楽天カードのポイント還元率や審査基準、特徴など徹底解説!

楽天カードのポイント還元率や審査基準、特徴など徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

楽天カードは「楽天カードマン」というキャッチーなフレーズでもお馴染みのクレジットカードで、2020年11月には会員数が2,100万人(※)を突破しています。

そこで今回は、楽天カードのポイント還元率審査基準について解説していきます。また、いくつかある種類からおすすめをピックアップしますのでチェックしておきましょう。

楽天カードを所持することによるメリットや、複数ある種類から選び方についても紹介しますので、参考にしてみてください。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードの基本情報

楽天カード

テレビCMでもお馴染みのクレジットカードで、2020年度日本版顧客満足度指数調査クレジットカード業種にて1位(※)を獲得しており、なんと12年連続1位に輝いています。

ETCカードと家族カードも追加で発行でき、私生活で便利に使える一枚です。利用額は最高100万円までとなるため、高額決済にも対応しています。

年会費 永年無料
申し込み条件 年齢18歳以上の方(原則として高校生は除く)
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:-
ショッピング保険
ポイント還元率 1.0%
※100円(税込)につき1ポイント付与
追加可能カード ETCカード、家族カード
締め日と支払日 月末締め翌月27日払い

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードは還元率が高い?特徴を3つ紹介

楽天カードは還元率が高い?特徴を3つ紹介

特徴①100円(税込)で1ポイント貯まる

楽天カードを決済に使うと、100円(税込)につき1ポイント貯まります。日頃のちょっとした買い物にも使用することで、ポイントを獲得可能です。

コンビニやスーパー、あるいはドラッグストアなどの身近な場所にて、積極的に活用していきましょう。

特徴②年会費永年無料

楽天カードは、年会費永年無料で所持できる一枚です。

特に条件も設けられていないため、決済に使わず持っているだけでも費用は発生しません。

所持するうえでコストをかけないことは、クレジットカードを選ぶうえで非常に重要です。なかでも、ランニングコストになる年会費は事前にチェックしておきましょう。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードを持つ6つのメリット

ここからは、楽天カードのメリットについて解説していきます。

メリット
  1. ポイント還元率が良い
  2. 貯めたポイントを使いやすい
  3. タッチ決済が使える
  4. 頑固なセキュリティ
  5. 券面デザインの選択肢が広い
  6. ハワイラウンジが使える

メリット①ポイント還元率が良い

楽天カードのメリット

楽天カードのポイント還元率は1.0%であり、比較的高い数値に設定されています。

クレジットカード決済を利用するにあたり、今ではキャッシュレス化が進んでいる影響から還元率を意識する人は少なくありません。

そして、楽天関連のサービスで決済に使うと還元率がアップするため、効率良く獲得できます。各サービスでの還元率は以下です。

楽天市場 通常の最大3倍
楽天トラベル 通常の最大2倍
優待店 通常の最大1.5倍~

ネット通販で楽天市場を活用する人・旅行好きな人は特にメリットを感じられるでしょう。なお、優待店についても事前に把握しておくことで効率良くポイントを獲得できます。

主な優待店
ENEOS/nissen/Miru+・Menicon Miru/大丸・松坂屋

優待店は他にも居酒屋や美容室など、幅広いジャンルが揃っているため貯めやすい点が特徴です。

100円(税込)につき1ポイントを獲得できることから、些細な決済でも貯めやすい点は特徴でありメリットと言えます。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

メリット②貯めたポイントを使いやすい

楽天カードのメリット

決済に使い貯めたポイントは、大変使い道が広いです。活用方法が豊富な点は、昨今のキャッシュレス時代において大変メリットと言えます。

ポイントの使い道
  • 楽天のサービス
  • 交換
  • カード利用代金に充当

使い道①楽天のサービス

楽天が提供しているさまざまなサービスにて、1ポイント1円として活用可能です。

主な楽天のサービス
楽天でんき/楽天ガス/楽天ビューティー/ポイント運用/楽天ウォレット/楽天市場/楽天ブックス/ラクマ/楽天ペイ/楽天トラベル/楽天TV/楽天マガジン

