SPXLとは?特徴や構成銘柄、株価チャートの推移など徹底解説

SPXLとは?特徴や構成銘柄、株価チャートの推移など徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「米国株投資に興味があるけど、どれが良いか分からない」「少ない資産で大きく利益が出せる投資はある?」このような悩みを持つ方には、SPXLがおすすめです。

S&P500をベンチマークに運用しており、値動きが激しい特徴がありますが、取引が成功すれば効率的に利益を出すことができます。

今回は、SPXLの特徴や構成銘柄、株価チャートの推移などを詳しく解説します。

SPXL取引におすすめのネット証券も紹介するので、口座開設の参考にしてくださいね。

SPXLとは?構成銘柄や特徴を解説

そもそもSPXLはレバレッジ型の米国ETFです。ここでは、SPXLの特徴を解説します。

SPXLの特徴

アメリカの国旗の画像

SPXLとは、「Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF」と言い、S&P500の3倍の値動きをする点が特徴です。それぞれの名称の意味を解説します。

S&P500とは?

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が公表する株価指数のことです。長期的に見ると右肩上がりに上昇しています。

米国の上場企業の中でも時価総額が500社の平均を示していることから、アメリカでは重要な株価指数であると言われています。

3倍の値動きとは?

3倍の値動きをするということは、リターンが3倍と大きくなる一方で、リスクも3倍になる危険性があるという意味です。

 S&P500が上昇している時にはSPXLもその3倍価格が上昇しますが、下落した時にはその3倍値下がりしてしまいます。

ハイリスク・ハイリターンの銘柄であることを理解しておきましょう。ただし、取引が成功すれば効率的に利益を出すことが可能です。

構成銘柄

ビルの画像

SPXLは、S&P500をベンチマークに運用している点が特徴です。ここでは、S&P500を構成する上位10銘柄を見ていきましょう。

ティッカー 企業名 組入比率
AAPL アップル 6.92%
MSFT マイクロソフト 5.84%
AMZN アマゾン 3.35%
GOOGL アルファベットA 2.16%
GOOG アルファベットC 2.01%
TSLA テスラ 1.89%
BRKB バークシャーハサウェイ 1.65%
NVDA エヌビディア 1.52%
FB メタ 1.27%
UNH ユナイテッドヘルス・グループ 1.26%

出典:BlackRockHP(2022年3月8日現在)

アップルやマイクロソフト、アマゾンなど、世界的な大企業が上位を占めていることが分かります。銘柄数が多いにも関わらず、500社中10銘柄だけで約30%を占めている点が特徴です。

これは、S&P500が時価総額加重平均を採用していることが理由です。

時価総額加重平均とは?

