ネット銀行おすすめ アイキャッチ
ネット銀行

【2024年2月】ネット銀行おすすめランキング18選!初心者向け金利比較

この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。
本記事の信頼性とお約束

マネースタート(以下、当メディア)はユーザーがより有益な意思決定を行えるように独自で定めた「コンテンツ制作・編集ポリシー」や「広告掲載ポリシー」に基づき制作に努めています。紹介する商品の一部または全部に広告が含まれておりますが、公平性を欠いた特定商品の過大評価や貶める表現などをポリシーで禁止事項として取り決めており、各商品の評価や情報の正確さに一切影響する事はありません。また、各商品に関して「評価方針・比較基準」を作り込み、客観的且つ中立的な観点より情報提供することを第一としています。訪問ユーザ様から取得しているデータ(アクセスや広告IDなど)に関しては「外部送信規律に関する表記」をご覧ください。

【数字で見る本記事の信頼性】
金融庁「金融商品取引業者一覧」の1969社から抜粋
・各案件を当メディア独自の5項目基準で採点化。

ネット銀行とは、普通の銀行とは違い、実店舗を持たない銀行のことです。手続きは全てスマホやパソコンといったお手持ちのデバイスから完了でき、わざわざ店舗やATMに行く面倒がありません。

手数料が低い」「預金金利が高い」といったメリットがあり、貯金用口座を大手都市銀行からネット銀行に乗り換える方も、近年少なくありません。

しかし、未だ歴史の浅いネット銀行は「メガバンクに代表されるような大手銀行と比べて危険だ。」と、その安全性を疑問視されていることも事実です。

そこで今回は、国内の人気ネット銀行口座の預金金利や手数料を徹底比較し、おすすめランキングを作成しました。

また、まだネット銀行口座を保有していない初心者の方にもわかりやすく、ネット銀行のメリットとデメリット、口座開設方法などを詳しく解説します。

おすすめネット銀行 比較チャート

本記事の著者・編集者・監修者
監修者情報
金子 賢司
Kaneko Kenji

東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務めるなか、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。監修者の詳細はこちら

出演 北海道文化放送『のりゆきのトークde北海道』

資格 ファイナンシャルプランナー(CFP ® )

金子賢司

監修者情報
佐藤 拓也
Satou Takuya

2022年10月1日現在、全国に823世帯1,114名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。金融アドバイザーとして、家計相談を始め、生命保険の見直しや資産運用の相談、相続・税務対策など幅広く活動中。監修者の詳細はこちら

MDRT入賞9回

TLC(生命保険協会認定FP)

CFP

IFA(証券外務員1種)

FP技能士1級

監修者:佐藤拓也

監修者情報
増田 諒
Masuda Ryo

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか、「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。監修者の詳細はこちら

MDRT入賞7回

TLC(生命保険協会認定FP)

CFP

IFA(証券外務員1種)

FP技能士1級

宅地建物取引士

貸金業務取扱主任者

監修者:増田諒

編集者情報
Mei

FP2級の資格を活かし、主に金融メディアを担当しています。「誰にでも伝わる」をモットーに、最新情報にも常に目を向けながら、わかりやすい記事の作成を目指しています。詳細はこちら

FP技能士2級

診療放射線技師免許

編集者:Mei

著者情報
マネースタート編集部

「あなたらしい暮らしのスタートライン」マネースタートは、生活に必要なお金に関する知識や情報を発信するメディア。お金を通じて、一人ひとりのニーズに合わせたライフプランを考えるきっかけをお届けします。編集部ではユーザにより役立つ情報をお届けするためにFP2級を勉強中。制作ポリシーはこちら

管理元 / ブロードマインド株式会社

当メディアでは「金融商品取引法」に則り、金融庁金融商品取引業者登録一覧に記載ある事業者または、日本証券業協会の協会員として登録されている事業者のみを紹介しています。また、当メディアに掲載している評価点数やガントチャートグラフ、ランキングは、各銀行口座の公式サイトの情報や公的機関の情報をもとに制作しています。詳しくは「ネット銀行口座の比較基準・ランキング根拠(PDF)」をご覧ください。本記事の内容は、資産運用のリターン・リスクについていかなる確約をするものでもありません。資産運用は自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。※記事内の金額は全て税込表示です。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

【2024年2月】おすすめのネット銀行18選比較ランキング

ネット銀行おすすめ3選

三井住友銀行(Olive)SBI新生銀行みんなの銀行UI銀行ソニー銀行東京スター銀行スルガ銀行
スマ口座
GMO
あおぞらネット銀行
SBJ銀行楽天銀行PayPay銀行auじぶん銀行
三井住友
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
普通
預金金利
0.001%0.001%~0.003%0.001%0.1%0.001%0.001%~0.1%0.002%0.001%0.02%0.02%~0.1%0.001%0.001%~0.2%
定期
預金金利
0.002%0.01%〜0.02%0.1%0.12〜0.35%0.01%~0.350%0.002%0.05~0.11%0.02%~0.03%0.03〜0.2%0.02%0.02%~0.03%0.03〜0.05%
提携ATM
手数料(税込)
入金/出金:最大月3回まで無料
※Oliveアカウント発行で三井住友銀行本支店ATMの手数料無料
入金:無料
出金:何度でも無料
入金:無料UI銀行・きらぼし銀行宛て:無料入金:無料入金:東京スター銀行・ゆうちょ銀行では無料、セブン銀行では月8回まで実質無料入金:無料~110円
出金:220円
入金:無料
出金:月2回〜20回まで無料(以降、110円/回)
3回~10回入金:3万円以上は無料、3万円未満は220円または275円。入金:月2回まで無料(Eco通帳利用の場合は月1回まで無料)

入金:じぶんプラス1は110円/回(ゆうちょ銀行は220円/回)。

振込手数料三井住友銀行宛て:無料
他行宛て:Oliveアカウントの場合月3回まで無料
SBI新生銀行宛て:無料
他行宛て:一定回数無料※

みんなの銀行宛て:無料

UI銀行・きらぼし銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:月2回〜20回まで無料
ソニー銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:月1回まで無料
東京スター銀行宛て:無料
他行宛て:月3回まで実質無料※2
当行宛て:無料
その他の金融機関宛て:無料~330円
GMOあおぞらネット銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:月1回〜20回まで無料(以降、75円/回)
SBJ銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:月5回まで無料
楽天銀行宛て:無料

三菱UFJダイレクトでの他行あて:月3回まで無料(Eco通帳利用の場合は月1回まで無料)auじぶん銀行、三菱UFJ銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:99円
申込

※期間:2024年1月10日(水)〜2024年3月29日(金)
※0.35%は1年もの円定期預金が対象となります。
※取扱期間であっても受入限度額2,000億円に達した時点で受付終了とさせていただきます。

人気ネット銀行の中でも、当サイトが特におすすめするのは以下3つのネット銀行です。

【2024年2月】ネット銀行おすすめ3選

金利で選ぶなら、この3社がおすすめです。今だけ適用されるキャンペーンを実施しているネット銀行もあるので、お得なこの機会を逃さないようにしてくださいね。

編集部の比較ポイント

今回、おすすめのネット証券をランキングするにあたって、以下の比較ポイントを用意しました。それぞれを点数付けしたランキングと紹介順になっていいます。

編集部の比較ポイント
  • 普通預金金利
  • 定期預金金利
  • ATM出金手数料(税込)
  • 振込手数料(税込)
  • 口座開設スピード

>>当サイトでご紹介するネット銀行の詳しい比較基準・ランキングの根拠(PDF)はこちら

1三井住友銀行(Olive)

olive

良い点(メリット)

  • 他行宛振込手数料が無料
  • 毎月選べる特典あり
  • 各種手続きもアプリ1つで完結

悪い点(デメリット)

  • 三井住友銀行の口座開設が必須
  • 国際ブランドがVISAのみ
三井住友銀行(Olive)のおすすめポイント
  • Oliveアカウントなら他行宛振込手数料が無料!さらに毎月選べる特典あり
  • 銀行口座・クレジットなど三井住友銀行のサービスが1つのアプリで管理できる
  • 強固なセキュリティ対策
  • アプリで新規口座開設&各種取引で最大35,100円相当プレゼント!
\複数のカードの機能が1枚に集約!/

3大メガバンクの一角である三井住友銀行のネットバンキングサービス「SMBCダイレクト」なら、手持ちのスマートフォンからいつでも振込・送金はもちろん、各種手続きまでアプリ1つで完結できます。

ポイント
三井住友銀行の新サービス「Olive」アカウントを開設すれば、今までの銀行口座に加えて、クレジットカード、デビットカード、ポイント払いなどの機能を1枚のカードに集約でき、常に複数枚のカードを携帯する煩わしさから解放されます。

株式会社ことらが提供する送金サービス「ことら送金」により、1回あたり10万円以下の個人宛送金は送金手数料が無料となるのも嬉しいポイントです。

また、入出金や振込手数料が無料になる特典がついており、非常にお得です。

三井住友銀行(Olive)の基本情報

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.002%
提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 各社コンビニATM
手数料(税込)

入金・出金

110円~

※Oliveアカウント発行で三井住友銀行本支店ATMの手数料無料

提携ATMの無料回数最大月3回まで
振込手数料0円〜 ※他行振込手数料はOliveアカウントの場合月3回まで無料、Oliveアカウント以外は165円〜
振込手数料の無料回数Oliveアカウントの場合月3回まで無料 ※現在リリース記念で何回でも無料(11月30日迄)
\複数のカードの機能が1枚に集約!/

※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます。最大35,100円相当は最上位クレジットカードでのお取引が対象になります。

2SBI新生銀行

新生銀行

良い点(メリット)

  • 円定期預金の金利が最大年1.0%
  • ATM振込手数料0円
  • 新規口座開設で最大3,000円キャッシュバック!

