SOXLとは?今後の将来性や特徴・チャートなど徹底解説!

SOXLとは?今後の将来性や特徴・チャートなど徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「海外ETFの投資を始めたいけど、おすすめはどれ?」「SOXLの今後の将来性が知りたい」このような悩みを持つ方もいるでしょう。

SOXLは値動きは激しいなどの特徴を持っていますが、成功すれば通常の指数の3倍ものリターンが受けられるメリットがあります。今回はそんなSOXLの特徴やチャート、今後の将来性を詳しく解説します。

SOXL取引におすすめのネット証券も厳選して紹介するので、参考にしてくださいね。

SOXLとは?特徴を解説

そもそもSOXLとは一体何のことを言うのか、主な特徴を見ていきましょう。

SOXLの特徴

アメリカの画像

SOXLとは、米国のディレクション・インベストメンツ社が運用しているETFのひとつです。

 正式名称は、「Direxion デイリー 半導体株 ブル 3倍 ETF」と言います。

SOXLの特徴を理解するためには、構成銘柄や年率リターン、配当実績について知っておくことが重要です。

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fund の略です。日本語では、上場投資信託のことを指します。取引所が開いている時間帯は株式同様、リアルタイムで取引ができます。

複数の銘柄(企業)を含んでいるため、1つのETFに投資した場合でも、分散投資の効果を得られる仕組みです。

株価指数と連動して価格が変動する仕組みで、個人投資家でも売買できることが特徴です。

構成銘柄

企業の画像

SOXLは、ICE半導体指数をベンチマークとして運用を行っており、現在は以下のような企業で構成されています。

ティッカー 企業名 組入比率
AVGO ブロードコム 9.34%
QCOM クアルコム 7.87%
NVDA エヌビディア 6.99%
INTC インテル 5.83%
AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ 5.06%
MRVL マーベル・テクノロジー 4.77%
MU マイクロン・テクノロジー 4.31%
TXN テキサス・インスツルメンツ 6.01%
AMAT アプライド・マテリアルズ 4.15%
LRCX ラムリサーチ 4.11%
KLAC KLAコーポレーション 4.09%

出典:2021年12月31日現在のDirexion公式サイト

米国を代表する半導体企業で構成されていることが分かります。上記の中でも、特にNVDA(エヌビディア)は、米国の半導体の大手企業として知られています。

ブロックチェーン上で行われる「マイニング」に必要なGPUの性能が優れているなど、将来性が期待されている企業です。

このような企業で構成されていることから、SOXLの価格は今後も上昇することが見込めるでしょう。

年率リターン

コインの画像

数あるETFの中でも、SOXLは値動きは激しい特徴があります。

 値動きが激しくなる理由としては、株価の変動が大きい半導体株であることと、3倍のレバレッジかかっていることが挙げられます。

世界的なPCとスマホの普及によって、半導体の需要は年々上昇しています。しかし、コロナショックの際には、一気に価格が下落しました。

SOXL投資を行う際には、大きな変動に耐えられるだけの資金の余裕があることが大切です。

配当実績

紙幣の画像

ETFの中にも、一般的な投資信託と同様に分配金がもらえる銘柄もあります。実は、SOXLもそのひとつに含まれています。

投資で得られる利益以外にも、分配金がもらえるならお得だと感じる方もいるでしょう。しかし、SOXLの配当利回りはそれほど高くありません

 0.10%程度と定期預金の利率よりも少し高いくらいであるため、配当金にはあまり期待しない方が良いと言えるでしょう。

先ほどお伝えした通り、SOXLは値動きが激しいことが特徴のETFです。そのため、配当金目的で保有する、という投資方法にはおすすめできません。

長期間保有するよりも、値上がりのタイミングを見て短期間で売買する取引スタイルに向いていると言えるでしょう。

賢く運用できれば、大きな利益も期待できるでしょう。

SOXLのチャートや株価の推移は?

SOXL投資を検討中の方は、チャートや株価の推移を参考にして、取引のタイミングを見極めることがおすすめです。

長引く半導体の供給不足

半導体の画像

2020年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で、ステイホームや在宅ワークを行う方が増加しました。そこでPCやタブレットなどの需要が増加した結果、半導体は世界的に供給不足になり、価格が大きく値上がりしました。

