SBI FXトレードの口コミ評判やメリット・デメリット、お得なキャンペーンを解説

SBI FXトレードの口コミ評判やメリット・デメリット、お得なキャンペーンを解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

SBI FXトレードでFX投資を始めるか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?SBI FXトレードはSBIグループが運営しているFX会社で、初心者が取引を始めるのにおすすめです。

しかし、口コミや評判はどうなっているのか、お得なキャンペーンは開催されているのかなど、FX口座を検討するうえで気になるポイントも多いと思います。

今回は、SBI FXトレードの特徴やメリット・デメリット、口コミ評判について解説していきます。

SBI FXトレードの基本情報・スプレッド・スワップポイント

SBI FXトレードの基本情報・スプレッド・スワップポイント

まずは、SBI FXトレードの基本情報について、確認していきましょう。

取り扱い通貨ペア数 34種類
最小取引通貨単位 1通貨〜
スプレッド(米ドル/円) 1~1,000通貨:0.09銭
スワップポイント(米ドル/円)
※2021年10月20日時点
買い:9.0円
売り:-13.0円
レバレッジ 最大25倍
手数料
口座開設手数料:0円
口座維持手数料:0円
取引手数料:0円
入金手数料:0円
出金手数料:0円
ロスカット手数料:0円
お問い合わせ時間

月曜日~金曜日(AM 9:00~PM5:00)※祝日等を除く

SBI FXトレードは、SBI証券などを運営するSBIグループが、FXトレードに運営に特化したサービスです。SBI証券でもFX取引ができますが、SBI FXトレードではより利用しやすくなっています。

SBI FXトレードのスプレッド

SBI FXトレードのスプレッドについては、以下の通りです。

米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円
0.09銭 0.30銭 0.69銭

※1〜1,000通貨での取引の場合

上記のスプレッドは1,000通貨までの取引に適用されるものですが、業界の中でも最狭水準となっています。

スプレッドの狭い会社でも米ドル/円の場合0.2銭はかかるため、少額取引の場合にはSBI FXトレードが非常におすすめです。

※出典:SBI FXトレード

SBI FXトレードのスワップポイント

SBI FXトレードのスワップポイント

次に、SBI FXトレードのスワップポイントについて確認していきましょう。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
米ドル/円 7円 -11円
ユーロ/円 -17円 12円
英ポンド/円 6円 -11円

SBI FXトレードでは、業界最良水準のスワップポイントを提供しており、受け取る金利収入が大きいです。したがって、長期トレーダーなど、スワップ狙いでの投資でも利益を出しやすいでしょう。

※出典:SBI FXトレード

SBI FXトレードのメリット

SBI FXトレードのメリット

SBI FXトレードのメリットは次のようなものが挙げられます。

SBI FXトレードのメリット
  • 1通貨単位から取引が可能
  • 取り扱い通貨ペア数が34種類と高水準
  • スプレッドが業界最狭水準で少額の取引だとよりお得になる
  • 積立FXでコツコツと投資できる
  • 暗号資産CFDに対応している

