無料保険相談窓口おすすめ厳選8選の人気比較ランキング

【2022年9月】無料保険相談窓口おすすめ厳選8選の人気比較ランキング

生命保険への新規加入や見直しを検討していても、実際自分や家族にどのような保障が必要なのか、どんな商品が最適なのか、調べていても難しいと感じたことはありませんか?

このような時、テレビCMや街なかで見かける「無料保険相談窓口」があなたや家族に適切な保険や保障を無料で提案、サポートしてくれます。

本記事では、おすすめの保険相談の比較をはじめ、保険相談のメリットや選び方などを解説します。
最適な保険は専門家に無料相談を!
ブロードマインド
無料保険相談のおすすめはブロードマインド
ブロードマインド

あなたや大切な家族に最適な保険とは?
悩む前に、無料でプロに保険相談ができる窓口の利用をおすすめします!

ブロードマインドのおすすめポイント
  • 相談実績10万件超
  • 完全無料で保険相談が可能
  • 取り扱い保険会社50社以上
  • オンラインと対面の両方可能
  • 上場企業なので安心
基本的に保険相談所は数十社の保険会社を取り扱っています。そのため、一般的な保険会社に相談するより自分に合った保険を見つけやすくなるのです。
 保険相談にかかる費用は、契約した保険会社が支払います。そのため、相談者は相談にかかる費用を支払う必要は原則かかりません。
保険相談所は、保険の仲介業者のような役割を果たします。

仲介にかかる費用は契約した保険会社が負担するようになっているため、相談者は追加費用をかけずに保険を見つけられるのです。
保険相談所は新規加入の契約も、既に加入している保険の見直しもどちらも対応しています。さらに保険相談所によっては保険以外にも以下の分野に関しても相談することが可能です。
無料保険相談所で相談できること
※保険相談窓口によって取り扱う内容は異なる場合があります
上記のように、お金に関する悩みをまとめて一括で解決できます

「自分に合った保険をできるだけ安く見つけたい」「お金に関して漠然と悩んでいる」という方は保険相談所を活用してみてください。

保険相談を定期的に行う4つのメリット

保険相談を行うことで、次の4つのメリットが得られます。

保険相談を行うメリット

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.複数の保険会社・多くの保険商品を比較検討できる

保険相談所は一般的に数十社の保険会社商品を取り扱っています。

生命保険で必要な保障とはすべての人に普遍的なものではなく、ライフステージや家族構成、年齢によって変動します。ですから、自分に合う保険を幅広い選択肢から比較検討することが重要です。

上記に挙げる”ライフステージ”には、たとえば以下のような段階があります。

ライフステージ例

加えて、新商品や商品改定について、様々な保険会社の最新情報が得られる点もメリットです。

2.募集人・FPから専門的な意見が聞ける

保険相談所は前述のとおり、保険に関する専門知識を持った募集人やファイナンシャルプランナーが相談員として所属しています。

生命保険は難解な専門用語や複雑な仕組みが多く、パンフレットやwebページを見ても分かりづらいものです。

 そのような難しい保険に精通している募集人・FPから、分かりやすくかみ砕いた説明を受けられるうえ、特定の商品に偏らずに中立的な立場でアドバイスを受けることができます。

複数の保険会社商品を取り扱う保険相談所を『乗合代理店』と言います。この乗合代理店では、複数商品の比較推奨販売において特定の商品だけに偏った案内をすることは、保険業法で禁じられています。

加えて同法では、取扱商品のうち比較可能な商品の一覧を示すことや、推奨する商品の推奨理由などを情報提供することが義務化されています。

3.何度でも無料相談できるため家計に響かない

保険相談所では、保険相談や見直しなどのアドバイスについて、何度でも無料で相談できます

 保険の加入や見直しの相談をした結果、加入を見送ったり、見直しはせず現状維持のままだったりしても、ペナルティなどはいっさいありませんので安心して相談することが可能です。

また、相談可能な場所が豊富で選べるのもメリットです。相談所の形態には以下に挙げる店舗へ直接来店する来店型、自宅や職場の近くやカフェといった都合の良い場所に相談員が来てくれる訪問型に加え、自宅で可能なオンラインや電話も選択肢の一つです。

無料保険相談窓口の形態

例えば育児や介護で手が離せない方やコロナ禍で外出を控えている方は自宅でオンライン相談や訪問を、よく行くショッピングモールや職場近くに店舗があるならば店舗に足を運んでも良いですね。

