主婦におすすめのクレジットカード4選!選び方や注意点も徹底解説

主婦におすすめのクレジットカード7選!選び方や注意点も徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「主婦でも審査に通るクレジットカードを知りたい」「審査に通る可能性があるクレジットカードってある?」主婦の方でクレジットカードに関するこのようなお悩みを持っている方も多いと思います。

クレジットカードの審査では収入や職業についてチェックされているため、主婦の方だと審査に通りにくいと思われているかもしれません。

しかし、主婦の方でも申し込みが可能なクレジットカードはたくさんあるため、諦めずに申し込みをすることが重要です。

今回の記事ではクレジットカードを発行したい主婦の方向けに審査や申込の記入方法、おすすめのカードの選び方を解説します。

主婦におすすめのクレジットカード7選徹底比較

JCBカード W
plus L
イオンカード
セレクト
エポスカード
楽天カード
セゾンカードインターナショナル
JCBカード W plus L
2枚目におすすめ!最強候補サブカード3選
エポスカード
楽天カード
セゾンカードインターナショナル
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0%〜10%
0.5%〜
0.5%〜
1.0%〜3.0%
1.0%
発行
最短3営業日
2〜3週間程度
約30分
-
最短5分発行
国際ブランド
JCB
Mastercard・
JCB・VISA
VISA
Mastercard・
JCB・VISA
American Express
VISA
Mastercard
JCB
特典
キャンペーン
Amazon利用20%キャッシュバック
最大10,000WAON POINT進呈
2,000円分
エポスポイント
プレゼント
5,000ポイント
プレゼント
-
申込対象
-
18歳以上で安定継続収入がある方
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
-

JCBカードW Plus L

JCBカード W plus L

JCBカードW Plus Lが主婦におすすめの理由

JCBカードW Plus Lは、JCB カード Wの機能に女性向けの特典が付帯された女性向けのクレジットカードで、ETCカードやQUICPayも無料で利用できます。

年会費は永年無料なので、家計の節約のためにカードを持ちたい方におすすめです。

申し込みはインターネット限定で、18歳から39歳までの方が入会できます

女性が嬉しいコスメ・ファッション・エンタメなどの特典が受けられます。
女性向けのサービスが充実

@cosme・一休.comレストラン・プリンスホテルなど、美容・グルメ・旅行などのジャンルで女性に嬉しい特典が用意されています。

 友達とのランチや旅行の際にお得になる特典が満載なので、ぜひ活用しましょう。

さらに、毎月更新されるプレゼントキャンペーンもあり、月に2回のLINDAの日には、ルーレットのチャレンジも開催されています。

当たりが出ると2,000円分のJCBギフトカードがもらえるので、挑戦してみましょう。その他、月290円(税込)とお手軽な保険料で加入できる女性特有の疾病をサポートする保険も魅力です。

JCBカードW Plus Lの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行保険、ショッピング保険
追加カード ETCカード、家族カード、QUICPay
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
国際ブランド JCB
申込条件 18〜39歳

参照:公式サイト

エポスカード

エポスカード

エポスカードが主婦におすすめの理由

エポスカードはマルイグループが発行する年会費永年無料のクレジットカードで、券面にカード番号が印字されていないので、セキュリティ面でも安心感があります。

家族カードやETCカードも年会費は無料です。

 通常、クレジットカードは発行までに1週間ほどかかるのが普通でが、エポスカードならインターネット申し込み後、マルイ店舗受け取りを選択することで、最短即日で発行できます。

早ければその日から買い物に使えるので、急いでクレジットカードを作りたいという方におすすめです。

優待特典が受けられる

全国の飲食店や遊園地、カラオケなどでエポスカードを利用すると、割引やサービスが受けられます。例えば、カラオケ館の室料が30%割引、レジャー施設の入場料割引などのサービスです。

さらに、無印良品やノジマなど、提携している商業施設で買い物すると、ボーナスポイントが付与されます。

年4回開催される「マルコとマルオの7日間」という特別キャンペーンでは10%割引で買い物ができるのでお得です。

ショッピングやレジャーの際は、ぜひエポスカードを活用してください。

貯まったポイントはマルイでの支払いに利用できるほか、他社ポイントやマイルへの移行、グッズへの交換も可能です。

エポスカードの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム エポスポイント
付帯保険 海外旅行保険
追加カード ETCカード
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、EPOS Pay
国際ブランド VISA
申込条件 18歳以上

参照:公式サイト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトが主婦におすすめの理由

イオンカードセレクトは、イオングループの買い物がいつでも2倍で買い物ができるクレジットカードです。

 クレジットカード機能以外に、電子マネー機能、キャッシュカード機能が搭載されています。

3つの機能が一体となっているので、財布もすっきり使えるでしょう。

年会費は永年無料で、家族カードやETCカードなども年会費は無料です。

イオンで毎月20・30日に開催される「お客さま感謝デー」では、5%割引で買い物ができます。イオンユーザーはいつも通り買い物をするだけでお得になるでしょう。

イオン銀行がお得に使える

イオン銀行ではステージ制の優遇サービスを用意しており、Myステージに応じて金利優遇が受けられます。

 最高ランクになれば、イオン銀行の普通預金金利が最大0.1%になるのでお得です。

さらに、イオン銀行ATMは24時間365日手数料完全無料で利用できます。他行ATMの入出金利用手数料や他行宛振込手数料も最大5回まで無料になるなどの特典も満載です。