加重平均とは、平均値を算出する際に、単純に平均するのではなく、量の大小を反映する計算方法のことを言います。

 時価総額加重平均とは、時価総額が大きい銘柄には大きく投資して、時価総額が小さい銘柄には少しだけ投資する方法のことです。

つまり、時価総額が大きい企業であるほど、たくさん組み込まれる仕組みです。

年率

電卓の画像

短期投資・長期投資どちらを選ぶ際にも、3倍の収益が得られるSPXLは、高い年率リターンになっています。

例えば10年の長期で見ると年率29%を上回っているなど、長期で持っている方は大きなリターンを得られることが分かります。

 SPXLはS&P 500の3倍の値上がりであることは先ほどお伝えしましたが、きっちりと3倍になるということではありません。

1日の値動きに対して3倍になる仕組みであるため、長期的に見ると多少のずれがあることを覚えておきましょう。

例えば、新型コロナウィルス感染拡大の時のように、株価が乱高下した場合には、レバレッジETFは指数との差が激しくなる傾向があります。

SPXLのメリット

SPXLに投資するメリットは、以下の通りです。

S&P500に対して3倍のレバレッジをかけられる

チャートの画像

SPXLは、S&P500の3倍の投資成果を目指すことのできるレバレッジ型ETFです。価格が上昇した際には3倍の利益を得ることができます。

 うまく取引ができれば、一般的な投資よりもたくさん利益を出すことができる点がメリットです。

レバレッジ取引に興味のある方にはぴったりのETFと言えるでしょう。

歴史的に高リターンを記録している

S&P500は歴史的に高いリターンを記録していることで知られています。例えば30年前と比較すると価格は12倍以上になっており、年率平均は9%以上と高い水準です。

SPXLはそのような高いリターンのS&P500をベンチマークとしているため、今後も将来性が期待できると言えるでしょう。

値動きが大きいので、短期売買に適している

スマホの画像

SPXLがベンチマークとしているS&P500は、値動きが激しい特徴があります。そのため、短期間の取引では、大きく利益を出すことができるでしょう

S&P500の価格が上昇している際は、取引のチャンスと言えます。

SPXLのデメリット

SPXLのデメリットについても見ておきましょう。

レバレッジ無しの場合より値動きが影響しやすい

SPXLのベンチマークはS&P500であり、値動きの3倍の利益が出せる一方、その値動きは比較的大きい点に注意が必要です。

価格の変動が激しいタイミングでは、レバレッジ無しと比較して基準価額と株価との差が開くデメリットがあります。

基準価額と株価との差が開くと、場合によっては取引が不利になってしまう可能性があります。

ボラティリティが高い

チャートの画像

ボラティリティーとは、一般的に価格変動の度合いのことを言います。レバレッジ型ETFであるSPXLは、ボラティリティが大きい点に注意が必要です。

値動きはS&P500の3倍であるため、価格が大きく下落したタイミングでは、急激に価格が下がってしまいます

 たくさんの利益を出せる可能性がある一方で、大きな損失を出すリスクもあることを覚えておきましょう。

基本的に、取引ではレバレッジをかけるとハイリスク・ハイリターンになるので、リスク管理が重要になってきます。

長期保有に向かない

カレンダーの画像

SPXLは値動きの激しいS&P500をベンチマークとしているため、ボラティリティが大きく、長期保有には向いていません

長期的に保有していると、場合によっては大損してしまう可能性もあるため、初心者は短期で保有することが向いていると言えるでしょう。

短期売買なら、リスクをある程度限定することが可能です。

SPXLのリアルタイムチャートや株価の推移は?

SPXLのリアルタイムチャートや、株価の推移を解説します。

米国の経済成長

アメリカの国旗の画像

SPXLのベンチマークはS&P500であるため、S&P500がどのくらい成長するかが利益を出すための重要なポイントになってきます。

 S&P500は米国株式市場の時価総額の約80%を網羅しており、世界的な大企業が組み入れられている点が特徴です。

2020年の新型コロナウィルス感染拡大の際には、世界的に経済成長がマイナス局面を迎えた中でも、米国経済は経済がいち早く回復しました。

米国には力強い企業が多数ある上に、米国の政策が取られることで経済成長力が底上げされたことが要因だと考えられています。

現在も米国の経済成長に伴って、S&P500も連動して成長しています。

銘柄の入れ替え

ビルの画像

S&P500では、独自委員会が年に4回銘柄の入れ替えを検討します。実際に、2020年には電気自動車大手企業である「テスラ」が採用されたことが、投資家の間でも話題になりました。

 銘柄を入れ替えるのは、米国の主要な業種や企業を網羅できているかを見極める必要があるからです。

各企業の業績をもとに、定期的に時代の流れから今後の見通しなどを総合的に判断することで、時代に合った銘柄を組み入れることができます。

実際に、S&P500は米国株式市場全体の時価総額比率の約80%が網羅されるように調整されています。

SPXLの投資方法

SPXLの投資方法について知りたい方向けに、手順を紹介します。

1.口座開設を行う

PCの画像

まずは、ネット証券を選んで口座開設を行いましょう。公式サイトにアクセス後、「口座開設」ページを開いて手続きを開始します。

 申し込み時には、本人情報の入力や本人確認書類の提出、銀行口座の登録などが必要です。

申し込み手続きが終わると、審査が行われます。

最近では最短即日に取引が開設できるネット証券は多いものの、審査状況によっては数日かかってしまうこともあるので注意してください。

2.口座に資金を入金する

審査が無事に完了して口座開設できたら、口座に資金を入金します。入金方法はネット証券によっても異なりますが、主に以下のような方法があります。

  • 銀行入金
  • 振込入金
  • インターネットバンキング入金

上記のうち、インターネットバンキングは自宅にいながら手軽に入金ができるのでおすすめです。

申し込み前には、利用したい金融機関がどの入金方法に対応しているのかを見ておきましょう。

3.SPXLを購入する

PCの画像

資金の入金できたら、いよいよSPXLを購入します。銘柄の選択が完了したら、「買い」「売り」のポジションを選択します。

 ポジションが決定したら、取引ロット数を選択してポジションを保有を行います。

その後、適切なタイミングで決済することで、利益や損失が確定します。

SPXL取引におすすめのネット証券4選

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 総合口座は700万口座開設!投資未経験は75%!(2021年時点)※
  • 楽天銀行ユーザーは金利優遇が受けられる
  • 貯まった楽天ポイントを使ってSPXLが購入できる
  • 楽天銀行との連携サービス「自動入金機能」が米国株でも利用できる
  • 米国株は1単位から注文できる

