生活費の支払いにおすすめのクレジットカード11選を徹底比較!

生活費の支払いにおすすめのクレジットカード11選を徹底比較!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

キャッシュレスでスムーズに支払いができるクレジットカードは、生活費の支払いにも大変便利です。可能な限りクレジットカード払いにすることで、お得にポイントが貯められて還元される率も高くなります。

この記事では、生活費の支払いに便利でお得なおすすめのクレジットカード、その中でも特に厳選したカードを挙げていきます。

現金払いよりもお得になるケースもあるので、節約をしたい人にもぜひ参考にしてほしい内容です!

生活費の支払いにおすすめの人気クレジットカード11選

JCBカードW
三井住友カード(NL)
VIASOカード
ライフカード
エポスカード
イオンカード
セレクト
ANA JCBカードZERO
楽天カード
JCBカードW
三井住友カード(NL)
三菱UFJカード VIASOカード
ライフカード-Master青
エポスカード
2枚目におすすめ!最強候補サブカード3選
ANA JCBカードZERO
楽天カード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0%〜10%
0.5%〜5.0%
0.5%〜12.5%
0.5%〜1.5%
0.5%〜
0.5%〜
0.5%
1.0%〜3.0%
発行
最短3営業日
最短5分
最短5分発行受付時間9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
最短翌営業日
最短3営業日
約30分
2〜3週間程度
最短5営業日
-
国際ブランド
JCB
MasterCard・VISA
MasterCard
MasterCard・VISA・JCB
VISA
Mastercard・
JCB・VISA
JCB
Mastercard・
JCB・VISA
American Express
特典
キャンペーン
Amazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
随時開催
公式HPをチェック!
最大10,000円
キャッシュバック
最大10,000円
相当プレゼント
2,000円分
エポスポイント
プレゼント
最大10,000WAON POINT進呈
最大49,700円
相当プレゼント
5,000ポイント
プレゼント
申込対象
高校生を除く18歳以上39歳以下
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
18歳以上で安定継続収入がある方
学生を除く
18歳以上
29歳以下
高校生を除く
18歳以上

JCB カード W

JCBカードW

JCB カード Wのおすすめポイント

JCBカードWは、18歳から39歳のみが入会可能なクレジットカードで、39歳までに入会すればそれ以降年会費がずっと無料。

一度入会さえしてしまえば年齢による使用制限などはありません。

クレジットカードが作りたいけれどどれにしようか悩んでいる方に自信を持っておすすめポイントできる1枚です。さらに、JCBのポイント優待サイト「Okidokiランド」を経由して買い物をすると、ポイントが最大20倍に!

Okidokiランドにはどんなショップがある?
Amazon、楽天、Yahoo!JAPAN、ベルメゾンといった大手ショッピングサイトはもちろん、旅行や空港券も買えるので大きなポイントバックが期待できます。
年会費 永年無料
ポイント還元率(基本)

1.0〜5.5%※1

ポイント利用例
  • Amazon
  • ANAマイレージ
  • JCBギフトカードなど
発行スピード 最短3営業日
保険・補償
  • ショッピングカード保険:海外最高100万円
  • 旅行傷害保険:最高2,000万円

出典:公式サイト

※1…1,000円(税込)につき2ポイント付与、『JCBプレモカード Oki Doki チャージ』では1ポイント=5円分のチャージができるため、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基にポイント還元率を算出しております。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • 最短5分※1で発行!!
  • セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン・マクドナルドで最大5%還元!※2
  • ポイント還元率最大10%!さらに選んだ好きな3店でポイント+0.5%還元!
  • 新規入会&利用でキャンペーン常時実施中!

