仮想通貨ソラナ(Solana)とは?価格推移や将来性まで徹底解説

仮想通貨ソラナ(Solana)とは?価格推移や将来性まで徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

スマートコントラクト機能を有し、分散型アプリケーション(DApps)の開発に利用できるイーサリアム。取引スピードの速さや手数料の安さもあり、長年多くの人から支持を集めてきました。

ただ、最近は利用者の増加によって取引遅延などのスケーラビリティ問題が発生しています。このスケーラビリティ問題にも対処できるよう開発されたのが、仮想通貨「ソラナ(Solana)」です。

ソラナは、イーサリアム同様の機能を有しながらスケーラビリティ対策まで施されている優秀なコインといわれています。

しかし「今後価値が下がるのではないか」と不安な人もいるかも多いのではないでしょうか?そこで今回は、仮想通貨ソラナの特徴から将来性まで徹底解説します。

過去のチャート・価格推移も併せて紹介していますので、気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨ソラナ(Solana)とは?

仮想通貨ソラナ

仮想通貨ソラナは2020年3月に公開されたブロックチェーンで、SOLという名称で流通しています。

イーサリアム同様にスマートコントラクトを実装し、分散型アプリケーションの開発プラットフォームとして活用できるように作られました。

 スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に契約手続きなどを進められる仕組みを指します。

通常第三者機関を挟んでの取引となるため、契約の締結までには一定の時間が必要です。しかし、スマートコントラクトなら第三者を挟まないため取引スピードが速いうえに手数料も安く抑えられます。

さらに、ソラナではプルーフ・オブ・ストーリー(PoW)という独自のアルゴリズムを採用しています。

これにより、より高速かつ低コストでの取引を実現しているのです

そのため、ソラナは公開からわずか1年半で価値が100倍以上に跳ね上がるなど多くの人からの期待を集めています。

現在イーサリアムとソラナの価値の差は10万ドル以上と大きな差がありますが、将来イーサリアムを超えるのではないかという声も上がっています。

基本情報

公開日 2020年3月
通貨の名称 Solana(ソラナ)
シンボル SOL
時価総額(税込) 1,820,278,303,893円
価格(税込) 5,265円

※2022年7月時点

仮想通貨ソラナ(Solana)の特徴

ソラナはイーサリアム同様に分散型アプリケーションの開発に利用できるうえ、独自のアルゴリズム採用にてより魅力的な通貨となっています。

しかし、具体的にどのような特徴を持つ仮想通貨なのかわからない人もいるでしょう。仮想通貨ソラナには、以下5つの特徴が挙げられます。

ソラナの特徴
  • 取引データの処理速度が速い
  • 取引手数料が安い
  • メインのブロックチェーンのみで処理が完結する
  • ステーキングできる
  • 数千ものプロジェクトが連携している

取引データの処理速度が速い

仮想通貨ソラナについて調べる男性

ソラナはプルーフ・オブ・ヒストリー(PoW)という独自のアルゴリズムの採用により、取引データの処理速度が速いという特徴があります。

 プルーフ・オブ・ヒストリー(PoW)とは、コンピュータ間のコミュニケーション不要でデータの正しさを検証できるものです。

一般的なブロックチェーンでは、コンピュータ同士がデータの正しさを検証するプルーフ・オブ・ワーク(PoW)が採用されています。このPoWによる確認作業は、コンピュータ同士の性能に左右されます。

そのうえ、確認作業を行うコンピュータが増えることで処理速度が遅くなるというデメリットがあるのです。

しかし、ソラナではコンピュータ間のコミュニケーションが不要になるため処理速度が速くなります。

ソラナの処理スピードは、1秒間あたり約5万件です。ビットコインは1秒間に5件程度、イーサリアムは1秒間に15件とされているので、ソラナの処理速度はかなり速いことがわかります。

取引手数料が安い

仮想通貨ソラナの手数料

ソラナの取引手数料は、1回あたり0.00025ドル程度※1です。ビットコインやイーサリアムは、0.2ドル程度※2から取引可能となっています。そのため、ソラナの方が取引にかかる手数料が割安です

 取引手数料が安ければ安いほど、自己資金の減りを抑えた取引が可能です。

イーサリアムを超えるのではないかといわれている通貨でありながら、0.00025ドルという安さで取引できる点は大きな魅力といえるでしょう。

メインのブロックチェーンのみで処理が完結する

タブレットで仮想通貨ソラナを調べる人

ビットコインやイーサリアムといったこれまでの仮想通貨では、取引時間の遅延や取引手数料の増加を抑えるために取引の一部をメインとは別のブロックチェーン上で行っていました。