その他、給料の受け取りにイオン銀行を指定すると、毎月10ポイントがもらえます。イオングループサービスを使うほどお得になるので、どんどん活用しましょう。

イオンカードセレクトの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム WAONPOINT
付帯保険 海外旅行保険
追加カード ETCカード、家族カード
電子マネー・スマホ決済 WAON、iD、Apple Pay
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申込条件 18歳以上

参照:公式サイト

ライフカード

ライフカード-Master青

ライフカードが主婦におすすめの理由

ライフカードは年会費無料でポイント還元率は0.30%~0.60%です。沢山のポイントを貯めやすく有効期間もなんと5年間と長いです。

 カード利用金額1,000円ごとに1ポイント貯まり、誕生日月にはポイント3倍、入会後1年間はポイント1.5倍とポイントがザクザク貯まるのでおすすめです。

さらに年間50万円のカード利用で300ポイントプレゼント、1年間の利用金額に応じ翌年度のポイントが最大2倍になるなど、使用するほど還元率が上がる仕組みになっています。

年間の利用額が50万円以上で1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上で2倍の還元率なので、ライフカードはポイントを沢山貯めたい方におすすめです。

貯まったポイントはマイルに移行したり、電子マネーやギフトカードに利用できたりします。

ライフカードの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.30%~0.60%
ポイントプログラム LIFEサンクスポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険
追加カード ETCカード、家族カード
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申込条件 18歳以上

参照:公式サイト

セブンカード・プラス

セブンカードプラス

セブンカード・プラスが主婦におすすめの理由

セブンカード・プラスは電子マネーのnanacoが搭載されたカードです。nanacoポイントが貯まりやすく「1ポイント」=「1円」で利用できます。

 セブン&アイグループであるイトーヨーカドー、セブン-イレブン、デニーズ、ヨークマートなどで利用すると利用金額200円ごとに2ポイント付与されます。

その他にも、アリオ専門店、セブンネットショッピング、そごう西武でも200円の利用金額ごとに2ポイント付与。これらのお店を普段から利用される頻度が多い方はお得です。

また、イトーヨーカドーのハッピーデーでは、8日・18日・28日と8のつく日は食料品、衣料品、住まい品が5%OFFに加え、通常ポイント+ボーナスポイントも貯まります。

私生活でセブン&アイグループを利用する頻度が多い方は、ポイントがザクザク貯まるのでおすすめです。

セブンカード・プラスの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.50%~1.00%
ポイントプログラム nanacoポイント
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
追加カード ETCカード、家族カード
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、楽天ペイ
国際ブランド VISA、JCB
申込条件 18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方(学生可)

参照:公式サイト

楽天カード

楽天カード

楽天カードが主婦におすすめの理由

楽天カードは、楽天グループが発行しているクレジットカードです。通常のポイント還元率は1.0%と高めの水準なので、ポイントが貯まりやすいです。

 楽天グループ内のサービスを利用すると楽天市場でのポイントがアップする「SPU」では、 還元率が最大15倍までアップします。

その他にも、楽天市場では不定期にポイントアップキャンペーンが開催されています。例えば、「5と0のつく日」はポイント還元率が5%にアップするのでお得です。

「楽天スーパーSALE」や「ショップ買い回り」などのイベントでも還元率が10%にアップするなど、還元率の高さが魅力です。

活用次第では、ポイントがザクザク貯まるでしょう。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム
街の優待店舗でもお得

街の楽天ポイントの加盟店でカードを提示すれば、通常より高い還元率でポイントが貯まります。

 マクドナルドやロイヤルホストなど、人気のお店がたくさん参加しているので、ポイントも貯まりやすいでしょう。
楽天ペイやEdyでポイントが貯まる

楽天ペイでは、楽天カードからのチャージで0.5%、楽天ペイの利用で1%と合計1.5%のポイントが還元されます。普通にクレジットカードだけで支払うよりもポイントが貯まりやすいので、ぜひ活用しましょう。

支払いは端末にカードをかざすだけの簡単なものなので、片手が塞がっている時にも便利です。

楽天カードの基本情報

ブランド VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress
年会費 無料
ポイント還元率 通常1.00%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 楽天Edyチャージ
  • 楽天サービス
  • 楽天ポイント加盟店
  • お買いものパンダグッズ交換
  • クレジット代金
旅行保険 海外旅行2000万円
ショッピング保険 年間30万円まで
家族カード 無料
ETCカード 年会費550円
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルが主婦におすすめの理由