悪い点(デメリット)

  • 普通預金金利は0.10%で据え置き
  • ランクアップ条件がやや厳しい

\最大金利は年1.0%!/

SBI新生銀行のおすすめポイント
  • 最大年1.0%と高金利
    →スタートアップ円定期預金:3ヶ月もの年1.0%・1年ものは年0.3%
  • スマホアプリからなら最短当日に口座開設
  • 提携コンビニATMが誰でも何度でも出金手数料0円

SBI新生銀行は、スマホアプリやWEBで簡単に口座開設ができるネット銀行です。

SBI新生銀行で注目したいのは「スタートアップ円定期預金」。個人の新規口座開設者が、口座開設月を含む3ヶ月目の末日まで預け入れができる円定期預金です。

ポイント
金利は3ヶ月ものは年1.0%、1年ものは年0.3%と高金利。まだSBI新生銀行で口座を開設していない方にとっては、大きなチャンスです。

振り込み手数料などについては会員のステージによって異なりますが、スタンダード会員でも月に1回無料で他行宛に振り込みができます。

コンビニ提携ATMは誰でも何度でも出金手数料が無料。セブン銀行やローソン銀行など身近なATMが対象なので、手数料を気にせずいつでも利用することができます。

\最大金利は年1.0%!/

SBI新生銀行 手数料

SBI新生銀行 手数料

また、いまならSBI新生銀行口座を給与振込口座に指定して給与受取すれば現金3,000円がもらえるキャンペーンプログラムを実施中です。

SBI証券との連携サービスで資産運用もより快適に!

SBI新生銀行は、金融コングロマリット「SBIグループ」の一員ということもあり、グループ間サービスへの送金等で他行よりも優遇されています。

ポイント
SBI証券の総合証券口座への日本円入出金は手数料0円。しかも即時反映で非常にスムーズです。

SBI新生銀行とSBI証券の共同サービス「SBI新生コネクト」は、投信積立用に設定した一定額を自動で証券口座に入金でき、わざわざ手動で証券口座に入金する手間がかかりません。

SBI証券は株式や投資信託のほか、FX(外国為替証拠金取引)やその他CFDも豊富な銘柄を提供する、国内最大手のネット証券会社です。

SBI新生銀行の口コミ・評判
満足度:★★★★★
とにかく金利が良いために、最近、こちらの銀行口座を開設しました。特に、開設後の期間限定で利用できるスタートアップ定期は金利が普通の定期よりも良いために、とても満足しています。
満足度:★★★★
初めてのネット銀行で、円定期預金の新規口座開設キャンペーンにつられてはじめました。手続きもスマホで出来るし、とにかく高金利です。将来を見据えて、口座ひとつ持っておいて損はないと思います。
満足度:★★★★★
SBI証券の口座をもっており、株の取引をしているため、入出金が楽になります。また、引き落とし手数料が数回0円になるため助かります。
満足度:★★★★★
かなり以前から新生銀行を利用しています。一番のメリットは24時間コンビニで利用できることです。他の大手銀行は時間制限があり、手数料を取られます。現在のランクでは振り込みは3回まで無料でできるのもお得です。
満足度:★★★★★
セブン銀行やコンビニのATMの出金手数料が無料なのは嬉しいです。貯金を考える際も円定期の金利が高めの設定なのでお得です。

SBI新生銀行のメリット・デメリット

SBi新生銀行のメリットとデメリットを紹介します。

SBI新生銀行のメリット
  • 出金や振込手数料が安い: 他行への振込手数料が最大で月10回まで無料になるサービスがある
  • 利便性の高いATMネットワーク: 提携コンビニATMの出金手数料がステージランクに応じて無料になり、24時間利用可能。
  • 定期預金の金利が良い: 口座開設後の3ヶ月間は通常よりも高い金利が設定されており、短期間での金利が高い定期預金が利用可能。

手数料が比較安いことやATMの出金が24時間利用できるというポイントは大きなメリットです。また、他社でも10回程度の振込手数料が無料になるサービスもかなりありがたい仕様です。

SBI新生銀行のデメリット
  • 実店舗が少ない: 32店舗と支店の数が少なく、近くに店舗がない場合は直接相談がしにくいという意見があります。
  • セキュリティに関する不安: 他行に比べてセキュリティ面での不安を感じているユーザーがいるとのことですが、現在はスマホアプリの生体認証に対応しています​。
  • 外貨預金の取り扱い通貨が限られている: 過去には通貨の選択肢が狭いという意見がありましたが、現在は13種類に増えており、使い勝手が向上しています。

対してデメリットは、実店舗が少なくわからないことが直接聞きにくいなどがあります。

\最大金利は年1.0%!/

SBI新生銀行の利用者アンケート

SBI新生銀行の利用者アンケート

アンケートの内訳
普通預金での金利が高い16.7%
定期預金での金利が高い30%
振込手数料が安い40%
ATM利用や振込の無料回数の多さ13.3%

SBI新生銀行についてのアンケートはこちら

SBI新生銀行について、実際に利用している方に「メリット・強み」をアンケートしました。その結果、振込手数料の安さにメリットを感じている方は40%もいました。

振込手数料などが気になるのであれば「SBI新生銀行」でぜひ口座開設しましょう。

\最大金利は年1.0%!/

SBI新生銀行の基本情報

金利普通預金:0.001%~0.003%
定期預金:0.01%〜0.02%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • Enet
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM
手数料(税込)
入金:無料
出金:何度でも無料
提携ATMの
無料回数
0回~無制限
振込手数料SBI新生銀行宛て:無料
他行宛て:一定回数無料
振込手数料の
無料回数
1回~10回
\最大金利は年1.0%!/

※セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソン銀行ATM・イオン銀行ATM・PatSat(パッとサッと)・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)をご利用の場合、2024年3月31日まではどなたでも回数制限なく無料です。2024年4月1日より、スタンダードステージのお客さまは無料回数が月5回までとなります。ゆうちょ銀行ATM(ファミリーマートに設置のATMも含む)・全都市銀行ATM・三菱UFJ信託銀行ATM・三井住友信託銀行ATM・商工中金ATMをご利用の場合、時期やステージに関わらず1回あたり110円(税込)かかります。

3みんなの銀行

みんなの銀行

良い点(メリット)

  • スマホから簡単かつスピーディーに口座開設可能
  • 貯蓄預金金利が最大年0.3%と高水準
  • 細かい設定にも対応する自動積立サービス

悪い点(デメリット)

  • 普通預金金利はやや低水準
  • 手数料がやや高め

\目的ごとにお金の管理ができる!/

みんなの銀行のおすすめポイント
  • スマホで即日口座開設
  • デビットカードを口座開設と同時発行!スマホでタッチ決済可能
  • 口座内で目的ごとに貯蓄・お金の管理ができる
  • #をつけて自分らしく日々のお金の動きを振り返り
  • 口座開設&入金で最大3,000円プレゼント

みんなの銀行では、自分の口座の中にボックスを作ることができます。ボックスは最大20個まで作成可能で、用途に合わせてお金を管理することに役立ちます。

ポイント
例えば、光熱費・交際費・旅行費用といった具合に分けることで、今月必要なお金の確保や欲しいもの、やりたいことなど目的ごとに貯金ができるので、自分のお金を簡単に分かりやすく仕分け、管理することができるでしょう。

また、みんなの銀行アプリには、口座開設と同時にデビットカードが作られ、現金を持っていなくてもお買い物をすることが可能です。

使用したらすぐに口座から料金が引き落とされる仕組みとなっているため、使いすぎる心配がありません。

アプリ上でいつ・どこで・いくら使ったのかもわかるため、家計管理にもおすすめです。
みんなの銀行の口コミ・評判
満足度:★★★★★
お金を目的に応じてそれぞれのボックスで管理することが可能です。例えば〇〇のための貯蓄、といった形でボックスに名前をつけることで目的別貯金の管理がしやすいと思います。キャッシュカードなしでスマホさえあれば入出金が可能なのも便利です。
満足度:★★★★★
スマホアプリが使いやすいので、初心者向きです。また入出金にキャッシュカードが不要なので、財布から取り出す手間を省く事が出来ます。金利も高くて嬉しいです。
満足度:★★★★
ネットバンキングで紙の通帳を管理する必要が無いので、とても管理が楽で便利だと感じています。アプリ上で残高を確認できるのも有難いです。
満足度:★★★★★
セキュリティが何重にもなっていてしっかりしていますし使い方も簡単で手数料などもあまりかからないのでとても満足しています。
満足度:★★★★
お得なキャンペーンに惹かれて口座開設しました。アプリはシンプルで操作しやすく、セブン銀行ATMに対応しているので利用しやすいです。

