンポイントを両方貯めたい人
  • アルペングループで買い物をする機会の多い人
  • スキー場、ゴルフ場などのリゾート施設利用の割引を受けたい人
楽天ゴールドカード
  • 国内空港ラウンジサービスを利用したい人
  • 格安の年会費でワンランク上のサービスを受けたい人
楽天プレミアムカード
  • 楽天市場でいつでもポイント5倍で買い物を楽しみたい人
  • 回数制限なしで空港ラウンジサービスを使いたい人
  • 動産総合保険の補償を受けたい人
楽天ANAマイレージクラブカード
  • ANAマイルと楽天ポイントの両方を貯めたい人
  • ANA国内線の空港カウンターの搭乗手続きを省きたい人
  • 年に1回以上カードを利用する予定のある人

例えばゴルフやアウトドア好きの方はアルペングループ楽天カード、女性は楽天PINKカード、学生は楽天カードアカデミーがおすすめです。

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードは年会費がかかりますが、その分特典が充実しています。

活用次第では年会費のもとを取ることも可能です。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードのメリット|ユーザーが多い理由とは

ユーザーが多いと言われている楽天カードですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

楽天のクレジットカード全てにあてはまるメリットを解説します。

楽天ポイント加盟店でポイントが貯まる

クレジットカードで買い物

楽天カードはクレジットカード機能としてだけではなく、楽天ポイントカードとして使用することも可能です。

街の楽天ポイント加盟店で支払い時に楽天カードを提示すれば、カード決済とは別にポイントをゲットすることができます。

 例えばファミリーマートなら、通常のポイント還元と加盟店の還元を合わせて1.5%の還元率で買い物が可能です。

加盟店の還元率は店舗によっても異なりますが、中には1.0%の還元率のお店もあるので、いつもの買い物でどんどんポイントが貯まるでしょう。

買い物の際には、積極的に楽天カードを利用することがおすすめです。

楽天ペイやEdyでもポイントが貯まる

買い物の画像

クレジットカード決済だけではなく、楽天ペイや楽天Edyのキャッシュレス決済の支払いでもポイントを貯めることができます。

例えば楽天ペイの場合、楽天カードからのチャージで0.5%と楽天ペイの利用で1%、併せて1.5%のポイントが付与される仕組みです。

会計時の支払いがスムーズになるだけではなく、ポイントを2重取りできるので、ポイントが貯まりやすいでしょう。

キャッシュレス決済はメリットが豊富!

キャッシュレス決済は端末にカードをかざすだけで簡単に会計ができるので、利便性も安全性も高い支払い方法です。

楽天ペイやEdyは加盟店の数も多いので、街中のいろいろなお店でポイントが貯まります。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天市場でポイントアップが受けられる

買い物の画像

楽天市場の決済に楽天カードを登録すると、ポイントアップを受けることが可能です。例えば楽天カードなら、いつでも3.0%の還元率で買い物ができます。

 日用品の買い物など、普段からネットショッピングを利用する機会の多い方は、たくさんポイントが貯められるでしょう。

通常の還元率が高い上に、期間限定の「楽天スーパーSALE」や「ショップ買い回り」などのキャンペーンを活用すれば、還元率はさらに高まります。

キャンペーンの開催時期は未定なので、定期的にサイトをチェックしてニュースを待つようにしてください。

楽天カードのデメリット|おすすめしないといわれる理由

楽天カードは利用者も多い中で、おすすめしないと言われる理由には何があるのでしょうか。デメリットを解説します。

ETCカードの発行には年会費がかかる

車の画像

クレジットカードを発行すると、多くの場合に追加カードとしてETCカードを申し込むことができます。

 ETCカードを年会費無料で利用できるクレジットカードも、なかには存在します。

その点楽天カードは年会費が550円(税込)かかってしまうので、維持費なしでETCカードを持ちたい方にはデメリットに感じてしまうでしょう。

しかし、以下に当てはまる場合には。ETCカードの年会費を無料にすることができます。

  • 楽天ゴールドカード会員
  • 楽天プレミアムカード会員
  • 楽天PointClubのランクがダイヤモンド会員
  • 楽天PointClubのランクがプラチナ会員

楽天市場で買い物をする機会の多い方は、楽天PointClubのランクをダイヤモンド以上で維持できる可能性があります。

その場合、実質無料でETCカードを持ち続けることができるでしょう。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

期間限定のポイントが多い

カレンダーの画像

楽天カードは新規入会時にポイントが付与されるお得なキャンペーンが開催されています。付与数は入会時期によって異なります。

 入会キャンペーンの他にもさまざまなキャンペーンが不定期に開催されており、ポイントをたくさんもらうことが可能です。

しかしキャンペーンで付与されるポイントは期間限定ポイントという、失効までの期間が短いポイントであることが多いので注意が必要です。

せっかくポイントを受け取っても、気づかないうちに失効してしまう可能性があります。

期間限定ポイントのその他のデメリット

期間が短いだけではなく、期間限定ポイントは利用用途が限定されている点もデメリットです。例えば楽天Edyへのチャージやポイント交換ができません。

ポイントを無駄にしないためにも、こまめにアプリで管理する方が良いでしょう。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