セゾンカードインターナショナルは、インターネット申し込みなら最短即日発行が可能なクレジットカードです。

 デジタルカードの発行なら申し込みから最短5分でネットショッピングが楽しめます。急いでカードを作りたい方にもおすすめです。

西友・リヴィン・サニーでは、毎月第1・第3土曜日に5%割引されるので、お得に買い物ができます。

食料品だけではなく家電や衣料品なども割引されるので、第1・第3土曜日にまとめて買い物をするのがお得です。

貯まるポイントは有効期限のない永久不滅ポイントなので、ポイントの失効を気にすることなく長期に渡ってポイントを貯め続けられます。

セゾンカードインターナショナルの基本情報

ブランド VISA・Mastercard・JCB
年会費 無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイントプログラム
セゾン永久不滅ポイント
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 他社ポイント移行
  • 支払いに充当
  • 商品と交換
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費無料

出典:公式サイト

ポイント還元率が高い主婦におすすめのクレジットカードランキング

JCBカードW Plus L

JCBカード W plus L

JCBカードW Plus Lのおすすめポイント

JCBカードW Plus Lは年会費無料でポイント還元率1.0%と高水準なクレジットカードです。18〜39歳まで女性限定なので主婦の方に一番おすすめです。

 通常は利用額1,000円ごとに1ポイント貯まりますが、JCBカードW Plus Lを利用すると利用額1,000円につき2ポイント貯まるためとってもお得です。

また、日々のショッピングで貯まったポイントは、「JCB プレモカード OkiDokiチャージ」にチャージすると、1ポイント5円で換算され1.0%の還元率を受けられます。

さらにJCB ORIGINAL SERIES優待店でJCBカードW Plus Lを利用すれば、優待店それぞれのポイント還元率に応じて2〜6倍のポイントが貯まるのでおすすめです。

JCBカードW Plus Lの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行保険、ショッピング保険
追加カード ETCカード、家族カード、QUICPay
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
国際ブランド JCB
申込条件 18〜39歳

参照:公式サイト

楽天カード

 

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント

楽天カードは年会費無料で利用でき、楽天市場でショッピングをするといつでもポイントが3倍貯まるクレジットカードなので、ポイントをザクザク貯めたい主婦におすすめです。

 楽天カードは日本人の6人に1人が保有しており、会員数は2,000万人と言われています。国民的カードと言っても過言ではないので、作っておくことに越したことはないでしょう。

というのも、楽天には楽天経済圏があり、楽天トラベル、楽天証券、楽天モバイル、楽天銀行、楽天市場などのサービスを利用すれば毎月沢山のポイントを獲得することができます。

楽天はサービスが豊富でポイントが貯めやすい設計になっています。特にクレジットカード初心者の方は、楽天カードはマストで作っておくことをおすすめします。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カードの基本情報

ブランド VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress
年会費 無料
ポイント還元率 通常1.00%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 楽天Edyチャージ
  • 楽天サービス
  • 楽天ポイント加盟店
  • お買いものパンダグッズ交換
  • クレジット代金
旅行保険 海外旅行2000万円
ショッピング保険 年間30万円まで
家族カード 無料
ETCカード 年会費550円
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのおすすめポイント

イオンカードセレクトは年会費無料でポイント還元率が0.50%~1.33%と高水準のカードです。

 イオングループ対象店舗を利用すると還元率がいつでも2倍、また毎月の20日30日のお客様感謝デーで指定の店舗で利用すると、買い物代金が5%OFFになります。

また、各種公共料金をイオンカードセレクトを利用してお支払いすると1件につき毎月5WAONポイント。イオン銀行を急所振込口座に指定すると毎月10WAONポイントが貯まります。

イオンカードセレクトは銀行キャッシュカード、クレジットカード、電子マネーこれらの機能が1つになったカードなので、イオングループ対象店を利用する頻度が多い方はとってもお得です。

イオンカードセレクトの基本情報

年会費 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム WAONPOINT
付帯保険 海外旅行保険
追加カード ETCカード、家族カード
電子マネー・スマホ決済 WAON、iD、Apple Pay
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申込条件 18歳以上

参照:公式サイト

ネットショッピングが多い主婦におすすめのクレジットカード3選

JCBカード W plus L

JCBカード W plus L

JCBカード W plus Lの特徴

JCBカード W plus Lは年会費無料で39歳の女性限定・WEB入会限定のクレジットカードです。JCBの中でも高還元率が高くポイントが貯まりやすいです。

 女性特有の病気である乳がん、子宮がん、子宮筋腫、妊娠の合併症で入院や手術した場合に補償してくれる保険が充実しています。

また、女性の“キレイ”をサポートする「LINDAリーグ」が毎月10日・30日に行われ、会員限定の優待や割引情報、商品の抽選キャンペーンを実施しています。

女性向けの特典や保険が充実しているので、18歳〜39歳の女性に最適なカードです。

JCBカード W plus L×ネットショッピングのメリット

JCBが運営するネットショップ「OkiDokiランド」で、JCBカード W plus Lを利用すれば、「OkiDokiポイント」が通常の2倍のポイントが貯まります。