みんなの銀行の利用者アンケート

みんなの銀行の利用者アンケートみんなの銀行についてのアンケートはこちら

みんなの銀行の基本情報

金利普通預金​:0.001%(プレミアム会員以外の方)、0.001%(プレミアム会員)
貯蓄預金:0.1%​(プレミアム会員以外の方)、0.3%(プレミアム会員)
提携ATM
  • セブン銀行
提携ATM
手数料(税込)
入金:無料

出金:
25歳以下​
月3回まで​無料​​​。その後は110円/回​(プレミアム会員以外の方​)
月18回まで​無料​​​。その後は110円/回​(プレミアム会員)26歳以上​
110円/回(プレミアム会員以外の方)
月15回まで​無料​​​。その後は110円/回​(プレミアム会員)

提携ATMの
無料回数
提携ATMの無料回数:0回~18回
プレミアム会員対応含む
振込手数料

みんなの銀行宛て:無料

25歳以下
月3回まで無料。その後は200円/回(プレミアム会員以外の方)
月13回まで​無料​​​。その後は200円/回(プレミアム会員)

26歳以上​
200円/回(プレミアム会員以外の方)
月10回まで​無料。その後は200円/回(プレミアム会員)

振込手数料の
無料回数
1回~10回

\目的ごとにお金の管理ができる!/

4UI銀行

UI銀行

良い点(メリット)

  • 普通金利が高い
  • 手数料が最大20回/月無料
  • 対面の相談が可能

悪い点(デメリット)

  • 利用可能なATMが少ない
  • 最高ランクの条件が厳しい

\普通預金金利は年0.1%!/

UI銀行のおすすめポイント
  • 普通金利が年0.1%と高め
  • 月最大20回まで手数料が無料!
  • 振込などはスマホアプリで完結できる
  • 有人店舗があるので困ったときは対面で相談できる

UI銀行は、2022年1月17日に開業した新しいネット銀行。

東京圏にはきらぼし銀行の有人店舗が130店舗あり、ネット銀行ながら何か困ったことがあれば対面で相談できます。

UI銀行の魅力は、普通金利が年0.10%と高金利な点。また、5段階のステージに応じて手数料がお得になる「UIプラス」という制度を設けており、ステージ5ではATM出金手数料・他行宛振込手数料がともに月20回まで無料です。

ポイント
振込や振替ならスマホアプリでいつでも完結可能。ATMに並ぶ必要もなく、24時間簡単にアプリバンキングができます。

口座開設手続きも簡単で、アプリをインストールして本人確認書類の撮影と送信を行い、メールを確認して初回ログインをすれば口座開設は完了します。

UI銀行の口コミ・評判
満足度:★★★★★
資産の診断をAIを使って行ってくれるのが良く、一周年記念キャンペーンも充実しており円定期預金が0.3%というサービス精神に満足できます。セキュリティもしっかりしており不安を感じずにネット上でも手続きでき良い銀行です。
満足度:★★★★★
通帳がなくキャッシュカードは任意発行なので、紛失の心配がありません。また定期預金の金利が高いです。きらぼし銀行の窓口では対面での相談が出来るので、心強いです。
満足度:★★★★★
通帳がなくても利用できる所や、キャッシュカードについて任意発行できる所についても、選択できる制度が非常に良好でした。また、定期の組み方が自由である所も素晴らしかったです。
満足度:★★★★
アプリが使いやすいので手軽に口座管理ができます。また、ATM手数料が無料なので、外出先でも安心してお金を引き出せます。金利が他行に比べて高いので、わずかではあるが預金するだけでもお得感があるのも魅力です。
満足度:★★★★
大手銀行よりも普通預金の場合でも利息の割合が高いので、普通預金の口座としても、貯金専用の口座としてもオススメ出来る銀行口座です。

UI銀行の利用者アンケート

UI銀行の利用者アンケート

UI銀行についてのアンケートはこちら

UI銀行の基本情報

金利普通預金:0.1%
1年もの円定期預金:年0.35%(税引後 年0.278%)
提携ATM
  • きらぼし銀行
  • セブン銀行
手数料(税込)入金:無料
出金:月1回〜20回まで無料(以降、110円/回)
提携ATMの無料回数1~20回
振込手数料UI銀行・きらぼし銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:月2回〜20回まで無料(以降、86円/回)
振込手数料の無料回数2回~20回

対象:対象期間において新規に口座開設をされたお客さま/期間:2024年1月10日(水)〜2024年3月29日(金)※1年もの円定期預金が対象となります。※取扱期間であっても受入限度額2,000億円に達した時点で受付終了とさせていただきます。

\普通預金金利は年0.1%!/

UI銀行のお得なキャンペーン

UI銀行のキャンペーン

UI銀行では現在、2nd Anniversaryというキャンペーンを実施中。対象期間において新規に口座開設をされたお客さまは、1年もの円定期預金金利を年0.35%(税引後 年0.278%)でご利用いただけます。

\普通預金金利は年0.1%!/

※キャンペーン期間:2024年1月10日(水)〜2024年3月29日(金)※1年もの円定期預金が対象となります。※取扱期間であっても受入限度額2,000億円に達した時点で受付終了とさせていただきます。

5ソニー銀行

良い点(メリット)

  • 11通貨対応Visaデビット付きキャッシュカードが利用可能
  • 商品が豊富
  • 提携ATMの入金手数料0円

悪い点(デメリット)

  • 公共料金の引き落としに対応していない
  • 積立NISAを取り扱っていない
ソニー銀行のおすすめポイント
  • キャッシュカード「Sony Bank WALLET」でさらにお得
  • 円預金と外貨定期の同時申し込みで金利アップ
  • 夜間や土日祝日でも手数料が同じ

ソニー銀行は、住宅ローンやカードローンなど、豊富な商品を提供するネット銀行です。円預金と外貨定期をセットで申し込むと、プランによっては円定期(期間3ヶ月)の金利が年30.01%に!

ソニー銀行最大のメリットは「Sony Bank WALLET」が利用できることです。Sony Bank WALLETとは、ソニー銀行が発行する11通貨対応Visaデビット付きキャッシュカードのこと。

年会費や発行手数料は無料で、Visaデビットとして国内での支払いやショッピングで最大2%キャッシュバックされます。他行宛の振込手数料も月2回まで無料に増えます!

ポイント
さらに、海外では世界200以上の国と地域で利用可能。カード1枚で現地通貨がATMから引き出せます。
また、毎月指定の金額を他行から自動的に手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」が日常の入出金に便利です。

一度設定いただければ、毎月ご指定された金額をお客さま名義の各金融機関からソニー銀行の円普通預金口座へ自動的に手数料無料で入金するサービスです。定期積立投資、毎月の資金決済、住宅ローンのご返済などにご活用ください。

引用元:おまかせ入金サービス|ソニー銀行(ネット銀行)

提携ATMの入金手数料は0円で、出金手数料も月4回までは無料。手数料は時間を問わず、夜間や土日祝日でも変わりません。

ソニー銀行の口コミ・評判
満足度:★★★★★
セブン銀行やイオン銀行など、提携ATMが多いので便利です。またATMの利用手数料や振込手数料が安いので、金銭的な負担を抑える事が出来て良かったです。
満足度:★★★★
一番の利点はセブン銀行のATMで入出金ができることです。はじめからお通帳もないので通帳の管理もしなくて良いところも利点です。カードの磁気がダメになって使えなくなった時は不便でしたが、すぐに対応いただいたので、使えない時期は短期間で済みました。
満足度:★★★★
他のネット銀行と比べてセブンやイオンなど提携ATMが多く、ATM利用手数料や振込手数料などの優遇が受けられます。またATM利用手数料や振込手数料が安く、特にネットでの利用は大変便利であり、使い勝手のいい銀行だと思います。
満足度:★★★★★
サイトの使い勝手がよく申し込みや手続き変更がしやすい事が良いですし、セキュリティ対策もしっかりしているため個人情報の漏洩などの心配がなく安心して利用続けられる良い銀行です。
満足度:★★★★
専用アプリがあり送金なども簡単にできるので使い勝手がいいですし、更には手数料もかからないので無駄なコストを抑えられ助かっています。

ソニー銀行の利用者アンケート

ソニー銀行の利用者アンケート

ソニー銀行についてのアンケートはこちら

ソニー銀行の基本情報

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.01%~0.350%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • Enet
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
提携ATM
手数料(税込)
入金:無料
出金:月4回まで無料(月5回目以降は110円/回)
提携ATMの
無料回数
4回~無制限
振込手数料ソニー銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:月1回まで無料(月2回以降は110円/回)
振込手数料の
無料回数
1回~11回
キャンペーン
  • 新規受け取り後2ヶ月以内の支払いで1,000円もらえる
出典ソニー銀行公式サイト

6東京スター銀行

良い点(メリット)

  • 手数料が月8回無料
  • 提携ATMが多い
  • 特定の方法で年利0.1%にUP

悪い点(デメリット)

  • 店舗が少ない
  • メガバンクのATMに対応していない
東京スター銀行のおすすめポイント
  • 給与や年金の振込先を東京スター銀行の口座にすると、金利100倍(年0.1%)
  • ATM手数料が月8回無料!
  • メガバンクやゆうちょ銀行などのATMでも使える

東京スター銀行は、無料で使えるATMネットワークが魅力のネット銀行です。提携ATMは全国に15万台あり、東京スター銀行ATM以外にメガバンクやセブン-イレブンでも使えます

スターワン口座のキャッシュカードなら、月8回まで実質手数料無料でご出金!東京スター銀行のATMをはじめ、メガバンクやゆうちょ銀行、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート内ATMなどの提携ATMを便利にご利用いただけます。

引用元:ATM手数料のご案内 | 東京スター銀行

また、一定の条件を満たすと、他行宛振込手数料が月3回実質無料です。自動振込サービスは回数にかかわらず手数料がかかりません!

