20代から生命保険に入るのがおすすめな理由やメリット、選び方を解説

20代に生命保険はいらない?おすすめな理由やメリット、選び方を解説

20代のなかには「まだ若いし生命保険には入らなくてもいいかな?」と思っている人もいるでしょう。20代は収入や貯蓄も少ない時期。必要のない出費は避けたいものですよね。

しかし、結論からいうと20代だからこそ生命保険には入っておいたほうが良いです。それは何故でしょうか?今回は、20代で生命保険に入る必要性を解説します。

20代におすすめの生命保険の選び方や注意点も併せて解説するので参考にしてみてくださいね。
最適な保険は専門家に無料相談を!
ブロードマインド
無料保険相談のおすすめはブロードマインド
ブロードマインド

あなたや大切な家族に最適な保険とは?
悩む前に、無料でプロに保険相談ができる窓口の利用をおすすめします!

ブロードマインドのおすすめポイント
  • 相談実績10万件超
  • 完全無料で保険相談が可能
  • 取り扱い保険会社50社以上
  • オンラインと対面の両方可能
  • 上場企業なので安心

20代のうちに生命保険に加入する必要性とは?

20代のうちに生命保険に加入する必要性とは?

独身で守るべき存在がおらず、身体の不調を感じることも少ない20代。仕事もプライベートも全力で楽しんでいる人が多いと思います。

一見、生命保険は必要ないように思えますが、そんな20代だからこそ生命保険への加入は重要です。ここで生命保険に加入する必要性を解説します。自身に必要かどうか確認してみてくださいね。

20代のうちに生命保険に加入する必要性
  • 病気やケガの治療費で家計が圧迫される可能性
  • 安い保険料で保障を確保できる世代
  • 病気にかかってからでは各種生命保険に加入できなくなる

それぞれについて解説します。

病気やケガの治療費で家計が圧迫される可能性

20代のうちは健康についての不安を抱える人は少ないと思います。しかし、若いとはいえ病気やケガをしないとは言い切れません

厚生労働省の調査によると、20代男女の死因第2位にはがん、3位には不慮の事故が挙がっています。

 入院の原因としては、男性は精神疾患やケガ、女性は精神疾患のほかにがんもランクインしています。

病気やケガをした場合、治療費の支払いで家計が圧迫されたり、働けなくなることで収入が減少し生活が困窮したりする可能性も考えられます。

また、精神科の入院にかかる自己負担額は、1カ月あたり20~30万円程度です。高額療養費制度を利用すれば自己負担額の軽減ができますが、一般的な所得でも8万円程度は自己負担となります

収入や貯蓄が少ない20代にとっては、この8万円も大きな痛手になると考えられます。

安い保険料で保障を確保できる世代

20代のうちに生命保険に加入する必要性とは?

20代から加入すれば、他の世代よりも安い保険料で保障を確保できます。

 一般的に生命保険は30代、40代と年齢が上がるにつれて、保険料がどんどん高くなっていきます。

これは病気やケガ・死亡リスクの上昇が原因で、20代は他の世代に比べて健康な人の割合が多い世代と判断されているからです。

20代から加入するだけでお得な保険料で充実した保障を確保できます。

病気にかかってからでは各種生命保険に加入できなくなる

病気にかかると生命保険に加入できなくなります。なぜなら生命保険の仕組み上、病気になった方と健康体の方が同じ保険に加入していると不平等が生じてしまうからです。

生命保険は「公平性の原則」と呼ばれるルールに則って保険団体を作っています。公平性の原則とは、契約者間で保険金を受け取る確率などができるだけ平等になるようにするというものです。

 同じ保険に健康な人と病気を持っている人がいたら、後者の方が保険金を受け取る確率が高くなる可能性があります。この不平等をなくすために、病気を持っている人の保険加入を拒否しているのです。

とはいえ、持病を持っている方や既往歴がある方でも加入できる保険も用意されています。しかし、そのような保険は通常の保険よりも軒並み保険料が高くなるのです。

健康なときは「保険は必要ない」と考えがちですが、健康な時に加入しておかないと返って損する可能性があるのが保険です。必要性を感じた方は早めの備えることをおすすめします。