明細書の郵送にも手数料がかかる

手紙の画像

楽天カードでは、毎月の利用明細はアプリもしくは会員サイトで確認することができます。

紙の明細書を送付してもらうためには、毎回84円(税込)の手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 ただし、最近では明細書の送付が有料であるクレジットカードは増えてきています。

楽天カード以外でも手数料を請求されることは珍しくないため、楽天カードだけが特別厳しいというわけでもありません。

紙で保管したい場合には、WEB明細サービスから印刷することもできるので、必要に応じて活用してください。

※楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードの会員は不要

楽天カードの利用が向いている人

買い物の画像

以下の項目に当てはまる方は、楽天カードの利用をおすすめします。

楽天カードの利用が向いている人
  • ポイントの還元率の高いクレジットカードを探している人
  • 楽天市場を利用する機会の多い人
  • 楽天ペイや楽天Edyを使いたい人
  • 楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスを多く使う人
  • 街の楽天ポイント加盟店で買い物をする機会の多い人
  • 楽天市場ヘビーユーザーで、ETCカードの年会費を無料にできる人
  • 楽天クレジットカードのETCカードを作る予定のない人

楽天市場や楽天ポイント加盟店で普段買い物をする機会の多い方は、いつも通りの買い物で楽天カードを使うだけで、ザクザクポイントが貯まるでしょう。

ETCカードを他のクレジットカードですでに発行している方や、期間限定ポイントもすぐに使う方にとっては、楽天カードのデメリットに対しても影響を受けません。

楽天のクレジットカードの最大のメリットは、ポイントの貯まりやすさです。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードの作り方・登録方法

楽天カードの作り方・登録方法を解説します。

1.申し込み

PCの画像

楽天カードは、PCやスマホなど、お持ちのデバイスから24時間365日いつでも申し込みが可能です。

ただし申し込み可能年齢はカードの種類によっても異なるので、申し込み基準をみたしているか確認してから申し込むと安心です。

 その他、未成年の申し込みには親権者の同意が必要です。

申し込み前に両親に同意が必要であることを話しておくと良いでしょう。申し込みページを開いたら、氏名や住所などの必要項目を入力していきます。

2. 入会審査・カード発行

チェックの画像

申し込みが完了したら審査が開始され、通常約1週間~10日前後でカードが発送されます。

ただし年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合には、発送までに時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

 クレジットカードの審査では、主に申し込み内容やCICなどの個人情報信用機関の情報をもとに、返済能力の有無を確認します。

どの程度手続きが進んでいるのか気になる方は、「カード申し込み受付ID」と生年月日、電話番号を入力することで、発行状況を確認することができます。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

3.カード受け取り

ポストの画像

クレジットカードが無事に発送されると、自宅に郵送でカードが届けられます。受け取りの際には本人確認資料の提示が必要です。

本人確認資料は運転免許証などが利用できますが、申し込み情報と異なる点がある場合には使用できないので注意が必要です。

引っ越しなどで住所変更がまだの方は、受け取りまでに変更しておきましょう。

よくある質問

楽天のクレジットカードとは?
スタンダードな楽天カードを含めて8種類のカードが登場しています。どのカードもポイントが貯まりやすい点がメリットです。
楽天カード結局どれがいい?
例えばゴルフやアウトドア好きの方はアルペングループ楽天カード、女性は楽天PINKカード、学生は楽天カードアカデミーがおすすめです。
楽天カードのメリットは?
加盟店では楽天ポイントカードとして使用することも可能です。楽天ペイやEdyのチャージでもポイントが貯まる点もメリットです。
楽天カードのデメリットは?
ETCカードは年会費が550円(税込)かかってしまうので、維持費なしでETCカードを持ちたい方にはデメリットに感じてしまうでしょう。
楽天カードの利用が向いている人は?
ポイ活目的でクレジットカードを作りたい人や、楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスを多く使う人などに向いています。
楽天カードの作り方・登録方法は?
インターネットから24時間365日いつでも申し込みが可能です。申し込み可能年齢はカードの種類によっても異なるので注意しましょう。
楽天のクレジットカードの年会費は?
多くが年会費永年無料ですが、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカード、楽天ANAマイレージクラブカードは年会費がかかります。

まとめ

楽天クレジットカードを全種類紹介し、メリットや選び方を詳しく解説しました。8種類はそれぞれ特徴が異なるので、よく比較してみてください。

ETCカードの年会費がかかるなどのデメリットもあるものの、条件を満たすことで無料にすることができます。

たくさんポイントを貯めたい方や、コストをかけずにクレジットカードを持ちたい方には、楽天のクレジットカードがおすすめです。

国際ブランドや受けられる特典・付帯サービスを比較して、ライフスタイルに合ったカードを見つけて下さいね。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事