東京スター銀行の他行振込手数料優遇条件
  • 取引明細書を「郵送なし」に設定している方
  • 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)に登録している方

さらに、以下の方法で年利0.1%にアップします。

  • 給与振込先口座に東京スター銀行「スターワン口座」を指定する
  • 年金振込先口座を東京スター銀行「スターワン口座」を指定する

通常の年利のなんと100倍!給与振込先口座の指定はもちろん、アルバイト・パートの方も対象で、東京スター銀行への特別な申請は不要です。

給与振込先口座を東京スター銀行に指定した場合、退職後も「年金受取」を東京スター銀行に指定することで、引続き優遇金利を利用することが可能です!

振込先を変更するだけで、特別必要な手続きはありません。
東京スター銀行の口コミ・評判
満足度:★★★★★
ATMが月8回まで手数料無料で利用可能なので、余計なコストをかけずに使えるのは嬉しいですね。また実店舗ではローンや貯金などの相談が出来るので、気軽に聞けて良かったです。
満足度:★★★★★
外貨預金手数料が0円である所や、振込手数料が最大月3回まで無料である所や、他にも、ATM利用手数料が、キャッシュバックで月8回まで実質無料なことが大変すばらしいと思いました。
満足度:★★★★
給与の振込口座に指定することで、普通預金の預金金利が通常の100倍になるのでとてもお得感があります。またコンビニやゆうちょ銀行のATMに対応しているので手軽に利用できる点が助かっています。
満足度:★★★★★
銀行の支店に足を運んで口座の開設手続きを進める手間を考えると、それだけで疲れてしまうようなこともあったので、インターネット上で完結できたのは非常に良かったです。
満足度:★★★★
ATMの手数料無料回数が多くて助かっていますし、金利に関しても高い方なので、長期で預けるにも非常に使い勝手がいいように感じています。

東京スター銀行の利用者アンケート

東京スター銀行の利用者アンケート

東京スター銀行についてのアンケートはこちら

東京スター銀行の基本情報

金利普通預金:0.001%~0.1%
定期預金:0.002%
提携ATM
  • 東京スター銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • MICS提携ATM
提携ATM手数料(税込)入金:東京スター銀行・ゆうちょ銀行では無料、セブン銀行では月8回まで実質無料

出金:東京スター銀行では無料、セブン銀行・ゆうちょ銀行・MICS提携ATMでは月8回まで実質無料※1

提携ATMの無料回数8回
振込手数料

東京スター銀行宛て:無料
他行宛て:月3回まで実質無料※2

振込手数料の無料回数3回
出典東京スター銀行公式サイト

7スルガ銀行 スマ口座

スルガ銀行 スマ口座

良い点(メリット)

  • 毎月現金特典あり
  • 取引状況により手数料優遇
  • 不正利用被害は全額補償

悪い点(デメリット)

  • 一定期間利用しないと手数料が発生
  • 自動融資が自動で申し込まれる
スルガ銀行 スマ口座のおすすめポイント
  • キャッシュレス決済のチャージに適した口座
  • 毎月最大500円もらえる
  • 不正利用被害は全額補償される
  • 取引状況によって手数料が優遇される
  • 口座開設+取引で現金最大1,500円プレゼント

スルガ銀行 スマ口座では、対象キャッシュレス決済へのサービスやクレジットカードの利用料金を口座振替にすると現金特典をもらえます。

現金特典は毎月20日に支払い用口座へ振り込まれるため、わざわざ手続等をする手間がありません。

ポイント
チャージする度に特典が付与されるため、チャージ回数が多い方におすすめです。

チャージや口座振替による特典は、毎月最大500円までもらうことができます。それぞれの特典付与条件は以下の通りです。

特典付与条件
  • チャージ:1,000円以上のチャージ1回につき5円
  • 口座振替:1件につき5円

また、個人の方がインターネットバンキングにて不正利用の被害にあった場合、原則全額補償してくれます。

不正取引被害の届け出をスルガ銀行と警察に出すことで対応してもらえるため、被害にあった場合はなるべく早く申し出ましょう。

スルガSTARプログラムでは、振込手数料やATM手数料がいつでも無料になるなど優遇サービスもあります。

スルガ銀行 スマ口座の利用者アンケート

スルガ銀行 スマ口座の利用者アンケート

スルガ銀行 スマ口座についてのアンケートはこちら

スルガ銀行 スマ口座の基本情報

金利普通預金:0.002%
定期預金:0.05%~0.11%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • Enet
  • タウンネットワーク
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 横浜銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM手数料(税込)入金:無料

出金:時間帯により無料

提携ATMの無料回数無制限(無料時間内)
振込手数料

スルガ銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:165円~

振込手数料の無料回数1回~10回
出典スルガ銀行 スマ口座公式サイト

8商工中金

商工中金

良い点(メリット)

  • 各都道県に店舗がある
  • 基本使用料無料
  • 安心のセキュリティ体制

悪い点(デメリット)

  • アプリの使い勝手がイマイチ
  • 口座開設に時間がかかる
商工中金のおすすめポイント
  • 47都道府県すべてに店舗がある
  • 商工中金ダイレクトならどこでも取引可能
  • 商工中金ダイレクトなら手数料無料
  • セキュリティ面が優れている

商工中金は主に中小企業をサポートしている金融機関ですが、個人の方でもキャンペーンやサービスを利用することができます。

商工中金のインターネットバンキングは個人向けとなっており、店頭やATMなどで取引するよりも手数料がかからないためおすすめです。

ポイント
スマートフォンから簡単に口座開設できるため、わざわざ店頭に足を運ぶ必要がありません。

商工中金のインターネットバンキングでは、主に以下の取引を24時間いつでも行うことが可能です。

商工中金ダイレクトでできること
  • 残高照会
  • 振込・振替
  • 入出金明細照会
  • マイハーベスト等定期預金
  • 満期自動継続の中止
  • 中途解約
  • 住所電話番号変更

さらに、セキュリティ対策も充実しており、ワンタイムパスワード発行での取引といった補助もあります。商工中金は国から資金の半分を調達している政策金融機関のため、信頼度も高いといえるでしょう。

商工中金ダイレクトの利用者アンケート

商工中金ダイレクトの利用者アンケート

商工中金ダイレクトについてのアンケートはこちら

商工中金ダイレクトの基本情報

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.002%~0.007%
提携ATM
  • セブン銀行
  • Enet
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM手数料(税込)入金:無料~110円
出金:220円
提携ATMの無料回数無制限(時間帯によって無料)
振込手数料当行宛て:無料
その他の金融機関宛て:無料~330円
振込手数料の無料回数無制限(時間帯によって無料)
出典商工中金ダイレクト公式サイト

9SBJ銀行

SBJ銀行

良い点(メリット)

  • 高金利の定期預金
  • 提携ATMの手数料無料回数が多い
  • 最短即日で口座開設可能

悪い点(デメリット)

  • 店舗が少ない
  • 公共料金の引き落としに対応していない
SBJ銀行のおすすめポイント
  • 提携ATMの手数料が合計13回も無料
  • 定期預金の金利が高い
  • ネット申し込みで最短翌日に口座開設

SBJ銀行は、手数料の安さが魅力のネット銀行です。

ポイント
SBJ銀行なら、提携ATMのゆうちょ銀行やみずほ銀行などで、ATM利用手数料が月3回〜10回まで無料。他行宛の振込手数料も最大月5回まで無料です。
口座開設は全てWEBで完結。ネットから申し込めば、最短翌日に口座開設できます。

また、普通預金金利が他のネット銀行と比較して高いのも特徴。多くのネット銀行の普通預金金利は0.001%前後ですが、SBJ銀行なら約20倍の0.02%です!