オンライン相談はスマホやPC、タブレットと通信環境さえあれば、設定も含めて必要なものはありません。

コロナ禍以降、このようなオンライン相談は非常に人気で需要が高まっており、各保険会社整備も整えているので安心ですよ。

4.保険に加入してからも契約の管理を任せられ、長期的に付き合える

保険相談所は、保険代理店として契約者と保険会社の橋渡し役をしています。

 生命保険は加入してからもライフイベントに伴い様々な見直しが必要ですし、有事の際には保険金請求の手続きを行わなければなりません。

保険代理店である相談所では、窓口として保険契約者と適宜コミュニケーションを取ることで、契約の保全活動や保険金請求などの管理を一手に引き受けてくれるのです。

おすすめの無料保険相談窓口厳選8選徹底比較!

数ある保険相談窓口のなかで、いまおすすめできる最新の保険相談窓口を厳選して徹底比較します。

おすすめ人気の無料保険相談
  ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険無料相談.com 保険市場
名称 ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険無料相談.com 保険市場
取扱保険会社数 57社 39社 51社 91社
相談形式
  • オンライン
  • 来店
  • 訪問

 

  • 訪問
  • オンライン
  • 訪問
  • オンライン
  • 訪問
  • オンライン
  • 来店
  • 訪問
キャンペーン 100店舗以上で利用できる
giftee Boxギフト券
1,000円分プレゼント
お米やコーヒーギフト
セットをはじめとする
6種類から選べる

丸の内タニタ食堂
減塩みそや野菜生活
など5種類から選べる

お米やビール、ハム
はじめとする10種類から
選べるプレゼント
なし
詳細

1.ブロードマインド

保険相談おすすめランキングブロードマインド

ブロードマインドがおすすめな7つの理由
  1. 2002年の設立以来10万件以上の相談実績
  2. 取扱保険会社数は業界最大級の50社以上
  3. 住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に一括相談可能
  4. オンライン・訪問・来店と好きな相談方法が選べる
  5. アフターサービス専任の部門がありサポート体制が整っている

ブロードマインドの特長

2002年の創設以来累計相談件数10万件を超えるブロードマインド株式会社は、日本最大級の独立系FP会社です。

 各種生命保険についての相談はもちろん、6つの分野のプロフェッショナルが在籍・連携しているため、より深く横断的な相談が可能なのが他社との大きな違いでありメリットです。
6つの分野▼

ブロードマインドの特徴

ブロードマインドの無料保険相談窓口の特徴・メリット

さらに、相談程度にとどまる企業も多いなか、ブロードマインドではライフプランに合わせた提案のみでなく、各種手続きまでワンストップで行ってくれます

また、アフターサービスを専任する部門まで設置されていることからも、質の高さやお客さま想いなのが伝わってきますね。

 特定の金融機関に偏らない、多彩な専門知識を有する独立系FPが中立的な立場で提案、サポートできるのは他社にない強みです。

生命保険以外の生活やお金のことを相談できる第三者の存在は貴重です。

ブロードマインドでまるっと相談・解決ができるのは、快適なのはもちろん、煩雑さもなくなり豊かな生活に繋がるでしょう。

ブロードマインドの基本情報

取扱保険会社数 57社
※金融商品仲介業含む
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場

今だけ!ブロードマインドのキャンペーン情報

ブロードマインドでは、現在無料相談を利用するだけでgiftee Boxで使えるギフト券1,000円分をもれなくプレゼント

giftee box

giftee Boxは豊富なラインナップの中から好きな商品を選べるギフトです。 ポイント内であれば複数のギフトと自由に交換することができ、利用に専用アプリのダウンロードや会員登録は必要ありません。

giftee Box利用可能店舗(例)▼
  • サーティワン アイスクリーム
  • TULLY’S COFFEE
  • ドトールコーヒー
  • Uber Eats
  • 出前館
  • すかいらーく
  • 図書カードネットギフト
  • コカ・コーラ
  • GODIVA など他多数

キャンペーン修了期間は未定ですので、開催中のこの機会に無料で相談をしてみることをおすすめします。

※1…公式サイト

2.ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶがおすすめの5つの理由
  • 家計管理のスペシャリストに相談できる
  • 申し込み件数19万件を超える相談実績※1
  • 訪問面談サービスも実施している
  • 取扱保険会社数が39社と充実している
  • 充実したキャンペーン内容

ほけんのぜんぶの特長

ほけんのぜんぶは300名を超える現役FPが在籍している無料相談所です。生命保険・損害保険だけでなく教育ローンや住宅ローンの見直しまで一括で任せられるため、家計全般を見直しできます。

