仮想通貨サンド(SAND)の将来性を予想!チャートの推移や買い方も解説

仮想通貨サンド(SAND)の将来性を予想!チャートの推移や買い方も解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

NFTゲーム「The Sandbox」の支払いに利用できるコインとして採用されている仮想通貨SAND(サンド)。The Sandboxの登録者数は増えており、現在注目を集めている通貨です。

これまでは海外取引所でしか売買できませんでしたが、2022年5月に国内取引所「Coincheck」でも取引可能となっています。そのため、仮想通貨SANDの保有を検討中の人もいるではないでしょうか。

しかし「価値が上がるかわからない」「損失が出たら嫌だ」という理由から、取引に踏み切れない人もいるかもしれません。

そこで、今回は仮想通貨SAND(サンド)の今後の展望についてチャートや価格推移も踏まえながら徹底予想していきます。買い方も紹介するので、気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨SANDとは?

仮想通貨

まずは、仮想通貨SAND(サンド)の概要について解説します。SAND(サンド)は、2022年5月24日に国内へ初上場した仮想通貨です。

イーサリアムを基盤にしており、NFTゲーム「The Sandbox」での支払いに利用できる通貨であることから注目を集めています。

 「The sandbox」は、大人気ゲーム「マインクラフト」に似た仕様のゲームで、総ダウンロード数は4,000万を超えています。

現状は100円台で推移しており、時価総額ランキングは39位です。今後「The sandbox」が盛り上がっていくことで、SANDの価格もさらに高騰していくのではないかと考えられています。

基本情報

通貨名 SAND
コンセンサスアルゴリズム PoW
現在の価格(2022年7月) 180円
時価総額ランキング 35位
発行上限枚数 30億枚

NFTゲームThe Sandboxについて

Sandboxを遊ぶ人

SANDは、NFTゲームプロジェクト「The sandbox」にて使用されている仮想通貨です。

The sandboxはブロックチェーンゲームにて人気の高いものとされていますが、どのようなゲームなのかいまいちよくわからない人も多いのではないでしょうか。

ここからは「The sandbox」について、詳しく紹介します。

大人気ゲーム「MINE CRAFT(マインクラフト)のように自由度の高い世界観

The sandboxは、イーサリアムのブロックチェーン上に作られたゲームです。一般的なゲームでは、クリアに向けたミッションや目標などが設定されています。

そのため、多くの場合はあらかじめ決められたストーリーに沿った行動しかできません。しかし、「The Sandbox」は自由度が非常に高いゲームです。

 ゲーム上のクリア条件やクエストなどは一切存在しておらず、各プライヤーが自分で目標などを設定してプレイできます。

仮想世界の土地「LAND」に建物やキャラクターを生成できるようになっており、大人気ゲーム「MINE CRAFT(マインクラフト)」に似た世界観だとされています。

ゲーム内で必要なアイテムは「SAND」にて購入可能

仮想通貨SANDを調べる人

ゲームを始めるためには、まず「LAND」という土地をメタバース上にて購入する必要があります。LANDを購入すると、建物やキャラクターを自由に配置できます。

建物やキャラクターの生成は有料となっていますが、これらは仮想通貨SANDにて購入可能です。

ゲーム内でSANDを増やすこともできる

The sandboxで土地を発展させていくには、SANDもそれなりに保有していなければなりません。通常、仮想通貨を増やすには取引所で売買が必要です。

ただ、The sandboxではSANDをゲーム内で稼げるような仕組みが設けられています。The sandboxにて仮想通貨SANDを増やす方法には、以下の2通りがあります。

ゲーム内で仮想通貨SANDを増やす方法
  • 他プレイヤーに作成したデータを有料で提供(貸す・売る)する
  • 使用できるアイテムを作成して販売する

上記どちらかの方法を取れば、手持ちのSANDを増やすことが可能です。資金を減らさずに、ゲーム内で資金を増やせるのは魅力的といえます。

提携パートナーが多数存在している

仮想通貨SANDを調べる人

「The sandbox」には多くのパートナーが提携しています。The sandboxと提携しているパートナーには、以下のようなものが挙げられます。

CARE BEARS(ケアベア) ユニークかつカラフルなケアベアコレクション
THE WALKING DEAD ウォーキングデッドのキャラクター・建物・装置などが揃っているNFTコレクション
THE SMURFS ベルギー漫画「スマーフ」に登場する建物・装飾物などが揃うNFTコレクション