他にも多くのサービスが提供されているため、ぜひチェックしておきましょう。うまく活用すれば、楽天のサービスを存分に楽しめます。

使い道②交換

楽天カードのメリット

楽天EdyやANAマイレージなど、各社のポイントに交換できます。さらに、ポイント交換で手に入るグッズもあるため、ぜひチェックしておきましょう。

期間限定ポイントは、他社ポイントや楽天グループサービス、楽天Edyに交換できません。

使い道③カード利用代金に充当

日々の支払いに使い貯めたポイントは、カード代金の支払いに充当できます。例えば、支払いが15,124円の場合、124ポイントを使って15,000円の支払いにできるのです。

 利用できるのは通常ポイントのみで、期間限定や他社から交換したもの、楽天キャッシュは利用できません。

サービスを利用するには、楽天e-NAVIより手続きをします。入力項目はポイント数のみとなるため簡単で、50pt~最大500,000ptの範囲内で1pt単位で利用可能です。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

メリット③タッチ決済が使える

楽天カードのメリット

VISA・Mastercardブランドの場合は、タッチ決済が使えます。レジにて暗証番号の入力やサインなどの手間がないため、スムーズな支払いが可能です。

タッチ決済を利用するには、対応マークがあるか確認したうえで会計時にタッチ決済である旨を伝え、後はカードを専用の端末にタッチするだけで支払い完了となります。

主なタッチ決済対応店
イオン/ウエルシアグループ/餃子の王将/すき家/タリーズコーヒー/TSUTAYA/ドトールコーヒー/ファミリーマート/ローソン/ミニストップ/マクドナルド/モスバーガー/郵便局

キャッシュレス化に伴い使用できる店舗も増えつつあるため、今後はより活用しやすくなるでしょう。セキュリティ面においても、安心して買い物を楽しめます。

タッチ決済は国内だけでなく海外でも普及しているため、世界各国で支払いに活用できます。

メリット④強固なセキュリティ

キャッシュレス化により便利な時代になっていますが、気になるのはクレジットカード使用によるトラブルでしょう。

その点、楽天カードは以下のように強固なセキュリティを敷いています。

カード利用お知らせメール 利用状況をメールで知らせ、不正利用の早期発見に繋げる
不正検知システム 24時間体制で不審な利用を監視・検知
本人認証サービス ネットショッピングにおけるなりすまし被害を未然に防ぐ
ネット不正あんしん制度 ネットショッピングにおいてカード情報を盗用された場合に不正利用分を補償
商品未着あんしん制度 楽天市場で購入した商品が届かない場合に請求を取り消し
カード盗難保険 カードの紛失・盗難時における不正利用の損害金額を補償

安心・安全のセキュリティ対策により利用できる点は、この時代において欠かせない要素と言っても過言ではありません。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

メリット⑤券面デザインの選択肢が広い

カードの見た目にこだわりたい人にとっては、さまざまなデザインから選択できる点は大きなメリットです。

選択できるデザイン
お買いものパンダ/楽天イーグルス/ヴィッセル神戸/イニエスタ/YOSHIKI/FCバルセロナ(エンブレム)/FCバルセロナ(プレイヤー)/ミニーマウス/ミッキーマウス

なお、ディズニーデザインについてはJCBブランドのみ選択できます。

好みに合わせて数パターンからデザインを選べる点は、楽天カードの魅力の一つですね。

メリット⑥ハワイラウンジが使える

楽天カードを提示するだけで、ハワイにある会員様専用ラウンジが利用できます。会員本人はもちろん、同伴者についても1名まで無料です。

ラウンジ名 ワイキキラウンジ アラモアナラウンジ
営業時間

9:30~20:00
※最終受付19:45

9:30~18:00
※最終受付17:45

主なサービス内容
  • ドリンクの提供
  • Wi-Fi
  • マッサージチェア
  • キッズスペース
  • ベビーカー貸し出し
場所 TギャラリアハワイbyDFS2階 アラモアナセンターエヴァウィング3階