申し込み件数は19万件を超えているため、実績も十分です。そのため「相談実績が少ない会社は心配」という方でも安心して任せられるでしょう。

相談申し込みはお問い合わせフォームから24時間申し込み可能ます。

相談方法は店舗来店、オンライン、訪問相談サービスなど多様な方法から選択できるため、ご自身にあった方法で申し込みましょう。

取扱保険会社数は39社です。「複数社の保険から比較検討したい」という方はほけんのぜんぶの無料相談を活用してみることをおすすめします。

ほけんのぜんぶの基本情報

取扱保険会社数 39社※2
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、個人年金保険、損害保険、住宅ローン、教育資金、
対応地域 ー(訪問型)
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場 ×

今だけ!ほけんのぜんぶのキャンペーン情報

ほけんのぜんぶは多種多様なプレゼントを配布しています。生活に欠かせないお米やお水、子育てにあると便利な砂場セットや転倒時の怪我防止リュックなどを配布しているため、気になるプレゼントを応募してみてください。
キャンペーンの応募は無料相談申込時の応募フォームで入力できます。必ず受け取れるように、条件等を確認してから応募しましょう。
ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

3.マネードクター

マネードクター

マネードクターがおすすめな3つの理由
  1. ファイナンシャルプランナー(FP)に無料で相談できる
  2. 最短で「翌日」に相談ができる
  3. 「マネードクタープレミア」でお金の総合サービスを受けられる

マネードクターの特長

マネードクターでは、お金で気になる相談をじっくりとすることができます。3回前後の相談をそれぞれ1時間から1時間半ほどの時間をかけてくれるので、納得できるまで話ができるでしょう。

 相談の予約は最短で翌日にとることも可能だったり、オンラインにも対応自宅訪問やカフェでの相談も選択できたりと、お客様の都合にできるだけ合わせてくれるのも特徴です。

通常の相談の他に「マネードクタープレミア」と言ったお金の総合サービスもあります。オンラインによる相談もできますが、店舗に行けば「完全個室」の落ち着いた雰囲気がある部屋で応対してくれます。

保険のプロはもちろん、税理士や司法書士などとも連携して幅広い相談にのってくれますよ!

マネードクターの基本情報

取扱保険会社数 31社※1
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国対応※一部対応できない地域あり(要相談)
オンライン保険相談
上場

今だけ!マネードクターのキャンペーン情報

マネードクターでは、予約フォームから無料保険相談を予約した方限定で以下の豪華プレゼントをもれなくプレゼントキャンペーン実施中!

マネードクター キャンペーン情報

 

出典:公式サイト
※1 2022/03/16時点

4.保険無料相談.com

保険無料相談.com

保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
  1. 自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
  2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
  3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

保険無料相談.comの特長

保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅しています。

保険無料相談.comの基本情報

取扱保険会社数 22社
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
オンライン保険相談
上場

今だけ!保険無料相談.comのキャンペーン情報

保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!2022年6月30日までの期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

保険無料相談ドットコムキャンペーン情報

選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
※5…2019年2月時点

5.保険市場

おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

保険市場がおすすめな3つの理由
  1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
  2. 取扱保険会社数は国内最大級の91社※2、お客様満足度は97.9%※3
  3. 店舗は全国に637店舗※4あるため近くの店舗が見つかる!

保険市場の特長

保険市場は、2021年に創業26年目をむかえる老舗企業で、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

取り扱う保険会社の数は驚異の91社※2総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

保険市場の基本情報

取扱保険会社数 91社※2
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国637店舗※4(それぞれ一部地域除く)
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場

相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

※2…2022/03/16時点
※3…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
※4…※2022/03/16時点

6.保険マンモス

保険マンモス

保険マンモスがおすすめな3つの理由
  1. 保険相談に関する調査で評価が高い
  2. お客様に最適なFPを紹介してくれる
  3. しつこい営業行為や失礼な対応に即対応してくれる

保険マンモスの特長

日本マーケティングリサーチ機構の保険相談に関する調べによれば、保険マンモス「優秀なFPに相談できる」「自分にあった保険が見つかる」「知人に紹介したい」などの項目で4冠を獲得しています。

保険マンモスでは、お客様の相談内容や家族構成・居住地域をもとにしてお客様に合ったFPを紹介してくれます。独自のマッチング手法も加味して選定しており、納得できる解決策を用意してくれるでしょう。

