【最新決定版】保険相談おすすめ3選|人気を徹底比較!

【最新決定版】保険相談おすすめ3選|人気を徹底比較!

生命保険の加入や見直しをしようと思っても、内容が難しくて何をどう選んだらよいか分からないといったことはありませんか?

生命保険は仕組みが複雑で専門用語も多く、パンフレットやwebページを見ても、自分に合った商品を判断するのは難しいですよね。

このようなとき、街中でよく見かける保険相談所が非常に頼りになる存在なのです。

豊富な専門知識を持つ相談員から、生命保険について分かりやすくかみ砕いた説明を受けられるうえ、保険を含めた家計収支全体を視野に入れたアドバイスをもらうことができます。

本記事では、おすすめの保険相談の比較をはじめ、保険相談のメリットや選び方などを解説します。

【最新】おすすめの保険相談3選徹底比較!

数ある保険相談窓口のなかで、いまおすすめできる最新の保険相談窓口を3社を厳選して紹介します!

1.ブロードマインド

おすすめの無料保険相談窓口人気1位ブロードマインド

ブロードマインドがおすすめな6つの理由
  1. 1年間に6,000件以上のオンライン相談実績がある!
  2. 2002年の設立以来、相談実績は10万件以上
  3. 提携している保険会社数は最大級の50社以上
  4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
  5. 事前準備や難しい設定など一切なく、オンラインでも訪問・来店でもお好きな相談方法が選べる
  6. アフターサービス専任の部門があるからサポート体制が整っている

ブロードマインド株式会社は、2002年の創設以来累計相談件数10万件を超える、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

生命保険はもちろんのこと、損害保険や資産運用、住宅ローン、財務コンサルティングといった各分野のプロフェッショナルが在籍するだけでなく、アフターサービスを専任する部門まで設置されていることからも、質の高さがうかがえます。

ブロードマインドの無料保険相談窓口の特徴・メリット

また特筆すべき事項として、他社では証券開設など相談程度にとどまる企業も多いなか、ブロードマインドではライフプランに合わせた提案のみでなく、手続きまでワンストップで行ってくれます

どこまでもお客さま想いなのが伝わってくるサービスですね。

生命保険以外の生活のこともブロードマインドの一か所で相談・解決ができるのは、快適なのはもちろん、煩雑さもなくなり豊かな生活に繋がるでしょう。

取扱保険会社数 57社
※金融商品仲介業含む
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場

幅広くお金の知識を持っている経験豊富なFPが対応してくれるため、お金の悩みを一気に解決できます。

しつこい勧誘はもちろん一切ありません。
多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

※1…https://www.b-minded.com/online_lp.php

2.保険市場

おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

保険市場がおすすめな3つの理由
  1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
  2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※2、お客様満足度は97.9%※3
  3. 店舗は全国に713店舗※4あるため近くの店舗が見つかる!

2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

取扱保険会社数 90社
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く)
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場

相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

※2…2021/7/27現在
※3…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
※4…※2021年7月27日現在

3.保険無料相談.com

保険無料相談.com

保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
  1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
  2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
  3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

取扱保険会社数 22社
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
オンライン保険相談
上場

保険無料相談.comでは、現在面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!2021年9月30日までの期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

保険無料相談キャンペーン

選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
※5…2019年2月現在

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗がおすすめな3つの理由
  1. 相談者や1世帯を担当するアドバイザーは1担当者制でずっと同じ担当者だから安心!
  2. 相談方法が4種類から自由に選べる!
  3. 40社以上の保険会社を取り扱い、全国319店舗も展開しているから選択肢の幅が広い!

40社以上もの保険会社からオーダーメイドで提案してくれる保険見直し本舗は、保険相談や提案、加入手続き(契約)はもちろん、アフターフォローまですべて無料。事務手数料をはじめとする料金はいっさいかかりません。

取扱保険会社数 40社
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国319店舗
オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
上場

さらに、2021年9月1日には複数の保険会社や保険種類を簡単に保険管理ができる無料アプリもリリース。

目的を見失いがちな保険加入についても、目的別に状況を整理し、かつ煩雑になりがちな保険契約についても見やすく家族にもシェアできます。

さらに、保険証券がなくても保険金の請求まで可能!
保険見直し本舗での相談とともに、無料で利用できる便利なアプリも是非一度試してみてください。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボがおすすめな3つの理由
  1. 全国に約70もの拠点があり、支店が近くになくても希望の場所まで足を運んでくれる!
  2. 平均業界経験年数12.1年というベテランのコンサルタントを揃えており相談に期待ができる!
  3. 約30社もの保険会社から提案してくれる

保険見直しラボで実際に相談を行った人は、「サービスに満足した」と回答した人が97.3%、コンサルタントのおすすめ度(友人や知人に紹介したい度合い)は80%以上と高い評価をしています。

コンサルタントの業界経験年数がおよそ12.1年と長いため、相談相手の知識量について不安に思う必要はまずないでしょう。

取扱保険会社数 30社
主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
対応地域 全国70拠点
オンライン保険相談
上場

さらに、今なら保険相談ののちにアンケートに回答するだけで、もれなく豪華プレゼントキャンペーン実施中!

