仮想通貨テゾス

仮想通貨テゾス(XTZ)の特徴や今後の見通しなど徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

リスクを抑えて仮想通貨取引を始めたいと考えている方には、多くの取引所でステーキングに採用されているテゾスがおすすめです。

しかし、「今後の将来性が気になる」「ステーキングって一体何?」このような悩みを持つ方もいるでしょう。そこで、今回は仮想通貨テゾスの特徴や今後の将来性、ステーキングのやり方を詳しく解説します。

おすすめの取引所も紹介するので、仮想通貨取引を検討中の方は参考にしてくださいね。

仮想通貨テゾスの特徴

そもそも仮想通貨テゾスとはどのような特徴を持つのか、詳しく見ていきましょう。

コンセンサスアルゴリズムにLPoSを採用している

テゾス

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨の基盤技術になるブロックチェーンがブロックを追加する際の、ルールとなる「合意」のことです。

コンセンサスアルゴリズムには多くの種類があり、それぞれメリットやデメリットは異なります。テゾスに使用されているLPoSとは、PoSの一種です。

PoSとは?

PoSとはProof-of-Stakeの略で、多くの資産を保有することで報酬が得られるようになる、ブロックチェーンの仕組みです。

 イーサリアムにも採用されている仕組みであり、通貨の保有量によってブロックを生成する人が決定されます。

一見便利ですが、通貨をたくさん持っている人がブロックを生成する権利を得ることができるため、富が偏るデメリットが指摘されていました。

そこでテゾスには、PoSをベースとしたLPoSが採用されたのです。

LPoSとは?

テゾスが採用しているLPoSでも、ブロックを生成する権利を得るための通貨保有数は、ある程度ハードルが高く設定されています。

しかしPoSと異なり、テゾスを少ししか保有していないユーザーは、ブロック生成者にテゾスを委任することが可能です。

この仕組みにより、より多くのユーザーがブロック生成に関与できるようになっています。

独自のスマートコントラクトを採用している

メカニズムの画像

テゾスには、「フォーマル・ベリフィケーション」という独自の検証メカニズムを持つスマートコントラクト機能が採用されています。

これにより、契約内容を検証して、ハッキングなどの問題が発生する確率を低く抑えることが可能です。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行させる仕組みのことを言います。

契約内容がプログラミングに沿って実行されるため、契約後の変更や不正が行われることがない点がメリットです。

 さらに契約時に第三者の介入が不要であるため、時間とコストを削減できるなどのメリットもあります。

しかし、通常のスマートコントラクトは、契約にエラーがあった場合、後から修正することは難しいデメリットがあります。

その点テゾスの「フォーマル・ベリフィケーション」なら、スマートコントラクトの安全性を数理的に証明することが可能です。

ハードフォークが起こらない

通貨を持つ男性の画像

テゾスは、従来システムの修正やアップデート時に発生していたハードフォークが起こらない仕組みが採用されています。

そのため、システムの仕様が変わっても、ハードフォークが起こることはありません。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、ブロックチェーンの仕様が変更された時に起こる、ブロックチェーンや仮想通貨の分岐のことを言います。

 ハードフォークが行われると、従来の通貨との互換性がなくなるため、新しい仮想通貨が誕生する仕組みです。

例えばビットコインでは、過去に複数ハードフォークが発生しており、以下のような新しい通貨が誕生しています。

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイヤモンド

ハードフォークが起こるとユーザーが分散されるため、手数料高騰や取引速度の遅延などを解決できるというメリットがあります。

しかし、その一方で分岐元の通貨の価値が低下する、ハードフォークの前後で価格が乱高下するなどの可能性が問題視されていました。

ハードフォークが起こらないメリット

それに対してテゾスは、システムの修正やアップデートの際にも、他の仮想通貨のようにハードフォークが起こることはありません

そもそも分岐が起こらないので、システムの修正やアップデート時にも通貨の価値が価格が変動することがない点がメリットです。

通貨が分岐することがなければ、ユーザーからのテゾスへの信頼を保ち続けることが可能です。

仮想通貨テゾスの今後の見通しは?