もし、紹介されたFPに保険商品などしつこく勧誘されたり、不快な思いをした場合でも安心です。イエローカード制度を使ってFPを変更できます。

報告の内容次第では登録抹消などの厳しい措置があるため、提携しているFPも安心できる対応をとってくれますよ。

保険マンモスの基本情報

取扱保険会社数

51社※1

主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国353店舗※2
オンライン保険相談
上場

出典:公式サイト
※1 2021年12月時点・少額短期保険4社含む・店舗により取り扱い数に違いがあり
※2 2021年12月時点

7.ほけんの窓口

ほけんの窓口

 

ほけんの窓口がおすすめな3つの理由
  1. プロが一緒に保険を選んでくれる
  2. シミュレーションをしてくれるので保険をみつけやすい
  3. ほけん1分診断もある

ほけんの窓口の特長

ほけんの窓口ではファイナンシャルプランナーなどの資格を持った専門家が、保険の基礎知識から選び方までを教えてくれます。たくさんの保険会社と保険商品の中から候補を絞れるので手間や時間の節約になるでしょう。

ほけんの窓口にはライフ・デザイン・システムがあります。お客様の将来設計やライフプランを聞いて、今後必要となる保証(補償)額をシミュレーションしてくれます。シミュレーション結果を判断基準として保険を絞り込むことが可能です。

「仕事やプライベートの過ごし方」「家族、経済的に頼れる人がいるか」など簡単な質問に答えていくだけで、必要な保障を提案してくれるオンラインのサービスもあります。

ほけんの窓口で相談すれば、今後必要な保障が分かり無駄のない保険を提案してくれますよ。

ほけんの窓口の基本情報

取扱保険会社数 45社※1
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国797店舗※2
オンライン保険相談
上場

出典:公式サイト
※1 2021年12月時点・店舗によって違いあり
※2 2021年6月30日時点

8.保険クリニック

保険クリニック

保険クリニックがおすすめな3つの理由
  1. 顧客満足度No.1として評価されている
  2. はじめての保険相談でも不安を抱かせない対応をしてくれる
  3. アフターフォロー万全

保険クリニックの特長

保険クリニックは、2021年オリコン顧客満足度調査で「来店型保険ショップ」「利用のしやすさ」「スタッフの対応」「スタッフの提案力」「取り扱い商品の充実度」「契約手続き」「アフターフォロー」で総合1位になっています。

テレビ取材などメディアの出演実績もあり、今後相談される方も安心して来店できるでしょう。

保険相談が初めてという方でも、図表を用いながらコンサルタントが分かりやすく説明をしてくれます。保険クリニック独自の比較や分析システムにより、各社の保険の違いを比較できるようになっているのはとても心強いです。

保険クリニックを通して新しく保険に加入したあとのフォローもしてくれます。いざ保険が必要になったときの請求手続きをはじめ、ライブイベントに応じた保障の見直しまで任せられます。

一生涯にわたってサポートしてくれるのはありがたいですね。

保険クリニックの基本情報

取扱保険会社数 48社※1
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国255店舗※2
オンライン保険相談
上場

出典:公式サイト
※1 2021年12月時点・通信(3社)、外商部門(3社)のみ取り扱い含む・一部店舗に取り扱いなしの保険会社あり
※2 2021年12月時点

保険相談所を選ぶ際の6つのポイント

保険の相談ができるところは多いですが、選び方を間違ってしまうと思っていない保険を勧められるおそれもあります。ここでポイントをチェックしてお気に入りの保険相談所を見つけてください。

保険相談所の最適な選び方ポイント
  • 相談員の質
  • 取扱い保険会社数
  • 保険相談所の場所
  • アフターフォローの手厚さ
  • 予約のとりやすさ
  • キャンペーンの有無や内容

それぞれについて解説します。

相談員の質:どのような相談員が対応してくれるか?

保険相談所ではお金に関する知識を持ったファイナンシャルプランナー(FP)が相談にのってくれる場合が多いです。とは言っても、ファイナンシャルプランナーにも3級から1級まで段階があるので、できるだけ上級の資格を持ったFPがいるところを選びましょう。

 また、資格を持っているだけでなく保険や金融業界でどれくらい実績と経験があるのかも重要です。

保険に馴染みが薄い方にとって保険の内容は分かり難いことが多いですが、経験が豊富な相談員は自分の体験例を交えて話をしてくれるのでイメージしやすく分かりやすいです。

気を付けて欲しいのは「保険無料相談」と謳っていても保険の営業の方が対応するところがあることです。

営業なので客観性に欠ける部分があったり、押しが強かったりします。この傾向は保険代理店にあります。

取扱い保険会社数

保険相談所によって提携している保険会社の数は異なり、少ないところでは生保と損保を合わせて20社程度です。逆に多いところは40社や50社の商品を紹介できます

取扱できる保険会社が多ければ選択肢が増えるため、細かなニーズに応えてくれたり同じ内容でもより保険料が安い会社を選ぶことができます。また、複数の会社の保険商品を組み合わせて提案してくれるパターンも増えます。