20代のうちに生命保険に加入するメリット

20代からの生命保険の加入には、他世代では得られないメリットがあります。加入を迷われている人はどんなメリットがあるのかチェックしてみてくださいね。

幅広い選択肢の中から最適なものを選べる

20代のうちに生命保険に加入するメリット

20代のうちに生命保険に加入する最大のメリットは、他の世代よりも幅広い選択肢の中から保険商品を選べること。これは20代の病気やケガのリスクが他の世代よりも低いことが関係しています。

生命保険の契約には審査があります。審査は契約書類に記載された告知事項の内容の精査を行うものです。

告知事項の内容
  • 過去5年間の健康状態
  • 既往歴
  • 服用中の薬 など

告知事項では主に健康状態についての記載が求められます。30代以降は、ストレスや運動不足などによる健康上の不調が出現しやすいとされています。

 年代が上がるほど告知事項に記載する項目も増えていき、内容によっては契約ができないこともあります。

しかし20代の健康な人であれば、どんな生命保険にも比較的入りやすくなっています。

数多くの商品の中から、自身に本当に合ったものを厳選して選べるのは大きなメリットといえるでしょう。

生涯の払込保険料がお得になる

20代のうちに生命保険に加入するメリット

2つ目のメリットは、生涯で支払う保険料が他の世代よりも安く抑えられることです。20代からの加入で節約できるのは日頃の保険料だけではありません。

 貯蓄性のある保険では、30代以降で入るよりも20代で入るほうが払込保険料総額を抑えられます。

つまり、少ない資金で高い返戻金を受け取れるのです。これは保険会社が長い期間資金を運用できるというメリットがあるからだとされています。

保険会社は契約者から受け取った保険料を運用して利益を出しています。運用期間は、長ければ長いほど利益が出やすいとされています。

日頃の保険料だけでなく、生涯でかかる払込保険料まで安く抑えられるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

20代が生命保険について悩むなら無料でプロに相談がおすすめ

「20代のうちに生命保険に加入する必要性やメリットは分かってきたけれど、イマイチ決め手に欠ける…」「具体的にどんな生命保険が自分に最適なのか迷ってしまう…」

このような悩みがある方は、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします!

無料保険相談窓口を利用するメリット
    • 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
    • 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
    • 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

    数ある保険相談窓口のなかで、今おすすめできる最新の人気保険相談窓口を5社を厳選して紹介します!

    表は右にスクロールできます。

    キャンペーン      
    名称 ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険マンモス 保険見直しラボ 保険無料相談.com 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    ブロードマインド ほけんのぜんぶ 保険マンモス 保険見直しラボ 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    取扱保険会社数 57社 39社 51社 提携先による 36社 - 91社 40社 50社
    店舗数 12拠点 28拠点 97拠点 なし 70拠点 なし 567拠点 806拠点 256拠点
    キャンペーン
    ギフト券1,000円分

    6種類から選択

    5種類から選択

    4種類から選択

    6種類から選択

    10種類から選択
    なし  なし  なし 
    オンライン相談
    ×
    店舗相談 × × × ×
    訪問相談   ◎  ◎  ◎  ◎  ×
    詳細

    ※出典:各無料保険相談公式サイト
    2022年11月9日時点

    1.ブロードマインド

    保険相談おすすめランキングブロードマインド

    ブロードマインドがおすすめな6つの理由
    1. オンライン相談実績1年間6,000件以上
    2. 2002年の設立以来、相談実績10万件以上
    3. 提携保険会社数50社以上は業界最大級!
    4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
    5. オンライン・訪問・来店お好きな相談方法が選べる
    6. アフターサービスだけを担う部門がある稀有な相談窓口

    ブロードマインド株式会社は、累計相談件数10万件超、1年間に6,000件以上ものオンライン相談実績を誇る、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

    相談可能なジャンルは保険のみならず、下図の6つの分野の専門家による連携で、より横断的かつ深い相談が叶います。

    ブロードマインドの無料相談窓口の特徴

    さらに、ブロードマインドでは相談や提案だけにとどまらず、各種発生する手続きまで全て行ってくれるため、専門家に任せられる安心感も得ながら面倒なやり取り等をしなくても良くなるというメリットも享受できます。