ただ、ソラナは取引時間の短縮や手数料削減のために独自のアルゴリズム「PoH」を採用しています。

そのため、ソラナではメインのブロックチェーン上のみで処理が完結できるようになっているのです。

ステーキングできる

ステーキングとは、仮想通貨を一定期間保有することで報酬が獲得できる仕組みです。売買しなくても着実に資産が増えていくので、短期的に売買する予定のない人にとっては魅力的といえます。

 ただし、ソラナ自体の価値が下がれば保有枚数が増えても資産は減ることになります。

ステーキングは、通貨の将来性も考慮して検討することが大切です。

数千ものプロジェクトが連携している

握手の画像

ソラナは、高速かつ低コストな取引が可能な仮想通貨です。DeFi・NFT・Web3など数千ものプロジェクトが連携しており、多くの人から厚い期待が寄せられています。

プロジェクトの一例 内容
ホグリンピック(HOGS) eスポーツとソラナブロックチェーン技術・NFt・DeFiを組み込んで作られたオリンピックサッカーゲーム
ステップN 炭素排出量削減を目指す世界初のNFTゲーム
メタヴェルサナ 仮想世界でビジネス・再生・稼ぐ能力を提供する仮想プラットフォーム
幽霊 ソラナとイーサリアムのために考えられたデジタルウォレット
BR1メタバース ソラナのブロックチェーン上に作られたシューティングゲーム

上記を見てわかる通り、ソラナのブロックチェーン上にはアプリやゲームなどさまざまなものが構築されています。多くの人に信頼されているため安心して取引できるといえるでしょう。

仮想通貨ソラナ(Solana)のチャート・価格推移

仮想通貨ソラナのチャート

仮想通貨ソラナは、魅力的な機能を兼ね備えているコインです。多くの人から期待を寄せられており、いずれイーサリアムの価値も超えるといわれているため取引したいと思う人もいるでしょう。

ただ、ソラナのチャートはどのような経過をたどっているのか気になりますよね。ここからは、ソラナの価格推移について詳しく解説していきます。

仮想通貨ソラナは公開当初、80円~数百円台を維持する※1大きな変化のないアルトコインでした。

しかし、2021年2月に1,100円台を突破※1。その後、価格は上がり調子で7月には3,000円を超えました※1。さらに2021年8月には5,000円を突破、9月には1万5千円台にも到達しています※1

 一時期は、3万円近くまで上がったこともあるようです※1

ただ、その後は下落が続き2022年7月現在は5,000円台に留まっています※1。いずれ超えられるといわれている「イーサリアム」の現在の価格は16万円台※2です。

両者を比較すると10万円以上もの差がついているため、現時点でのイーサリアム超えは難しいといえるでしょう。

仮想通貨ソラナ(Solana)は今後どうなる?将来性を徹底予想

仮想通貨ソラナの将来性をパソコンで調べる人

たくさんの人から注目を集めている仮想通貨ソラナ。取引を始めたいところですが、今後どのような展開を迎えるのか気になりますよね。ここからは、ソラナの将来性について徹底予想していきます。

イーサリアムの価値を上回る可能性がある

ソラナは、イーサリアム同様にスマートコントラクト機能を持ち分散型アプリケーションの開発に活用できるブロックチェーンです。

「PoH」という独自のアルゴリズムにより取引手数料や処理速度の削減を図り、イーサリアムにあるスケーラビリティ問題の防止に努めています。

 スケーラビリティ問題とは、利用者の増加による処理速度の低下のことです。

ソラナではPoHという独自のアルゴリズムを採用しているため、イーサリアムよりスムーズな取引を可能としています。そのため「今後イーサリアムの価値を超えるのではないか」とされているのです。

ソラナのプラットフォームを活用するプロジェクトの増加が見込まれる

握手

ソラナのブロックチェーン上には、すでに数千を超えるプロジェクトが連携しています。そのため、現在でも多くの人から信頼を獲得できている通貨だとわかります。

しかし、イーサリアムやビットコインに比べると知名度はまだ低いです。

ただ、ソラナのブロックチェーン上にて多くのプロジェクトが成功すれば、知名度は拡大していくことが容易に想定できます

 そのため、将来は現在よりも多くのプロジェクトの参入が考えられます。

そのため、今後ソラナの資産価値は徐々に高まっていくといえるでしょう。

仮想通貨ソラナ(Solana)を購入する方法

仮想通貨ソラナをネットで購入する人

ソラナは、機能面が優れており将来性も期待できる仮想通貨です。そのため「ソラナを購入したい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、ソラナはどのようにすれば手に入れられるのかわからない人もいるでしょう。ここからは、ソラナの購入方法について詳しく解説します。