三井住友カード(NL)最短5分でデジタルカードが発行※1でき、今すぐにポイント還元率もいいクレジットカードが発行したい方にうってつけの1枚です。

大手コンビニ3社とマクドナルドで三井住友カード(NL)されます。
また、対象の好きな店舗を最大3つまで選択すると、そのお店でいつでもポイント+0.5%還元
+0.5%還元の選べる店舗はこちら
コンビニ…デイリーヤマザキ、セイコーマート など / スーパー…ライフ、イズミヤ、FRESCO、ヤオコー など / ドラッグストア…マツモトキヨシ、ココカラファイン、クスリのアオキ、トモズ など / カフェ・ファストフード…ドトールコーヒー・エクセルシオールカフェ、スターバックス カードオンラインチャージ、すき家、モスバーガー、プロント、ファーストキッチン など 

 

年会費 永年無料
ポイント還元率(基本) 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへの移行
  • ANAマイルへの交換 など
発行スピード 最短5分
保険・補償
  • 海外旅行傷害保険:最大2,000万円

出典:公式サイト

即時発行は9:00~19:30までにお申し込みされたものが対象

※2 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※2 一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • 貯めたポイントが自動で現金キャッシュバックされてポイントが無駄にならない!
  • 最短翌営業日発行
  • ネットショッピングで最大13%ポイント還元
  • 最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード最大の魅力として、手続きなしで貯めたポイントが全て自動で現金でキャッシュバックされます。

ポイントを使い忘れて消えてしまうということがありません。
最短翌営業日発行ですぐ届き、年会費も無条件で永年無料。家族カードも年会費無料なので支払いをまとめたり効率よく高還元を受けられるのも魅力です。
年会費 無料
還元率(基本) 0.5%
※1,000円につき5ポイント付与
有効期限 12ヶ月
主な使い道 キャッシュバック

ライフカード

ライフカード-VISA青

ライフカードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • 最高水準のポイント還元率
  • 初年度ポイント1.5倍、1年間の利用額に応じて翌年度のポイント還元率は最大2倍!
  • ポイントが最長で5年間有効!
  • 最短3営業日でカード発行可能!

ライフカードはポイントの最短3営業日もあり、貯めたポイントは他社ポイントに移行したり、電子マネーに交換、各種ギフトカードに交換、家具・便利な生活必需品やカタログギフトに交換と選べる手段が多彩です。

誕生月はポイント還元率3倍・入会後1年間は1.5倍など、特典が多いので効率よくポイントが貯まりますよ。
家族カードETCカードの年会費も無料で作成でき、最短3営業日でカードが発行できるので今すぐお得なクレジットカードを作成したい方にぴったりのカードです!
年会費 永年無料
ポイント還元率(基本) 0.5%
※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=1円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。
有効期限 最大5年※ 3年目からは要繰越手続き
主な使い道
  • 商品交換
  • 他社移行

出典:公式サイト

※公式サイトの文言による

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
※1 ポイントの交換先(タップして見る)
<商品券>
マルイの商品券 / 全国共通商品券 / クオカード / Amazonギフト券/ AppStore&iTunesコード/ スターバックスカード / KEYUCA(ケユカ)買い物券 / モンテローザ食事券/ など
<他社ポイント>
ANAマイル / ANA SKYコイン / JALマイル / スターバックスカード / ノジマスーパーポイント / dポイント / Pontaポイント
<割引>
ネット通販利用分の請求を割引
<グッズ>
すみっコぐらし オリジナルグッズ / オトメイト オリジナルグッズ / カプコン オリジナルグッズ / コーエーテクモゲームス オリジナルグッズ / ホークス×エポスカード オリジナルグッズ
<寄付>
ユニセフ、日本赤十字社、WWFジャパンなど
<その他>
年会費をポイントで支払う(プラチナカード限定)、資産づくりのための投資信託購入 

エポスカードは、ポイントアップサイトに事前登録し、買い物の前にログインしてお買い物をすることで還元率が最大30倍でショッピングが楽しめます。

また、エポスカードは即日発行が可能な数少ないクレジットカードです。

  • 現金の持ち合わせがないけれど今すぐ買い物がしたい!
  • 旅行に行くのにクレジットカードを作り忘れてしまった…
  • もうすぐ大きな買い物をする予定だからポイントをつけたかったのにクレジットカードを作り忘れてしまった…
このようなシーンで、還元率も高く年会費も永年無料のエポスカードは役に立ってくれること間違いなし!
年会費 無料
ポイント還元率(基本) 0.5%
※200円(税込)につき1ポイント付与
有効期限 24ヶ月
主な使い道
  • マルイでの割引
  • プリペイドカードに移行
  • ネットショッピング時に割引
  • 商品交換