 また、「JCB プレモカード OkiOkiチャージ」を利用すれば「1ポイント」=「5円」に換算できるため、利用額に対して1%を還元することができます。

その他にも、ポイントアップキャンペーンの優待店利用で、最大20倍ものポイントが貯まるケースもあるので、ネットショッピングを積極的に利用することをおすすめします。

ライフカード

ライフカード-Master青

ライフカードの特徴

ライフカードは年会費無料でポイント還元率が0.30%~0.60%と高水準なクレジットカードです。

 年間利用金額に応じてボーナスがあり、50万円以上で1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上で2倍と利用すればするほど還元率が高まります。

また、利用額1,000円ごとに1ポイントが貰えて誕生月に利用するとポイント3倍、ポイント有効期限は最大5年間と比較的に長いです。

貯まったポイントはマイルや電子マネー、ギフトカードやその他商品に交換することが可能です。

ライフカード×ネットショッピングのメリット

ライフカードは「L-Mall(エルモール)」という会員だけが利用できるネットショッピングがあり、ここを経由してお買い物をするとポイント還元率が高いです。

 「L-Mall」には、楽天市場、Yahoo!ショッピング、DHCオンラインショッピング、Qoo10、ふるさと納税サイトなどの有名通販サイトを利用できます。

通常利用時のショッピングでは利用額1,000円に応じて1ポイント貰えますが、「L-Mall」を経由すると最大で25倍ものポイントが貰えます。

誰もが知っている人気ネットショップ500店舗が掲載されているので、積極的に利用すれば普段の生活からポイントが貯まるのでおすすめです。

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードは年会費無料で利用金額100円ごとに1ポイント貯まるため、ポイントが貯まりやすく国民的人気のクレジットカードです。

 2020年6月には日本全国で2,000万人を超える会員数を獲得し、今や6人に1人が持っています。物凄くメジャーで日本で1番人気のカードです。

実際にJCSIという顧客満足度調査では、クレジットカード部門で楽天カードは13年連続No.1を獲得されており、クレジットカードの金字塔と言っても過言ではありません。

楽天カードは老若男女幅広い世代人気なので、持っていない方は作っておくことをおすすめします。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

楽天カード×ネットショッピングのメリット

楽天カードで楽天市場でショッピングするとポイントが最大3倍貯まるので、楽天市場を利用される回数が多い方はポイントが貯まりやすいです。

 特に楽天市場での利用の場合はさらに2ポイント貯まり、「1ポイント」=「1円」で利用できるため、ポイント還元率が3.5倍以上と非常に高いです。

この楽天ポイントは、楽天銀行の引き落とし、楽天証券の投信積立の決済、楽天トラベルでの旅行代金のお支払い、楽天モバイルの携帯料金のお支払いでもポイントが貯まります。

楽天経済圏を上手に活用すれば、ザクザクと効率的にポイントが貯まるので、「楽天ポイントを貯めて少しでもお得にサービスを利用したい」という方にピッタリです。

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

コンビニ・スーパー利用が多い主婦におすすめのクレジットカード4選

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)の特徴

三井住友カード(NL)は年会費永年無料で印字がないクレジットカードなので、セキュリティ対策万全で安心して利用できます。

 セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドにおいて、タッチ決済を利用するとVポイントが最大10倍の5%還元になるなどポイントが貯まりやすいです。

また、Visaのタッチ決済、Mastercard®コンタクトレスを使用してお支払いをすると、ポイントが+2.5倍と還元されるのでおすすめです。

対象のお店から好きなお店を3つ選んで登録すると、ポイントが+0.5%還元されます。

三井住友カード(NL)×ネットショッピングのメリット

三井住友カードが運営するショッピングモール「ポイントUPモール」経由でお買い物をすると、ポイントが最大20倍になります。

普段からネットショッピングを利用すれば効率よくポイントが貯まるので、日常的にポイントUPモールを利用することをおすすめします。

また、貯めたポイントは店頭での買い物やネットショッピングの支払いに利用したり、つみたて投資や他社ポイントなどへ移行できたりします。

特にネットショッピングを頻繁に利用される方は、クレジットカード払いにすることによって、無駄な手数料の支払いを減らすことが可能なのでおすすめです。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

エポスカード

エポスカード

エポスカードの特徴

エポスカードは、タッチ決済機能付きで年会費無料のクレジットカードです。ナンバーレス仕様でカード番号が記載されていないためセキュリティ対策万全です。

 特徴は提携店舗でのお買い物で「利用額200円」=「1ポイント」貯まるエポスポイントが、会員サイト「エポスクプラザ」経由でポイントが最大6倍貯まります。

また、ポイントアップの優待店は居酒屋、カフェ、カラオケ、スパなど全国に約10,000店舗あり、年4回あるマルイのセールでは10%の割引が効きます。

エポスカードは即日発行できるので、急にクレジットカードが必要になっても安心して利用できます。

エポスカード×ネットショッピングのメリット

エポスカードの会員限定サイトである「EPOSポイントアップサイト」を経由し、ネットショッピングをするとポイントがアップするのでおすすめです。

 楽天市場の一部ショップを利用すると通常2倍のポイントが最大30倍になったり、貯まったポイントをマイルや商品券、各種ポイントに交換可能です。

また、貯まったポイントを「エポスVisaプリペイドカード」に移行すれば、全世界3800万ヶ所のVisa加盟店でショッピングを利用できます。

さらにエポスカードは楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーにチャージすることでポイントが貯まります。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトは「イオン銀行キャッシュカード機能」「クレジット機能」「電子マネーWAON機能」これら3つの機能を搭載した便利なカードです。