 つまり、取扱い保険会社が多いと一社ではカバーできない備えを別の会社でカバーすることができるようになります。

例えば、会社を使い分けることで、医療保険で基本的な病気の備えをして、がん保険で大きなリスクに備えるということもできます。

保険会社が決まっていなければ、できるだけ取扱い保険会社が多い相談所を選ぶのが基本です。
無料保険相談窓口の取扱保険会社数ランキング

ここでは、本記事で紹介した無料保険相談窓口の中から取扱保険会社数が多い順番にランキング発表します。なるべく取り扱っている保険会社や商品数が多いほうが良いと考えられる方は特に必見です!

※本記事で紹介した保険相談窓口の中で取り扱い保険会社が多い上位3社をランキング化しています。
※2021年12月時点の情報です。最新の取り扱い保険会社数とは異なる場合があります。

1位 2位 3位
保険市場 ブロードマインド 保険マンモス
名称 保険市場 ブロードマインド 保険マンモス
取扱保険会社数 95社 57社 51社
相談形式
  • オンライン
  • 来店
  • 訪問
  • オンライン
  • 来店
  • 訪問
  • オンライン
  • 訪問
詳細

保険相談所の場所

保険相談所には主に次のような形態があります。

仕事の都合や休日などの予定に合わせるのはもちろん、親や配偶者も一緒に話を聞くことや、健康状態などデリケートな話題の場合はひとりでゆっくり相談できるなど、状況に合わせて相談形態を選べます。