 さらに2021年には、米国のテキサス州で発生した大寒波や福島県沖地震などが原因で、半導体工場が相次ぎで操業停止になってしまったのです。

そのため、半導体の供給不足の状況は悪化しており、今後しばらくは供給不足が続くと予想されています。

このような供給不足が解消されるまでの間は、SOXLの価格は下がり続けることはないと言われています。

新型コロナからの景気回復

チャートの画像

そもそも半導体業界は、景気に大きく影響を受ける傾向があります。2020年は新型コロナウィルスの拡大によって、世界中で経済がマイナス成長でした。

しかし、SOXLの価格も下落したものの、需要が高まったことで、そこまでの下落は見られませんでした

 2022年現在は米国も徐々に景気回復を見せており、今後の世界経済をリードしてくれることが期待できるでしょう。

米国以外でも、ワクチン接種が進んでいる欧米諸国などでは徐々に規制が解除されつつあります。

今後世界的に景気が回復すれば半導体の需要はさらに高まり、SOXLの価格も高騰することが予想できます。

技術革新による半導体の需要増

iphoneの画像

最近では世界中でスマホが普及しており、日本でも1人につき1台スマホを持っていることが一般的になっています。さらに家電製品でも半導体を用いた商品が登場しており、半導体は身近な存在になりました。

 今後も自動車の自動運転やキャッシュレス決済、AIの普及など、あらゆる分野で半導体の需要が増加していくでしょう。

このような世界の流れから、SOXLはこの先もしばらくは価格は上昇し続けることが期待できます。

SOXLの今後の将来性は?

SOXLの今後の将来性があるのかを詳しく見ておきましょう。

半導体分野の拡大

半導体の画像

SOXLは、半導体分野の銘柄で構成されているETFです。そのため、今後の半導体業界の動向をしっかりと注目しておく必要があります。現在半導体は世界的に不足しているため、今後しばらく半導体の需要は続くことが予想されています。

 実際に国内大手自動車メーカーでは半導体の供給不足が原因で、自動車の減産を発表したこともありました。

このことからも、半導体はまだまだ需要が高いことが分かります。

半導体分野の将来性は?

IoTの発展によってさまざまな分野で半導体が利用されることで、価格上昇に期待できます。リモートワークという働き方が広まれば、その分PCやタブレット端末などのデジタル機器の需要は拡大するでしょう。

半導体分野の拡大によって、SOXLの見通しは明るいと予測できますね。

対象となるベンチマークの変更

企業の画像

SOXLは、現在ICEセミコンダクターズ・インデックスがベンチマークとなっています。しかし、以前はSOXという指標に連動して運用されていました。

 今後もベンチマークが流動性の高い銘柄のウェイトが高い対象に変更されることで、価格が上昇する可能性があります。

流動性が高い銘柄ということは、取引が活発に行われているという証明でもあります。そのため、価格変動が激しくなる可能性が高いと言えるのです。

米国株式市場の動向や景気

SOXLの構成銘柄は、米国を代表する半導体企業で構成されているため、カントリーリスクの影響を受ける点に注意が必要です。米国の以下の情報については、しっかりとチェックしておくようにしましょう。

  • 株式市場の動向
  • 経済成長率
  • 金利政策

特に米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は、今後の金利の変動を知る重要な情報元です。

 金利が現状維持の場合には特に値動きはないものの、金利の引き上げが行われると景気が後退する可能性が高まります。

景気が後退すれば株価も同時に下落することが考えられるので、ニュースをしっかりと見ておけば、大切な取引の瞬間を見逃すこともありません。

SOXLで投資を行う際には、FOMC関連のニュースに注目しておきましょう。

米国の経済の動向は?

現在米国ではインフレが高進しているため、2022年3月のFOMCでは、利上げの開始が決定されることが予想されています

今後の利上げペースや利上げ幅がどのくらいなのか、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長や高官などの発言を注目しましょう。

SOXL取引におすすめのネット証券5選

ここからは、SOXL取引におすすめのネット証券を厳選して5社紹介します。特徴を比較してぴったりのネット証券を見つけてください。

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 平日も21時まで取引できる
  • 直感的でシンプルな取引画面で使いやすい
  • LINE Payで簡単に入出金ができる
  • 企業のニュースや投資に関わる情報が豊富

LINE証券はLINEが運営するネット証券です。平日も夜21時まで取引ができるので、日中忙しい方も利用しやすいメリットがあります。

 LINE Payを使えば手数料無料で簡単に入出金ができます。

LINEポイントも1ポイント1円単位で入金に使えるので、貯まったポイントを使って気軽に投資を始めることができるでしょう。

企業のニュースや投資に関わる情報が豊富に用意されているので、初心者の方でも簡単に情報収集が可能です。

LINE証券の基本情報

株式手数料

現物:0円~

信用:0円~

IPO取扱実績 11社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1日
単元未満株

出典:LINE証券

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 新規口座開設数は3年連続No.1の実績(2021年度)※公式サイトの文言による
  • 楽天ポイントを使ってお試し投資ができる
  • スマホ用取引ツールは累計500万ダウンロードを突破(2021年2月時点)※公式サイトの文言による
  • 楽天銀行ユーザーは金利優遇が受けられる