    また、アフターサービス部門があり、お客さまにとことん寄り添うサポート体制が万全に整っているのも他の無料保険相談ではなかなかない特長です。

     また、ブロードマインドのFPは多彩な専門知識を有する独立系ファイナンシャルプランナーなので、特定の金融機関に偏ることなく、中立的な立場で提案し、サポートできる他社にはない強みも持っています。

    多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
    保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

    取扱保険会社数 57社
    ※金融商品仲介業含む
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
    対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場

    ブロードマインドでは、現在無料相談を利用するだけでgiftee Boxで使えるギフト券1,000円分をもれなくプレゼント

    ブロードマインドの保険相談キャンペーン

    giftee Boxは豊富なラインナップの中から好きな商品を選べるギフトです。 ポイント内であれば複数のギフトと自由に交換することができ、利用に専用アプリのダウンロードや会員登録は必要ありません。

    giftee Box利用可能店舗(例)▼
    • サーティワン アイスクリーム
    • TULLY'S COFFEE
    • ドトールコーヒー
    • Uber Eats
    • 出前館
    • すかいらーく
    • 図書カードネットギフト
    • コカ・コーラ
    • GODIVA など他多数
    キャンペーン修了期間は未定ですので、開催中のこの機会に無料で相談をしてみることをおすすめします。

    ※出船:公式サイト

    2.ほけんのぜんぶ

    3.保険無料相談.com

    ほけんのぜんぶがおすすめな6つの理由
    1. お金のスペシャリストに何度でも無料で相談できる
    2. 子育て世代からシニア層まで累計19万件※1の幅広い相談実績がある
    3. 在籍しているFPの買うzが316名※2と非常に多く、相談員のFP資格取得率なんと100%
    4. 取扱っている保険会社数が日本最大級の30社以上
    5. 都合の良いタイイングに、自宅やオフィス、近隣のカフェなど指定した場所に訪問してくれる
    6. Web面談(オンライン相談)を受け付けている
      ※1 2021年4月時点 / ※2 2021年10月時点

    ほけんのぜんぶは、全国47都道府県に相談対応エリアを設けている無料保険相談窓口で、累計申込み件数19万件を誇ることからも信頼性が高いことがうかがえます。
    在籍しているFP資格取得者の人数は316名と非常に多く、取得率はなんと驚異の100%です。

     同じ無料保険相談窓口でも、相談員がFPの資格を取得していないケースも多くあるため、ほけんのぜんぶの取得率100%は非常に高い数値であることがわかります。

    ”保険相談”とはいうものの、FPに相談が可能なことからも教育資金や家計全般の相談から住宅ローン、老後資金といった保険以外のこともオールマイティーに相談ができるのも魅力です。

    ご自身やご家庭のお金の悩みを一気に相談・解決に導くことができるのは心強いですね。

    取扱保険会社数 39社※3
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、個人年金保険、損害保険、住宅ローン、教育資金、
    対応地域 ー(訪問型)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場 ×
    ほけんのぜんぶでは、相談・面談後にもれなくプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!
    ほけんのぜんぶ キャンペーン情報
    お米やコーヒーギフトセットといった美味しいプレゼントから、サーモスのタンブラーやWELEDAのスターターセットといったちょっとリッチなプレゼントまで選ぶことができます。
    このお得な機会を逃すことなく相談予約をすることをおすすめします。

    3.保険無料相談.com

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
    1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
    2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
    3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

    保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

    取扱保険会社数 22社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
    オンライン保険相談
    上場

    保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

    保険無料相談.comのキャンペーン情報

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
    ※3…2019年2月時点
    出典:公式サイト

    4.保険市場

    おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

    保険市場がおすすめな3つの理由
    1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
    2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※4、お客様満足度は97.9%※5
    3. 店舗は全国に713店舗※6あるため近くの店舗が見つかる!