また、PayPayやLINE Payといったキャッシュレス決済の連結口座としても利用できます。また、SBJ銀行の円預金は預金保険制度の対象になっているので、安心して預けられるのは嬉しいですね。

SBJ銀行の利用者アンケート

SBJ銀行の利用者アンケート

SBJ銀行についてのアンケートはこちら

SBJ銀行の基本情報

金利普通預金:0.02%
定期預金:0.03〜0.2%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
提携ATM手数料(税込)セブン銀行・イオン銀行・イーネットで合計月10回まで無料、ゆうちょ銀行・みずほ銀行で合計月3回まで無料
提携ATMの無料回数3回~10回
振込手数料SBJ銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:月5回まで無料
振込手数料の無料回数5回~20回
出典SBJ銀行公式サイト

10GMOあおぞらネット銀行 法人口座

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

良い点(メリット)

  • 最短即日で口座開設可能
  • 他行宛ての振込手数料が安い
  • セキュリティ性が高い

悪い点(デメリット)

  • 使用可能なATMがやや少ない
  • 海外送金サービスがない
GMOあおぞらネット銀行法人口座のおすすめポイント
  • 他行宛ての振込手数料が一律145円と比較的安い
  • 設立1年未満なら他行振込が月20回まで無料
  • スマホで最短即日口座開設
  • freee会計と連携ができて便利
  • 追加で19口座まで開設可能
  • 当サイト限定!口座開設で現金3,000円プレゼント

GMOあおぞらネット銀行は、高い技術のテクノロジーサービスを武器とした非常に使い勝手のいいネット銀行です。

高いセキュリティ性がありながら、面倒な手続きや操作を省いているためストレスなく使えます。

ポイント
他行宛ての振込手数料が比較的安く、通常会員で一律145円、振込とくとく会員なら135円とネット銀行の中でもお得な料金設定になっています。

さらに設立1年未満であれば、月20回まで無料で他行宛てへ振込ができるため、法人成りしたばかりの会社にとっても使いやすい銀行でしょう。

その他、GMOあおぞらネット銀行の法人口座は、口座を複数持つことができます。

表口座1つにつき、追加で19口座の開設ができます。

部署ごとに口座を分けたり、新規事業を立ち上げたときに口座を増やしたりと、口座の管理がしやすく非常に便利です。

GMOあおぞらネット銀行の法人口座の利用者アンケート

GMOあおぞらネット銀行の法人口座の利用者アンケート

GMOあおぞらネット銀行の法人口座についてのアンケートはこちら

GMOあおぞらネット銀行の法人口座の基本情報

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.01%~0.04%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM手数料(税込)入金:110円
出金:振込料金トクトク会員なら月5回まで無料(一般会員は110円)
提携ATMの無料回数0回
振込手数料GMOあおぞらネット銀行宛て:無料
その他の金融機関宛て:一般会員145円/振込トクトク会員135円
(設立1年未満の場合は月20回まで無料)
振込手数料の無料回数0回(設立1年未満の場合は月20回まで無料)
出典GMOあおぞらネット銀行法人口座公式サイト

11GMOあおぞらネット銀行

GMO-net-bank

良い点(メリット)

  • 現金還元率が高い
  • 振込手数料が安い
  • 万全のセキュリティ対策

悪い点(デメリット)

  • 提携ATMが少ない
  • 店舗がなく相談しづらい

GMOあおぞらネット銀行は、現金還元率最大1.2%の圧倒的還元率が強みのネット銀行です。

ポイント
高額利用も可能で、現金還元率の上限もありません。利用額が多いほどお得に利用できます。

現金還元も翌月に自動で行われるため、失効の心配も不要です。与信審査もなく、口座開設後にカードが届き次第すぐに利用できます。

取引ごとに発行されるワンタイムパスワード、生態認証機能、認証アプリなど、セキュリティ対策は万全。安心感もかなりの高さです。

GMOあおぞらネット銀行の利用者アンケート

GMOあおぞらネット銀行の利用者アンケート

GMOあおぞらネット銀行のについてのアンケートはこちら

GMOあおぞらネット銀行の基本情報

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.02%~0.03%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM手数料(税込)入金:無料
出金:月2回〜20回まで無料(以降、110円/回)
提携ATMの無料回数2回~20回
振込手数料GMOあおぞらネット銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:月1回〜20回まで無料(以降、75円/回)
振込手数料の無料回数1回~20回
出典GMOあおぞらネット銀行公式サイト

12楽天銀行

楽天銀行

良い点(メリット)

  • キャンペーンが充実
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 提携ATMが多い

悪い点(デメリット)

  • 手数料無料に条件あり
  • 店舗がない

楽天銀行は、1,300万口座を突破した利用者数の多いネット銀行です。

特に、キャンペーンの満足度が高く、オリコンの2020年度ネット銀行のキャンペーン満足ランキングでは数あるネット銀行の中から1位を獲得しています。

楽天銀行の特徴は、会員ステージに応じて様々な特典が受けられること。利用状況次第で、提携ATM手数料が最大月7回まで無料・他行振込手数料が最大月3回まで無料になります。

楽天銀行会員ステージ
  • スーパーVIP(残高300万以上・取引30件以上)
    ATM利用手数料:7回/月無料
    他行振込手数料:3回/月無料
    楽天スーパーポイント:3倍
  • VIP(残高100万以上・取引20件以上)
    ATM利用手数料:5回/月無料
    他行振込手数料:3回/月無料
    楽天スーパーポイント:3倍
  • プレミアム(残高50万以上・取引10件以上)
    ATM利用手数料:2回/月無料
    他行振込手数料:2回/月無料
    楽天スーパーポイント:2倍
  • アドバンスト(残高10万以上・取引5件以上)
    ATM利用手数料:1回/月無料
    他行振込手数料:1回/月無料
    楽天スーパーポイント:1倍
  • ベーシック(条件なし)
    楽天スーパーポイント:1倍

楽天銀行カードは、近くのコンビニで24時間365日利用可能です。

また、楽天スーパーポイントが貯まることもメリット。貯まったポイントは、振込手数料、楽天銀行デビットカードの支払い、外貨預金の預入れ等に利用できます。

高金利でセキュリティ対策も万全のため、安心して利用できます。

楽天証券との連携サービス「マネーブリッジ」でさらにお得!

楽天銀行のマネーブリッジ

楽天銀行を利用するなら、楽天証券も同時に利用するのがおすすめ。口座を連携するマネーブリッジに申し込めば、楽天銀行の普通預金金利が最大年0.1%にアップします!

また、楽天証券と楽天銀行間の入出金は自動で移動できるので、非常にスムーズ。移動にともなう手数料などは一切かかりません。取引で楽天ポイントがもらえるうえ、ATM無料回数が増えることも。

楽天証券なら貯まった楽天ポイントでも投資OK。月1回500円以上のポイント投資で、楽天市場のポイントが+1倍になります。

金利普通預金:0.02%~0.1%
定期預金:0.02%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • PatSat
  • Enet
  • ローソンATM
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
提携ATM手数料(税込)入金:入金:3万円以上は無料、3万円未満は220円または275円。会員ステージに応じて最大月7回無料※1
出金:220円または275円。会員ステージに応じて最大月7回無料※1
提携ATMの無料回数0回~7回
振込手数料楽天銀行宛て:無料
ゆうちょ銀行本人口座またはその他の金融機関宛て(3万円未満):168円
その他の金融機関宛て(3万円以上):145円
振込手数料の無料回数0回~3回
出典楽天銀行公式サイト

13PayPay銀行

PayPay銀行

良い点(メリット)

  • 3万円以上ならATM手数料無料
  • PayPayマネーへの入出金無料
  • アプリで入出金可能

悪い点(デメリット)

  • 振込手数料がやや高い
  • 店舗がない

PayPay銀行は、申し込みから最短5日でキャッシュカードが届くネット銀行です。

ポイント
PayPay銀行は、近くの提携している銀行・コンビニのATMで、24時間365日入出金が可能。毎月1回目の手数料は原則無料です。

2回目以降も3万円以上の取引であれば、何度でも手数料無料で利用できます。

また、Tポイントを現金に交換できることもPayPay銀行ならではの特徴。Tポイント100ポイント→85円と交換できます。

PayPayの支払いにも対応しており、口座からPayPay残高にチャージできます。
金利普通預金:0.001%
定期預金:0.02%~0.03%
提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • Enet
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
提携ATMの無料回数1回
提携ATM 手数料(税込)入金:3万円以上は無料、3万円未満は165円〜330円。毎月最初の1回は無料※
振込手数料PayPay銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:165円
振込手数料の無料回数0回
出典PayPay銀行公式サイト

14三菱UFJ銀行 スマート口座開設

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

良い点(メリット)

  • 約10分で口座開設可能
  • 三菱UFJ銀行ATMなら時間外手数料無料
  • 取引でPontaポイントが貯まる

悪い点(デメリット)