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

1通貨単位から取引が可能

SBI FXトレードの最大の特徴とも言えるのが、「1通貨単位から取引ができる」という点です。

 他のFX会社の最小取引通貨単位は1,000通貨か10,000通貨であるため、SBI FXトレードでは少額取引に優れていると言えるでしょう。

1通貨単位で取引できるため、数百円の資金で取引を行うことができます。したがって、投資資金の少ない初心者の方でもおすすめです。

取り扱い通貨ペア数が34種類と高水準

取り扱い通貨ペア数が34種類と高水準

SBI FXトレードの取り扱い通貨ペアは34種類と、他のFX会社と比べても多い水準です。

取り扱う通貨ペア数が多いと、マイナー通貨ペアの取り扱いも豊富なため、相場の状況に合わせて適切な通貨を選択しやすくなります。

また、円建て以外の通貨ペアも豊富なため、戦略的なトレードもできます。

外国のFX会社では円建てではなく、外貨建ての通貨ペアが多いため、世界の投資家達とトレードできることもメリットです。

より多くの通貨ペアの取引を行いたい場合には、通貨ペアの種類が多いSBI FXトレードがおすすめでしょう。

スプレッドが業界最狭水準※で少額の取引だとよりお得になる

SBI FXトレードのスプレッドは業界最狭水準ですが、1,000通貨以下の取引の場合には、さらにスプレッドが狭くなります。

例えば、米ドル/円の場合のスプレッドは0.09銭です。

したがって、少額でトレードを行う方にとっては取引にかかるコストが非常に少なくおすすめです。

 FX初心者でも経験者でも、コストを抑えて取引することは重要です。コストが抑えられると得られる利益が多くなります。

特に、取引に慣れていない初心者が稼ぐためにもなるべく低いスプレッドを提供しているSBI FXトレードが良いでしょう。

※出典:SBI FXトレード

積立FXでコツコツと投資できる

積立FXでコツコツと投資できる

SBI FXトレードでは、通貨を定期的に自動で購入してくれる「積立FX」が利用できます。少額からコツコツと外貨購入ができるため、初心者にもおすすめです。

積立購入は「毎日」「毎週」「毎月」の3種類の購入パターンから選択することができます。

一度に全額を購入するのではなく、購入タイミングを分散させることで、価格変動のリスクを抑えることができます。したがって、FXの取引でなるべくリスクを抑えたい人に適している取引方法です。

暗号資産CFDに対応している(仮想通貨取引)

SBI FXトレードでは、FXだけでなく「暗号資産CFD」の取引が可能です。FX会社で仮想通貨を取り扱う会社は現状少ないため、SBI FXトレードならではのメリットとなります。

SBI FXトレードで現在取り扱っている仮想通貨は次の3種類です。

SBI FXトレードで取り扱う暗号資産
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム

暗号資産取引としては取り扱う仮想通貨が少ないですが、仮想通貨投資も気になるという方はお試しで取引を始めてみるのがおすすめです。

SBI FXトレードのデメリット

SBI FXトレードのデメリット

SBI FXトレードのデメリットは次のようなものが挙げられます。

SBI FXトレードのデメリット
  • 大口取引のスプレッドが広くなる
  • 電話のお問い合わせ対応時間が短い

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

大口取引のスプレッドが広くなる

SBI FXトレードは1,000通貨までのスプレッドは狭いですが、取引数量が上がるごとにスプレッドが広くなります

したがって、大口注文を行う場合には、他社よりもスプレッドが広くコスト高となる点に注意が必要です。

電話のお問い合わせ対応時間が短い

SBI FXトレードでは、電話でのお問い合わせ時間が平日の9時〜17時と他社よりも短く、繋がりにくいことがデメリットです。

サラリーマンなど平日の日中に働いている人にとっては電話をかけるタイミングかありません。

特に仕事の昼休みのタイミングである11:30~13:00頃は電話が混み合う点に注意しましょう。

SBI FXトレードの口コミ・評判

SBI FXトレードの口コミ・評判

SBI FXトレードの口コミ・評判には、次のようなものがありました。

スプレッドが狭い

米ドル/円のスプレッドが0.09銭と類を見ないほど狭く、愛用しています。
最低取引通貨単位が1通貨で初心者向き

FX初心者で取引するのが不安でしたがSBI FXトレードは1通貨から取引できるので、損失も少なく安心できます。
取引ツールが使いやすく、約定力も良い

取引ツールは注文しやすくカスタマイズ性が高いことが気に入っています。約定力も高いのでトレードしていてあまりストレスを感じないこともメリットです。
口コミならではのメリットとして挙げられるのが、「取引ツールの使いやすさ」「約定力の高さ」です。
ツールに関しては注文スピードの速さを評価する点や、単純な使いやすさ、カスタマイズ性の高さを評価する声が多くありました。

約定力に関しては口コミの主観ではありますが、比較的高いとのことでスリッページが起きにくいことがメリットとして挙げられます。
また、1通貨から取引できる点や少額取引のスプレッドが狭いことを評価する声が多くあったため、少額取引が中心となる方は非常におすすめです