ソラナは、日本の仮想通貨取引所FTX Japanまたは、海外の仮想通貨取引所にて購入可能です。

FTX Japanでソラナを購入

仮想通貨ソラナの取引画面

FTX Japanは世界規模の暗号資産(仮想通貨)取引所FTX Trading Ltd.が展開する、日本の顧客に向けたサービスです。以前は「Liquid」という名前で運営されていましたが、名称が変更されました。

 FTX Japanは日本の暗号資産取引所として、金融庁に登録されています。

FTX Japanでは、クイック販売所の利用または現物取引でトレードによってソラナを購入できます。

クイック販売所を利用する場合

クイック販売所にてソラナを購入する手順
  1. FTX Japanの公式サイトからクイック販売所へアクセスする
  2. 受け取りをSOL、支払いを日本円(JPY)に設定する
  3. 「今すぐ購入」をタップ

上記の方法をとれば、日本円にてソラナを購入することができます。日本円だけでなく、イーサリアムやビットコインなどの仮想通貨にてソラナを購入することも可能です。

現物取引にてトレードを行う場合

仮想通貨と紙幣

FTX Japanでは、ソラナを現物取引にて手に入れることもできます。現物取引とは、自己資金の範囲内で仮想通貨を購入する方法です。購入後に資金の価値が下がったとしても借金を背負わずにすみます。

取引できる通貨ペアは、SOL/JPYのみ。注文方法は、成行・指値・トレール・逆指値の4つから選べるようになっています。

成行 値段の指定せずに注文する方法。注文時点で取引所に出ている最安値にて取引が成立
指値 値段を指定して注文する方法
トレール 逆指値注文の一種。相場が有利な方向に動いたときに注文価格がついてくる
逆指値 売買する価格を設定して注文する方法

自身が利用しやすい方法にて、注文を行いましょう。

海外の仮想通貨取引所にて購入する場合

仮想通貨ソラナの取引をする人

現在、ソラナを購入できる国内の取引所は「FTX Japan」のみです。そのため、FTX Japan以外で取引を行いたい場合、海外の仮想通貨取引所を利用するほかありません。

ただ、海外の取引所を利用する場合、国内と違って少々手間がかかります。ここからは、海外の取引所にてソラナを購入する場合の方法を紹介します。

ソラナの購入手順
  1. 国内の仮想通貨取引所にて口座開設をする
  2. 日本円を仮想通貨に換金する
  3. 仮想通貨を海外の取引所に送金する
  4. 仮想通貨を利用してソラナを購入する

上記について、順に詳しく解説します。

1.国内の仮想通貨取引所にて口座開設をする

仮想通貨取引所にて口座開設をする人

まずは、国内の仮想通貨取引所にて口座を開設しましょう。

 海外の仮想通貨取引所は、日本円での直接入金を受け付けていないケースが多く見受けられます。

そのため、まずは国内の取引所にて口座を開設する必要があるのです。

仮想通貨取引所にはさまざまな種類がありますが、選ぶ際は送金時の手数料に着目しましょう。

送金手数料を比較したうえで、できる限り支払いが安い取引所を選ぶことをおすすめします。

2.日本円を仮想通貨に換金する

仮想通貨

口座開設が完了したら、日本円を好みの仮想通貨に換金していきます。換金すべき仮想通貨はとくに決まっていませんが、取引手数料が安い通貨にするとよいです。

3.仮想通貨を海外の取引所へ送金する

続いては、換金した仮想通貨の送金先にあたる海外の取引所での口座開設を行います。

 ソラナの取り扱いがあり、かつ信頼できる仮想通貨取引所にて口座開設を行いましょう。

口座開設が完了したら、国内の取引所にて換金した仮想通貨を海外の取引所へ送金します。

4.仮想通貨を利用してソラナを購入する

ソラナのチャート

海外の取引所へ送金した仮想通貨を利用して、ソラナを購入しましょう。仮想通貨取引所によって、ソラナの購入に利用できる通貨は異なっています。

 自身が送金した仮想通貨とソラナがペアになっているものを選択して購入しましょう。

もしも、自身が換金した仮想通貨ではソラナを購入できない場合には利用可能な通貨への換金が必要です。

ソラナの購入に利用したいおすすめの仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

キャンペーン情報

期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

まとめ

今回は、仮想通貨「ソラナ(Solana)」の特徴や価格推移、将来性まで徹底解説しました。ソラナは、イーサリアムの魅力はそのままにスケーラビリティ問題が起きないよう対策が施されたコインです。

現在は5,000円程度の価格で推移していますが、今後イーサリアムを超えてくるのではないかという声も上がっています。

2020年3月に公開されたばかりで歴史は浅いですが、数千ものプロジェクトと連携しており多くの人から注目を集めています。

今後も知名度の上昇とともに、資産の価値は上がっていく可能性も高いといえるでしょう。将来が期待できるソラナで、仮想通貨による資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事