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券です。新規口座開設数は3年連続No.1の実績を誇っています。

貯まった楽天ポイントを使ってお試し投資ができるので、まずはポイントを使って少額の取引を行い、徐々に経験を積むこともできます。

 スマホ用取引ツールは累計500万ダウンロードを突破しており、外出先でも快適に取引を行うことが可能です。

楽天銀行ユーザーは「マネーブリッジ」で入出金手数料無料や普通預金金利が年0.10%などの金利優遇サービスが受けられるので、お得に活用できるでしょう。

楽天証券の基本情報

株式手数料

現物:0円~

信用:0円~

IPO取扱実績 38社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1日
単元未満株

出典:楽天証券

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 1日定額制のアクティブプランは1日合計100万円まで手数料が無料
  • 取引に応じてTポイントやPontaポイントが貯まる
  • 毎月100円~5万円までクレジットカード積立が可能
  • スマホアプリは便利な機能が充実している
  • 25歳以下は国内株式(現物)手数料が実質0円

SBI証券は25歳以下は国内株式(現物)手数料が実質0円であるため、初めてネット証券を利用する方におすすめです。

 1日定額制のアクティブプランは1日合計100万円まで手数料が無料なので、デイトレーダーの方もお得に利用できます。

スマホアプリは便利な機能が充実しており、外出先でも快適に取引を行うことが可能です。米国株は専用アプリが別に利用されているので、使い勝手が良いでしょう。

毎月100円~5万円までクレジットカードを使って積立もできるので、コツコツと投資を始めたい方にもぴったりです。

SBI証券の基本情報

株式手数料

現物:0円~

信用:0円~

IPO取扱実績 85社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1日
単元未満株

出典:SBI証券

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 米国株の取扱銘柄は5,000以上と豊富
  • IPOは完全平等抽選で確率がアップ
  • マネックスポイントを手数料に交換できる
  • 初心者向けのオンラインセミナーが定期的に開催されている

マネックス証券は、世界最大の株式市場である米国株の取扱銘柄は5,000以上と豊富に取り扱っています。米国株に興味のある方におすすめです。

 新規公開株であるIPOは公平に抽選を行うため、初めての方にもチャンスがある点がメリットです。

貯まったマネックスポイントを手数料に交換できるので、ポイントが無駄になることもありません。

初心者向けのオンラインセミナーが定期的に開催されており、初心者の方も投資を学びやすい環境が整えられています。

マネックス証券の基本情報

株式手数料

現物:110円(税込)

信用:99円(税込)〜

IPO取扱実績 50社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1日
単元未満株

出典:マネックス証券

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券のおすすめポイント
  • 定額プランなら1日の約定代金100万円以下は手数料0円
  • 初心者からプロまでが使いやすい高性能な取引ツール
  • 他社からの移管手数料キャッシュバックキャンペーンが開催中(2022年3月末まで)
  • IFD注文など投資スタイルに合わせた注文方法が豊富

SBIネオトレード証券は取引コストがリーズナブルな点が魅力です。定額プランなら、1日の約定代金100万円以下は手数料がかかりません。

[/aside]高性能で使いやすい取引ツールが用意されているので、初心者の方でも直観的に操作することができます。[/aside]

IFD注文など注文方法が豊富に用意されているので、投資スタイルに合わせて便利に注文方法を使い分けることができるでしょう。

現在、他社からの移管手数料のキャッシュバックを受けられるお得なキャンペーンが開催中です。

お得なタイミングを逃さないように申し込むことがおすすめです。

SBIネオトレード証券の基本情報

株式手数料

現物:55円(税込)~

信用:0円~

IPO取扱実績 7社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1~2週間
単元未満株

出典:SBIネオトレード証券

まとめ

今回は、SOXLの特徴やチャート、今後の将来性などを詳しく解説しました。米国を代表する半導体企業で構成されており、今後が期待できるETFです。

値動きが激しい特徴を持つため、SOXL投資を行う際には、大きな変動に耐えられるだけの資金の余裕を持って取引を行うことが大切です。

今後も自動車の自動運転やキャッシュレス決済、AIの普及など、あらゆる分野で半導体の需要が増加していくことが予想されるため、価格の上昇が期待できるでしょう。

今回紹介したネット証券の特徴をよく比較して、自分にぴったりのネット証券を見つけてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事