    2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

    総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

    取扱保険会社数 90社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く
    オンライン保険相談 (全国対応可能)
    上場

    相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

    予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

    ※4…2021/7/27時点
    ※5…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
    ※6…※2021年7月27日時点
    出典:公式サイト

    【独身・既婚・子どもあり】20代におすすめの生命保険の選び方

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    「生命保険の重要性は分かったけど、何を基準に選べば良いのかわからない」という方もいると思います。20代は結婚・出産などライフステージが激しく変化しやすい時期です。

    そのため、生命保険選びでは個々のライフステージに合わせることが非常に重要となります。

    20代独身の場合

    20代独身の場合には、以下の3つのポイントに気をつけて保険を選ぶのがおすすめです。

    ポイント
    1. 病気やケガのリスクのカバーを重視する
    2. 収入減少のリスクに備える
    3. 死亡保険金は葬儀代を補える程度に設定する

    1.病気やケガのリスクのカバーを重視する

    20代で独身の人は、自身が病気やケガになったときのリスクのカバーを一番に考えましょう。生命保険文化センターの調査では、20代男女の1回あたりの入院にかかる自己負担額は24.8万円です。

     20代の死因には、男女ともにがんもあがってきています。

    がん治療における自己負担額は、平均よりもさらに高額となることが予想されます。

    病気やケガの治療費をカバーできるように、医療保険への加入を検討するのがおすすめです。

    2.収入減少のリスクに備える

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    病気やケガにより働けなくなった場合の収入減少のリスクも考えておきましょう。生活するための費用には病気やケガの治療費だけでなく、家賃・光熱費・カーローンなどもあります。

     会社員は治療によって働けなくなった場合、傷病手当金を受け取れます。しかし、受け取れる金額は通常の給料よりも低いです。

    また、自営業やフリーランスとして働いている人は、収入減少した場合に受け取れる保障が何もないため、収入はゼロになる可能性が高いです。

    固定でかかる生活費用などの支払いが滞らないよう、就業不能保険・収入保障保険などに加入して収入減少に備えることが大切です。

    3.死亡保険金は葬儀代を補える程度に設定する

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    独身の場合、死亡保障をそれほど重要視する必要はありません。死亡保障は残された家族の生活を保障するためのものだからです。

     両親や親族に死後整理の際に経済的な負担をかけないよう、葬儀代分を備えておくとよいでしょう。

    日本消費者協会の調査によると、葬儀にかかる平均費用は約200万円とされているため、この金額を目安に設定しておきましょう。

    20代既婚の場合

    20代既婚の場合には、以下の2点に着目して保険を選ぶのが良いでしょう。

    ポイント
    1. 万一の家族の生活保障を重視する
    2. 病気やケガのリスクにも備える

    1.万一の家族の生活保障を重視する

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    20代既婚の場合には、自身に万一のことがあった際の家族の生活保障を考えましょう。共働き世帯でどちらも自身の収入だけで生計を立てられるのであれば、そこまで大きい保障は必要ありません。

    しかし、共働きでも一方が収入の大半を占めている場合や、専業主婦(夫)の場合は注意が必要です。

     20代は貯蓄も少ないため、一家の大黒柱が亡くなった途端に収入が大幅に減少する可能性があり、生活が成り立たなくなる可能性があります。

    働かなくても数年先くらいまでは生活を維持できるような、大きめの死亡保障を備えておくと安心でしょう。

    2.病気やケガのリスクにも備える

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    独身時代同様に、病気やケガのリスクにも備えておきましょう。