保険相談窓口の形態

それぞれの詳細は下記のとおりです。

1.来店型

保険相談所は、駅ビル内や大型ショッピングモール内に店舗を構えている来店型のケースが一般的です。

そのため、最寄り駅であれば仕事帰りに立ち寄ったり、休日なら外出や買い物ついでに利用したりと、予定の合間に通うことができます。

小さな子どもがいる家庭でも、キッズスペースを設置している店舗なら安心して利用できます。

来店型の保険相談所を利用する場合は、事前に予約を入れておけば混雑を避けられますし、予約時に生年月日や職業などを伝えておけば当日の相談や見積もりもスムーズです。

2.訪問型

訪問型の保険相談は、自宅や職場、その近所のカフェやファミリーレストランなどに相談員が出張してくれるサービスです。

もちろん相談料や出張費はかからないうえ、自分自身の交通費や移動の手間もかかりません。

 最寄り駅や近所に来店型の相談所がなかったり、自家用車を持っていないと、店舗に行くこと自体がなかなか難しいので、訪問型は大変便利なサービスです。

特に小さな子どもがいる家庭では、自宅で相談できることは大きなメリットでしょう。

また、一人暮らしの女性や、女性特有の疾病などデリケートな相談を希望する場合は、女性の相談員を指名できる場合もありますので安心です。

カフェなどに訪問してもらう場合は、人の出入りが多く騒がしいお店ではなく、落ち着いてゆっくり話ができる静かな場所を選ぶと良いでしょう。

3.電話相談型

保険相談所によっては電話相談を受け付けているところもあります。

仕事が不規則な時間であるなど、来店や訪問の時間が取れない場合に、隙間時間を有効に使えるサービスです。

ただし、対面相談ではないため、パンフレットやパソコンの画面といった資料を見ながらの詳しい案内が難しい点がデメリットになります。

4.オンライン相談

保険相談所の適切な選び方

新型コロナウイルスの影響で、最近ではオンライン相談も一般的になってきました。

画面を共有して資料や試算を見ることができ、移動の手間や時間、交通費もかからないので、インターネット回線とパソコンがあれば気軽に利用できるサービスです。

さらに簡単な相談ツールとして、AI(人工知能)によるチャット相談を導入している保険相談所もあります。
オンライン保険相談の特徴
オンライン保険相談とは、インターネット通信をできる環境で、スマートフォン・パソコン・タブレットなどを使って保険相談をする方法です。
オンラインとは言っても相手の顔みながら相談できるので、一方的に説明を受けるようなことはありません。また、資料や設計書も画面に提示しながら話を聞けます。
分からないことがあればその場ですぐに質問もできるため、基本的には対面で行っていることほぼ変わりません。
オンライン保険相談のメリット
オンライン保険相談のメリットとしては大きいのは実際に人と会わなくても良いということです。 新型コロナウイルスの流行により、普段会わない人との会話や交流はリスクが伴うと考える方が増えました。
オンラインであればこのようなリスクを避けることが可能です。
また、直接会わなくて済むため、近くの店舗に在籍しているFP以外を指名することも可能です。
つまり、九州に住んでいる方が関東に在籍している実績があるFPに相談できる選択もできます。 さらに、気に入った保険商品があればそのままオンラインで申し込み可能な場合もあります。
相談から手続きまで自宅で完結できる可能性があるのもオンラインのメリットでしょう。
オンライン保険相談に必要なもの

オンライン保険相談を希望するときは少なくとも以下のものが必要です。

  • インターネットに接続できる環境
  • スマホ・タブレット・パソコンなど
  • メールアドレス

メールアドレスは相談を予約したり確認伝達手段として必要な場合があります。

オンライン保険相談の流れ

保険相談の窓口によって多少の違いはありますが、基本的は以下のように進められます。

オンライン相談の基本的な流れ
  1. 希望の保険相談窓口にオンライン相談があるかを確認する
  2. オンライン相談の空き状況を確認して予約をする
  3. 希望の日時に担当者と相談をする
  4. 保険の悩みやライフプランのシミュレーションなどが行われる
  5. 保険の提案や比較検討
  6. 気に入った商品があれば契約について話を進めていく

4番から5番にかけては1回の相談で済まないこともあるので、複数回に分けて行われることが多いです。

もし、新規で契約する場合オンラインではできない商品もあるため、具体的な手続きについては担当者に確認するようにしてください。

オンライン保険相談の注意点

相談内容にもよりますが時間は1時間から1時間半で複数回あるので、インターネットの通信費には気をつけてください。

また、事前にZoomなどをインストールして準備する必要があり、操作に慣れていない方はうまく相談ができない可能性があります。

アフターフォローの手厚さ

アフターフォローの手厚さも重要な要素になります。なぜなら保険は契約時ではなく、契約後の方がお世話になることが多いからです。

具体的には以下のようなフォローがある保険相談所が好ましいでしょう。

アフターフォローで大切なポイント
  • ライフステージごとに見直し相談に乗ってくれる
  • 給付や更新時の手続きをサポートしてくれる
  • 契約から一定期間経ったときに連絡をくれる

保険が役に立つときは「保険金を受け取るとき」です。契約後の対応が最も大切であることを念頭に置いておきましょう。

予約のとりやすさ

保険相談所選ぶときは予約の取りやすさも大切になります。なぜなら一度で決められないケースがほとんどのため、来店しやすい相談所の方がスムーズに決められるからです。

具体的に保険相談所の予約を取るときは「相談所の混雑具合」「相談所までの距離(来店する場合)」「予約サービスの使いやすさ」「オンライン対応」などを確認しましょう。

保険相談所に来店される方のほとんどは仕事や家事・育児で忙しい方です。日常に支障をきたさないように、ストレスなく相談できる所を選びましょう。

キャンペーンの有無や内容

保険相談所を選ぶときはキャンペーンの有無や内容を確認しましょう。なぜなら各社不定期でキャンペーンを実施しているため、豪華プレゼントを受け取れる可能性があるからです。

 具体的には「ドトールイーギフト」「お米」「お菓子の詰め合わせ」などのキャンペーンが挙げられます。

キャンペーンの内容は相談所によって異なり、中には複数のプレゼントから選べるところもあります。「どうせ相談するならプレゼントも欲しい」という方は確認してみると良いでしょう。

保険相談を行う5つのベストタイミング

保険相談を行う5つのベストタイミング

「保険相談所が便利なことはわかったけれども、相談に行くタイミングはわからないという方」もいらっしゃるでしょう。保険は担当者がつくことが多いため、相談に行くタイミングはわかりにくいかもしれません。

そこで以下では保険相談を行うベストタイミングを解説していきます。個人によってベストなタイミングは異なるため、自分に合った状況を探してみてください。

保険相談を行うベストタイミング
  1. 結婚・妊娠・出産したとき
  2. 子どもが就学・進学したとき
  3. 独立・起業したとき(会社員から自営業になったとき)
  4. 子どもが独立・ご自身が退職したとき
  5. 更新後の保険料が高いと感じたとき
  6. 提案された保険に不安があるとき