※新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、2020年3月20日~当面はワイキキラウンジ・アラモアナラウンジは一時休業しています。最新情報は公式サイトよりご確認ください。

ラウンジでは日本語対応ができる現地スタッフによるおもてなしを受けられますよ。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードのデメリット

ここからは、楽天カードのデメリットを解説します。

デメリット
  1. ETCカードは年会費が必要
  2. キャンペーンで獲得できるのは期間限定ポイント

デメリット①ETCカードは年会費が必要

楽天カード

有料道路をお得かつスムーズに利用できる便利なETCカードは、年会費550円(税込)が必要です。

ただし、楽天会員ランクがプラチナもしくはダイヤモンドの場合は、本来かかる年会費が無料となります。

楽天ゴールドカード・プレミアムカードを所持する場合も、ETCカードの年会費は無料です。

デメリット②キャンペーンで獲得できるのは期間限定ポイント

キャンペーンは大量のポイントをもらえるチャンスですが、獲得できるのは期間限定ポイントとなります。

通常のポイントと違い用途が限定されるため、何に活用できるかを事前にリサーチし把握しておきましょう。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードの審査基準について

楽天カードの審査基準

審査基準については、公表されていないためわかりません。しかし、ある程度の難易度は申し込み条件から推測できます。改めて、申し込み対象者の条件を見てみましょう。

申し込みできる人
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • アルバイト・パートでも申し込み可能

収入について特に記載がないこと、そしてアルバイトやパートでも申し込み対象となることなどを踏まえ、審査基準は決して厳しいものではないと予想できます。

あくまで申し込み条件をもとにした予想に過ぎないため、参考程度に捉えておきましょう。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

おすすめの楽天カードの種類

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

年会費2,200円で所持できるゴールドカードです。国内空港ラウンジが年間2回まで無料で利用できるため、飛行機利用がある人はメリットを感じられるでしょう。

 ETCカードは年会費無料で所持できます。

利用可能額は最高200万円となるため、高額商品の決済にも使用可能です。世界38拠点の現地デスクが旅のサポートをしてくれる点も魅力となります。

誕生日月に楽天市場・楽天ブックスを利用すると、還元率がアップします。
年会費 2,200円(税込)
申し込み条件 20歳以上
旅行傷害保険
海外:最高2,000万円
国内:-
ショッピング保険
ポイント還元率 1.0%
※100円(税込)につき1ポイント付与
追加可能カード ETCカード、家族カード
締め日と支払日 月末締め翌月27日払い

出典:公式サイト

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

「充実のサービスでワンランク上の毎日へ」がキャッチフレーズとなる、楽天カード最高峰の一枚です。

 国内・海外旅行傷害保険は最高5,000万円と手厚い内容となっています。

国内主要空港ラウンジの利用に加え、プライオリティ・パスにより世界各国のラウンジ利用が可能です。

SPUにより、楽天市場で買い物をすると100円(税込)につき通常の5倍ポイントが貯まります。
年会費 11,000円(税込)
申し込み条件 20歳以上
旅行傷害保険
海外:最高5,000万円
国内:最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円
ポイント還元率 1.0%
※100円(税込)につき1ポイント付与
追加可能カード ETCカード、家族カード
締め日と支払日 月末締め翌月27日払い

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天PINKカード

楽天PINKカード

楽天カードの魅力はそのままに、女性に嬉しいカスタマイズ特典が用意されている可愛いデザインが特徴の一枚です。

 女性のための保険「楽天PINKサポート」により、女性特定疾病のサポートを手頃な保険料で提供しています。

楽天グループのサービス利用で優待が受けられたり、110,000以上の多彩なジャンルのお店等で割引が受けられたりと魅力的な内容です。

JCBブランドのみ、ディズニーデザインを選択できます。
年会費 永年無料
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:-
ショッピング保険
ポイント還元率 1.0%
※100円(税込)につき1ポイント付与
追加可能カード ETCカード、家族カード
締め日と支払日 月末締め翌月27日払い