仮想通貨テゾスで取引を始めることを検討中の方は、判断材料として今後の将来性を見ておきましょう。

ステーキングサービス採用例の増加

PCの画像

取引所では、対象の仮想通貨を保有するだけで、ステーキング報酬がもらえるサービスがあります。

現在テゾスは、取引所でステーキングサービスに採用されており、今後もステーキングサービス採用例が増加すれば、価格の上昇が期待できるでしょう。

 仮想通貨の中には、投資以外でも利用可能な通貨がありますが、現状は投資目的に保有するケースが多いです。

そのような中で、ステーキングサービスが利用できる仮想通貨は、投資家の間でも注目されています。2022年4月時点で、国内取引所では、GMOコインでテゾスのステーキングサービスを利用することが可能です。

今後はステーキングの利用者が増加すれば、知名度が上がり、価格の上昇が期待できるでしょう。

アップデート

ブロックチェーンの画像

パフォーマンスの改善や送金手数料の削減のため、2020年11月「Delphi」というアップデートが行われました。この頃はブロックチェーンが利用された、分散管理型金融システム「DeFi」に注目が集まっていた時期です。

 しかし、ブロックの処理が複雑であるため、送金手数料が割高になる問題を抱えていました。

この問題を解決するため、テゾスはコストを抑えて送金できるようなアップデートを行ったのです。これによってDeFiでの取引や送金がスムーズになり、さらに利便性が高まりました。

今後もこのようなアップデートが行われることで、価格が上昇することが期待できるでしょう。

NFT市場への参入

ブロックチェーンの画像

近年注目を集めているNFT市場では、イーサリアムのブロックチェーンがベースになっている取引が多いです。

イーサリアムよりも割安で安定したプラットフォームを持つテゾスが参入すれば、イーサリアムよりも指示される可能性があるでしょう。

 現在、すでにテゾスはNFTへの取り組みとして、「tzcolor」というプロジェクトが開始されています。

tzcolorは、色をNFT化して流通させる試みで、3つのレアリティに分けられた1690色のNFTが取引される仕組みです。

NFTとは?

NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、非代替性トークンのことを言います。

ブロックチェーンを活用してデジタルコンテンツなどにデータを紐づけるため、世界にひとつだけのデジタル資産を証明することが可能です。

大手企業との連携

企業の画像

テゾスに限らず、一般的に仮想通貨は大企業との連携を発表することで、価格が上昇する傾向があります。

今後、大手の銀行や企業と連携することで、価格が上昇することが期待できるでしょう。主にヨーロッパ系の企業などで採用されることが多いです。

 例えばF1のマクラレーンやレッドブルのNFT、フランス大手銀行のソシエテ・ジェネラルによるセキュリティトークンの発行などが挙げられます。

その他、フランスの中央銀行によるCBDCの実験などでも採用されています。今後も大手の銀行や企業とどのようなプロジェクトが行われるのか、発表を待ちましょう。

仮想通貨テゾスのステーキングのやり方

仮想通貨テゾスを使ったステーキングのやり方を解説します。

1.取引所に口座を開設する

PCの画像

全ての取引所で仮想通貨のステーキングができるわけではありません。まずはステーキングが可能な取引所で、口座を開設しましょう。取引所で口座を開設する流れは、以下の通りです。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 申し込みフォームに沿って情報を入力する
  3. 本人確認書類とマイナンバーを提出する
  4. 口座開設の審査を受ける
  5. 口座の開設が完了

取引所によっては、インターネットからの申し込みで、最短即日に口座が開設できるケースもあります。

 本人確認書類には運転免許証やパスポートなどが必要なので、あらかじめ用意しておくとスムーズに手続きできるでしょう。

インターネット申し込みなら、書類の提出はオンラインでアップデートして送付できるため、郵送などの手間がかかりません。

取引所の審査を通過すると、口座開設完了のメールが届きます。メールに書かれたIDやパスワードを使って、さっそく取引を開始しましょう。

2.日本円を入金する

コインの画像

口座が開設できたら、仮想通貨を入手するための日本円を口座に入金します。入金の方法や手数料は、取引所ごとに異なるので注意が必要です。

取引所によっては無料の場合もありますが、有料の場合にはお金を専用口座に入れるだけでなく、引き出す際にも手数料が必要になるケースがあります。

 例えば、DMM Bitcoinは銀行の種類を問わず、入出金手数料がかかりません。

一方、Coincheckは銀行振込なら入金手数料は無料ですが、出金は有料です。

このように、入出金手数料は、場所や方法によって有料にしている取引所もあるので、口座開設前にチェックしておくと安心でしょう。

3.テゾスを入手する

PCの画像

口座に入金が終わったら、いよいよテゾスを入手しましょう。特に条件などの指定がない場合、入手した時点でステーキングサービスが開始されます。

仮想通貨のステーキングは、普通預金や個人向け国債、定期預金よりもはるかに高い利率で報酬を得られる点が魅力です。

リスクを抑えつつ、少しでも高い利率で運用したいと考えている方は、ぜひステーキングを始めてみてください。

仮想通貨テゾスの価格動向

これまでのテゾスの価格動向を知ることで、将来の予測を立てることができます。

2017~2019年

たくさんのコインの画像

2017年の誕生時にはICOで約200億円以上の資金調達に成功したことで、多くの投資家から注目を集め、価格は上昇していました。

 しかしその後、開発者側で内紛が発生したことに不安を覚えた投資家達は、2018年4月に集団訴訟を起こします。

訴訟を起こされたことがニュースで報道されると、当然それを見た投資家の警戒感も高まり、価格が暴落したのです。その後、2020年に入るまでは低い価格で推移し続けます。