保険見直しラボキャンペーン

選べる豪華プレゼント
  • ダロワイヨ マカロン詰め合わせ
  • 雪室熟成豚 ロース味噌漬
  • ゆめぴりか 特Aランク 北海道産
  • 熟成牛タン 宮城県仙台名物
小さなお子さんがいる家庭では自宅や、その他職場や自宅近くの希望の場所に何度でも足を運んでくれるので煩わしさが一切ありませんね。
※2020年6月の回答より

保険相談とは?

保険相談とは?

保険相談とは、保険に関する専門知識を持った募集人やファイナンシャルプランナーに、希望する保障や家計の状況、ライフステージに合わせて自分専用の保険を設計してもらうことです。

募集人とは
生命保険募集人とは、生命保険協会の実施する募集人試験に合格した、保険販売資格を持つ人を指します。この募集人資格がない人が保険の販売や案内をすることは、保険業法上禁じられています。
また、生命保険協会の実施する業界試験には、募集人となれる一般課程のほか、上位資格の専門課程や応用課程、大学課程があります。
全6課目ある大学課程の合格者については、『トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)』の称号が授与されます。※1
※1 生命保険協会 業界共通教育課程
FP(ファイナンシャル・プランナー)とは
ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金の面から家計の改善を図る『家計のホームドクター®』とも呼ばれるお金の専門家です。
国家検定で1級~3級まであるFP技能士のほか、日本FP協会が認定するAFP、その上位資格のCFPの3つの資格があります。※2

※2 日本FP協会 FP資格について

*「家計のホームドクター®」はNPO法人日本FP協会の登録商標です。

保険相談所は、駅ビル内や大型ショッピングモール内に店舗を構えているケースが一般的ですが、最近では新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインによる相談も増えています

生命保険は、加入する期間や受け取るお金など、どのような保障を得るかによって色々な商品があります。

加入を検討するにも、どの商品が自分のニーズに合っているのか分からず戸惑ったり、何から調べればいいか分からなかったりという経験はないでしょうか。

生命保険は予備知識がないと仕組みや内容が分かりづらく、難しいものと敬遠してしまいがちです。

そのような場合に、募集人やファイナンシャルプランナーなどの有資格者からプロ目線のアドバイスをもらえるのが、保険相談です。

 

ところで、家計の中で固定費になる生命保険料は、人生の5大出費に含まれていることはご存じでしょうか。

人生の5大出費
  1. 住居関連費
  2. マイカー関連費
  3. 老後生活関連費
  4. 教育関連費
  5. 保険関連費

5.の保険関連費のうち、多くを生命保険が占めています。

この生命保険料は、ライフステージの変化に応じてこまめに保障内容の見直しをすれば、ムダがなくなり安くできる可能性があります。

節約した保険料を貯蓄に回せば、結果として保険だけでなく家計をまるごと見直すこともできるのです。

保険相談所では、前述のファイナンシャルプランナー資格を持った相談員が在籍しているケースも多いため、保険だけでなく家計収支全体を視野に入れた上での相談も可能です。

保険相談を定期的に行う4つのメリット

保険相談を行うことで、次の4つのメリットが得られます。

保険相談を行うメリット
  1. 複数の保険会社・多くの保険商品を比較検討できる
  2. 募集人・FPから専門的な意見が聞ける
  3. 何度でも無料相談できるため家計に響かない
  4. 保険に加入してからも管理を任せられ、長期的に付き合える

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.複数の保険会社・多くの保険商品を比較検討できる

保険相談所は一般的に数十社の保険会社商品を取り扱っています。

生命保険で必要な保障とはすべての人に普遍的なものではなく、ライフステージや家族構成、年齢によって変動します。ですから、自分に合う保険を幅広い選択肢から比較検討することが重要です。

加えて、新商品や商品改定について、様々な保険会社の最新情報が得られる点もメリットです。

2.募集人・FPから専門的な意見が聞ける

保険相談を定期的に行う4つのメリット

保険相談所は前述のとおり、保険に関する専門知識を持った募集人やファイナンシャルプランナーが相談員として所属しています。

生命保険は難解な専門用語や複雑な仕組みが多く、パンフレットやwebページを見ても分かりづらいものです。

 そのような難しい保険に精通している募集人・FPから、分かりやすくかみ砕いた説明を受けられるうえ、特定の商品に偏らずに中立的な立場でアドバイスを受けることができます。