結婚・妊娠・出産したとき

保険相談をするベストタイミング:結婚・妊娠・出産したとき

結婚・妊娠・出産したときは保険相談をするベストタイミングといえます。なぜなら、家族が増えるため、保険をかけなければいけない対象が増えるからです。

一般的に保険は結婚や妊娠、出産をしたタイミングで保険金額の大きさがピークになるといわれています。特に世帯主の方は保険相談をして見直す必要があるでしょう。
これまで自分や両親のためだけにかけていた保険ですが、対象は最低でも2人増えます。世帯主は残された家族の生活費や教育費をまかなうための保険に加入しなければならないのです。

子どもが就学・進学したとき

保険相談をするタイミング:子どもが就学・進学したとき

子どもが就学・進学したときは保険を見直すタイミングといえます。なぜなら年間にかかる教育費や生活費が大きく変化するからです。

 公立校から私立に進学した場合や部活動を始めた場合など、在学中は家計にかかる負担が変わるタイミングがたくさんあります。

働けなくなってしまった時に手元に資金がないと、子どもを学校に通わせられなくなってしまいます。このようなことにならないよう、就学・進学のタイミングで保険相談に行く必要があるのです。

独立・起業したとき(会社員から自営業になったとき)

独立・起業したときは保険相談のタイミングといえます。なぜなら収入や受けられる公的保険が変化するからです。

会社員から自営業になったときに受けられなくなる保障の例として、傷病手当金が挙げられます。この保障は、働けなくなったときに1年6ヶ月を限度に給与の2/3を受け取れるものです。

 独立・起業するとこのような保障が受けられなくなります。さらに一時的に収入が減少することをい考慮すると、保険相談を実施して必要な保障を確認すべきなのです。

子どもが独立・ご自身が退職したとき

子どもが独立・ご自身が退職したときは保険相談をしましょう。なぜなら契約者に対しての責任が一気に軽くなるからです。

この時期は「家族のための保険」から「自分のための保険」に切り替えるタイミングです。現行の保障内容では余分になってしまう可能性があるため、保険相談に行ってみましょう。

更新後の保険料が高いと感じたとき

保険相談を行うベストタイミングとは:更新後の保険料が高いと感じたとき

現在加入している保険で「更新後の保険料が高いな」と感じたら保険相談に行くタイミングといえます。なぜなら保険の専門家に見直してもらうことで、保険料を最適化できる可能性があるからです。

現在加入している保険の担当にみてもらう方法もあります。しかし保険相談所であれば複数の保険会社を比較できるため、より良い保険を見つけやすいのです。

提案された保険に不安があるとき

現在加入または検討している保険会社から提案された保険に不安があるときは保険相談するタイミングです。なぜなら専門家に診てもらうことで、加入すべきか判断を仰げるからです。

 保険相談所のアドバイザーは生命保険会社に所属していません。そのため、フラットな視点で提案されている保険に対して評価できるのです。

「なんとなく良さそうだけど、判断しきれない」という場合は保険相談をしてみてください。

保険相談の前にこれだけ知っていればOK!生命保険の基礎知識

最後に、基礎知識として知っておきたいことを紹介します。まったく知識がなくても保険相談はできますが、知っていればよりスムーズに話を進められるでしょう。

生命保険とは

生命保険とは

人は生きているうえで病気やケガを絶対にしないとは言い切れません。また、亡くなってしまえば残された家族が困ってしまうこともあるでしょう。

このような人のリスクに備えるために、金銭に補うことができるようになるのが「生命保険」です。保険会社は保険に加入している方のうちどれくらいの方が保証が必要になるかと言ったことを確率や統計の知識を使って保険料を綿密に算出しています。

大勢の人が公平に保険料を出し合うことで、保証が必要な人へ給付金として支給されるようになるのです。

生命保険の種類【生命・医療・がん・その他】

病気のリスクや将来の備えとしてなど細かなニーズに応えるべく幅広い保険商品が登場しています。今何が必要かを知るために生命保険の種類について抑えておきましょう。

死亡保険

保険の対象となる方が死亡したり高度障害状態になったときに支払われる保険です。

例えば、働き盛りの方が突然亡くなったときでも保険金があれば、残された家族は生活費と使うことができるようになります。また、相続対策として死亡保険を考える方もいます。

医療保険

医療保険とは

民間の医療保険とは、病気やケガで入院をしたり通院をしたときに支給される保険です。個室に入院したときの差額ベッド代など国の健康保険ではカバーできない部分の備えとして加入する方が多く、上図の「ご自身で備える保障」の」部分を指します。