 年会費無料で利用でき、お買い物特典だけではなく銀行金利も最大年0.10%になるお得なカードなので、イオンユーザーに大人気です。

また、イオングループ対象店舗で利用すると、通常利用額200円ごとに1ポイント付与されるWAON POINTが、いつでも2倍ポイントが貯まるのでお得なカードです。

クレジット機能、電子マネー機能、キャッシュカード機能全て兼ね備えているので便利なカードです。

イオンカードセレクト×ネットショッピングのメリット

イオンカード公式ポイントサイトである「イオンカードポイントモール」を経由するだけで、WAON POINTがザクザク貯まるところがメリットです。

 通常は利用額200円(税込)ごとに1円相当分のポイントが貯まりますが、ネットショッピングなら還元率が高く、ポイントダブル取得に加えWAON POINTがどんどん貯まります。

例えば、還元率1%になる家電系サイトで加湿器を10,000円(税込)で購入した場合、イオンカードポイントモールを経由すると100円相当分のポイントが貯まるのでお得です。

セブンカード・プラス

セブンカードプラス

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラスは年会費無料のクレジットカードです。セブン&アイグループでのショピングではnanacoポイントがザクザク貯まります。

 例えば、セブン&アイグループの提携店である、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、ヨークマートなど、利用額200円ごとに2ポイントが付与されます。

その他にも、クレジットカードから電子マネーnanacoへチャージすることでポイントが貯まったり、毎月8が付く日は5%割引になったりとお得に利用できます。

また、ポイントの二重取りも可能です。カードからnanacoへ残高をチャージすると0.5%、nanacoでの支払いで0.5%、合計1.0%のポイントを得ることも可能です。

セブンカード・プラス×ネットショッピングのメリット

セブン&アイグループが運営するネットショッピングサイト「オムニ7」を利用することで、ポイント還元率が1.5%にアップするのがメリットです。

 オムニ7は注文額が200円ごとに1ポイント(0.5%)、支払いと受け取りをセブン-イレブンに指定し、セブンカード・プラスで支払うと200円ごとに2ポイント(1.0%)、合計1.5%のポイントを獲得できます。

オムニ7は衣食住の商品や季節ごとのイベントまで様々なシーンで利用できるので、ポイントを沢山貯めて少しでも節約したいという方におすすめのカードです。

主婦もクレジットカードの審査に通るためには?