また、The sandboxには200以上のブランドも参入しています

参入しているブランドの一例
  • Gucci(グッチ)
  • Adidas(アディダス)
  • Ubisoft(ユービーアイソフト) など

上記のほかにも、さまざまなブランドが参入済みです。そのため、現在でも多くの人に注目されているゲームになっていることがわかります。

仮想通貨SANDのチャート・価格推移

仮想通貨SANDのチャートグラフ

ここで、仮想通貨SANDのチャート・価格推移について解説します。

 仮想通貨SANDの2022年7月現在の価格は、180円程度※1です。

イーサリアム上のブロックチェーンに構築されている仮想通貨ですが、イーサリアムが21万円台※2であることを考えるとSANDはまだマイナーなコインであることがわかります。

SANDは2021年10月まで、100円以下にて推移をし続けていた通貨でした。ただ10月後半から100円を上回り、その後も若干の下落を挟みつつも上昇を続け11月には969円程度※1をマークしています

大幅に値上がりした理由としては、NFTやメタバースへ関心を向ける人が多くなったからという意見が多く見受けられました。

しかし、その後は徐々に下落を続け2022年5月以降は100円台にて推移しています。

仮想通貨SANDの今後は?将来性を大予想

仮想通貨SANDのチャートを見る人達

仮想通貨SANDの取引に興味があるけれど、将来性が期待できる通貨なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。結論からいうと、SANDは今後価値の上昇が期待できる通貨とされています。

ここからは、仮想通貨SANDの将来性について徹底解説していきます。

NFT分野の活用の広まりによる価値上昇の可能性

NFTは、現在でも多くの人から期待されている分野です。NFTはNon fungible tokenの略で、非代替性トークンという意味を持っています。

非代替性トークンとは、唯一無二のデータで改ざんが不可能とされている技術を指します。この特性をいかし、NFTはアートや不動産業界などさまざまな面での活用が進められているのです。

 仮想通貨SANDは、このNFT・メタバース市場の盛り上がりに伴って価値が上昇するとされています。

実際、過去には100円台で推移を続けていたSANDが、大手企業によるメタバース領域への投資発表により一気に900円台までと大幅な値上がりを見せたことがありました

NFT分野は現在も注目を集め続けており、実際多くの企業が参入し始めている分野です。

現在は180円前後の推移を続けているSANDですが、今後の状況次第では大幅な価値の上昇が期待できるといえます。

NFTゲーム「The sandbox」のユーザー数増加により価値が高まる

The sandboxをプレイする人

仮想通貨SANDは、NFTゲーム「The sandbox」にて利用されている通貨です。

The sandboxはダウンロード数4,000万を突破しており、現在でも多くの個人や有名企業から注目を集めているゲームとなっています。

 実際、Coincheckでは近未来都市「Oasis TOKYO」をLAND上に構築するプロジェクトを開始しています。

ほかにも、多くの企業がプロジェクトを企画しているようです。

The sandbox内でアイテムを購入するためにはSANDを保有していなくてはならないため、多くの企業の参入により注目が集まればSANDの価値も高まるといえるでしょう。

仮想通貨SANDの買い方

仮想通貨SANDをパソコンで購入しようとする人

NFT分野への注目の高まりや「The sandbox」の人気の高さから、仮想通貨SANDを購入しようと思っている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここからは仮想通貨SANDの買い方を解説します。

仮想通貨SANDは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」または海外の仮想通貨取引所にて購入可能となっています。

ここでは、Coincheckと海外の仮想通貨取引所にて購入する2通りの方法を紹介します。

Coincheckにて購入する場合

Coincheckにて購入する方法には、スマートフォンアプリ・パソコンの2通りがあります。

スマートフォンアプリの場合

購入手順
  1. Coincheckのスマートアプリを開く
  2. 画面下にあるメニュー「販売所」を押す
  3. コインの一覧から「SAND(サンド)」を押す
  4. 「購入」を押す
  5. 購入金額を入力して「日本円でSANDを購入」を押す
  6. 「購入」を押す

上記の手順を踏めば、CoincheckのスマートフォンアプリにてSANDの購入が可能です。操作は簡単なので、忙しい人でも利用しやすいといえるでしょう。

パソコンで購入する場合

パソコンで仮想通貨SANDのチャートを見る人

購入手順
  1. Coincheckの公式サイトにログインする
  2. 画面上にあるウォレットを選ぶ
  3. 「コインを買う」をクリックして「SAND」を選択する
  4. 購入する数量を指定する
  5. 購入金額を確認する
  6. 「OK」をクリックする