    治療費の支払いが家計を圧迫することになったり、病気により働けなくなったりした場合にパートナーの生活に支障をきたす可能性があるからです。

    医療保険はもちろん、就業不能保険・収入保障保険にも加入しておくと安心です。

    20代既婚で子どもがいる場合

    20代既婚で子どもがいる場合には、以下の2点に着目して保険を選びましょう。

    ポイント
    • 保険料をできる限り安く抑える
    • 死亡保障で教育費分も備える

    1.保険料をできる限り安く抑える

    子どもがいる場合は生活費や住宅ローンのほかに教育費の支払いなど、出費がかさむことが予想されます。そのため、保険料をできる限り安く抑えることが大切です。

    保険料を抑える方法
    • ネット型の保険に切り替える
    • 保障内容を本当に必要なもののみに絞り込む など

    少しの工夫をするだけで、保険料は安く抑えられます。保険料の支払いが家計を圧迫しないように、無理なく支払える金額に収めましょう

    2.死亡保障で教育費分も備える

    【ライフステージ別】20代におすすめの生命保険の選び方

    子どもがいる世帯では自身に万が一のことがあった場合、家族の生活費だけでなく将来かかる子どもの教育資金についても考える必要があります。

    子どもが大学を卒業するまでにかかる教育資金は、公立で1,000万円程度、私立では2,500万円程度とされています。

     片親になったときに、貯蓄だけでこの教育資金の形成をはかるのは難しくなる可能性が高いです。

    数年分の生活保障にプラスして、幼稚園から大学までをすべて私立で通った場合にも安心な金額を、死亡保険金で用意しておくとよいでしょう。

    死亡保険ではなく、学資保険で教育資金の貯蓄をするのも良い方法です。

    20代男性・20代女性それぞれにおすすめの生命保険とは

    20代男性・20代女性それぞれにおすすめの生命保険とは

    「生命保険の必要性はわかったけれども、どの保険に加入したら良いかわからない」という方もいらっしゃいますよね。実際、初めて保険を検討する方も多いため、悩む方もたくさんいます。

    そこで以下では20代の男性・女性におすすめの生命保険を解説していきます。比較的安く加入できますが一度加入すれば長期間の契約になるため、慎重に検討していきましょう。

    20代男性におすすめの生命保険

    20代男性におすすめの生命保険

    20代の男性は独身か既婚かによって必要な保障が大きく変化します。特に既婚の方は万が一に備える必要があるため、より慎重に検討していきましょう。

    20代男性に必要な保険
    1. 死亡保険(定期保険)
    2. 学資保険
    3. 医療保険

    死亡保険(定期保険)

    まず20代男性が必要な保険は死亡保険です。未婚者も既婚者も死亡保険に加入するときは「定期保険」に加入することをおすすめします。

    なぜ終身保険ではなく定期保険が必要なのですか?
    未婚の場合は結婚後に見直す必要があるから、既婚の場合は終身保険では手厚くしにくくなってしまうからです。子どもが小さい内に万が一のことがあった時に備えて、手厚い死亡保障を用意する必要があります。
    終身保険は一生涯の保障を手にできる分、保険金額を大きくすると若いうちの負担が大きくなってしまいます。特に世帯主の方はご自身に万が一のことがあっても教育費や生活費をまかなえるような準備を心がけましょう。

    学資保険

    学資保険

    既婚の方で「教育資金をどうやって貯めよう」と悩んでいる方は学資保険の加入をおすすめします。なぜなら毎月保険料を支払いながら教育資金の積み立てができるからです。

    さらに、契約者に万が一のことがあった場合でも学資保険の加入者は目標金額を用意できるようになっています。計画的に用意できるため、子どもが生まれて間もないうちに検討してみてください。

    医療保険

    「貯金が少なくて医療費が心配」「自営業やフリーランスで公的保障が手薄い」という人は医療保険の加入をおすすめします。

    医療保険とは

    医療保険に加入することで、手頃な価格で医療費の一部を負担してもらえるようになります。特に自営業は傷病手当金がないなど、会社員と比較して国からの保障が手薄い傾向にあります。そのため何らかの方法で補填しなければなりません。

    20代であれば、ネット保険などを活用すると月1,000円前後で加入できる医療保険もあります。もちろん保障金額にもよりますが、加入することで医療費をまかなえるようになるでしょう。

    20代女性におすすめの生命保険

    20代女性におすすめの生命保険

    20代の女性は人によっては結婚・妊娠・出産を控えている方もいらっしゃるでしょう。また、働き方にもよって必要な保障や保険金額は変わるため、いくつか事例を踏まえて紹介していきます。

    20代女性におすすめの生命保険
    1. 医療保険
    2. 死亡保険(定期保険)

    医療保険

    20代の女性は医療保険に加入することをおすすめします。なぜなら病気やケガの入院日だけではなく、妊娠・出産にかかる手術費などもまかなってくれる可能性があるからです。

    妊娠・出産にかかる費用を保険適用させたい場合は、妊娠前に加入していなければなりません。妊娠後に加入すると妊娠・出産にかかる医療費は不担保になってしまう可能性があるのです。
    例えば帝王切開や切迫早産のリスクから守りたい場合は、妊娠前に加入しなければなりません。女性が医療保険に加入するときは時期が大切になるため、早めの加入をおすすめします。

    死亡保険(定期保険)

    20代女性におすすめの生命保険:死亡保険

    家庭を持ったり、独身でも働いたりしている方は定期保険の加入をおすすめします。なぜなら残された家族にお金を残せるからです。

    ただし世帯主が男性の方や、独身の方は初めから大きな金額を用意する必要はないでしょう。単身家庭や女性が世帯主の家庭の場合は、大きな保障を用意することをおすすめします。