たとえば以下に挙げるような項目は国の健康保険の保障対象外となることから、全額を自己負担しなければなりません。民間の医療保険は、こうした国の健康保険だけでは対応しきれない出費への補填として役立ちます。

入院時に自己負担になる項目

ほかにも、医療保険は短期入院に備えて一時金が出たり、三大疾病には手厚い保証があったり保険会社によって個性的な商品があるのも医療保険の特徴だと言えるでしょう。

がん保険

がん保険とは

がんと診断されたら一時金がでたり、抗がん剤治療で通院したときに給付金が出るなどがんのリスクに備えるための保険です。国の保険が適用できない治療で出費が大きくなってもがん保険でカバーできるようになります。

その他

他にも、介護に備えるための「介護保険」、働けなくなったときの「就業不能保険」などもあります。また、保険にはつみたてできる商品もあり、万一のリスクに備えながら貯蓄も可能です。

生命保険に加入する目的を定めておこう

生命保険加入目的

あらゆるリスクに備えるために多くの保険に入るのが理想ですが、保険料もあるので入れる保険には限りがあります。つまり、保険料と保証のバランスを考える必要があるのです。

そこで、なぜ生命保険に加入するのかを改めて家族と話をするようにしましょう。理由や目的を分かったうえで相談をすれば、保険相談所でもより具体的にアドバイスがしやすくなります。

漠然とした理由では相談所でもニーズを把握し難くなり、無難な商品しか紹介されなくなるでしょう。

おすすめの無料保険相談所に関するよくある質問

おすすめの保険相談は?
当記事でのおすすめの保険相談は「ブロードマインド」です。理由は以下の通りです。

  1. 年間6,000件以上のオンライン相談実績あり
  2. 生命保険はもちろん、他の分野のプロフェッショナルと連携したサービスを受けられる
  3. サポート体制が整っている
  4. 相談は何度でも無料
  5. オンライン相談でお気軽に相談が可能
  6. 上場企業なので安心して相談できる
そもそも保険相談とは?
保険相談とは、保険に関する専門知識を持った募集人やファイナンシャルプランナーに、希望する保障や家計の状況、ライフステージに合わせて自分専用の保険を設計してもらうことです。
募集人とは?
生命保険募集人とは、生命保険協会の実施する募集人試験に合格した、保険販売資格を持つ人を指します。この募集人資格がない人が保険の販売や案内をすることは、保険業法上禁じられています。
FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?
ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金の面から家計の改善を図る『家計のホームドクター®』とも呼ばれるお金の専門家です。
保険相談を行うメリットとは?

保険相談を行うメリットは以下の通りです。

  1. 複数の保険会社・多くの保険商品を比較検討できる
  2. 募集人・FPから専門的な意見が聞ける
  3. 何度でも無料相談できるため家計に響かない
  4. 保険に加入してからも管理を任せられ、長期的に付き合える
保険相談所の選び方のポイントは?
保険相談窓口は多く存在していますので、相談員の質や取扱い保険会社数、保険相談所の場所やアフターフォローの手厚さ、予約のとりやすさ、キャンペーンの有無や内容に着目して選ぶとおのずとあなたに最適な無料保険相談窓口が見つかります。詳細はこちらからチェックしてください。
保険相談所を選ぶ際の注意点は?

保険相談をスムーズで充実したものにするために以下を確認するとより良い時間となるでしょう。

  1. 相談の目的は何か
  2. 医療や年金など、公的保障について把握しているか
  3. 準備する持ち物は何か
  4. 相談にかける時間はどれくらいか
  5. 相談員の提案は納得できるものか

まとめ

保険相談とは、自分のニーズに合った保険商品や保障の設計を、募集人やFPといった保険に関する専門知識を持つプロに無料で相談できるサービスです。

生命保険料は人生の5大出費に含まれる固定費ですから、家計収支全体を視野に入れた保険相談をすることで、結果として家計をまるごと見直すことができます。

保険相談所は街中でよく見かける店舗型のほか、自宅などに出張してもらえたり、より便利なオンライン相談型もあったりと、仕事や家庭の都合に合わせて相談形態を選べます。

どの相談形式でも、相談の目的や必要な保障など、自分のニーズを整理して把握しておくことが、建設的な相談を行う上で非常に重要です。

生命保険という商品は加入する期間が長期に渡りますので、その保険料で家計や貯蓄が圧迫されることがないよう、保険相談を定期的に利用することが保険とうまく付き合うコツになります。

募集文書番号:BM21-043

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事