  • 毎月第2土曜日21:00~翌朝7:00は利用不可

「三菱UFJ銀行 スマート口座開設」は、およそ10分で口座開設ができるネット銀行サービスです。そのため、すぐに口座開設を済ませたい方におすすめです。

ポイント
スマホで手軽に口座開設ができるので、来店も印鑑もいりません。本人確認は、免許証かマイナンバーカードの撮影と自撮りで完了します。

「三菱UFJ銀行 スマート口座開設」の金利プランは預金額に応じて変化するうえ、手数料優遇や資産状況のレポートも利用可能。

また、「三菱UFJ銀行 スマート口座開設」は次のサービスも一緒に申し込みができます。

「三菱UFJ銀行 スマート口座開設」で同時申し込みができるサービス

手数料に関しても、三菱UFJ銀行ATMなら時間外手数料が何回でも無料。提携ATMでも、入金は月2回まで手数料がかかりません。

また、取引すればするほどPontaポイントが貯まるのも特徴で、

  • 三菱UFJダイレクトにログイン
  • 三菱UFJクレジットカードなどの口座振替
  • 投資信託などの運用商品残高

などがポイント加算の対象となります。ネット銀行や付随するサービスを利用するだけで、ポイントが貯まるのは大きなメリットといえるでしょう。

金利普通預金:0.001%
定期預金:0.002%
提携ATM
  • JAバンク
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • ゆうちょ銀行(ファミリーマート内)
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • 徳島大正銀行
  • 十六銀行
  • 愛知銀行
  • 中京銀行
  • 名古屋銀行
  • 百五銀行
提携ATM手数料(税込)入金:月2回まで無料(Eco通帳利用の場合は月1回まで無料)
出金:東三井住友銀行の店舗外ATMは、8時45分〜21時の間は無料
詳しい手数料はこちら
提携ATMの無料回数0回~無制限
振込手数料三菱UFJダイレクトでの他行あて:月3回まで無料(Eco通帳利用の場合は月1回まで無料)
振込手数料の無料回数0回~3回
出典三菱UFJ銀行 スマート口座開設公式サイト

15住信SBIネット銀行

NEOBANK

良い点(メリット)

  • 手数料が最大月20回無料
  • 他行宛の振込手数料も最大月20回無料
  • アプリでお金を管理できる

悪い点(デメリット)

  • 店舗がない
  • ランクが低いと手数料無料の回数が少ない

住信SBIネット銀行は、口座開設数400万以上を誇る人気ネット銀行です。住信SBIネット銀行では、スマプロランクに応じてATM手数料と他行振込手数料が月15回まで無料になります。

スマプロランクとは?
毎月の商品・サービスの利用状況により自動的に判定され、ランク1~ランク4までの4段階のいずれかが適用される仕組みのことです。

また、2020年度のオリコンランキングネット銀行ランキング「手数料」部門でも1位を獲得しているため、手数料を抑えたい方に人気のネット銀行といえるでしょう。

お金の管理は、住信SBI銀行アプリで簡単・便利に行えます。アプリを使えば、残高照会・入金・振込受付などの取引操作が可能です。

また、住信SBIネット銀行が発行する「デビットカード」や「クレジットカード」との相性はかなり良好です。
金利普通預金:0.001%~0.01%
定期預金:0.02%
提携ATM
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • Enet
  • ビューアルッテ
提携ATM手数料(税込)入金:無料
出金:月2回〜15回無料(以降、110円/回)
提携ATMの無料回数2回~20回
振込手数料住信SBIネット銀行・三井住友信託銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:利用状況に応じて月15回まで無料(以降、77円/回)
振込手数料の無料回数1回~20回
出典住信SBIネット銀行公式サイト

16イオン銀行

イオン銀行

良い点(メリット)

  • 提携ATMが多い
  • イオン銀行ATMならいつでも手数料無料
  • 取引でWAONポイントが貯まる

悪い点(デメリット)

  • ステージによって振込手数料が異なる
  • 定期預金金利がさほど高くない

イオン銀行は、全国6,000台以上の専用ATMを設置する大手ネット銀行です。

イオン銀行の特徴は、提携ATM数が多いことです。大手銀行やコンビニ、地方銀行・信用金庫・労働金庫など、全国様々な金融機関と提携。

ポイント
イオン銀行ATMなら、24時間365日手数料無料。さらに、みずほ銀行や三菱UFJ銀行など、手数料無料のATMだけで全国に約55,000台あります。
使う・貯める・借りるで特典が受けられる「イオン銀行Myステージ」にも注目。利用状況に応じて、預金金利が上がったり、振込手数料が無料になったりします。
金利普通預金:0.001%~0.1%
定期預金:0.01%
提携ATM
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
提携ATM手数料(税込)

イオン銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行では無料。

その他の金融機関では110円〜220円。ステージに応じて入出金手数料が最大月5回無料。

提携ATMの無料回数0回~5回
振込手数料イオン銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:220円→ステージに応じて他行手数料が最大月5回無料
振込手数料の無料回数0回~5回
出典イオン銀行公式サイト

17auじぶん銀行

auじぶん銀行

良い点(メリット)

  • ATM出金手数料が最大15回無料
  • アプリで完結
  • 強固なセキュリティ

悪い点(デメリット)

  • 対面で相談できない
  • 手数料無料回数が変動

auじぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行が運営するネット銀行です。銀行に必要なものは、「じぶん銀行アプリ」で完結。

  • ケータイ電話番号振込
  • スマホATM
  • 定額自動入金サービス

など、auじぶん銀行ならではの多様なサービスが魅力です。

さらに、auユーザーがお得になる特典が用意されています。たとえば、手数料が無料になったり、Pontaポイントが効率よく貯まったりします。

auじぶん銀行は、auユーザー必見のネット銀行です。
金利普通預金:0.001%~0.2%
定期預金:0.03〜0.05%
提携ATM
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • Enet
提携ATM手数料(税込)

入金:じぶんプラス1は110円/回(ゆうちょ銀行は220円/回)。

じぶんプラス2〜5なら何度でも無料(ゆうちょ銀行は月1回まで無料、2回目から220円/回。)

出金:じぶんプラス1は110円/回(ゆうちょ銀行は220円/回)。

じぶんプラス2〜5は月3回〜月11回まで無料(回数以降、110円/回)。

提携ATMの無料回数1回~11回
振込手数料auじぶん銀行、三菱UFJ銀行宛て:無料
他の金融機関宛て:99円
振込手数料の無料回数0回~15回
出典auじぶん銀行公式サイト

18セブン銀行

良い点(メリット)

  • 提携ATM手数料が無料
  • 海外送金が可能
  • セキュリティ性が高い

悪い点(デメリット)

  • 7~19時以外はATM手数料がかかる
  • 金利がやや低い

セブン銀行は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」が手掛けるネット銀行です。

セブン銀行口座は、セブン‐イレブンなどにある全国25,000台以上のセブン銀行ATMで取引可能。原則24時間利用できます。

土・日・祝日も日中の提携ATM手数料は0円です。

ポイント
また、キャッシュカードには、電子マネーnanacoが搭載されているものもあり、利用金額に応じてnanacoポイントが貯まります。

国内だけでなく海外でも、キャッシュカードを使ったショッピングが可能です。利用代金は即時で普通預金残高から引落しされるので、現金感覚でカード支払いできます。

セブン銀行キャッシュカードの発行手数料や年会費は無料です。
金利普通預金:0.001%
定期預金:0.01%
提携ATMセブン銀行
提携ATM手数料(税込)入金:無料
出金:7時〜19時は無料、それ以外は110円。
提携ATMの無料回数0回~無制限
振込手数料セブン銀行宛て:55円
他の金融機関宛て:165円
振込手数料の無料回数0回
出典セブン銀行公式サイト

300人に聞いた!2023年に最も利用したネット銀行は?

300人に聞いた!2023年で最も利用したネット銀行は?

300人への独自アンケートの内訳
SBI新生銀行165名46.7%
UI銀行14名4%
みんなの銀行46名15.4%
ソニー銀行59名19.8%
東京スター銀行16名5.4%

出典:ネット銀行に関するアンケート|クラウドワークス

当メディアではネット銀行のおすすめについて、実際の利用者300名に「2023年で最も利用したネット銀行」を独自調査しました。結果は上記画像の通りです。

独自アンケートの結果、46.7%とほとんどが「SBI新生銀行」を利用していることが分かりました。SBI新生銀行は、円定期預金の金利が最大年1.0%であることや、手数料が0円であるなどの特徴があります。

新規口座開設で3,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中であるため、ネット銀行のおすすめを探している方はぜひ検討してみてください!