SBI FXトレードのアプリの使い方・入金、出金方法を解説

SBI FXトレードのアプリの使い方

SBI FXトレードのアプリの特徴や使い方、入出金の方法などについて、知りたいという方も多いでしょう。

ここからは、アプリの特徴や基本的な操作方法について解説していきます。

スマートフォン版アプリの特徴

スマートフォン版アプリの特徴

SBI FXトレードのスマートフォンアプリは、シンプルさと取引のし易さに重点を置いています。

取引で使用する機能を全て1画面に集約することで、スピーディーに取引することが可能です。

また、2WAY画面の上部にチャート画面が表示されているのでチャートを見ながら、新規注文も決済注文もワンタップで注文できます。

 チャート画面は最大4分割でき、テクニカル指標もトレンド系が4種類、オシレーター系が5種類と必要なものがコンパクトに凝縮されています。

アプリの使い方

SBI FXトレードのアプリを利用する際には、ログインが必要です。また、アプリで利用できる項目は次の通りです。

SBI FXトレードのアプリで利用できる項目
  • レートの表示
  • 取引、照会
  • 2WAY注文
  • 情報(ニュース、経済情報の確認)
  • チャートの確認
  • info(設定、基本情報の確認)

したがって、アプリ上からは入金や出金手続きを行うことができません。ブラウザから入金を行う必要があります

また、SBI FXトレードのアプリから注文を行う手順については、次の通りです。

SBI FXトレードアプリの注文手順(成行注文の場合)
  1. 通貨ペアの選択
    「レート」もしくは「通貨ペアの選択」をタップする
  2. 売買の選択
    「取引・照会」画面で売りか買いかを選択する
  3. 注文数量の選択
    注文数量を入力する
  4. 「注文」を選択
    「確認画面へ」をタップすると次へ進む
  5. 注文確認
    「注文確定」をタップすると注文が完了する

非常に使いやすく、シンプルになっているため、ぜひ口座開設を行なって、取引を始めてみましょう。

SBI FXトレードの入金方法

SBI FXトレードの入金方法

SBI FXトレードの入金を行う際には「通常入金」か「クイック入金」のうちどちらかを選択します。

「通常入金」の場合は、口座開設手続完了のご案内に記載されている指定の金融機関への振込みで入金が可能です。

 「クイック入金」はPCツール上からの操作で入金が完了する入金方法で、1,000円単位から入金ができます。

クイック入金の方が操作の手間がかからず入金スピードが早いためおすすめです。

SBI FXトレードの出金方法

SBI FXトレードで出金したい場合には、各種ツールの「出金依頼」から行うことができます。

出金依頼を行う際には、出金先の金融機関の設定が必要です。金融機関の設定が完了している場合には、出金額を入力することで手続きができます。

 また、当日の営業時間中に出金依頼を行なった場合には、翌営業日に出金が完了します。ただし、不測の事態に備え、原則4営業日以内の注文となっている点に注意が必要です。

SBI FXトレードで現在開催中のキャンペーン

SBI FXトレードで現在開催中のキャンペーン

SBI FXトレードでは、現在以下のキャンペーンを開催しています。

SBI FXトレードで現在開催中のキャンペーン
  • 新規口座開設プログラム
  • 新規口座開設したお客さま限定 「500円入金特典」
  • 積立FX自動入金サービス開始記念キャンペーン
  • 入金チャリティ企画

それぞれのキャンペーンの特徴について、詳しく確認していきましょう。

新規口座開設プログラム

新規口座開設プログラム

SBI FXトレードの新規口座開設キャンペーンです。2021年10月中に新規口座開設を行うと、翌月末までの新規取引に応じて現金最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

取引数量とキャッシュバック金額は次の通りです。
取引数量 キャッシュバック金額
5,000万通貨以上 50,000円
3,000万通貨以上 30,000円
2,000万通貨以上 20,000円
1,000万通貨以上 10,000円
200万通貨以上 2,000円