複数の保険会社商品を取り扱う保険相談所を『乗合代理店』と言います。この乗合代理店では、複数商品の比較推奨販売において特定の商品だけに偏った案内をすることは、保険業法で禁じられています。

加えて同法では、取扱商品のうち比較可能な商品の一覧を示すことや、推奨する商品の推奨理由などを情報提供することが義務化されています。

3.何度でも無料相談できるため家計に響かない

保険相談所では、保険相談や見直しなどのアドバイスについて、何度でも無料で相談できます

保険の加入や見直しの相談をした結果、加入を見送ったり、見直しはせず現状維持のままだったりしても、ペナルティなどはいっさいありません。

4.保険に加入してからも契約の管理を任せられ、長期的に付き合える

保険相談を定期的に行う4つのメリット

保険相談所は、保険代理店として契約者と保険会社の橋渡し役をしています。

 生命保険は加入してからもライフイベントに伴い様々な見直しが必要ですし、有事の際には保険金請求の手続きを行わなければなりません。

保険代理店である相談所では、窓口として保険契約者と適宜コミュニケーションを取ることで、契約の保全活動や保険金請求などの管理を一手に引き受けてくれるのです。

ちなみに、保険相談を行うライフステージ上のタイミングとしては、次の場合が挙げられます。

保険相談を行う主なタイミング
  • 就職や転職をしたとき
  • 結婚したとき、離婚したとき
  • 妊娠・出産したとき
  • マイホームを購入したとき
  • フリーランス、個人事業主になったとき
  • 子供が独立したとき
  • 定年退職したとき
  • 老親を介護・扶養することになったとき
  • 加入している保険の更新時期

保険相談所の適切な選び方

保険相談所には主に次のような形態があります。

仕事の都合や休日などの予定に合わせるのはもちろん、親や配偶者も一緒に話を聞くことや、健康状態などデリケートな話題の場合はひとりでゆっくり相談できるなど、状況に合わせて相談形態を選べます。

保険相談所の形態
  1. 店舗への来店型
  2. 自宅などへの訪問型
  3. 電話相談型
  4. オンライン型

それぞれの詳細は下記のとおりです。

1.来店型

保険相談所の適切な選び方

保険相談所は、駅ビル内や大型ショッピングモール内に店舗を構えている来店型のケースが一般的です。

そのため、最寄り駅であれば仕事帰りに立ち寄ったり、休日なら外出や買い物ついでに利用したりと、予定の合間に通うことができます。

小さな子どもがいる家庭でも、キッズスペースを設置している店舗なら安心して利用できます。

来店型の保険相談所を利用する場合は、事前に予約を入れておけば混雑を避けられますし、予約時に生年月日や職業などを伝えておけば当日の相談や見積もりもスムーズです。

2.訪問型

訪問型の保険相談は、自宅や職場、その近所のカフェやファミリーレストランなどに相談員が出張してくれるサービスです。

もちろん相談料や出張費はかからないうえ、自分自身の交通費や移動の手間もかかりません。

 最寄り駅や近所に来店型の相談所がなかったり、自家用車を持っていないと、店舗に行くこと自体がなかなか難しいので、訪問型は大変便利なサービスです。

特に小さな子どもがいる家庭では、自宅で相談できることは大きなメリットでしょう。

また、一人暮らしの女性や、女性特有の疾病などデリケートな相談を希望する場合は、女性の相談員を指名できる場合もありますので安心です。

カフェなどに訪問してもらう場合は、人の出入りが多く騒がしいお店ではなく、落ち着いてゆっくり話ができる静かな場所を選ぶと良いでしょう。

3.電話相談型

保険相談所によっては電話相談を受け付けているところもあります。

仕事が不規則な時間であるなど、来店や訪問の時間が取れない場合に、隙間時間を有効に使えるサービスです。

ただし、対面相談ではないため、パンフレットやパソコンの画面といった資料を見ながらの詳しい案内が難しい点がデメリットになります。

4.オンライン相談

保険相談所の適切な選び方

新型コロナウイルスの影響で、最近ではオンライン相談も一般的になってきました。

画面を共有して資料や試算を見ることができ、移動の手間や時間、交通費もかからないので、インターネット回線とパソコンがあれば気軽に利用できるサービスです。

さらに簡単な相談ツールとして、AI(人工知能)によるチャット相談を導入している保険相談所もあります。

保険相談所を選ぶ際の注意点

保険相談所では、次の5つの点に注意する必要があります。

保険相談所利用の注意点
  1. 相談の目的は何か
  2. 医療や年金など、公的保障について把握しているか
  3. 準備する持ち物は何か
  4. 相談にかける時間はどれくらいか
  5. 相談員の提案は納得できるものか