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

ネット銀行を選ぶメリットとは?普通の銀行との違い

手数料が安い

ネット銀行は普通の銀行に比べて、振込手数料や入出金手数料が安い傾向にあります。実店舗がなく、人件費や店舗運営にかかる費用が発生しないためです。

手数料は1回あたり数百円とはいえ、回数を重ねると大きな出費になってしまいます。少しでも残高を増やすためには、手数料の安い金融機関を選びたいところです。

預金金利が高い

残高に応じて受け取れる利息は、金利によって決定します。普通の店舗型銀行に比べて、ネット銀行は金利が高い傾向にあります。

ポイント
手数料と同様、人件費などのコストを押さえて運営できているためです。店舗のある銀行の場合0.001%程度が相場ですが、ネット銀行だと0.1〜0.2%に設定されていることもあります。

受け取ることのできる利息に、100倍以上の差が開くことになるでしょう。

オンラインで利用できる

ネット銀行の場合、基本的にWeb上で口座開設が可能です。口座開設後、ほかの銀行からの入金や振り込み、残高確認なども、すべてオンラインで完結します。

ポイント
ネット銀行のアプリは、分かりやすく操作性の良さを感じられる場合も多いため、オンラインでの手続きが不安な方でも安心して利用できます。

自宅から簡単に利用できるので、ATMに足を運ぶ必要もなく、時間の節約につながるでしょう。利用できるATMが近くにない方にも、ネット銀行はおすすめです。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

ネット銀行おすすめの選び方|初心者必見

ネット銀行の選び方

ネット銀行を選ぶ際はまず、ネット銀行で開設する口座をメイン口座にするかサブ口座にするかを決めましょう。メイン口座とサブ口座は、下記のように使い分けられるケースが多いです。

メイン口座お金の引き出しや預け入れを頻繁にする、普段使いの口座
サブ口座投資や給与の振り込み先など貯金用の口座

ここからは、それぞれの口座を開設する際にチェックすべきポイントをご紹介します。

メイン口座をネット銀行で開設する場合

メイン口座をネット銀行で開設する場合は、下記のポイントに注意して選びましょう。

メイン口座開設する際の選び方ポイント
  • 金利の高さ
  • 手数料の安さ/手数料の無料回数
  • 対応ATM

金利の高さ

まずは、金利の高さを確認しましょう。簡単に言えば、金利が高ければ高いほど預けている資産が増えていきます。

現在は超低金利時代ですので高金利はあまり期待できませんが、各ネット銀行により金利は異なるのでしっかりチェックしましょう。

普通預金では一般的に、0.01%~0.2%程度のネット銀行が多いです。クレジットカードや証券会社と連動させておくことで、普通預金の金利が高くなるネット銀行もあります。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

手数料の安さ/手数料の無料回数

次に、手数料の安さについてチェックしましょう。ネット銀行で取引をする際にかかる主な手数料は、下記のものが挙げられます。

ネット銀行手数料の種類
  • ATM引き出し手数料
  • ATM入金手数料
  • 他行への振り込み手数料

手数料は、1回100円~数百円と金額としてはそこまで大きくありません。ただし普段使いする口座では、現金が必要になった時など頻繁に入出金をすることになるでしょう。

1回ごとの金額は少なくても、合計すると年に5,000円以上もの手数料を支払っている方もいるそうなので、手数料については事前によく確認しておきましょう。

対応ATM

ATM

ネット銀行は、店舗や銀行専用のATMを持っていないことが多いです。そのため、コンビニに設置されているATMや他行のATMで入出金ができます。

しかし、中にはコンビニATMに対応していないネット銀行も。24時間利用できるコンビニATMで入出金ができないと不便に感じるケースが多いと予想できますので、なるべく自宅や職場近くのコンビニATMに対応しているネット銀行を選びましょう。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

サブ口座(貯金用など)をネット銀行で開設する場合

ネット銀行で、貯金用や給料の振り込み先のサブ口座を開設する際は、下記のポイントを確認しましょう。
サブ口座開設する際の選び方ポイント
  • 金利の高さ
  • 取引に応じてポイントが貯まるか(金利優遇プログラム)

金利の高さ

サブ口座でも、金利の高さは重要です。もし貯金用として利用する場合、引き出し回数が少ないことから必然的にメイン口座よりも多くの資金を預け入れる状態になるでしょう。

ポイント
その際、利用するネット銀行の金利が高ければ高いほど、多くの利息を受け取れます。

また多くのネット銀行では、普通預金よりも定期預金の金利の方が高く設定されているので、サブ口座を貯金用として考えている方は定期預金口座の開設を検討してみるのもおすすめです。

普通預金自由に預け入れ・引き出しができる預金のこと
定期預金1ヶ月・1年・3年など、あらかじめ預け入れる期間を指定する預金のこと

取引に応じてポイントが貯まるか(金利優遇プログラムの有無)

ネット銀行の中には、独自で金利優遇プログラムを提供している銀行もあります。

ポイント
金利優遇プログラムとは、ある条件を満たすと金利が高くなったり、入出金にかかる手数料が減額される制度のことです。

例えば、給与振り込み口座に設定すると普通預金口座の金利が高くなったり、口座内の預金残高によってATM手数料の無料回数が決まるなど。こちらもご自身の使用用途に合わせて、各ネット銀行優遇プトグラムを調べてみましょう。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

【高金利が魅力】貯金用サブ口座におすすめのネット銀行

定期預金金利の高さで見るなら「SBI新生銀行」と「UI銀行」がおすすめ

定期預金の金利は、SBI新生銀行とUI銀行が比較的高めに設定されています。

SBI新生銀行は最大金利が年1.0%

新生銀行

SBI新生銀行には、定期預金の種類がいくつかあります。そのなかでもおすすめなのが「スタートアップ円定期預金」と「パワーダイレクト円定期預金30」です。

スタートアップ円定期預金は3カ月で金利1.0%/年、パワーダイレクト円定期預金30は1か月で金利が税引前0.1%/年(税引後0.0796%)定期預金プランはほかにも様々な種類がありますので、自分に合ったプランを選びましょう。

※利用条件としてインターネット限定、30万円以上の預け入れが必要

UI銀行の最大金利は年0.2%

新生銀行

UI銀行の定期預金には「スーパー定期預金」と「大口定期預金」があります。スーパー定期預金は1,000万円未満の預金、大口定期預金は1,000万円以上の預金で利用できます。

1年もの円定期預金金利は、年0.35%(税引後 年0.278%)です。

※対象:対象期間において新規に口座開設をされたお客さま/期間:2024年1月10日(水)〜2024年3月29日(金)※1年もの円定期預金が対象となります。※取扱期間であっても受入限度額2,000億円に達した時点で受付終了とさせていただきます。

給料の振込先にするとお得になるのは「東京スター銀行」

新生銀行

東京スター銀行では、口座を給与振り込み口座に指定することで、金利が通常金利の100倍になります(通常金利が0.001%なので、給与振り込み口座の設定で年0.1%に)。

一度給料振込口座に設定してしまえば、それ以降は0.1%金利のメリットを受け続けることができます。メリットを受けられる期間を長くするためにも、なるべく早く設定するのがおすすめです。

無駄なくコツコツ資金を貯めたい方や、普通預金の預け入れ資金が貯まってきた方におすすめです。

おすすめネット銀行の金利比較ランキング

ネット銀行の金利をまとめると、以下のとおりです。

ネット銀行名普通預金金利(変動金利)
東京スター銀行0.001%〜0.100%
楽天銀行0.02%〜0.10%
イオン銀行0.001%〜0.10%
UI銀行0.10%
SBJ銀行0.02%
ソニー銀行0.001% 
セブン銀行0.001%
GMOあおぞらネット銀行0.001%
PayPay銀行0.001%
auじぶん銀行0.001%
住信SBIネット銀行0.001
三菱UFJ銀行 スマート口座開設0.001%

この表から分かるように、各社の普通預金の上限金利で比較した場合、金利の高いネット銀行はUI銀行・東京スター銀行・イオン銀行・楽天銀行です。

中でもUI銀行は口座開設した方全員、普通預金の金利が年0.10%になるため、他社よりも満足できる金利水準になっていると言えます。

\目的ごとにお金の管理ができる!/

ネット銀行が普段使いにも貯金にもおすすめな理由

ここまでネット銀行の選び方やおすすめのネット銀行を紹介しました。しかし、ネット銀行初心者の方は「なぜネット銀行がおすすめなのか分からない」と思う方も多いでしょう。

ここではネット銀行がなぜおすすめなのか、その理由について少し解説していきます。

メガバンクよりも金利が高め

ネット銀行のほうが金利が高い

メガバンクをはじめとする対面型の銀行は、全国各地に窓口がありますよね。対面型銀行は不明点があった時に直接説明が聞けますが、その分人件費や設備管理費がかかります。

ポイント
一方のネット銀行は店舗や窓口の用意がないため、店舗運営にかかわるコストがかかりません。ゆえに、ネット銀行は対面型銀行よりも高い金利を設定できるのです。

特に貯金用の口座をネット銀行にしておくと、高金利の恩恵により、口座にお金を預けておくだけでお金が少しずつ増えていきます!

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

手数料が安い

ネット銀行はATMの入金・出勤の手数料をはじめ、利用するうえでかかる様々な手数料が安いのが特徴です。また、金融機関によってはATMの手数料が無料になる回数が設けられているものもあります。

なお、手数料無料になる回数や対象のATMは各ネット銀行で異なります。コストをなるべくかけたくない方は、手数料を比較ポイントに据えるのがおすすめです。

申し込みや手続きがWeb完結できる

ネット銀行なら様々な手続きがWebで完結できる

ネット銀行は店舗がないため、口座開設などの申し込みはもちろん、振込や手続きもすべてWeb上で済ませることができます。営業時間内に窓口へなかなか行けない会社員や学生は特に便利でしょう。

注意点
ただし、窓口がない分疑問点がある場合は、カスタマーセンターや公式サイトのフォームから問い合わせる形になります。直接説明を受けたい方にとってはデメリットかもしれません。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

ネット銀行は危険?初心者が気をつけたい犯罪に巻き込まれないためにできること

ネット銀行は危険?