     定期保険に加入するときは現在の収入や家族に残しておきたい金額を考えてから加入しましょう。ご自身の働き方や責任によって金額は大きく変動します。

    20代で生命保険に加入する2つの注意点

    20代から生命保険でリスクに備えるのは良いことですが、加入する際には注意してほしいことがあります。注意点をしっかり抑えたうえで保険を検討しましょう。

    ライフプランを考えてから加入する

    20代で生命保険に加入する注意点

    生命保険を選び始める前に、まずライフプランについて考えましょう。20代は変化の激しい時期です。転職・独立・結婚・出産など、さまざまなライフイベントがあります。

     やみくもに保険に加入すると、無駄な保障をつけてしまって保険料が高くなったり、節約を意識しすぎて保障が不足したりするケースも少なくありません。

    今後起こりうるリスクを想定したうえで、現在の収入・貯蓄で乗り越えられるのかなどを考える必要があります。人生設計を考えることで、自身が備えておくべき保障は自然に見えてきます。

    理想の未来の実現に向けて、必要な保障を確保できる保険を選びましょう。

    ライフステージに合わせて保険の見直し・加入をする

    20代で生命保険に加入する注意点

    次に注意してほしいのは、ライフステージに合わせて保険の見直し・加入をすることです。

    20代は就職・転職・結婚・出産など、ライフステージが激しく変化しやすい時期のため、段階に応じて保障を考える必要があります。

     結婚をした場合には、パートナーが生活に困らないような保障の確保が大切です。子どもが産まれたら、教育資金の確保も考える必要があります。

    また保険に加入したからといって、いつまでも同じ保障内容で良いわけではありません状況に応じて保障内容を変えないと、万一のときに自身や家族の生活を守れない可能性があります。

    ライフステージが切り替わるたびに保険の見直しをして、不足する部分が出てきたら新規で保険に加入するとよいでしょう。

    20代におすすめの生命保険に関するよくある質問

    20代男性・女性の生命保険の加入率を教えてください。
    生命保険の加入率は20代男性で58.5%、20代女性は59.9%です。半数以上の人は生命保険に加入していることが分かります。
    20代のうちに生命保険に加入する必要性は?
    20代は病気やケガで働けなくなったり、治療費で家計が圧迫されたりする可能性があります。そのため生命保険でリスクをカバーすることが大切です。
    20代のうちに生命保険に加入するメリットを教えてください。
    幅広い選択肢の中から自身に最適な保険を選べることです。貯蓄型の保険に加入した場合に生涯の払込保険料が安くなるのも良い点といえます。20代の方が生命保険に加入するメリットについての詳細はこちらからチェックしてください。
    20代独身向けの生命保険の選び方を教えてください。
    病気やケガ、働けなくなった場合の収入減少リスクのカバーを第一に考えましょう。死亡保険金は葬儀代程度に設定しておくと安心です。
    20代既婚の場合の生命保険の選び方のポイントを教えてください。
    万一にも数年先までパートナーが生活に困らない程度の死亡保険金を設定しておくのが安心です。独身同様に病気やケガのリスクにも備えましょう。
    20代の入院治療にかかる平均費用はどのくらいですか?
    20代男女の入院1回あたりの平均自己負担額は24.6万円です。がんになった場合にはさらに高額となる可能性があります。20代の方が病気やケガをした際にかかる医療費やがん治療費用に関しての詳細はこちらからチェックしてください。
    20代で生命保険に加入する際の注意点を教えてください。

    保障が不足したり無駄に高い保険料になったりしないよう、保険選びの前にライフプランを考えましょう。状況に応じて見直しを行うのも大切です。

    まとめ

    今回は20代が生命保険に加入する必要性を解説しました。20代でも病気やケガをするリスクはあります。死因上位にはがんも挙がっており、治療費がかさむことも予想されます。

    今後の人生設計と起こりうるリスクを書き出し、現在の収入や貯蓄だけで問題なく生活できるのかを考えましょう。また、ライフステージによっても必要な保障は変化します。

    結婚・出産など、ライフステージが変わるたびに保障内容を見直して安心感のある生活を送りましょう。
    募集文書番号:BM21-087
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事