パソコンで購入する場合も、手順は簡単です。Coincheckの公式サイトへログインし、ウォレットからSANDを探して購入しましょう。

海外の仮想通貨取引所を利用する場合

海外取引所にてSANDを購入しようとする人

日本国内で仮想通貨SANDを売買できる取引所は「Coincheck」のみです。そのほかの取引所にて売買を行いたい場合、海外にある取引所を利用する必要があります。

ここからは、海外の取引所を利用する場合のSANDの購入方法を紹介します。

海外仮想通貨取引所での購入手順
  1. 日本国内にある仮想通貨取引所にて口座を開設する
  2. 国内の取引所にて仮想通貨を購入する
  3. 海外にある仮想通貨取引所にて口座を開設する
  4. 海外の取引所へ購入した仮想通貨を送金する
  5. SANDを購入する

海外の取引所には、日本円を直接入金できないケースが多く見受けられます。そのため、まずは国内仮想通貨取引所で口座開設を行いましょう。

送金に使用する仮想通貨の種類には、とくに決まりはありません。

取り扱い通貨の中から、自身の好みのものを選んで購入します。その後、国内取引所から海外取引所へ購入した仮想通貨を送金します。

海外の取引所にて仮想通貨を使用し、必要な数量だけSANDを購入しましょう。

SANDを購入できる仮想通貨取引所

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント!
  • ダウンロード数が最も多い仮想通貨取引所※公式サイトによる
  • 仮想通貨数は国内最大級※公式サイトによる
  • 金融庁に登録済みであるため、安心して取引できる

コインチェックは、ダウンロード数がNo.1となっている仮想通貨取引所です。取り扱われている通貨数は国内最大級となっています。

仮想通貨取引所には怪しいものも多くありますが、コインチェックは金融庁に登録済みの取引所です。そのため、安心安全に利用できる取引所となっています。

海外の仮想通貨取引所には、金融庁から警告を受けているケースがあります。

そのため、海外の取引所を利用していると突然国内からの利用ができなくなり資産がなくなってしまう可能性も否めません。

安全に取引するためにも、国内仮想通貨取引所である「コインチェック」の利用がおすすめです。

コインチェックを利用するメリット①:仮想通貨取扱数が多い

コインの画像

コインチェックでは、17種類と日本国内で比較的豊富な仮想通貨取扱数を誇ります

 ビットコインやイーサリアムといった主要なコインはもちろん、サンドやエンジンコイン・シンボル・ネムといったマイナーなコインまで取引可能です。

そのため、幅広い通貨を売買したい人におすすめです。

コインチェックを利用するメリット②:初心者でも使いやすい設計である

コインチェックは国内最大級の仮想通貨取引所ということもあり、多くの人が利用しやすいシンプルな設計となっています。そのため、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所といわれています。

コインチェックを利用するメリット③:仮想通貨は日本円で直接購入可能

仮想通貨の画像

コインチェックでは、取り扱っている仮想通貨をすべて日本円で直接購入することが可能です。

 海外にある仮想通貨取引所では、日本円を直接入金できなくなっているケースがほとんどです。

そのため、取引する際には国内の取引所で購入した仮想通貨を送金する必要があります。ただ、コインチェックではそのような手間がかかりません。

基本情報

運営会社 コインチェック株式会社
取り扱い仮想通貨数 17通貨
取り扱い仮想通貨の種類 BTC/ETH/ETC/LSK/XRP/XEM/LTC/BCH/MONA/XLM/QTUM/BAT/IOST/ENJ/OMG/XYM/SAND/PLT
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:3万円未満 770円、3万円以上30万円以下 1,018円
クイック入金:3万円未満 770円、3万円以上50万円未満 1,018円、50万円以上 入金金額×0.11%+495円
出金手数料 407円

まとめ

今回は、仮想通貨SAND(サンド)の概要や価格推移、将来性について徹底解説しました。

2022年5月24日に国内初上場した仮想通貨で、人気の高いNFTゲーム「The Sandbox」にて使用可能なコインであることもあり注目を集めているものです。

現在は180円台での推移をしていますが、過去には900円台まで急上昇したこともあります。

今後もNFT分野の活用が進んだり、「The Sandbox」の利用者数や企業の参入が増加したりすることでSANDの価値は上がるのではないかとされています。

SANDが気になっている人は、この機会に一度取引に挑戦してみてはいかがでしょうか?

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事