SBI FXトレードの口座開設キャンペーンはエントリーが必要です。エントリーを忘れてしまうとキャッシュバックが受けられません。

また、入金時期については、10月口座開設分は2022年1月末を予定しています。

 なお、積立FX、オプションFX、暗号資産CFDは対象外となる点には注意が必要です。

新規口座開設したお客さま限定 「500円入金特典」

新規口座開設したお客さま限定 「500円入金特典」

SBI FXトレードのもう1つの口座開設キャンペーンです。新規取引ではないため誰でも特典を受け取ることができます。

口座開設を行なった翌月の10日までに初回ログインを完了させると、口座に500円が入金されます。

SBI FXトレードでは1通貨から取引ができる特徴があるため、本キャンペーンで入金される500円を元手に取引を実際に始めることができます。

実際の取引環境で練習したい場合に、入金される500円を利用して1通貨から取引してみましょう。

 なお、キャンペーン特典の500円は、ログイン日から2営業日以内に入金される予定です。

積立FX自動入金サービス開始記念キャンペーン

積立FX自動入金サービス開始記念キャンペーン

SBI FXトレードでは、通貨ペアの積立購入ができる「積立FX」が利用できますが、自動入金サービスの取り扱いを開始したことで、キャンペーンが開催されました。

自動入金サービスの利用と定期購入を3ヶ月以上継続した方に、現金1,000円をキャッシュバックしています。

 キャンペーン期間は、2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)となっており、条件達成の期間も2022年の3月31日までです。

キャッシュバック時期については条件を達成した月の翌月末となっています。例えば、2022年3月に3ヶ月連続購入を達成した場合には2022年4月に1,000円が入金されます。

入金チャリティ企画

入金チャリティ企画

SBI FXトレードを利用している方の入金金額の一部を公益財団法人SBI子ども希望財団に寄付するというチャリティーキャンペーンです。

公益財団法人SBI子ども希望財団は、次のような内容の活動を行なっています。

公益財団法人SBI子ども希望財団の活動内容
  • 児童福祉施設等への寄付
  • 児童養護施設の職員を対象とした研修
  • 施設退所後の子どもたちの自立支援
  • オレンジリボン運動の推進 など

上記の活動内容に賛同している方は、この機会にSBI FXトレードの口座に入金を行い寄付活動に貢献しましょう

SBI FXトレードと徹底比較!おすすめのFX口座5選

DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
LINE FX
みんなのFX
DMMFX
GMOクリック証券
外為どっとコム
みんなのFX
最低取引単位
10,000通貨単位
10,000通貨単位
1,000通貨単位
1,000通貨単位
1,000通貨単位
最低入金額
制限なし
制限なし
1,000円〜
制限なし
1,000円〜
通貨ペア数
21通貨ペア
20通貨ペア
30通貨ペア
23通貨ペア
29通貨ペア
即日口座開設
最短即日
最短即日
最短即日
最短即日
最短即日
取引所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
個人口座25倍
※固定
最大25倍
最大25倍
※個人の場合
最大25倍
個人口座25倍
※固定
キャンペーン・特典
最大
204,000円
キャッシュバック
最大30万円
キャッシュバック
最大
302,000万円
キャッシュバック

対象期間:口座開設月から翌々月末まで
最大55,000円
プレゼント
最大
50,000円
キャッシュバック

※情報は2022年4月時点のものです。最新の情報と異なる可能性があります。

※1 スプレッド表記は米ドル/円のものです。2022年4月現在のキャンペーンスプレッドを含みます。

※2 最短即日取引には各社が定める条件を満たす必要があります。また、申し込み時間によっては即日取引できない可能性もあります。詳細は各社公式サイトをご確認ください。

1.DMM FX

おすすめのFX口座ランキング1位DMM FX

DMM FXのココがおすすめ!
  • 口座数80万口座突破※1の人気!
  • 最短1時間で取引可能!
  • 新規取引で20万4千円のキャッシュバック
  • あらゆる手数料が無料!
  • 24時間安心のサポート体制!