主婦はクレジットカードの審査に通らない?審査の甘いクレジットカードについて解説

主婦の方でクレジットカードを持ちたいと考えている場合でも、審査に通るか不安な方や審査に通りやすいクレジットカードを探している方も多いでしょう。

まずは、クレジットカードの申込・審査について、主婦の方向けに解説していきます。

主婦でもクレジットカードの申込は可能

まず、主婦だからといってクレジットカードが発行できないというわけではなく、専業主婦・兼業主婦にかかわらず、クレジットカードの申込は可能です。

 ただし、一部のカードには申込条件に収入や職業を定めている場合もあるため、必ずしもすべてのカードが申込可能は限りません。

したがって、仕事をしていない場合や収入が全くない場合でも申し込みができるカードがありますので諦めずに探してみましょう。

審査の甘いクレジットカードは基本的にはない

審査の甘いクレジットカードは基本的にはない

主婦でも審査に通りやすいクレジットカードを探している方も多いと思いますが、基本的には審査に甘いクレジットカードというものはありません。

 そもそもクレジットカードの審査基準については、明確に公表されていないため、どうすれば審査に通るかという方法を調べることもできなくなっています。

ただし、主婦の方で審査に通る選択肢があるのはクレジットカードの中でも一般カードに分類されているカードです。

一般カードはクレジットカードのランクの中でももっとも低いですが、基本的な機能がついているカードになっています。

もし、主婦の方で審査に通るカードを探している場合には、一般カードの中から探してみるのが良いでしょう。

家族カードの場合は審査なしで発行可能

家族カードの場合は審査なしで発行可能

クレジットカードの審査を行わずにカードを発行したい場合には家族カードの申し込みがおすすめです。

家族カードは本会員の家族が発行可能なカードで限度額を本会員と共有し利用することができるカードになります。

すでに本会員のカードを持っているという場合、家族カードは審査不要で発行することができるため、審査が不安という方でも安心して申し込みができます。

 家族カードの場合には、本会員の口座から利用代金が引き落としされますが、本会員のカードとほぼ同じ機能が利用できるため主婦でも使いやすいです。

主婦の場合には配偶者の収入なども審査対象となる

主婦の場合には配偶者の収入なども審査対象となる

主婦の場合には、配偶者などの同居していて生計を1つにしている方の収入も審査項目となります。

 配偶者の収入は主婦の方と共有する財産とみなすことができるため、返済時には配偶者の給料などから支払われる場合もあります。

したがって、本人が仕事をしておらず、十分な返済能力を持っていなかったとしても、配偶者の収入で返済能力をカバーすることが可能です。

クレジットカードの申込の際には、自分の情報だけでなく、配偶者の年収や職業、勤務先などの情報を記入する必要があるため把握しておきましょう。

アルバイト・パートの収入も考慮される

主婦の方でアルバイトやパートなどの収入がある人も多いと思いますが、収入の大小にかかわらず、審査時に考慮されるため忘れずに記載することが重要です。

 もちろん、収入があるということは全くないことに比べてプラスの情報であるため、アルバイト・パートで少ししか稼いでいない場合でも問題ありません。

また、最近では副業や在宅ワークなど、個人で稼いでいるという主婦の方も多いと思いますが、在宅副業による収入も年収として見なされるため審査の際には忘れずに伝えるようにしましょう。

主婦向けにおすすめなクレジットカードの選び方

主婦向けにおすすめなクレジットカードの選び方

主婦向けにおすすめなクレジットカードの選び方としては、次の4つが挙げられます。

主婦向けにおすすめなクレジットカードの選び方
  • 家族カードを利用できる場合は家族カードを検討する

  • 年会費無料のクレジットカードを選ぶ

  • ショッピングのポイント還元率が高いカードを選ぶ

  • 電子マネーやQRコード決済に対応しているカードを選ぶ

それぞれの選び方の特徴について、詳しく確認していきましょう。

家族カードを利用できる場合は家族カードを検討する

配偶者の方など他の家族でクレジットカードを持っている場合には、家族カードを発行することを検討してみましょう。

家族カードであれば、審査不要で発行することができます。
また、本会員と同じ機能を利用することができるため、カードのスペックもかなり高くなるでしょう。家族カード以外のカードを使いたいというこだわりがなければ手続きも簡単なため、おすすめです。
 ただし、本会員の年会費が無料でも、家族カードの場合に年会費がかかるものもあります。

なるべくコストを抑えたい場合には注意が必要です。

年会費無料のクレジットカードを選ぶ

年会費無料のクレジットカードを選ぶ

主婦の方が新たにクレジットカードを持つ場合には年会費をできる限り抑えることが望ましいです。

普段のショッピングで利用することが主であるため、お得に利用するためには無駄なコストを削るということが重要になります。

 どれだけお得なキャンペーンやポイントが魅力のクレジットカードでも年会費がかかってしまうと還元された分がマイナスになってしまうためおすすめできません。

また、そもそも年会費がかかるカードはステータス性や機能が充実しているカードが多く、審査の難易度が高い傾向にあるため主婦の方が通りにくい傾向にあります。

年会費が無料のカードでも様々なカードがあるため、普段使う分には申し分ない機能となっています。

まずは、年会費無料のカードから比較検討してみましょう。

ショッピングのポイント還元率が高いカードを選ぶ

ショッピングのポイント還元率が高いカードを選ぶ

主婦の方がクレジットカードを持つ理由としてあげられるのが、普段のショッピングでクレジットカードを使ってお得にお買い物をしたいからということでしょう。

クレジットカードは使い道に合わせてお得なカードが異なるため、主婦の方の場合には、通常のショッピングでの還元率が高いカードを選ぶことが望ましいです。

 例えば、ポイント還元率が1%のクレジットカードで年間50万円ほどお買い物をすることで5,000円分のポイントが還元されます。

ポイント還元率が高いカードを使えば使うほどお得になっていく仕組みのため、ポイント還元率の高さで選ぶことが良いでしょう。

ただし、ポイント還元率だけでなく、特定の店舗などでボーナスポイントがもらえるカードもあります。

自分のお買い物の傾向によっては特定のお店でボーナスが受けられるカードの方がお得にポイントが貯まることもあるため、どのようなショッピングが多いかを考えながら自分に合ったクレジットカードを選びましょう。

電子マネーやQRコード決済に対応しているカードを選ぶ

電子マネーやQRコード決済に対応しているカードを選ぶ

主婦の方の中で普段のお買い物で電子マネーやQR決済をたくさん利用しているという方は多いと思います。

 クレジットカードの中には電子マネーやQR決済に対応しているものもあり、電子マネーの決済や残高のチャージの際にカードから自動で引き落としてしてくれる便利なものあります。

電子マネーのチャージや決済時にもポイントが還元されるため、電子マネーを使って支払いすることが多い人ほどクレジットカードとの連携がお得です。

 ただし、すべての電子マネー・QR決済に対応しているクレジットカードはないため、自分がよく利用する電子マネーに対応しているものを選ぶとよいでしょう。

また、普段電子マネーをあまり使っていなかったという方でも今後、キャッシュレス決済がより浸透して電子マネーが便利になることもあるため、対応する電子マネーが多いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

主婦はクレジットカードの職業・年収欄に何を記載すればいい?