JCB一般カード

JCB一般カード

ブランド JCB
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 他社ポイントに交換
  • 商品に交換
  • クレジット代金
旅行保険
  • 海外旅行3,000万円
  • 国内旅行保険3,000万円
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 440円(税込)※本会員の翌年の年会費が無料の場合は家族会員も無料
ETCカード 無料
JCB一般カードのココがおすすめ
  • ネット申し込みで初年度の年会費が無料
  • 条件を満たすと翌年度以降も年会費無料
  • 最短翌日にカードが届く
  • ディズニーデザインが選べる
  • ショッピング保険は年間最高100万円まで補償
  • ETCカードの発行手数料・年会費は無料

JCB一般カードは、ネットからの申し込みで初年度の年会費が無料です。

 翌年度以降も、MyJチェックの登録と年間合計50万円以上のショッピング利用で年会費が無料になります。

実質永年無料でカードを持つことができるので、お得に活用しましょう。ETCカードは発行手数料・年会費ともに無料です。

申し込みから最短翌日にカードが届くため、急いでカードを作りたい方も安心です。券面デザインはディズニーなど3種類から選べます。

セブンイレブンやAmazonなどのJCBパートナー店で買い物をすれば、ポイントの還元率が最大10倍までアップするのでお得です。

例えば、人気スターバックスで商品を購入でポイントが10倍もらえますよ。

出典:公式サイト

イオンカード セレクト

ブランド VISA・JCB・MasterCard
年会費 無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • カタログ商品
    商品券
  • 電子マネーWAONポイント
  • イオンの買い物
  • WAON POINT
旅行保険 無し
ショッピング保険 無し
家族カード 無料
ETCカード 無料
イオンカード セレクトのココがおすすめ
  • 入会金・年会費無料!
  • イオンの系列店で使うとポイント2倍!
  • 毎月20日・30日はイオングループ対象店舗でお買い物代金が5%OFF!
  • WAONチャージ機能搭載

イオンカード セレクトは、イオングループが運営・発行をしているカードで、イオンはもちろんダイエーやマックスバリュなどの対象店舗での買い物ならポイントが2倍になります。

 その他、クレジット機能のほかに「WAONオートチャージ」にも対応しているので、WAONが使えるお店での支払いにも大変便利です。
普段使いするカードが1枚に集約できるので管理もしやすくなりますね。

ANA JCBカードZERO

ANA JCBカードZERO

ブランド JCB
年会費 無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 商品に交換
  • クレジット代金
旅行保険
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード
ETCカード 無料
ANA JCBカードZEROのココがおすすめ
  • 18歳〜29歳の方が5年間限定で保有できる
  • 年会費は無料
  • ボーナスマイルがもらえる
  • ANAマイルへの移行手数料は無料
  • ANAカードマイルプラスの対象店舗の買い物でマイルが貯まる

ANA JCBカードZEROは、18歳〜29歳の方が5年間限定で保有できるANAカードです。年会費は無料なので、マイルを貯めている若い方におすすめです。

5年後のカード更新時には、審査の上で自動でANA JCB一般カードに切り替わります。一生のうちで5年間しか持てない希少価値の高いカードです。

 ANAのフライトを利用すれば、搭乗のたびに区間マイル+10%のボーナスマイルがもらえます。

ANAの飛行機を普段からよく利用する方は、お得にマイルが貯められます。貯まったポイントは1ポイントで5マイルの高レートで自動的にマイルに移行してくれるので、面倒な手続きは必要ありません。