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードの選び方ポイント

ここでは、楽天カードを選ぶ際に比較したいポイントについて解説します。

選び方のポイント
  1. 還元率を比較
  2. 年会費を比較
  3. 付帯保険を比較

①還元率を比較

楽天カードの選び方

基本還元率は同じでも、使い方によって獲得できるポイント数は大きく変わってきます。

例えば、プレミアムカードの場合はSPUにより楽天市場で買い物をすると通常の5倍となるポイントを獲得できるため、日頃から利用する人には最適な一枚です。

ライフスタイルに合わせて、どのカードがポイントを貯めやすいかリサーチしておきましょう。

②年会費を比較

通常の楽天カードやPINKカードは年会費永年無料ですが、ゴールドカードは2,200円(税込)、プレミアムカードは11,000円(税込)となります。

年会費に見合った使い方ができなければ無駄な出費になりかねないため、ライフスタイルと照らし合わせてお得か否かを考えたうえで所持を検討しましょう。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

③付帯保険を比較

楽天カードの選び方

旅行に出かけることが多い人は、旅行傷害保険の内容を比較すべきです。楽天カード・ゴールドは海外旅行傷害保険が最高2,000万円となります。

プレミアムカードは国内・海外ともに最高5,000万円となるため非常に手厚い内容です。

年会費により手厚さが変わってくると言っても過言ではないため、補償内容と照らし合わせて選びましょう。

よくある質問

おすすめの楽天カードの種類は?
楽天ゴールドカードやプレミアムカードは、通常カードよりランクが高いため特典が充実しているおすすめの一枚です。また、女性特定疾病のサポートを手頃な保険料で提供しているPINKカードもチェックしておきましょう。
楽天カードの特徴は?
無条件にて年会費永年無料で所持できるため、無駄な出費がありません。新規入会&利用で大量のポイントを獲得できる点も、楽天カードならではの特徴と言えます。
楽天カードのポイント還元率は?
100円(税込)につき1ポイント獲得できます。楽天市場や楽天トラベルなどでの利用は通常の最大2倍~3倍の還元率となるため、積極的に活用していきましょう。
楽天カードのメリットは?
貯めたポイントは楽天のサービスで活用したり、カード利用代金に充当できたりと、使いやすい点は大きなメリットです。タッチ決済にも対応しているため、レジにてスムーズな支払いができます。
楽天カードのデメリットは?
ETCカードを所持するには、550円(税込)の年会費が必要です。また、さまざまなキャンペーンを実施していますが、獲得できるポイントは期間限定となるため用途が制限されます。
楽天カードの審査基準は?
明確な基準は公表されていないためわかりませんが、申し込み条件から推測するに決して厳しいものではないと予想できます。アルバイトやパートの人でも申し込みできるため、比較的難易度は低い可能性がありますが、あくまで予想に過ぎないことを念頭に置いておきましょう。
楽天カードの選び方は?
使い方により還元率が異なるため、ライフスタイルと照らし合わせてみましょう。また、年会費も各カードで異なり、それに伴って付帯保険も充実度が変わるためチェックが必要です。

まとめ

この記事では、楽天カードのポイント還元率審査基準、そして数種類あるカードからおすすめをピックアップし特徴などを解説しました。

基本還元率は1.0%のため、楽天関連のサービスで使うとアップすることから使い方次第でザクザク貯められます。

審査基準は公表されていないものの、申し込み条件的には決して厳しくないと推測できます。

ワンランク上のサービスを求めたい人は、通常カードに加え、ゴールドプレミアムカードもぜひチェックしておきましょう。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事