主婦はクレジットカードの職業・年収欄に何を記載すればいい?

主婦の方で、クレジットカードに申し込みを行う際の細かい記入方法がわからないという方も多いでしょう。

特に、職業や年収の書き方をどのように記載するかについては悩むポイントです。

ここからは、主婦の方向けにクレジットカードの申込書の職業欄や年収欄の書き方について解説していきます。

職業欄は主婦or雇用形態を記入する

まず主婦の方のクレジットカードの職業欄の書き方についてですが、働いているかどうかで異なります

 もし、働いておらず専業主婦である場合には「主婦」と記入しても問題ありません。主婦=無職ではありますが、配偶者の収入で生計を立てているという意味も込めて主婦と記載することが望ましいです。

また、主婦の場合でもアルバイト・パートなどで働いている場合には「パート」もしくは「アルバイト」と記入しましょう。

また、在宅ワークなどの個人で生計を立てている場合には、開業届を出して毎年確定申告をしている場合には「個人事業主・自営業」、パート・アルバイトの片手間にやっている場合には「パート・アルバイト」のどちらかになります。

基本的に収入がある場合にはその収入源となる職業について記載すると覚えておきましょう。

年収はパート収入・副業などの合計を記入

年収はパート収入の合計を記入

次に主婦の方の年収の書き方についてですが、給料や収入として稼いでいる金額すべてをカウントして記入します。

 例えば、パートで働いている場合には1年間のパート収入の合計を記載しますが、掛け持ちなどで2つの先から給料をもらっている場合には2つとも合計した金額を記載します。

副業や在宅ワークなどの場合には、売上から経費を引いたものを収入としてカウントし、1年間の金額を合計したものが年収です。

また、副業やフリーランスの収入については、毎年2月16日〜3月15日に提出する確定申告書に記載する「所得」欄が年収になります。

もし、確定申告を行なっている方であれば確定申告書の所得欄を参考にするとわかりやすいでしょう。

また、人によってはパートで働きながら、片手間でフリーランスとして働いている人もいると思いますが、パート収入の合計と、副業の所得を合計した金額を年収とします

勤務先名は実際に働いている店舗名も記入する

勤務先名は実際に働いている店舗名も記入する

クレジットカードには、職業・年収の他にも勤務先名を記入する欄があると思いますが、会社名だけでなく店舗名・支店名など細かく記載することが望ましいです。

 クレジットカードの審査では電話番号や勤務先の確認で連絡する可能性があるため、正しい勤務先の情報を記載しなければ確認を取ることができません。

例えば、アルバイトで働いている場合には会社名を記載すると思いますが、自分の支店・店舗の連絡先を記入しないと連絡を取ることができず、審査に支障をきたします

したがって、勤務先名についてはどこで働いているかがわかるように細かく記載するようにしましょう。

派遣社員の場合の勤務先は派遣元を記載する

アジアの女性, カウンター, コンピューティングの無料の写真素材

主婦の方で派遣社員を兼務している場合、派遣先の会社と派遣元の会社どちらを記載すればいいかわからないという方も多いでしょう。

結論としては、派遣社員の場合の勤務先は派遣元の会社名を記入します。派遣社員の場合には派遣元と雇用契約を結び、給料も派遣元から支払われています

派遣先の会社はあくまでも派遣元の会社と契約を結んでいるだけであって、本人と派遣先に雇用上の関係はないため、間違って記載しないようにしましょう。

扶養者の年収・職業も記入する

扶養者の年収・職業も記入する主婦の方のクレジットカードの審査では配偶者の年収などの情報が重要な項目になります。したがって、自分の職業・年収だけでなく、配偶者の年収・職業についてもしっかりと記載することが重要です。

 特に、収入が少なく、会社員などに比べて返済能力が劣ってしまう主婦の場合には、配偶者によって返済能力をカバーする必要があるため、配偶者の情報が審査に与える影響はとても大きいです。

間違った情報を書かないためにも事前に本人から年収や職業、勤務先については詳しく教えてもらう必要があるでしょう。

主婦がクレジットカードに申し込む際の注意点

主婦がクレジットカードに申し込む際の注意点

主婦がクレジットカードに申し込む際には次の点に注意する必要があります。

ポイント
  • 専業主婦の場合、キャッシング枠はつけない

  • 利用限度額はなるべく低めに設定しておく

それぞれの注意点について、詳しく確認していきます。

専業主婦の場合、キャッシング枠はつけない

専業主婦で収入がない場合にはクレジットカードのキャッシング枠をなるべくつけないことが望ましいです。

 キャッシング枠はクレジットカードのショッピング枠とは別で審査が行われます。ショッピング枠はクレジット払いに関する審査が行われますが、キャッシング枠では現金の借入に関する審査を行います。