移行手数料は無料なので、どんどんお得にマイルが貯まっていくでしょう。

出典:公式サイト

au PAYカード

au PAYカード

ブランド VISA・Mastercard
年会費 1,375円(税込)※条件付無料
ポイント還元率 通常1.00%
ポイント有効期限 48か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • au PAY 残高にチャージ
  • 携帯電話の機種変更・修理・オプション品購入
  • クレジット代金
旅行保険 海外旅行2000万円
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 440円(税込)
ETCカード 無料(発行手数料:1,100円)
au PAYカードのココがおすすめ
  • 条件を満たせば年会費が無料
  • auユーザー以外の方でも申し込み可能
  • Pontaポイントが貯まる
  • ETCカードの年会費が無料
  • au PAY残高チャージでポイントが貯まる

au PAYカードは、auサービスを利用している方におすすめでのカードです。

買い物だけではなく、au PAY 残高チャージでも100円(税込)につき1ポイントがもらえます。

 au PAYマーケットでの買い物なら、いつでも最大16%の還元率でポイントが付与されるのでお得です。

その他、ジョーシンやノジマなどのポイントアップ店の買い物でも還元率がアップします。普段通り買い物をするだけでお得にポイントを貯められるでしょう。

出典:公式サイト

楽天カード

楽天カード

ブランド VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress
年会費 無料
ポイント還元率 通常1.00%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 楽天Edyチャージ
  • 楽天サービス
  • 楽天ポイント加盟店
  • お買いものパンダグッズ交換
  • クレジット代金
旅行保険 海外旅行2000万円
ショッピング保険 年間30万円まで
家族カード 無料
ETCカード 年会費550円
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム
楽天カードのココがおすすめ
  • 年会費無料!
  • 楽天グループ利用でポイント最大15.5倍!
  • 2枚めのカードも申込可能
  • 国際ブランドやデザインカードの種類が豊富で好きなものが選べる
  • ネットでスムーズに申し込みが可能

楽天カードは100円の支払いにつき「1楽天ポイント」が付与されます。1楽天ポイント=1円換算で利用できる仕組みです。

 楽天市場で利用すると100円につき「3ポイント」=3%も還元されます。
また、「楽天ペイ」アプリを使えば貯めた楽天ポイントをSuicaにチャージできます。1円単位でチャージでき、上限は20,000円までです。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

dカード

ブランド VISA・MasterCard
年会費 無料
ポイント還元率 1.00%
ポイント有効期限 48か月
ポイント使い道
  • dマーケット・dポイント加盟店
  • スマホ料金の支払い
  • データ量追加
旅行保険 dカードケータイ補償
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 無し
ETCカード 無料
dカードのココがおすすめ
  • ポイント還元率が基本1%
  • d払いの支払いで利用するとdポイントが2重に付与される
  • 最大1万円のケータイ補償がある

特別な条件を満たしていなくてもdカードなら購入額の1%のポイントが付与されます。一般的に0.5%としているところが多い中、1%が常時付与されるのは魅力的です。

 さらにd払いを「dカード」支払いにすると、実店舗では1.5%、ネットでの利用なら2%もポイントが付与されるので2重に付与されるのが強みです。
携帯電話の故障や紛失の際に最大1万円まで補償されるというのは、NTT DOCOMOならではのサービスですね。

Visa LINE Pay クレジットカード

ブランド VISA
年会費 1,375円(税込)※1
ポイント還元率 1%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道 LINEポイント移行
旅行保険 無し
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 無料
ETCカード

1人目無料

2人目以降年会費440円

※1初年度無料・年1回利用で翌年無料

Visa LINE Pay クレジットカードのココがおすすめ
  • LINEポイント利用の2%分を還元!
  • 初年度年会費無料、翌年度以降も年1回の利用で無料!
  • タッチ決済が利用可能
  • 事前チャージが不要でLinePayの利用が可能
Visa LINE Payは、「Visaタッチ決済」や電子マネー「iD」にも対応しているのでサインや暗証番号の入力も必要ありません。
 さらに「LINE Pay」に紐づけをするとチャージ要らずで支払いが可能です。
使い勝手の良さから、普段使いの1枚をお探しの人もぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ポイント還元率ランキングベスト3を発表!