店舗に行かなくても手続きができたり、メガバンクより金利が高い傾向にある便利でお得なネット銀行ですが、金融犯罪に巻き込まれるリスクも紛れ込んでいます。

被害を防ぐために、どんなことができるか事前に知っておきましょう。

ネット銀行の不正ログインに備える

ネット銀行の不正ログインに備える

セキュリティ対策が不十分で、ネット銀行のIDやパスワードを不正に入手されお金を盗まれるといった被害が増えています。

総務省もネット銀行の不正ログイン被害について注意喚起をしています。

インターネットバンキングは、インターネットを経由して、さまざまな金融サービスを受けることが可能なサービスです。しかし、フィッシング詐欺やウイルス感染によって、ID・パスワードなどのアカウント情報が流出してしまうと、アカウントが不正利用され、金銭的被害につながるリスクも抱えています。

引用元:インターネットバンキングの注意点|インターネット上のサービス利用時の脅威と対策|一般利用者の対策|国民のための情報セキュリティサイト

注意点
具体的には、フィッシングサイトにログイン情報を入力するよう誘導したり、セキュリティが甘いクラウドサービスにIDやパスワードを保管していて、何らかの方法で盗み出されてしまうケースです。

大切な資産を守るために、下記のことを注意して不正送金などの被害を防ぎましょう。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

1.怪しいSMSやメールは無視する

怪しいメールは無視する

トラブルの通知であると勘違いさせ、金融機関のログイン画面を装いIDやパスワードを入力させる手口です。

このようなフィッシングサイトは、本当の金融機関のログイン画面と変わらないくらい精巧に作られているものもありますので、送られてきたリンクからサイトにアクセスするのではなく、自分でサイトを検索してアクセスし確認することをおすすめします。

2.パスワードは頻繁に変更する

パスワードの変更

パスワードが生年月日など予測しやすく簡単なものだったり、他のサービスと同じものを使用していたりすると、不正ログイン被害にあいやすくなってしまいます。

パスワードを決める際は、英大文字・数字・記号などを混合させた複雑なものを設定し、定期的にパスワードを変更することがおすすめです。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

ネット銀行のおすすめに関するよくある質問

おすすめのネット銀行は?

金利の高さや取引のしやすさを考慮して、当サイトがおすすめするのは「東京スター銀行」です。東京スター銀行なら、ATM利用手数料が月8回・他行宛の振込手数料が月3回まで無料なので、実質取引にお金がかかりません。

また、普段使いの口座の金利を100倍にできる制度もあります。

金利が高いネット銀行はどれ?
当サイトで紹介しているおすすめネット銀行の中では、UI銀行が最も金利を高く設定しています。。UI銀行の普通預金の金利は、年0.1%です。また円定期預金も金利が年0.2%と、他行と比較して高めに設定されています。
ネット銀行の比較すべきポイントは?
比較ポイントは主に・普通預金金利・提携ATMの数・提携ATM手数料・振り込み手数料・キャンペーン、特典の充実度と言えるでしょう。取り扱っている金融商品の中身も比較したいところです。
ネット銀行のメリット・デメリットを知りたい。
ネット銀行の主なメリットは、手数料が比較的安いこと、預金金利が比較的高いことなどが挙げられます。反対に、デメリットとしては、通帳や店舗がないこと、ネット上のサービスのため、セキュリティ面で注意が必要ということが考えられるでしょう。

おすすめネット銀行のまとめ

ここまで、おすすめのネット銀行&ネット銀行の金利比較ランキングを紹介してきました。

ひとえにネット銀行といっても、その特徴は様々です。手数料や提携ATMなどを比較し、自分にとって少しでもお得なネット銀行を選びましょう。

多くのネット銀行の口座開設は無料で、手続きは初心者の方でも簡単な操作でWeb完結できます。ぜひこの記事の内容を参考に、ネット銀行の口座開設を行ってみてくださいね。

\複数のカードの機能が1枚に集約!/

本記事のランキング根拠・比較基準について

当サイトのランキングは各ネット銀行の公式サイトの情報によって評価しています。

比較基準① 普通預金金利(年率)

年0.1%以上:20点
年0.01%以上:15点
年0.001%以上:10点
年0.001%未満:5点

※ランクアップや条件付きのボーナス金利の上乗せを提供している場合はそれを除く

ネット銀行名

普通預金金利

得点

UI銀行

年0.10%

20

ソニー銀行

年0.001%

10

SBI新生銀行

年0.001%

10

みんなの銀行

年0.001%​

10

東京スター銀行

年0.001%

10

スルガ銀行 スマ口座

年0.002 %

10

商工中金

年0.001%

10

SBJ銀行

年0.03%

15

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

年0.001%

10

GMOあおぞらネット銀行

年0.001%

10

楽天銀行

年0.02%

15

PayPay銀行

年0.001%

10

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

年0.0010%

10

住信SBIネット銀行

年0.001%

10

イオン銀行

年0.01%

10

auじぶん銀行

年0.001%

10

セブン銀行

年0.001%

10

比較基準② 定期預金金利(年率)

定期(1ヶ月)の金利を比較

年0.1%以上:20点
年0.05%以上:15点
年0.01%以上:10点
年0.01%未満または定期預金サービスなし:5点

※ランクアップや条件付きのボーナス金利の上乗せを提供している場合はそれを除く

ネット銀行名

定期預金金利

得点

UI銀行

年0.12%

20

ソニー銀行

年0.01%

10

SBI新生銀行

年0.01%

10

みんなの銀行

サービスなし

5

東京スター銀行

年0.002%

5

スルガ銀行 スマ口座

年0.05%

15

商工中金

年0.002%

5

SBJ銀行

年0.03%

10

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

年0.02%

10

GMOあおぞらネット銀行

年0.02%

10

楽天銀行

年0.12%

20

PayPay銀行

年0.02%

10

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

年0.0020%

5

住信SBIネット銀行

年0.02%

10

イオン銀行

年0.01%

10

auじぶん銀行

年0.03%

10

セブン銀行

年0.01%

10

比較基準③ 出金手数料

コンビニATMでの出金手数料の最大値を比較

無料:20点
110円以下:15点
220円以下:10点
221円以上:5点

※ランクアッププログラムなど条件付きで手数料の割引を提供している場合はそれを除く

ネット銀行名

ATM出金手数料(税込)

得点

UI銀行

110円

15

ソニー銀行

110円

20

SBI新生銀行

110円

20

みんなの銀行

110円

15

東京スター銀行

110円

15

スルガ銀行 スマ口座

110円

15

商工中金

110円

15

SBJ銀行

110円

15

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

110円

15

GMOあおぞらネット銀行

110円

15

楽天銀行

220円

10

PayPay銀行

165円

15

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

330円

5

住信SBIネット銀行

110円

15

イオン銀行

220円

10

auじぶん銀行

110円

15

セブン銀行

110円

15

比較基準④ 振込手数料

該当キャッシュカードを用いてATMで他行への振込手数料の最大値を比較

100円(税込)以下:20点
150円(税込)以下:15点
200円(税込)以下:10点
201円(税込)以上:5点

※ランクアッププログラムなど条件付きで手数料の割引を提供している場合はそれを除く

ネット銀行名

振込手数料(税込)

得点

UI銀行

86円

20

ソニー銀行

110円

15

SBI新生銀行

214円

10

みんなの銀行

200円

10

東京スター銀行

330円

5

スルガ銀行 スマ口座

550円

5

商工中金

550円

5

SBJ銀行

330円

5

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

75円

20

GMOあおぞらネット銀行

75円

20

楽天銀行

145円

15

PayPay銀行

145円

15

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

220円

5

住信SBIネット銀行

77円

20

イオン銀行

550円

5

auじぶん銀行

99円

20

セブン銀行

165円

10

比較基準⑤ 口座開設スピード

最短即日:20点
最短翌営業日:15点
最短1週間以内:10点
最短1週間以上又は公式記載なし:5点

ネット銀行名

口座開設スピード

得点

UI銀行

最短翌営業日

15

ソニー銀行

最短3日

10

SBI新生銀行

最短1週間

10

みんなの銀行

最短即日

20

東京スター銀行

最短3日

10

スルガ銀行 スマ口座

最短翌営業日

15

商工中金

記載なし

5

SBJ銀行

最短翌営業日

15

GMOあおぞらネット銀行 法人口座

最短即日

20

GMOあおぞらネット銀行

最短即日

20

楽天銀行

最短翌営業日

15

PayPay銀行

最短即日

20

三菱UFJ銀行 スマート口座開設

最短即日

20

住信SBIネット銀行

最短即日

20

イオン銀行

最短1週間

10

auじぶん銀行

最短翌営業日

15

セブン銀行

最短即日

20

情報提供元

UI銀行
ソニー銀行
SBI新生銀行
みんなの銀行
東京スター銀行
スルガ銀行
商工中金
SBJ銀行
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
PayPay銀行
三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
auじぶん銀行
セブン銀行

参考文献・サイト

金融庁:登録金融機関登録一覧(PDF)
金融庁:電子金融取引関連-インターネットを通じた金融取引を行われる皆様へ-
総務省:インターネットバンキングの仕組み
財務省:関東財務局登録会社等一覧
デジタル庁:公金受取口座登録が可能な金融機関(銀行)
株式会社NTTデータ経営研究所:知っておきたいネット銀行の基礎知識(PDF)
日本経済新聞:新形態銀行・ネット銀行

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。