お金を借りるというキャッシングに関しては、全く収入が無いという場合には審査に通りません

貸金業法という法律で、借入できる金額は年収の1/3までと決められているため、そもそも収入が0円の場合には借入の限度枠を設定することが不可能です。

基本的には主婦の方でキャッシングを利用する機会はあまり無いと思われるため、審査に落ちないためにも設定しないようにしましょう。

また、パートやアルバイトで収入があるという方でもキャッシングの審査が影響してクレジットカードに落ちてしまうと元も子もないので、絶対に必要な場合を除きつけないようにすると良いです。

利用限度額はなるべく低めに設定しておく

利用限度額はなるべく低めに設定しておく

主婦の方の場合には、利用限度額をなるべく低めに設定しておくことで、審査に通る可能性が高くなります。

クレジットカードの審査では、利用限度額が高いほど、審査の難易度が高くなってしまうため、必要最低限の利用限度額にしておくことが重要です。

特に、主婦の場合には普段のショッピング以外に使うこともないため、利用限度額が高くなくても問題ありません。

クレジットカードを発行できないと1円の限度額も無くなってしまうため、申込の際には利用限度額に注意しましょう。

 もし、最低限の利用限度額では足りないという場合には、家族カードなどを利用することで本会員の限度額を利用することも可能です。

主婦が持つクレジットカードについてよくある質問

主婦におすすめのクレジットカードは?
JCBカードW Plus Lがおすすめです。JCBカードWの機能に女性向けの特典が付帯された女性向けのクレジットカードです。
ETCカードやQUICPayも無料で利用できます。
年会費は永年無料なので、家計の節約のためにカードを持ちたい方におすすめです。
申し込みはインターネット限定で、18歳から39歳までの方が入会できます。
女性が嬉しいコスメ・ファッション・エンタメなどの特典が受けられます。
主婦もクレジットカードの審査に通るためには?
まず、主婦だからといってクレジットカードが発行できないというわけではありません。
専業主婦・兼業主婦にかかわらず、クレジットカードの申込は可能です。
ただし、一部のカードには申込条件に収入や職業を定めている場合もあります。
仕事をしていない場合や収入が全くない場合でも申し込みができるカードを探してみましょう。
基本的には審査に甘いクレジットカードというものはありません。
ただし、主婦の方で審査に通る選択肢があるのは一般カードに分類されているものです。
一般カードはクレジットカードのランクの中でももっとも低いことが挙げられます。
主婦向けにおすすめなクレジットカードの選び方は?
家族カードであれば、審査不要で発行することができます。
また、本会員と同じ機能を利用することができるため、カードのスペックもかなり高くなるでしょう。
家族カード以外のカードを使いたいというこだわりがなければ手続きも簡単なため、おすすめです。
ただし、本会員の年会費が無料でも、家族カードの場合に年会費がかかるものもあります。
なるべくコストを抑えたい場合には注意が必要です。
主婦はクレジットカードの職業・年収欄に何を記載すればいい?
主婦の方のクレジットカードの職業欄の書き方は、働いているかどうかで異なります。
もし、働いておらず専業主婦である場合には「主婦」と記入しても問題ありません。
アルバイト・パートなどで働いている場合には「パート」もしくは「アルバイト」と記入しましょう。
年収は、給料や収入として稼いでいる金額すべてをカウントして記入します。
主婦がクレジットカードに申し込む際の注意点は?
収入がない場合にはクレジットカードのキャッシング枠をなるべくつけないことが望ましいです。
キャッシング枠はクレジットカードのショッピング枠とは別で審査が行われます。
お金を借りるというキャッシングに関しては、全く収入が無いという場合には審査に通りません。
その他、利用限度額をなるべく低めに設定しておくことで、審査に通る可能性が高くなります。
クレジットカードの審査では、利用限度額が高いほど、審査の難易度が高くなってしまいます。
そのため、必要最低限の利用限度額にしておくことが重要です。
専業主婦がクレジットカードを持つメリットは?
専業主婦がクレジットカードを持てば、買い物の度に多額の現金を持ち歩く必要がありません。
さらに家計の管理をまとめられる、ポイントが貯まるため節約につながるといったメリットがあります。
日用品などの買い物の際もスマートに支払いを済ませることができるでしょう。
年収のない主婦がクレジットカードを作るためには??
主婦の方のクレジットカードの審査では配偶者の年収などの情報が重要な項目になります。
したがって、自分の職業・年収だけでなく、配偶者の年収・職業についてもしっかりと記載することが重要です。
収入がなく、返済能力が劣ってしまう場合には、配偶者によって返済能力をカバーする必要があります。
配偶者の情報が審査に与える影響はとても大きいです。
間違いのないよう、事前に本人から年収や職業、勤務先については詳しく教えてもらいましょう。

まとめ

今回は、主婦の方のクレジットカードの審査やおすすめなカードの選び方・注意点について解説しました。

主婦の方は普段働いている人に比べると収入が少なくクレジットカードの審査に通りにくいといわれていますが、申し込み可能なカードはたくさんあります。

「主婦だから審査に通らない」と諦めずに申し込みをしてみることで、クレジットカードを発行できる場合があるのでまずは申し込みを行いましょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事