DMM FXは、口座数80万口座を突破している人気のFX会社です※2。業界最狭水準※4のスプレッドを誇る通貨ペアを擁することに加えて、あらゆる手数料が無料※4のため、コストを抑えて取引できます。

新規取引毎にポイントが還元されるのも特徴です。貯めたポイントは「1ポイント=1円相当」として手軽に現金化できます。お試し用のFXデモ取引もあるので初心者でも気軽に一歩踏み出せます。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 21
スプレッド
(原則固定・例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

  • 新規口座開設から3ヶ月以内の新規取引量に応じて最大20万円
  • 弊サイトから新規口座申込後、2か月以内に1Lotの新規取引で4,000円のキャッシュバック

  • ※終了時期未定

    出典:公式サイト

    ※1 2020年8月31日DMM FX調べ・DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

    ※2 公式サイトの文言によります

    2.GMOクリック証券

    GMOクリック証券FXネオ

    GMOクリック証券のココがおすすめ
    • FX取引高が世界第1位※1の人気!
    • 高機能な取引ツール
    • 口座開設費用・維持費用は全て無料!
    • デモ取引可能
    • 24時間無料でサポート!

    GMOクリック証券は、FX取引高が世界第1位※1実績・人気を誇るFX会社です。特徴は、安心・安全の運営体制です。不明点や不安点があれば、電話またはメールから、24時間無料でサポートしてくれます。

    GMOクリック証券では、預かっている証拠金を信託口座で分けて管理しています。そのため、万一GMOクリック証券が破綻しても大切な資産は守られるので安心です。

    最低取引単位 10,000 通貨ペア 20
    スプレッド
    (原則固定、例外あり)※1
    0.2銭 取引手数料 無料
    最短即日取引※2 デモ取引

    新規口座開設で最大30万円キャッシュバック!!
    ※終了時期未定

    出典:公式サイト

    ※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

    3.LINE FX

    LINE FX

    LINE FXのココがおすすめ!
    • 公式LINEを通じて為替変動や経済指標の通知を受け取れる
    • 最低取引単位は1,000通貨から
    • 専用アプリ、取引ツールの機能が充実している
    • LINEの画面から専用アプリをすぐに開ける
    • スプレッドが業界最狭水準

    LINE FXLINEグループであるLINE証券が運営しています。LINEグループだけでなくMUFGグループが提携してサービスを提供しているため、安心感のあるサービスです。

    他のFX会社と比べてサービス開始したばかりのFXではありますが、わずか8ヶ月で口座開設数が10万口座※を超えるなど人気を集めています。

    通貨ペア数やスプレッドも充実しており、初心者にもおすすめです。

    最低取引単位 1,000 通貨ペア 23
    スプレッド※

    0.2銭

    取引手数料 無料
    最短即日取引 デモ取引 ×

  • 新規口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント
  • さらに新規口座開設と取引で最大50,000円キャッシュバック!
  • ※終了時期未定

    4.外為どっとコム

    外為どっとコム

    外為どっとコムのココがおすすめ
    • 業界最狭水準※1のスプレッドの通貨ペアあり
    • スワップポイント振替機能あり!
    • 豊富な投資情報を配信!

    外為どっとコムは、みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位※2の人気FX会社です。取引デバイスはPC・スマートフォン・iPadから選択できるので、自分のスタイルでトレードできます。

    さらに、FX初心者にも分かりやすい情報が満載で、少額投資(1,000通貨)も可能です。デモ取引もあり、未経験者でも始めやすいFX会社のひとつです。

    最低取引単位 1,000 通貨ペア 30
    スプレッド
    (原則固定、例外あり)※1
    0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
    最短即日取引 デモ取引

  • 新規口座開設&1取引で最大2,000円プレゼント
  • さらに取引に応じて最大30万円キャッシュバック!!
  • 対象期間:口座開設月から翌々月末まで

    まとめ

    今回は、SBI FXトレードについて解説しました。SBI FXトレードのメリットは何と言っても1通貨からの取引に対応している点です。

    少額から取引を始められ、スプレッドも狭いため、初心者や資金の少ない人が取引に慣れるためのFX会社として適しています。

    SBI FXトレードに興味のある方はぜひ口座開設してみましょう。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事