※本記事内で紹介したおすすめの中から還元率の最大値が高い順(キャンペーンも含む)に紹介しています。
※情報は2021年4月10日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

1位:JCB カード W

JCBカードW

JCB カード Wのおすすめポイント
  • 最大でポイント30倍にもなるキャンペーン!
  • ポイント優待サイト経由での買い物ならポイントは最大で20倍!
  • スターバックスでの買い物が常にポイント10倍

2位:ライフカード

ライフカード-VISA青

ライフカードのおすすめポイント
  • 「L-Mall」経由で買い物をすればポイントは最大で25倍に!
  • 優待ショップ500店以上の中からチョイスできてお得にショッピング可能
  • 年会費や登録費は不要

3位:エポスカード

2枚目におすすめ!最強候補サブカード3選

エポスカードのおすすめポイント
  • ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由で最大ポイント30倍!
  • おきにいりショップの登録や年間ボーナスポイントでポイント2~3倍!
  • 公式アプリの無料ミニゲームでもポイントが貯められる

生活費の支払い、クレジットカードVS現金どちらがお得か徹底検証!

クレジットカードはお店での支払いのほかにも、ネットショッピングや公共料金などの支払いとなど、幅広いシーンで利用可能です。

生活費の支払いは現金とクレジットカードのどちらがお得なのか、利用シーンに分けて比較してみましょう。

【比較】固定費の支払い

生活費の支払い、クレジットカードVS現金の水道の画像

電気料金やガス料金、水道料金などの公共料金や、家賃、保険料などの固定費は、生活費の中で大きな割合を占めています。

固定費を現金で支払う場合には、口座からの引き落としが一般的です。口座引き落としで受けられる特典は基本的にはありません

 一方、公共料金の支払いは、クレジットカードならポイントが貯まってお得です。

クレジットカードは公共料金のほか、国民健康保険などの保険料の支払いや一部の税金の納付にも利用できます。カード会社によって、それぞれ独自のポイントプログラムが用意されていることが一般的です。

固定費は毎月かかるものなので、年間で考えるとかなり大きな金額になるため、その分のポイントがもらえればかなりお得になるでしょう。

固定費の支払いはクレジットカードがお得です。

【比較】ネットショッピング

生活費の支払い、クレジットカードVS現金のネットショッピングの画像

オンラインショッピングは、銀行振込や代金引換、コンビニ払いなど、さまざまな支払い方法があります。代金引換は送料などとは別に手数料がかかり、コンビニ払いはコンビニまで足を運ぶなどの手間がかかってしまう点がデメリットです。

一方 クレジットカード払いなら、振込手数料や代引き手数料のような料金が、基本的に発生しません

 不要な出費を抑えられることに加えて、お得にポイントも貯められる点がメリットです。

また、ネットショッピングは支払いの完了後に商品が発送されることが一般的です。

そのため、銀行振込やコンビニ払いにすると、店側による支払いの確認に時間がかかり、商品の到着が遅くなってしまうこともあります。

その点クレジットカードなら、注文時に決済画面で支払い処理をすれば決済が完了します。

商品の発送もスピーディーなので、欲しい商品がすぐに自宅に届くでしょう。

【比較】毎月の明細書

生活費の支払い、クレジットカードVS現金のレシートの画像

現金払いで家計管理をする場合、買い物などで支払いをするたびに受け取る紙のレシートや領収書を保管する必要があります。

 一方、クレジットカードならカード会社が展開するWeb明細サービスを利用すれば、利用金額を一括管理することが可能です。

いつ、どこで、いくら使ったかが一目瞭然で、お財布がレシートで膨らむ心配もありません。

生活費の決済に使うクレジットカードの選び方

生活費の決済に使うクレジットカードの選び方

日常的な買い物の支払いに使うクレジットカードを選ぶ際にはいくつかポイントがあります。

クレジットカードの選び方
  • 年会費がかかるかどうか
  • ポイントの還元率が高いか(1%以上が望ましい)
  • 普段使っているショップが提携店かどうか

少しでも余計なコストのかからないものを選ぶことをおすすめします。そしてポイント還元率もできるだけ高い方を比較することも忘れずに!