2020年

チャートの画像

それまで価格が低調でしたが、2020年12月にbitFlyerとGMOコインへの上場を発表すると、価格が上昇します。

さらに年末に仮想通貨市場全体の価格が上昇したことに影響を受け、テゾスも価格が高騰したのです。

年末に価格が高騰した理由としては、イーロン・マスク氏によるビットコインに関するツイートが大きな影響を与えたとされています。

2021年

チャートの画像

4月にフランスの大手銀行ソシエテ・ジェネラルグループが、テゾスのブロックチェーンで約6億円のセキュリティートークンを発行しました。これによりテゾスは注目を集め、価格が高騰します。

 しかしその後は、中国政府がビットコインなどの仮想通貨の取り締まりを強化するなどの影響を受けて、仮想通貨全体の価格が下降したのです。

夏頃には一旦回復する兆しを見せたものの、10月以降は再び低調になり、下落トレンドが続きました。2022年4月現在では395.27円を記録しています。

現在は下降トレンドではあるため、今がテゾスの買い時です。これまでの価格上昇幅を見ると、十分に価格が上昇することが期待できます。

Coinmarketcap 

仮想通貨テゾス取引におすすめの取引所

現在テゾス取引ができる国内取引所は、ビットフライヤーとGMOコインの2種類です。それぞれの特徴を解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • 取引板やチャート・注文画面が初心者でも見やすい
  • 15種類もの暗号資産を取り扱っている
  • ビットコインの取引量は6年連続No.1※
  • 7年以上ハッキングゼロの高いセキュリティ
  • 最短10分で口座が開設できる

※出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はテゾスを始め、15種類もの豊富な種類の暗号資産を取り扱っています。最短10分で口座開設が可能です。

その中でも特にビットコインの取引量は6年連続No.1を誇っており、Tポイントをビットコインに交換することもできます。

 7年以上ハッキング被害ゼロの高いセキュリティであるため、大切な資産を安心して預けられます。

取引板やチャート・注文画面が初心者でも見やすいので、ミスなく操作することができるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 15種類
取引手数料
  • 取引所:0.01 – 0.15%
  • 販売所:無料
最小注文数量 Lightning FX : 0.01 BTC(10,000円)
Lightning Futures:0.001 BTC(1,000円)

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • テゾスを使ってステーキングができる
  • 即時入金の手数料が無料
  • 取扱銘柄数は20種類と国内No.1※
  • テゾスを使ってレバレッジ取引も可能
  • アプリには1タップで即時発注できる「スピード注文」が搭載

※ 出典:GMOコイン

GMOコインは、テゾスを使ったステーキングやレバレッジ取引を行うことができます。少ない資金で利益を出すことが可能です。

取扱銘柄数は20種類と国内No.1と豊富であるため、他社では取り扱いのないような珍しいアルトコインの取引に興味のある方にもおすすめの取引所です。

 アプリには1タップで即時発注できる「スピード注文」が搭載されており、場所を選ばずどこでも取引ができます。

GMOインターネットグループで培われた堅牢なセキュリティで、大切な資産を守ってくれます。

即時入金の手数料が無料なので、大切な取引の瞬間を見逃しません。

基本情報

商号 GMOコイン株式会社
取り扱い銘柄数 20種類
取引手数料
※ENJを購入した場合
  • 取引所:-
  • 販売所:スプレッド
最小注文数量 0.00001 BTC(約50円)

出典:GMOコイン

まとめ

今回は仮想通貨テゾスの特徴や今後の将来性、ステーキングのやり方を詳しく解説しました。

独自のスマートコントラクトやハードフォークが起こらない仕組みが採用されているなど、投資家の間でも注目を集めている通貨です。

今後はアップデートや大企業との連携、NFT市場への参入などで、さらに価格が上昇することが期待できるでしょう。

これから仮想通貨投資を始める方は、ぜひテゾスを検討してみてくださいね。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事