※公式サイトの文言による
※1 外貨建てMMFを含む

楽天証券は、楽天市場で有名な楽天グループが提供するネット証券です。新規口座開設のうち、投資未経験は75%と、初心者に支持されていることが分かります。

リアルタイム入金にも対応しているので、大切な取引の瞬間を見逃す心配がないでしょう。

 買い物で貯まった楽天ポイントを使って、SPXLに投資することも可能です。

投資信託サービスでは残高に応じて楽天ポイントが貯まる他、楽天銀行ユーザーは金利優遇が受けられるなどの多彩なサービスが用意されています。

「自動入金サービス」では、事前に資金を証券口座に入金をすることなく、注文時に自動的に楽天銀行口座の資金を買付代金に充当できます。

楽天証券の基本情報

株式手数料

現物:0円~

信用:0円~

IPO取扱実績 38社
※2021年の実績
口座開設スピード 最短1日
単元未満株

出典:楽天証券

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • ETFの積立投資ができる数少ない証券会社
  • 米国株を含めた海外ETFの取扱銘柄数は約3,900銘柄
  • 外国株式に関する多彩な投資情報レポートを毎週5本、月間20本ものレポートを提供している
  • 7通貨での外貨入出金ができる「外貨入出金サービス」
    • ポイントで手数料の1.1%が還元されてお得

    SBI証券は、ETFの積立投資ができる数少ない証券会社です。SPXLでハイリターンを狙いつつ、積み立て投資を行うこともできます。

    米国株を含めた海外ETFの取扱銘柄数は約3,900銘柄と豊富であり、9ヵ国の株式を取引することが可能です。

     さらにポイントで手数料の1.1%が還元されるため、投資がうまくいくか不安な初心者の方もお得に取引が楽しめます。

    外国株式に関する多彩な投資情報レポートを毎週5本、月間20本ものレポートを提供してくれるので、大切な成功を見逃す心配がないでしょう。

    7通貨での外貨入出金ができる「外貨入出金サービス」を活用すれば、お得な為替手数料で取引ができますよ。

    SBI証券の基本情報

    株式手数料

    現物:0円~

    信用:0円~

    IPO取扱実績 85社
    ※2021年の実績
    口座開設スピード 最短1日
    単元未満株

    出典:SBI証券

    マネックス証券

    マネックス証券

    マネックス証券のおすすめポイント
    • 米国株の取扱銘柄数は5,000銘柄を突破(2022年1月実績)※
    • オリジナルレポートが毎営業日更新されているなど投資情報が充実
    • 口座開設数は216万口座(2022年1月実績)※
    • 米国株を円で取引できる円貨決済サービスも提供

    ※公式サイトの文言による

    マネックス証券の米国株の取扱銘柄数は5,000銘柄を突破しており、SPXLはもちろんのこと、個別株/ETFも多彩なラインナップが用意されています。

    オリジナルレポートが毎営業日更新されているなど、投資情報が充実しているので、取引の大切な瞬間を見逃すことがありません。

     口座開設数は216万口座を突破しており、多くのユーザーから信頼されていることが分かります。

    米国株を円で取引できる円貨決済サービスも提供しており、円貨決済でも為替手数料が0円になります。

    コストを抑えてSPXL取引を始めることができますよ。

    マネックス証券の基本情報

    株式手数料

    現物:110円(税込)

    信用:99円(税込)〜

    IPO取扱実績 50社
    ※2021年の実績
    口座開設スピード 最短1日
    単元未満株

    出典:マネックス証券

    DMM株証券

    DMM株証券

    DMM株証券のおすすめポイント
    • 何度取引をしても米国株式の手数料が無料
    • 1つのアプリで国内株式から米国株式まで取引可能
    • 米国株式市場や世界経済の動向がわかる投資レポート「バロンズ・ダイジェスト」
    • ドルを保有せずに円貨決済で取引が可能
    • 米国株式を信用取引の担保にできる

    DMM株証券は、何度取引をしても米国株式の手数料が無料です。取引高に比例して手数料が高くなることがないので、大口で取引したい方にもおすすめです。

     1つのアプリで国内株式から米国株式まで取引できるのでアプリを切り替える手間がなく、資金振替が不要などのメリットがあります。

    米国株式市場や世界経済の動向がわかる投資レポート「バロンズ・ダイジェスト」が無料で提供されているので、初心者でも米国株式を始めやすいでしょう。

    米国株式を信用取引の担保にできるので、米国株式に投資した資金も保証金に算入され、資金効率が上がります。

    ドルを保有せずに円貨決済で取引が可能なので、円からドルに為替取引を行う手間を省くことができますよ。

    DMM株証券の基本情報

    株式手数料

    現物:0円(税込)

    信用:0円(税込)

    IPO取扱実績 5社
    ※2021年の実績
    口座開設スピード 最短1時間
    単元未満株

    出典:DMM株証券

    まとめ

    今回は、SPXLの特徴や構成銘柄、株価チャートの推移などを詳しく解説しました。S&P500をベンチマークに運用している点が特徴です。

    S&P500の3倍の値動きをするということは、リターンが3倍と大きくなる一方で、リスクも3倍になる危険性があるという意味です。

    その値動きの激しさから、短期間の取引では大きく利益を出すことができるでしょう。

    使いやすいネット証券を選んで、快適に投資を始めて下さいね。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事