 一般的に0.5%程度のところが多いので、還元率が1%を上回っているカードを中心に比較していくと見つけやすいです。

自分が普段からよく見ている・利用しているショップの還元率が高いかどうかも同時にチェックしておくと良いですよ!
提携店での利用の方が通常よりも多くのポイントが付与されることが多いので、さらにポイントが貯めやすくなります。

生活費をカードで管理する4つのメリット

生活費をカードで管理するメリット

クレジットカードを使った生活費の支払いは以下のように幅広いシーンで可能となっています。

クレジットカードで支払える主な生活費
  • スーパー・コンビニ・デパート等
  • ガソリンスタンド
  • 日用雑貨
  • 飲食店・レジャー施設
  • 新幹線・タクシー代
  • 公共料金
  • 税金(住民税・所得税・固定資産税等)

固定費・変動費共に、クレジットカードで一括に支払うことで、月の支出を簡単に把握することができます。

利用状況もネットですぐに調べられる会社がほとんどなので、利用をしてから数日もすると利用金額が反映されます。
家計管理のためにレシートを保管したり家計簿を付けなくても明細ですぐにわかるので、管理がとてもしやすいですね。

生活費の支払いは現金よりもクレジットカードの方がメリットが多いといえます。

クレジットカードのメリット
  • 家計管理がしやすい
  • カード自体に特典がある
  • ネットで買い物のハードルが下がる
  • 使うほどポイントが付与される

家計管理がしやすい

クレジットカードの便利なところ

生活費をクレジットカードでの支払いにまとめることで、利用明細を見ればカード利用状況をすぐに確認できます。

 Web上ですぐに明細を見ることができるカードは多いので、自分の使った金額や商品・日時などが簡単に確認できます。
また締め日・引落日が決められているので複数の支払いを一括にする事でき、支出管理がしやすいのが特徴です。

カード自体に特典がある

各社がそれぞれ用意している特典を選べるのも魅力的です。例えばホテルやレジャー施設の優待・旅行保険やショッピング保険などです。

その他空港ラウンジを無料で使えるなど便利で快適な特典を用意しているカードもあるので自分のライフスタイルにあった1枚を選ぶことも可能です。

ポイントが貯められる

利用額によってポイントが付与される仕組みになっているのが特徴です。現金の場合はこういったサービスが受けられません。

 日常の買い物などの支払いでポイントが貯まれば、ポイントは現金で返ってくるほか、商品券やギフト券への交換、他社ポイントへの移行などもできます。

ネットで買い物のハードルが下がる

ネットショッピングの支払い方法でクレジットカードを選ぶとその場で支払い手続きが完了するので、後日振込にいくといった手間がかかりません

自動的に指定された支払日に口座から引き落としが完了するのでスムーズにお買い物ができます。

生活費をカード払いするデメリット

生活費をカード払いするデメリット

生活費にカードを使うデメリットは主に以下の2点が挙げられます。

デメリット
  • 使いすぎてしまう
  • 分割払いやリボ払いにすると手数料がかかる

使いすぎてしまう

クレジットカードは現金とは違い、お金の減りなどを目で見ることはできません

 財布がなくてもカードが1枚あれば簡単に支払いできるので、お金を使っているという感覚が薄れてしまうデメリットがあります。

衝動買いをすることなく計画的に利用しなければ、使い過ぎて出費がかさんでしまうでしょう。使い過ぎて預金残高が不足してしまうと、支払い日に口座から引き落としができません。

その結果、支払い遅延を起こして遅延損害金が発生してしまいます。

個人信用情報機関に遅延の記録が残ってしまうと今後ローンを組む際に不利になってしまうので、注意してください。

分割払いやリボ払いにすると手数料がかかる

生活費をカード払いする手数料の画像

クレジットカードの支払い方法は一括だけではなく、リボ払いや分割払いがあります。リボ払いとは、カードの利用金額や件数にかかわらず、毎月の支払額を一定にする方式です。

分割払いは、支払い回数や利用金額によって手数料が変動する仕組みです。

 どちらも一括で請求されないため支払いが楽ですが、手数料がかかってしまう点に注意が必要です。

手数料がかさむと無駄な出費が増えてしまうので、リボ払いや分割払いは一括払いが難しいときだけ利用しましょう。

まとめ

生活費の支払いにおすすめなクレジットカードをご紹介しました。毎日のちょっとした支払いから家賃・公共料金など固定費の支払いにも使えるものを使えば、現金よりもスムーズな支払いが可能です。

またポイントを貯めてキャッシュバック・ポイント移行をすれば現金で支払うよりも節約にもつながります。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事