1.相談の目的は何か

保険相談所では保険の相談をすることになりますが、保険に求める保障・期間・保険料といった条件や、保険に対する不明点、何を相談したいのかといった目的を整理しておきましょう

加えて、ライフプランニングや将来設計を具体的に考えておくことで、これからのライフステージに合った保険を設計してもらうことができます。

2.医療や年金など、公的保障について把握しているか

保険相談所を選ぶ際の注意点

日本には充実した公的医療保険制度や遺族年金制度があり、生命保険はその不足分を補うのが役割です。

公的保障でカバーできる部分を把握したうえで、自分や家族に必要な保障を補う保険について相談することで、多くの保険商品から自分に合ったものを絞り込むことができます。

3.準備する持ち物は何か

まず、筆記用具とメモ帳は必ず用意しておきましょう。加えて、現在加入している生命保険がある場合は、その保険証券も持参すると試算などがスムーズです。

会社の福利厚生制度で加入している団体保険があれば、それも忘れずに把握しておきましょう。

さらに、収支がわかる家計簿や給与明細、源泉徴収票、保有資産がわかる通帳、ねんきん定期便などがあると、将来のライフプランを踏まえた保険の設計をしてもらうことができます。

4.相談にかける時間はどれくらいか

保険相談にかける平均時間としては、1回につき1時間~2時間回数は1回~3回程度です。

 焦って加入する必要はありませんので、納得できるまで時間をかけて検討すると良いでしょう。

5.相談員の提案は納得できるものか

保険相談所を選ぶ際の注意点

前述のとおり、生命保険料は人生の5大出費に含まれており、家計のうちでも大きな固定費になります

上記のように納得できるまで時間をかけるのはもちろん、募集人やFPといった資格を持つ相談員にも様々な考えや得意分野があります。

色々な相談員や他の保険相談所で多角的な提案を受けることで、納得できる落としどころが見つかるかもしれません。

保険相談に関するQ&A

おすすめの保険相談は?
当記事でのおすすめの保険相談は「ブロードマインド」です。理由は以下の通りです。

  1. 年間6,000件以上のオンライン相談実績あり
  2. 生命保険はもちろん、他の分野のプロフェッショナルと連携したサービスを受けられる
  3. サポート体制が整っている
  4. 相談は何度でも無料
  5. オンライン相談でお気軽に相談が可能
  6. 上場企業なので安心して相談できる
そもそも保険相談とは?
保険相談とは、保険に関する専門知識を持った募集人やファイナンシャルプランナーに、希望する保障や家計の状況、ライフステージに合わせて自分専用の保険を設計してもらうことです。
募集人とは?
生命保険募集人とは、生命保険協会の実施する募集人試験に合格した、保険販売資格を持つ人を指します。この募集人資格がない人が保険の販売や案内をすることは、保険業法上禁じられています。
FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?
ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金の面から家計の改善を図る『家計のホームドクター®』とも呼ばれるお金の専門家です。
保険相談を行うメリットとは?

保険相談を行うメリットは以下の通りです。

  1. 複数の保険会社・多くの保険商品を比較検討できる
  2. 募集人・FPから専門的な意見が聞ける
  3. 何度でも無料相談できるため家計に響かない
  4. 保険に加入してからも管理を任せられ、長期的に付き合える
保険相談所の選び方のポイントは?
保険相談は状況に合わせて相談形態を以下の中から選べるので、相談内容にあった形態を選ぶといいでしょう。

  1. 店舗への来店型
  2. 自宅などへの訪問型
  3. 電話相談型
  4. オンライン型
保険相談所を選ぶ際の注意点は?

保険相談をスムーズで充実したものにするために以下を確認するとより良い時間となるでしょう。

  1. 相談の目的は何か
  2. 医療や年金など、公的保障について把握しているか
  3. 準備する持ち物は何か
  4. 相談にかける時間はどれくらいか
  5. 相談員の提案は納得できるものか

まとめ

保険相談とは、自分のニーズに合った保険商品や保障の設計を、募集人やFPといった保険に関する専門知識を持つプロに無料で相談できるサービスです。

生命保険料は人生の5大出費に含まれる固定費ですから、家計収支全体を視野に入れた保険相談をすることで、結果として家計をまるごと見直すことができます。

保険相談所は街中でよく見かける店舗型のほか、自宅などに出張してもらえたり、より便利なオンライン相談型もあったりと、仕事や家庭の都合に合わせて相談形態を選べます。

どの相談形式でも、相談の目的や必要な保障など、自分のニーズを整理して把握しておくことが、建設的な相談を行う上で非常に重要です。

生命保険という商品は加入する期間が長期に渡りますので、その保険料で家計や貯蓄が圧迫されることがないよう、保険相談を定期的に利用することが保険とうまく付き合うコツになります。

募集文書番号:BM21-043

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事